今日はクリスマス礼拝です。私たちの救い主、イエス・キリストがお生まれになったことをお祝いする礼拝をささげています。イエス・キリストは、私たちの救い主です。私たちを救ってくださる方です。天におられる神さまが、救い主イエス・キリストをこの世に送って下さいました。

 私たちは神を信じ、イエス・キリストを信じるように招かれています。イエス・キリストを信じれば、私たちは罪が赦され、永遠の命が与えられると聖書は約束しています。私自身が最初に求めたのは、罪の赦しではなく、死の恐れから解放されることと、生きることの空しさからの救いでした。死の恐怖は、変な言い方ですが、神さまの恵みかも知れません。これがあるから、神さまを求めるように導かれるからです。死は自分の存在が消えることですから、私たちは死を恐れます。でも同時に生きることを真剣に考えるように導かれます。

 神さまは救いを求める人それぞれに、救いを与えてくださいます。神さまは、私たちに救いが必要なことを気づかせてくださいます。イエス・キリストによる救いを与えてくださいます。イエス・キリストは、私たちの救い主です。恵みと真理に満ちたお方です。

 

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」。

これはイエス・キリストがこの世においでになったことを語る言葉です。この

「宿る」

という言葉は、天幕を張るという意味です。天幕つまりテントです。テントと行ってもキャンプに行ったときに張るテントではなく、神さまを礼拝するためのもので、大きさはかなりのものです。

 昔、イスラエルの人がエジプトから今のイスラエルの地まで旅をしたとき、移動するときは天幕をたたみ、同じところにしばらく滞在するときは、天幕を組み立てました。神は天幕と共に、イスラエルの民と共におられたのです。天幕は、神が共におられることを示していました。

 そして言が人となり、天幕を張ったのです。つまりイエスが神として、私たちといつも共におられるということが現実となったのです。私たちは復活された主イエスが、私たちと共におられることを信じます。

 次に

「わたしたちはその栄光を見た」

とあります。<わたしたち>とは誰のことでしょうか。福音書は、地上を歩まれた主イエスの行動、教えを書いています。そしてこの方がメシア、救い主であることを伝えようとしています。福音書を書いたマタイ、マルコ、ルカから見れば、地上を歩まれた主イエスの活動は過去のことなのです。それなのに

「わたしたちは主イエスの栄光を見た」

とあります。ヨハネ福音書の著者ヨハネは、自分が属する教会の人たちを励ますべく、この福音書を書きました。ですから、<わたしたち>とは、ヨハネの教会の人たちを意味します。<わたしたちは見た>という時、それは地上の歩みをした主イエスの栄光ではなく、復活の主の栄光なのです。

 地上を歩まれた主イエスのお姿、特に十字架にさらされた主イエスのお姿は、見るべき面影はなく、輝かしい風格も、好ましい容姿もなかったのです。ヨハネが属する教会の人たちが見た栄光は、復活の主の栄光です。

 さらに

「栄光を見た」

といっても、何をどのようにして見たのかと思います。先日ノーベル賞の授賞式の様子がテレビで放映されました。ノーベル賞のメダルを受け取る場面は、受賞者の栄光を現す場面と言ってもよいと思います。授賞式を見た人が、受賞者の栄光を見たのです。

 復活のイエスの栄光を見たとは、どういうことなのでしょうか。復活された主はすでに天に帰られたのです。その復活の主の栄光を見たと言うのです。<わたしたちは見た>というのです。ヨハネの教会の人々は何を見たのでしょうか。

 復活の主の栄光を見たとは、復活の主はすばらしい、と思える体験をしたということではないでしょうか。それゆえ、復活の主をほめたたえます。復活の主のすばらしさを見た、言い換えると復活の主の栄光を見たとなるのです。復活の主の素晴らしさを体験したのです。

 目には見えない復活の主のすばらしさをどこで、どのように体験したのでしょうか。それは教会の中です。光り輝く衣を着た主イエスが教会の中に現れたのでしょうか。礼拝をささげているときに、皆が栄光に包まれた主イエスの幻を見たのでしょうか。

 そうではなく、信仰に生きている兄弟姉妹の姿を見たのです。復活の主によって変えられ、生かされている信仰者の姿を見たのです。復活の主によって主イエスに向かって成長する信仰者を見たのです。

 主イエスは宣言されました。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」。

羊は羊飼いの声を聞き分けて羊飼いに従うのです。そのように主イエスに従う信仰者たちの姿が教会の中にあるのです。

 主イエスは宣言されました。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」。

主イエスを光と信じる信仰者は、暗闇の中を歩みません。信仰者は主イエスによって問題が解決されること、問題のないことだけを求めません。むしろ信仰者は、問題があろうとなかろうと主イエスと共に歩むことを求めるのです。主イエスが共におられるなら、問題があっても、信仰者は平安であり、暗闇の中にいないのです。主イエスが共にいても問題が解決しないなら、自分は暗闇の中にいるとは考えないのです。たとい暗闇の中にいると思えるような歩みの中でも、主イエスが共におられることを信じ、命の光を持つのです。つまり希望を持つのです。このような信仰に生きている信仰者たちの姿が教会の中にあるのです。

 主イエスは宣言されました。

「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」。

今日の聖書の最後にも、

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」

とあります。私たちは、イエス・キリストを通して、神がいかなる方かを知ります。神を信じると言いながら、聖書から神がいかなる方かを学ばない人は、自分で造り上げた神を信じることになります。これは偶像礼拝といいます。偶像礼拝は信仰者の中にもあるのです。

 主イエスを迫害し十字架につけたのは、イスラエルの宗教上の指導者たちでした。宗教上の指導者ですから、神を信じています。彼らは自分たちの思い描いている神とは別な神をイエスが語っていると考え、イエスは神を冒とくしているとして、イエスを殺すことにしたのです。聖書から神がいかなる方かを学び、主イエスが教える神がいかなる方かを学んでその神を信じる信仰者たちの姿が教会の中にあるのです。

 このように主イエスを信じて生きる信仰者の姿の中に、ヨハネの教会の人々は、復活の主の栄光を見たのです。お互いの中に、復活の主に生かされている姿を見たのです。お互いの中に、お互いを生かす復活の主を見たのです。

 ヨハネ福音書は、主イエスがいかなる方かを伝えると同時に、自分で造り上げた神を信じる信仰に対して、それは違う、と否を告げる書物です。

 それゆえ、主イエスが教えたとおりに神を信じる者たち、羊飼いなる主イエスに従う信仰者たち、問題や困難の中にあっても、主イエスは光と信じて主イエスの導きにゆだねて生きる信仰者たちは、主イエスがすばらしい方であることを証ししています。ヨハネの教会の人たちが、お互いの中に、信仰者を生かす復活の主を見たのです。見えない復活の主を見たのです。

 この<見えない>ものを<見る>ことについて、主イエスは語っています。ヨハネ福音書の3章で主イエスはニコデモという人物に語っています。

「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない」。

ニコデモは言います。

「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか」。

すると主イエスは、新しく生まれることについてこう言われます。

「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない」。

 風は見えませんが、木の葉が揺れ動くのを見たり、風が引き起こす音を聞くことができます。風は見えません。しかし風が存在することを示すものを見たり、風の音を聞くことはできるのです。

 そのように、ヨハネの教会の人たちが、お互いの中に、信仰者を生かす復活の主を見たのです。そして

「わたしたちはその栄光を見た」

と証しをしているのです。復活の主は本当にすばらしい方であると体験したのです。

 この栄光について次のように語られています。

「それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」。

復活の主の素晴らしさは

「恵みと真理に満ちている」

ことにあるというのです。同じことが17節でも語られています。

「律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである」。

復活の主イエスは<恵みと真理に満ちている>かたです。

 16節では、

「わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた」。

復活の主は恵みに満ちている方であり、<わたしたちは>この方から恵みを豊かに受けたと、ヨハネの教会の人たちは復活の主について証しをしています。

 この<満ちあふれる豊かさ>については、こんな言葉もあります。これはパウロの祈りです。

「あなたがたがすべての聖なる者たちと共に、キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように」(エフェソ3章)。

 ここでは、キリストは愛に満ちた方であり、の愛がいかに大きなものかを理解し、さらにはキリストの愛をいただき、あなたがたも愛の豊かな人になるようにとの祈りがなされています。

 

「恵みの上に、さらに恵みを受けた」

とはどういうことでしょうか。・復活の主は、私たちを救い、私たちを生かす恵みに満ちている方です。・復活の主は、私たちを救い、私たちを生かす真理を教えてくださるお方です。・復活の主は、真理そのもののお方です。具体的には次のようにいうことができます。・復活の主は、私たちを新たに生まれさせて神の子としてくださいます。・復活の主は、私たちに聖霊を与え、聖霊の導きを与え、神の言葉を信じさせてくれます。・復活の主は、私たちを神の子として生きるようにしてくださいます。これらは復活の主の恵みによることです。

 また復活の主は、私たちに真理を教えてくださいます。真理とは<本当のこと>を意味しますが、真理とは、神さまの言葉と言い換えることができます。復活の主は、私たちに真理を教え、真理に根ざして私たちが生きるように導いてくださいます。これらのことが

「恵みの上に、さらに恵みを受けた」

と言ってもよいと思います。

 ですからパウロの次の言葉もよく分かります。

「わたしたちは、愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます」(エフェソ4章)。

 復活の主を信じて生きるとは、キリストに向かって成長することです。キリストに似た者となっていくことということもできます。信仰者がキリストに似た者となっていく、それはイエス・キリストの栄光を現すことです。信仰者がキリストに向かって成長していくのを見るとき、その人の内に私たちは、復活の主の栄光を見ることができるのです。何でもいいから、主イエスの真似をすることです。そうすれば、わたしたちはお互いの中に、私たちを生かす復活の主を見ることができます。

 キリストに向かって成長する、そんなことは無理だ、とんでもないことだと言われる方もおられるかも知れません。そんな大それたことには関心がない、と言われる方もおられるかも知れません。

 でも考えてください。今日の聖書の最後です。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」。

 私たちは、イエス・キリストが示された神を信じるのです。この神はどんな方でしょうか。主イエスを十字架の死から三日目に復活させた方です。私たちを復活の主と共に生きるように導かれる方です。恵みと真理に満ちあふれている復活の主の救いの恵みに生かそうとするのが、神さまです。この神は、私たちがキリストに向かって成長するのを望んでおられる神です。もし、あなたがキリストに向かって成長するのを願わないなら、あなたの信じている神は、聖書の告げる神とは違うことになるのではありませんか。あなたの信じている神は、あなたが自分の心に造り出した神となるのではないでしょうか。

 日々の生活の中で、問題や課題を抱える中、復活の主の導きを信じ、真理である神さまの言葉によって歩もうとする人は、神の子として歩んでいるのです。その人は、神の子である主イエスを映し出す歩みをしています。このような信仰者の存在は、復活の主の栄光を現しているのです。

 そして、このすばらしい救い主が生まれたことを祝うのがクリスマスです。主の栄光を映し出す信仰者の群れ、それがキリストの教会です。復活の主の救いの恵み、私たちを信仰者として生かす真理は、私たちの目の前にさし出されています。私たちの教会の中で、

「恵みと真理に満ちあふれている主の豊かさ」

にあずかる幸いの分かち合いが、始まり、行われています。祈り天の父なる神、クリスマスを祝う時を与えられ感謝します。主イエスは神さまがいかなる方かを教えてくださいました。聖書に学び、聖書が告げる通りの神さまを信じることができますように。復活の主が恵みに満ちた方であり、真理に満ちた方であると教えてください。この方の恵みを受け、真理に生きるところに救いがあると教えてください。私たちの歩みが復活の主を証しする者となり、私たちを通して、復活の主の栄光が輝くものとなるように私たちの歩みを支え、導いてください。私たちの平凡な歩みこそ、神さまが顧み、導いてくださることを教えてください。主イエスを私の羊飼い、私を導く光、真理を教えてくださる方と崇めてお従いすることができますように。救い主を与えて下さるほどに私たちを愛してくださった神さまをたたえ、イエス・キリストの御名により祈ります。

祈り
祈り 天の父なる神、 クリスマスを祝う時を与えられ感謝します。 主イエスは神さまがいかなる方かを教えてくださいました。 聖書に学び、聖書が告げる通りの神さまを信じることができますように。 復活の主が恵みに満ちた方であり、 真理に満ちた方であると教えてください。 この方の恵みを受け、真理に生きるところに救いがあると教えてください。 私たちの歩みが復活の主を証しする者となり、 私たちを通して、復活の主の栄光が輝くものとなるように 私たちの歩みを支え、導いてください。 私たちの平凡な歩みこそ、 神さまが顧み、導いてくださることを教えてください。 主イエスを私の羊飼い、私を導く光、 真理を教えてくださる方と崇めて お従いすることができますように。 救い主を与えて下さるほどに私たちを愛してくださった神さまをたたえ、 イエス・キリストの御名により祈ります。