礼拝の中で主の祈りを祈ります。その出だしは

「天にまします我らの父よ」

です。天におられる神に向かって呼びかけるのですが、その神は<我らの父>です。信仰者にとって神さまは、父なる神さまです。神さまは私たちの父であり、私たちは、神の子です。

 今日は神の子とされる幸いについて聖書から聞きたいと思います。神に向かって<天の父よ>と呼びかけることのできることがいかに幸いなことであるかとお伝えしたいと思います。

 今日の聖書にこう書かれています。

「しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」。

<言>は主イエスを指します。主イエスは、御自分を受け入れ、信じる人に神の子となる資格を与えたとあります。以前の口語訳聖書では、

「神の子となる力を与えたのである」

とあります。新改訳聖書では、

「神の子どもとされる特権をお与えになった」

とあります。

一つのギリシャ語が、<資格><力><特権>と訳されています。翻訳の難しさを感じます。ギリシャ語の単語の持っている意味合いを一つの日本語では十分に表現できません。<資格><力><特権>と異なる訳を知ると、ギリシャ語のもつ意味合いを少しは理解できます。これらを踏まえて<神の子>とされることについて聖書に聞いてみたいと思います。

 その前に確認しておきたいことがあります。<神の子>とは何なのか、新約聖書はあまり語っていません。神の子と言えば、それは主イエスのことと私たちは考えてしまいます。

旧約聖書に目を留めると、神さまは、このように語られます。

「わたしはあなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となる」。

イスラエル民族は、神に選ばれた民です。新約聖書では、クリスチャンは神の子、神はクリスチャンの父です。神の民イスラエルも、クリスチャンも、神さまと深い関係を持っていることが分かります。神さまがイスラエルの民のことをどう思ったのかは、神さまが私たち主イエスを信じる者たちをどう思うかと共通する点があると思います。

 主イエスを信じる人たちは、神の子となる資格を与えられました。資格を与えられたのですから、堂々と<わたしは神の子です>と言いましょう。神の子となったのは、神によって生まれたからであると書かれています。人間の願い、人間の努力あるいは血筋によって神の子となるのではないとあります。神さまは主イエスを信じる者を、新たに生まれ変わらせ、神の子としてくださるのです。神様の恵みです。主イエスを信じる者を神さまの方から、

「わたしはあなたのことを私の子とするよ」

と一方的に言ってくださるのです。

 神の子とされた人の幸いの一つは、神の子の価値です。

神の子の価値を考えます。人の価値は、通常、他の人間が決めます。そう言うと驚く方もおられるかも知れませんね。人間は、一人一人尊厳があり、敬われるべき価値があると考えるからです。人間の価値は人が決める、それはおかしいと思われるわけです。

でも現実はどうでしょうか。芸能人の場合が典型で、人気のある人が価値のある人であり、仕事が沢山与えられ、報酬も沢山得ることができます。入学試験によって学校側が、受験者に入学する価値があるかどうか定めます。人の価値を他の人たちが決めるという現実は確かにあります。ですから、私たちは、自分が人からどう思われるのかを気にします。中には人が自分のことをどう思おうとそんなことは関係ないと言う人もいます。

 <自尊感情>という言葉があります。似た言葉に<自己肯定感>という言葉もあります。自分を尊ぶ思い、自分を肯定することができる思いのことを言います。人は時に、自分で自分の価値を定めます。劣等感の強い人は、自尊感情が少ないです。自己肯定感が低いのです。その結果、自分は価値のない人間、ダメな人間だと思ってしまいます。

 そんな私たちを神さまはどう見ているのでしょうか。旧約聖書で、神はイスラエルの民をどう見ていたのでしょうか。

「あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた」(申命記7:6)。

神はイスラエルの民を、御自分の<宝>とされたのです。またこうも言われます。

「わたしの目にあなたは価高く、貴く/わたしはあなたを愛し」(イザヤ43::4)。

 神さまがイスラエルの民を

「私の宝」
「私の目にあなたは値高く貴い」

と言われました。神さまは同じように、私たちのことを大切な存在と見てくださっています。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです」(ヨハネ一3:1〜2)。

神さまは、私たちを御自分の子供としてくださるほどに愛してくださっているというのです。私たちは、自分の子以外の子供を、我が子とするほどに愛するなんて、なかなかできません。でも神さまは、そうしてくださるのです。

 神さまから<私の目にあなたは私の宝だ>と言われる、なんてうれしいことでしょう。自分を誇らしく感じませんか。神さまがそうおっしゃってくださるのですから、自分はダメなんだと思う必要は全くありません。本当にうれしいです。神さまは実際、そのようにおっしゃってくださるのです。

事実として、私たちには欠点があり、人より劣った点が色々あるでしょう。不十分な点が多々あります。しかし神の子とされていることを知ると、私たちは自分を喜ぶことができます。

自分はダメな人間なんだと少しも思わない人も、自分が自分の思っている以上にすばらしい存在であること、自分が神の子とされていることを喜ぶことができるのではないでしょうか。神の子として生きることが喜びとなります。主イエスを信じる信仰者は、神の子として生きることを喜びとする幸いが与えられています。

 神の子とされた人の幸いの第二は、神の子の持つ特権です。それは神さまを天の父としてもつ特権です。神さまが天の父となってくださるのです。神は、あなたのような人は私の子になる資格はない、などと言われないのです。私たちは、神の子となる資格を与えられているのです。

この神さまは、私たちと関わりを持ってくださいます。あなたのことは知らない、などと言わず、関わりを持ってくださいます。私たちとつきあってくださるのです。神というのは、抽象的な存在ではなく、どこか遠くにいる存在でもなく、私たちの近くにいてくださる方です。

 あなたが祈れば、耳を傾けてくださいます。あなたが心を開けば、あなたに語りかけてくださいます。神さまが語りかけてくださる言葉は、あなたを励まし、慰め、力づけ、導いてくださいます。神さまとも交わりに生きることができる、これは神の子の特権です。

聖書の言葉、これは神さまの言葉です。聖書の言葉は、キリスト教という<宗教の教え>ではありません。神の言葉、神さまが語りかけてくださる言葉です。神さまの語りかけとして聞くことができる言葉です。

 私たちが神さまのことを天の父と呼ぶことができるのには、理由があります。

「あなたがたは、人を神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです」(ローマ8:15)。

私たちは洗礼を受けると、神の霊を受けるのです。神の霊、聖霊が私たちの心に住んでくださり、私たちは、神さまのことを父と呼ぶことができるようにされます。あなたが<天の父よ>と祈るのは、聖霊を受けているからです。

そればかりでなく、聖霊の導きにより聖書の言葉を神の言葉と受けとめ、神さまの語りかけを聞き、神さまに従って生きることができます。私たちは神の子となる力を与えられており、父なる神様に従って生きることができるし、それを喜びとすることができるようにされています。

 そこでもし、この神さまとの関わり、交わりを失ってしまうと信仰とは、神の教えを守ること、信仰とは、信仰者としての義務を果たすこととの考えに陥ります。神さまがいなくなり、教えだけが残るのです。このような人たちが主イエスを十字架につけたのです。

 神さまとの関わり、交わりに生きる人は自由を与えられます。神さまに信頼することが、自由をもたらすのです。権力を恐れない自由、すべての心配、思い煩いを神さまにゆだねて平安に生きる自由が与えられます。神さまの言葉は真理で、

「真理はあなたがたを自由にする」

と主イエスは、語られました。この自由を<キリスト者の自由>と言います。

 

「兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、この自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい」(ガラテヤ5:13)。

この言葉からルターという人は

「キリスト者の自由」

という本を著しています。信仰者には、誰にも支配されないし、何事にも支配されない自由があります。信仰者は、神を愛し、神に信頼し、神にゆだねて、神の導きに従うからです。信仰者は、すべての人に愛をもって仕える自由があります。信仰者は、自分を愛するように隣人を愛するからです。この愛と自由に生きる特権をもって神の子は生きることができます。

 今、私たちの国の国家権力は、

「選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い」

なる文書をテレビ局に提示しました。公平な報道をするようにと、圧力をかけ、報道の自由を脅かしています。このような権力からの圧力にも屈しない自由を行使する力をキリスト者は与えられています。

 さらに神の子には、神の子の<希望>が与えられています。先日本を読んでいたら、こんなことが書かれていました。

「私は死について考える時、精一杯生きて、死という天命を待つだけだと、思うようにしています」。

人間の死に日々直面している看護師の方の言葉です。まじめな告白だと思います。

でも、私は共感はできませんでした。少なくとも私は、自分が迎えられる神の国を待ち望んで死にたいと思っているからです。どのように待ち望むか、それは老いを生きる私の課題になっています。

 神さまの国に迎えられたのなら、両親に会えるとか、亡き夫や妻に会えるとか、子供に会えるとか、そういう希望があってもいいと思います。でもこれらの希望について聖書は明確に語っていません。言い換えれば人間の願望に過ぎないのです。でも神さまは憐れみ深い方ですから、これを実現させてくださると私は信じます。

私はむしろ、聖書がはっきり書いてある希望に立って神の国を待ち望みたいと考えています。その方が、神さまに喜ばれる信仰生活、豊かな信仰生活を送ることができると考えるからです。

 ヨハネの手紙一3章にこのような言葉があります。1節はこうです。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです」。

これは先ほど紹介しました。そして2節はこうです。

「愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています」。

神の国に迎えられたとき、私たちはどのようになるのかは、分かりません。ここで著者は、

「私たちは御子に似た者となる」

ことを知っていると語ります。私たちは神の国に迎えられたとき、御子に似た者となるというのです。

 ここには神の国のイメージが語られています。神の国に迎えられる人は、御子に似た者となるというのです。だから3節では、

「御子にこの望みをかけている人は皆、御子が清いように、自分を清めます」。

つまり、御子が現れるとの希望を抱く人は、御子が清いように自分を清めるのです。ここから御子に似た者となるという信仰生活の目標が与えられます。

 主イエスは神の子です。そして私たちも神の子です。この地上にあって、主イエスに似た者となる歩みを心がけ、この歩みが神の国で完成するという希望を神の子は抱くのです。この希望が、この世での神の子の信仰の歩みを確かにするわけです。神の国のイメージが信仰者の歩みを豊かにするのです。これもまた幸いなことです。

 神の子とされる幸いは、第一に神の目に価値ある存在であるということ第二に神を天の父として持つ特権に生きること、第三に神の子としての希望に生きることができることをお伝えしました。

祈り