今日の聖書の最初に

「もし神がわたしたちの味方であるならば」

とあります。最近私たちは、神は本当に味方なのだろうかという疑問を抱く経験をしているのかも知れません。たとえば御岳の噴火、各地の土砂災害など、災難に出会い、亡くなる方がおり、家族を失って悲しみ苦しむ人が少なくないからです。あるいは東日本大震災が起こり、津波で家族を失い、原発事故で故郷を失う人たちが沢山います。エボラ出血熱も終熄したわけではなく、海を越えての感染の恐れがあります。テロによる虐殺、内戦により住まいを失い難民になる人々の存在。苦しむ人が次から次に生まれ、その苦しみがなかなか解決されない現実があります。希望よりも不安を感じて新しい年を迎える人も多いのではないでしょうか。神さまは、本当にわたしたちの味方なのかと、疑問に思う方もおられることでしょう。

 しかし聖書を読むと、神さまは私たちの味方と告白する信仰者が何人も登場しています。

「主はわたしの味方、わたしは誰を恐れよう。人間がわたしに何をなしえよう」(詩篇118:6)

という信仰者の告白があります。ヤコブという人物は事情があって伯父のもとに身を寄せましたが、伯父から意地悪をされました。ヤコブは家族と財産を携え黙って、伯父の家を出ます。そのことに気づいた伯父はヤコブを追いかけ、ヤコブを非難します。するとヤコブは言います。

「もし、わたしの父の神、アブラハムの神、イサクの畏れ敬う方がわたしの味方でなかったなら、あなたはきっと何も持たせずにわたしを追い出したことでしょう」。

聖書に登場するヨセフ、モーセ、ヨシュア、ダビデ。彼らの生涯を思いめぐらすとき、神さまは彼らの味方であったことが分かります。

 ところが、神が私たちの味方であると思えない、そういう現実があるかもしれません。苦しみが重なり、神に祈っても答えがなく、神が遠くにいて隠れているように思えるのです。苦しみのゆえに目も、魂も、はらわたも衰えていきます。自分を苦しめる者が勝ち誇ったような顔をしています。病からくる苦痛がなかなか癒えません。神が味方であると思えないことがあります。神さまが、わたしから顔を隠しておられるように思えるのです。

「主よ、なぜ遠く離れて立ち/苦難の時に隠れておられるのか」(詩篇10:1)。

この詩篇の作者の嘆きは、私の嘆きとなります。神が味方になってくれているようには思えないときがあるのです。

 あるいは、私のような者の味方に神は本当になってくれるのだろうか。私に、神さまが味方となってくれるような資格があるのだろうか、と考える人もいるのではないでしょうか。そもそも神さまが味方となってくださるってどういうことなのでしょうか。新しい年、神さまがわたしたちの味方であることを信じ、信仰の歩みを始めたいと思います。

 そもそも神さまに味方になっていただくために、私たちには何か条件とか資格が必要なのでしょうか。私たちは時に自分を責め、神さまが味方になってくださるとは思えない、自分には資格がない、と思うことがあります。

 でも33節にこうあります。

「だれが神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義としてくださるのは神なのです」。

神に選ばれた者とはどんな人を言うのでしょうか。それはイエス・キリストの死と復活を信じる人です。

「わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです」(ローマ4章)。

神はキリストを立て、罪を償う供え物となさいました。キリストの死と復活を信じる人は神によって義とされるのです。はっきりと宣言されています。キリストの死と復活を信じるとは、主イエスが私たちの罪のために死なれ、私たちを新たに生まれさせるために復活されたことを信じることです。この信仰を持つ人は、神の目に正しい人とされるのです。この人を神は正しい人と見なすのです。私たちの行動が立派であるとかないとか、そういう基準で神さまが味方になってくださるのではないのです。私たちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じる人を神さまは、正しい人と見てくださいます。神さまが正しい人と見てくださる限り、神さまは私たちの味方になってくださるのです。このことは何があっても疑わず、信じ抜くことが大切です。

 また34節にはこうあります。

「だれがわたしたちを罪に定めることができましょう。死んだ方、否、むしろ、復活させられた方であるキリスト・イエスが、神の右に座っていて、わたしたちのために執り成してくださるのです」。

私たちが罪を犯し、神さまに赦しを求めるとき、キリスト・イエスが執り成してくださるというのです。<父なる神、私はこの者の罪のためにも死んだのです。この者の罪を赦してください>と執り成しをしてくださり私たちは義とされます。私たちには主イエスという力強い味方がいるのです。神さまが信仰者の味方になってくださる、これは恵みです。神さまが一方的に与えてくださる恵みです。神さまの恵みは受け取ることが大切です。神さまは、あなたの味方なのです。

 次に神さまが私たちの味方になってくれるとは思えないという経験をするかも知れません。神さまが隠れてしまい、遠くに行ってしまったように思われるのです。私たちは神に向かってさまざまな願いを祈ります。願いがかなえば、神さまはやっぱり私の味方と思います。かなえられないと、味方になってくれていないと感じます。しかし、神さまが味方となってくださるとは、神さまが私たちの人生の応援してくださるということなのでしょうか。子供を持つ人は、きっと子供の味方です。でも、子供の願いを何でも受け入れかなえるかと言えば、そうではありません。子供にとってそれが良いのか悪いのか、を考えます。神さまが味方とは、私たちの願いを何でもかなえてくださるということではありません。

 神さまが<私たちの味方>と言うとき、<私たち>とはどんな人のことを言うのでしょうか。神さまはどんな人の味方になってくださるのでしょうか。それは、私の人生において、神様のみ心が行われることを願う人だと思います。主の祈りに、御心が天で行われるように地でも行われますようにとあります。私の人生において、御心が行われることを願う人、神さまは、その人の味方になってくださるのではないでしょうか。

 私の羊は、私の声を聞き分ける。彼らはわたしに従う、と主イエスはおっしゃいました。主イエスの声を聞き分け、従う人、その人の味方に神さまはなってくださるのではないでしょうか。そうであれば、私が願うことと神様のみ心が一致しますから、神さまは常に味方になってくださいます。

そもそも神は私たちの味方、と証しをするパウロはどんな人生を歩んだのでしょうか。彼は以前は、キリスト者を迫害していましたが、復活の主イエスと出会い、イエス・キリストを宣べ伝える者へと変えられました。イエス・キリストを宣べ伝える働きをするように召されました。神様から使命を与えられ、その使命に生きる者とされ、その使命に生きたのです。そのパウロが語ります。

「もし神がわたしたちの味方であるならば、誰が私たちに敵視できますか」。

神が味方であるから、誰も敵対できないと語ります。ということは、神さまが味方となってくださり、何の困難もなく主イエスを宣べ伝えることができたのでしょうか。違います。35節にあるように

「艱難、苦しみ、迫害、飢え、裸、危険、剣」

これらは、パウロを苦しめたのです。こんなに苦しみがあり、困難があるのだから、イエス・キリストを宣べ伝えるのをやめたとしても不思議ではないのです。<それにもかかわらず>、パウロは宣べ伝え続けました。神が味方となってくださり、困難を乗り越えさせてくださったからです。苦しみや困難はありました。<それにもかかわらず>神は味方となって働いてくださいました。信仰者にとって<それにもかかわらず>ということは大切なのです。

 パウロの告白を聞いてみましょう。

「兄弟たち、アジア州でわたしたちが被った苦難について、ぜひ知っていてほしい。わたしたちは耐えられないほどひどく圧迫されて、生きる望みさえ失ってしまいました。わたしたちとしては死の宣告を受けた思いでした。それで、自分を頼りにすることなく、死者を復活させてくださる神を頼りにするようになりました。神は、これほど大きな死の危険からわたしたちを救ってくださったし、また救ってくださることでしょう。これからも救ってくださるにちがいないと、わたしたちは神に希望をかけています」(コリント二1:8〜10)。

 神さまは御心に生きる人、神さまに従う人の歩みに対して、味方になってくださいます。38節でパウロは、

「わたしは確信しています」

と神が味方になってくださることを証言しています。

 パウロは、さまざまな苦しみに直面しながらも、苦しみから彼を助け出す神さまの働きを体験しました。苦しみがある、<それにもかかわらず>、神はわたしたちの味方、とパウロは証しをするのです。そして、私たちもまたさまざまな苦しみがあるにもかかわらず、信仰に歩んでいるのではないでしょうか。年末には、喪中の挨拶の葉書が来ました。二人の方が若い盛りの息子を亡くしたと書いてこられました。

今、多くの人が老いることを恐れています。心身共に衰え、病気になる心配が迫ってきます。そして死が間近になっています。自分の死を思うと、何か寂しくなってきます。伴侶が突然亡くなり、途方に暮れることもあります。生きる気力が失われます。また老いた親の世話、時には伴侶の介護をします。単純に喜んでできることではなく、疲れや空しさ、自分の人生が壊されるような恐れを感じたりもします。災害に遭って無一文になって生きていかなければならないこともあります。私たちもまた、信仰をもって苦しみを生きる課題、使命が与えられています。

 苦しみの中を生きる、それは信仰者の課題です。主の祈りで、試みに遭わせないでくださいと私たちは祈ります。しかしいったん試練が来たら、私たちは信仰によって、試練を生き抜くのです。神さまの導きを信じて、主イエスの声を聞き分け、それに従うのです。

 苦しみは、信仰者にとって意味のあるものです。36節は詩篇44篇からの引用です。神さまのために苦しみを受けている姿をさらしている、という内容です。パウロはまさにそのような人でした。そして主イエスご自身、十字架の上で、裸の姿をさらし、

「自分が救い主なら、自分を救え」

と罵られ、嘲りを受けられました。信仰者が苦しみに遭うのは、不思議ではありません。詩篇には、苦しみの中から神さまに呼びかけている人の叫び、祈りが沢山あります。

 キリスト者はなぜ苦しみを味わうのでしょうか。それは他の人たちを救うためです。パウロは語ります。

「神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます」(コリント二1:4)。

 私たちの苦難は、苦難の中にある他の人たちに役に立つのです。苦しみの中にあっても、<それにもかかわらず>、希望をもって生きていくことができるとの証しをする、信仰者はこのような使命に召されているのです。

 苦しみ、試練はあってはならないもの、ではないのです。神さまは、私たちの苦しみを知ってくださる方です。神さまは、苦しみの中から祈る私たちの祈りを聞いてくださる方です。そして、私たちを導いてくださる方です。試練の中にあっても、喜びなさいとペトロは書いています。試練によって信仰が磨かれ、本物になっていくからです。そしてイエス・キリストがもう一度おいでになるとき、終末の時、私たちは賞賛と光栄と誉れを受けるからです。

 前の讃美歌321番の歌詞がこうでした。

「来たれ、来たれ、苦しみ、憂き悩みも厭わじ」

苦しみをわざわざ求める必要はないと思いますが、苦しみは来たときは、引き受けるのです。苦しみにも意味があるからです。当座、その意味が私たちに分からなくても、神さまは、私たちの苦しみを用いて、御業をなさいます。それが他の人たちの救いにつながるのです。苦しむことも光栄なことです。

 苦しみに関連して32節にこう書かれています。

「わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか」。

救い主を与えてくださった神さまは、すべてのものを与えてくださるという力強い言葉です。<すべてのもの>って何を意味しているのでしょうか。<すべてのもの>なら、あれを下さい、これをくださいと祈れば、いただけるということなのでしょうか。神さまは、私たちにぜいたくな暮らしをさせると言っているわけではありません。

 これを書いたパウロの他の言葉を見ると意味が分かります。

「わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます」(フィリピ4:19)。

必要なものはすべて満たしてくださる神の配慮をパウロは知っていたのです。苦しみの中にあっても、神さまは必要なものはすべて与えてくださるのです。

 こうしてパウロの内に芽生えた確信、そしてパウロが伝えたいことは、これです。35節。

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう」。

誰もキリストの愛から私たちを引き離すことはできないということです。39節。どんなものも

「わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」。

 36節は詩篇44篇からの引用です。神さまのために、私たちは苦しみを受けている姿をさらしている、という内容です。<しかし>と37節につながります。

「しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています」。

苦しみの中にあって、輝かしい勝利を収めているというのは、理解しにくいことです。

 これは、信仰者が<見えないもの>を待ち望んで生きていることを示します。18節にこうあります。

「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないとわたしは思います」。

私たちは、神の国に迎えられ、神さまから冠をいただくのです。命の冠、義の冠をいただくと聖書に書かれています。このことを思うとき、現在の苦しみは取るに足りない、これがパウロの確信です。神さまは、私たちが神の国を目指して歩むとき、常に、わたしたちの味方となってくださいます。苦しみの中にあっても、味方となってくださいます。