長く牧師をしてきて、神を信じるってどういうことかが分かってきました。そして分かった時は、すでに年老いています。教会は<受けたものを伝える>という大切な役割を持っていることを思います。

パウロもコリントの手紙の中で、

「最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです」(コリント一15:3)

と語っています。彼が受け取り伝えたことについては、次のように書かれています。

「すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後十二人に現れたことです」。

つまりキリストの死と復活です。

 私が聖書を読み、信仰者として生き、説教を続ける中で、教えられたことは沢山ありますが、信仰とは何か、神を信じるってどういうことか、このことを今、本当に伝えたいです。それは今日特別に話すことではなくて、これまでも語ってきたことです。金沢元町教会の皆さんが受け継ぎ、次の世代に伝え、教会が信仰において成長して欲しいと切に願っています。

 そこで質問です。神さまを信じるってどういうことだと思いますか。私たちは無力ですから、信じるって、神さまに色々お願いすることなのでしょうか。私たちは神さまに色々お願いします。お願いをしないなら、信仰を持っているとは言えないでしょう。

 お願いをすることに加えて、礼拝を守り信仰者の義務を果たすこと、さらに、神さまの教えをできたら守ること、それが信じるということなのでしょうか。神を信じるってどういうことなのでしょうか。皆さんは、どう答えられるのでしょうか。ちょっと考えてみてください。10秒間、考えてみてください。

 はい、10秒経ちました。神さまを信じるってどういうことかを主イエスはたとえで語られました。羊飼いと羊に関する言葉です。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである」。

ここに神さまを信じることがどういうことかが語られています。神さまを知り、神さまに知られて生きる、それが信じるということです。このことについて今日も、聖書から福音を聞きたいと思います。

 

「さて、ヨハネの証しはこうである」

と今日の聖書は始まっています。このヨハネは、洗礼者ヨハネと呼ばれるヨハネです。このヨハネ福音書を書いたヨハネとは別人です。次を読んでみます。エルサレムのユダヤ人たちが人を遣わして、

「あなたはどなたですか」

と洗礼者ヨハネに尋ねたとあります。

ここで、<えっ>て思いませんか。一体、ヨハネってどんな人なの、何をした人なの。何でユダヤ人たちは人を遣わしたの。ちゃんと説明してよ、と思いませんか。聖書をよく読んでいる人は、ヨハネのことを知っていますから、<えっ>て疑問を持たないかもしれません。聖書はいつも、心を白紙にして読むことが大切です。

私たちは、さらに疑問を持つのです。じゃあ、ヨハネ福音書はなぜ、洗礼者ヨハネの活動を書かないの。書くのを忘れたの。書くのが面倒になったの。どうして書かないの、と疑問が湧きます。ヨハネの活動については、マタイ、マルコ、ルカ福音書がヨハネの活動を書いています。ヨハネの活動については、そちらを読んでください。

 ヨハネ福音書は、洗礼者ヨハネの活動を省略します。その理由はヨハネを、キリストを証しする人として描くためです。ヨハネの独自の活動は書く必要がないのです。1章6節以下にこう書かれています。

「神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである」。

そして今日の聖書は、

「さて、ヨハネの証しはこうである」

となります。

 ヨハネのもとに遣わされた人は質問をします。

「あなたはどなたですか」。

ヨハネは、

「わたしはメシアではない」

と答えます。メシアとは救い主を表すヘブライ語。これをギリシャ語に訳すとキリストとなります。

 さらに人々は

「あなたはエリヤですか。あの預言者ですか」

と尋ねます。エリヤは、旧約聖書に登場する偉大な預言者です。彼は死ぬことなく、火の馬車で天に上げられたとされる人物で、世の終わりの時、終末の時にメシアが到来するとき、メシアの先駆けとしてくる人物とされた人です。

<あの預言者>というのはモーセが<わたしのような預言者が現れる>と語ったことに由来します。この預言者も、終末の時に現れる人物とされました。ヨハネは、自分はエリヤでも、あの預言者でもないと否定し、そして、メシアについて証言します。

 

「わたしは水で洗礼を授けるが、あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる。その人はわたしの後から来られる方で、わたしはその履物のひもを解く資格もない」。

ここでヨハネは、メシアについて、

「あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる」

と語り、メシアは、既に来ておられるのだと語ります。ここの

「あなたがたの知らない方」

、これが大切です。

 これは、あなたがたはまだイエスに出会っていないから、イエスのことを知らないのだという意味ではありません。そうではなくて、メシアはあなたがたの中にいるのに、あなたがたは知らないのだという意味です。

 ヨハネ福音書が書かれた時代、信仰者は困難に直面していました。その事情がこの福音書に書かれています。

「議員の中にもイエスを信じる者は多かった。ただ、会堂から追放されるのを恐れ、ファリサイ派の人々をはばかって公に言い表さなかった」(12:42)。

この言葉は主イエスの活動したときではなく、ヨハネ福音書が書かれた時代のことです。

キリスト者であることが知られたら、会堂から追放されるのです。そこで主イエスを信じると口に出して言うのを避けたと書かれています。ユダヤ人たちにとって、町ごとにある会堂は大切な場所でした。礼拝をする場所であるだけでなく、子供たちの教育の場所であり、会堂が人々を結ぶ絆でした。会堂から追放されるとは村八分にされ、迫害の対象となる危険がありました。ユダヤ教の人々はキリスト者を憎み、迫害するのです。ローマ帝国からも迫害されます。ユダヤ教はローテ帝国で公認された宗教です。キリスト教はユダヤ教徒は違うことが明らかになれば、分けの分からぬ新興宗教ということで迫害される恐れがありました。

 ユダヤ教の人たちは、キリスト者が主イエスをメシアと崇めていることを知っています。ユダヤ教の人たちも、実はメシアの到来を待ち望んでいます。そしてイエスを知っています。でもイエスがメシアであることは知らないのです。メシアを待ち望んでいたユダヤ教の人々の前にメシアであるイエスが現れたのに、彼らはイエスをメシアと認めることができなかったのです。そのことが、

「あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる」

と言い表されています。

 ユダヤ教の人たちは、神を信じているのに神を知らないのです。神はイエスをメシアとしてこの世に送ったのに、イエスをメシアとして認めませんでした。神を信じているのに神を知らないのです。主イエスはこうおっしゃいました。

「預言者の書に、『彼らは皆、神によって教えられる』と書いてある。父から聞いて学んだ者は皆、わたしのもとに来る」(6:45)。
「神の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものか、わたしが勝手に話しているのか、分かるはずである」(7:17)。
「イエスは言われた。『神があなたたちの父であれば、あなたたちはわたしを愛するはずである』」(8:42)。

本当に神を信じていたら、わたしを信じるはずだと主イエスは言うのです。神を信じている者が神を知らない、ということが起こるのです。

 言い換えると、神を信じながら神を知らない者は、自分で神を造っているのです。自分が信じる神を自分で造っているのです。主イエスは言います。

「わたしの言っていることが、なぜ分からないのか。それは、わたしの言葉を聞くことができないからだ」。

 主イエスの言葉を聴くことができない、言い換えれば、聞こうとしない、だから主イエスの語ることが分からないのです。そして神を知ることができないのです。神を信じていると言いながら、神を知らないのです。私たちは、主イエスを信じる者とされ、主イエスを知るように招かれています。

 そこでヨハネ福音書10章にある主イエスの言葉です。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」。

神さまと私たちの関係、主イエスと私たちの関係が羊飼いと羊の関係に例えられています。

あなたは羊であり、神さまがあなたの羊飼いであると知る、それが神を信じるということです。あなたは羊であり、羊飼いである神さまはあなたのことを知っていると知る、それが神を信じるということです。

あなたは羊であり、主イエスがあなたの羊飼いであると知る、それが主イエスを信じるということです。あなたは羊であり、羊飼いである主イエスはあなたのことを知っていると知る、それが神を信じるということです。

 

「それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである」。

私たちと神さまの関係は、主イエスと父なる神との関係と同じだというのです。主イエスが神さまを<父よ>と呼んだように、私たちも神さまのことを天の父と呼びます。私たちが羊であり、神さまは私たちの羊飼いです。私たちは羊であり、主イエスは私たちの羊飼いです。このことを知ることが信じるということなのです。あなたがこのことを知っているかどうか、それはあなたがいちばんよく知っていると思います。

 神さまを知るとき、私たちの努力の内容が変わります。人というものは、どこかで、自分で自分を救おうとします。自分で自分を救うことができると考えています。信仰者でも、何かあるとどうしたらよいか、自分の努力で、自分の力で何とかしようとします。うまく行かなくて、自分の不甲斐なさを嘆いたりします。そして、ああそうだ、神さまに助けを求めなければ、と神さまを求めます。

 神さまを知る人はどんな努力をするのでしょうか。信仰者は神さまに信頼し、神さまの導きを求めます。神さまは、私のことを知っておられます。神さまの導きこそ、私の最善と信じます。そして神さまの導きを求める努力、神さまの導きに従う努力をします。自分の力で何とかするという努力とは、別な努力です。

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。彼らはわたしに従う」(10:27)。

私たちの努力は、羊飼いの声を聞き分け、それに従う努力なのです。

自分の力で何とかする努力は、小さな自分の頭で考えた結果に従う努力です。しかし神さまに従うためには、自分の状況を知っておられる神さまはどのように私を導いてくださるのか、祈り、聖書を読み、思いめぐらし、祈り求めることが必要となります。信仰の努力です。この努力をするからこそ、神さまに対する信頼と神さまへの愛が育ち、神さまを信じる喜びが与えられ、私たちも神さまを証しする人にされていきます。主イエスを証しする人へと変えられていきます。

また人は神を知ると、自分がいかなる者であるかを知るのです。たとえば、ここにいる信仰者の方たちは、信仰を持つ前は、自分が罪人であると知りませんでした。神さまからの赦しを必要とする罪人であるとは知らなかったのです。しかし礼拝に通い、説教を聞き、聖書を読み、聖書を知るに及んで、自分が罪の赦しを必要とする者であることを知ります。

神の御心を知るとき、なすべきことを知りながら、それを行うことができない自分を知ります。してはいけないことをしてしまう自分を知ります。すべきことはできると信じていた自分が、崩れていきます。人は、自分が罪を犯すみじめな人間であることを知ります。

神さまの憐れみを知るとき、私たちは自分の罪を認めることができます。

神の愛を知るとき、みじめな自分が、神の子とされていることを知ります。うれしくなります。

神の愛を知るとき、神の子として生かされている自分を知ることができます。喜びが湧いてきます。

信仰とは、神を知ること、自分が神に知られていることを知ることです。言い換えれば、信仰とは、神さまとの交わりであり、この交わりに生きることです。ここに神さまが与えてくださる祝福があります。

祈り
祈り 憐れみをもって私たちを導いてくださる神さま、 今日もみ言葉を語ってくださり感謝します。 あなたを信じ、あなたを知る者としてください。 あなたを知る努力をすることができますように、 そうすれば、私たちは他者の気持ちを理解することもできるようになると信じます。 神を愛し、隣人を愛することができるようになります。 私たちの信仰を導いてください。IX。