今日からヨハネ福音書を取り上げて説教をします。ヨハネ福音書も、イエス・キリストを宣べ伝える内容になっています。主イエスの地上の生涯を語っていますが、同時に復活の主イエスがいかなる方かを語っているように思えます。復活の主を証ししている、それがヨハネ福音書ではないか、と思うのです。

 たとえばよく知られた言葉があります。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」。

これは復活の主が語った言葉といった方がよいのではないでしょうか。復活の主イエス・キリストの言葉を生きている教会の姿が見えてくるのではないでしょうか。

 復活の主イエスを証しする福音書に聞いてみたいのです。復活の主をさらに知りたい、そのような願いから、ヨハネ福音書の説教をしていきたいと考え、説教をすることにしました。

 そこで今日の聖書です。

「初めに言があった」

とあります。この<初めに>を読むと、私たちは聖書の最初の言葉を思い出します。旧約聖書の最初にある創世記。その創世記の最初の言葉。

「初めに神は天地を創造された」

とあります。さらに神は言われます。

「光あれ。こうして光があった」。

神さまが言葉を発すると、語った言葉の通りになりました。そのようにして、言葉によって神さまは世界を造られたと創世記は語っています。ヘブライ語で<言葉>を意味する言葉は<出来事>という意味を持っています。

 そこで多くの人は、今日の聖書の1〜3節は、創世記の言葉による世界の創造を語っていると解釈します。そう理解している皆さんもおおいのではないでしょうか。でもなぜ、ヨハネ福音書の最初に創造物語を語るのか、それがどうして主イエスの証しとなるのか、わかりにくいです。

 1〜18節は、三つの段落があります。最初の段落は、1-5節です。二番目の段落の最初は、6節です。

「神から遣わされた一人の人がいた」。

これは洗礼者ヨハネのことですが、主イエスを証しする人物です。三番目の段落の最初は14節です。

「言葉は肉となって私たちの間に宿られた」。

主イエスが私たちの中においでになったと語っています。

いずれも主イエスの登場を語っています。ですから1節は、<初めに言がいた>あるいは<初めにイエスがいた>と考える方が自然だと思います。

 すると

「万物は言によって成った」

はどうなるのでしょうか。これを世界の創造とは考えないのです。主イエスは何をするために現れたのでしょうか。18節によれば、主イエスは神を示されたのです。主イエスは、私たちに神がいかなる方かを示されたのです。すると、3節はこうなります。神がいかなる方かを示すことはすべて、イエスによってなされた。イエスによらないで、神がいかなる方かを示すものは何ひとつない。そう考えると、神さまがいかなる方かを示す主イエスの働きがくっきりと浮き彫りにされてきます。

 このような出だしで始まる福音書は、どのような人に向かって書かれたのでしょうか。この福音書は、迫害の危機にある教会に向けて語られたものです。ヨハネ福音書の9章にイエスが盲人の目を開いたという出来事が書かれています。ユダヤ人たちは盲人の目が見えるようになったことを信じませんでした。ユダヤ人たちは、この盲人の両親に、

「この人は、あなたたちの息子で、生まれつき目が見えないのか。その息子がどうして見えるようになったのか」

と問いただします。すると両親は本人に聞いてくださいと答えます。

なぜイエスが見えるようにした、と言わなかったのか、その理由についてこう書かれています。

「両親がこう言ったのは、ユダヤ人たちを恐れていたからである。ユダヤ人たちは既に、イエスをメシアであると公に言い表す者がいれば、会堂から追放すると決めていたのである」。

ここにはユダヤ人たちから迫害されている教会の状況が反映しています。この福音書では、ファリサイ派とか律法学者という言葉が少なく、ユダヤ人と一般化して書いています。それは教会がユダヤ人全体から、つまりユダヤ教から敵対視されている後の時代の状況を反映しています。

 パウロが主イエスを宣べ伝えた時、どの町に行っても、まず会堂で主イエスを伝えました。最初はユダヤ教もキリスト教も、まだはっきりとした区別がなかったのです。クリスチャンもユダヤ教徒も会堂で一緒に礼拝をささげていました。ところが主イエスを信じる人々が増えていく中で、イエスをどう理解するかでも違いがはっきりしてきます。クリスチャンはイエスを神と信じます。ユダヤ人には、受け入れられないのです。神は唯一だからです。

ユダヤ人たちは、クリスチャンを会堂から追い出します。会堂から追放されることは村八分にされることを意味していました。ユダヤ人たちは会堂を中心にして生きていました。会堂では子供たちの教育も行われました。会堂から追放されると、他のユダヤ人との交わりが断たれます。それは生活の困難を招くことを意味します。

 さらにユダヤ教はローマ帝国から公認された宗教です。しかし会堂から追放されるとユダヤ教とは別な信仰と見なされます。すると新しい宗教ということでローマ帝国から迫害される可能性も出てきます。事実AD95年には、キリスト教に対する大きな迫害がなされています。

 5節で

「光は暗闇の中で輝いている.暗闇は光を理解しなかった」

とあります。、人々がイエスをメシアとして受け入れなかったことを語る言葉です。暗闇は、光である主イエスを理解せず、受け入れなかったのです。11節には、

「言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった」

とあります。イエスはユダヤ人たちから受け入れられなかったことを語っています。主イエスを受け入れなかったのは第一に宗教的指導者たちです。そして彼らが主イエスを十字架に死に追いやりました。暗闇とは、一般的に神を信じない者たちというよりも主イエスを受け入れなかった信仰者たちを指します。そして会堂の礼拝を守るユダヤ教徒たちは、キリスト者を会堂から追い出すのです。

 ヨハネ福音書の16章の最初で主イエスは語っています。

「これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである。人々はあなたがたを会堂から追放するだろう。しかも、あなたがたを殺す者が皆、自分は神に奉仕していると考える時が来る。彼らがこういうことをするのは、父をもわたしをも知らないからである」。

ユダヤ教の人たちが、あなたがたを会堂から追放するのは、彼らがイエスを、そしてイエスをこの世に遣わした神を知らないからだというのです。しかも神に対する熱心からだというのです。

 このようにヨハネ福音書は、会堂から追い出されて生活が脅かされ、またローマ帝国からは迫害される危機の中にいる信仰者に向けて語られているのです。

 ヨハネ福音書は、迫害、信仰のゆえに直面する生活の困窮と直面している人たちに向けて語られています。彼らが今後の人生を考えたとき、どんな気持ちになるのでしょうか。主イエスを信じる信仰を貫くこうとするとき、迫害、生活の困難が待っているのです。もし私たちがそのような事態に直面したらどうでしょうか。

百年近く前のことですが、太平洋戦争の時、

「イエスと天皇とどちらが偉いのか」

とクリスチャンは問われました。イエスは神です。天皇は人間です。イエスが偉い、といえば不敬罪で捕らえられます。実際捕らえられ、獄死した牧師たちもいるのです。そんな時代が続きそうなとき、どんな思いで私たち信仰者は信仰に生きるのでしょうか。

 迫害を前にすれば、落胆し、気持ちが弱まります。信仰は捨てられない、しかし断固信じぬく自信もなければ、お先真っ暗ということになります。迫害の危険の中にあってどうするか、と考え出せば、ますます苦しくなります。別なことを考えて気を紛らしたくなるものです。

 今、私たちの社会は今高齢化社会です。老いの時期は、信仰者にとって試練の時だと思います。年をとるということは、色々なものを失っていくということです。頭の毛が薄くなり、目が見えなくなり、耳が聞こえにくくなり、歯も抜けていきます。心身共に衰えていきます。

仕事を失います。親しい友人が亡くなり、親や兄弟が亡くなり、共に生きてきた伴侶が亡くなります。孤独になります。健康を失う不安があります。大切なものをどんどん失っていくのが老いを生きる人が直面す現実です。最後には、自分の命が失われるのです。そんな老いの現実は考えたくもありません。でもこの現実から逃げることはできません。

 自分の死を考える、それは闇を見つめるようなものです。たとい信仰を持っていても、闇を見つめると、私たちは闇に吸い込まれ、闇に取り込まれてしまいます。私たちは闇を見続けることはできません。信仰を持っていたとしても、闇を見続けること、つまり死を考えたり、老いの行く先を考え続けることはなかなかできません。不安と恐れ、失望に取り込まれてしまいます。老いの中にあって晴れ晴れとして、希望に満ちた気持ちになかなかなれません。

 しかし、4節があります。

「言の内に命があった」。

主イエスの内に命があります。そして命は、人間を照らす光だというのです。イエスは言われます。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(8:12)。
「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た」(12:16)。

これは主イエスの言葉です。同時に主イエスを証しする信仰者・教会の言葉です。迫害の中にあって、ユダヤ人の仲間から村八分にされ生きて行くのに困難を覚えながらも、暗闇の中に光を見た人たちの肉声が響く言葉です。主イエスこそ光であると証言する信仰者の言葉です。

 

「命は人間を照らす光であった」(4節)。

人間を照らす光とは、どのような光なのでしょうか。この光に照らされるとどうなるのでしょうか。

まず私たちは、光に照らされているということです。私たちは光に照らされて歩むのです。信仰とは、絶対的な確信を持つことを目標とはしていません。信仰とは、何が起きても揺るがない確信を持つことを目標とはしていません。信仰とは、たとい揺れ動いたとしても光に照らされて生きることです。

 主イエスの光に照らされるとどうなるのでしょうか。神さまがいかなる方かが分かってくるのです。主イエスだけが神さまを明らかにしてくださいます。主イエスを通して、恵みと真理が与えられます。主イエスを通して、神様の約束が与えられます。今日の聖書でイエスと<言>は同一視されます。イエスは、神の言葉です。神の言葉が人となられた、それが主イエスです。神の言葉が、私たちの心を照らす時、私たちは光の中を歩むことができます。

 ヨハネ福音書の言葉は、復活の主を信じ、復活の主と共に生きている教会の証しの言葉です。私たちは闇に囚われても、光を見ることができます。

光がいつも私たちを照らしています。

主イエスが私たちと共にいてくださいます。

主イエスに対する信頼、それは神の言葉に対する信頼です。神の言葉は生きており、力を発揮します。私たちの信仰は揺れ動きます。しかし世の光である主イエスは、宣言します。

「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た」(12:16)。

主イエスは光、それは真実だ、と迫害に直面して証しをしている人々が、このヨハネ福音書の背後にいるのです。この証しをし、またこの証しに励まされている教会があるのです。復活の主イエスが迫害と困難の中にある人を生かしているのです。

祈り