今日の聖書に

「神がアブラハムになさった約束の実現する時が近づくにつれ」

とあります。私たちが信じる神さまは、約束をなさる神です。神の約束を信じる、そこに私たちの信仰の特徴があります。

私たちは、神の約束を信じて生きるように招かれています。イエス・キリストを信じる人に約束されているのは<永遠の命>です。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」(ヨハネ3:16)

とあるとおりです。

 聖書には、私たちの日々の生活に関わる約束もあります。たとえば試練に関わる約束です。

「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリント一10:13)。

試練に耐えることができることと、逃れの道が約束されています。

 あるいは思い煩いに関する約束もあります。

「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。4:7 そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」(フィリピ4:6)。

平安が約束されています。

 聖書が伝える神さまは、約束する神です。信仰とは、この神様の約束に信頼することです。約束を信じるとは、神さまと関わって生きることを意味します。聖書は、信仰生活を結婚生活に例えています。結婚とは、夫婦が互いに関わって生きることです。関わる中で、互いに愛し合います。関わって生きる、それは結婚生活も信仰生活も同じです。私たちは聖書から、信仰者が身につける考え方、生き方を教えられます。これらは大切なことですが、もっと大切なことは、神との関わりに生きるという自覚、意識です。

信仰に生きるとは、神さまとつきあって生きることです。神さまは約束をもって、私たちを救い、導き、生かしてくださる方です。

 神さまは、救いを約束する神です。今日の聖書に

「神がアブラハムになさった約束の実現する時が近づくにつれ」

とあります。神がアブラハムにした約束は、アブラハムが住んでいるカナンの地域をアブラハムの子孫が住む土地として、それを与えるとの約束でした。イスラエルの人にとって土地は、神様から与えられたものでした。

この約束の実現について、神はアブラハムに語ります。

「あなたの子孫は、外国に移住し、四百年の間、奴隷にされて虐げられる」。

そして今日読んだ聖書においてアブラハムの子孫は、エジプト王によって虐げられていました。そして神は言います。

「わたしは、エジプトにいるわたしの民の不幸を確かに見届け、また、その嘆きを聞いたので、彼らを救うために降って来た」(7:34)。

 今や神は、エジプトで奴隷であったアブラハムの子孫を救い出し、カナンの地に連れて行こうとするのです。そしてアブラハムに対する神の約束が実現します。今、神はアブラハムの子孫、つまりイスラエルの民を救おうとします。そのために神はモーセを選び出します。

このモーセについては次のような出来事があります。モーセが生まれた頃、エジプト王は、イスラエルに生まれる男の子は皆殺しにせよ、との命令を出しました。モーセの両親はモーセを助けるべく、赤ん坊のモーセを籠に入れて川に流します。エジプトの王女が川の畔に住んでいたので、王女がモーセを見つけるようにと、少し上流から川に流します。そして王女がモーセを川から引き上げると、モーセの姉が<乳母を紹介します>と提案します。

その結果、モーセは母のもとで乳を与えられて育ちます。その後、モーセはエジプトの王女のもとで育てられます。モーセは自分がイスラエル人であることを知っています。王女のもとで教育を受け、有能な人間として育ちました。

 彼は40歳の時に、奴隷として苦しんでいる兄弟であるイスラエルの人たちを救おうと思い立ちました。一人の人間が、エジプト王の奴隷にされているイスラエルの民を救うことなどできるのでしょうか。たまたまイスラエルの民がエジプト人に虐待されているのを見て、イスラエル人を助けるためにエジプト人を殺しました。それはイスラエルの民を救うことにはなりません。エジプト人を殺したことが明らかとなり、モーセはエジプトにいることができなくなり、ミディアン地方に逃亡しました。挫折したのです。そして四十年後、モーセは80歳になりました。この四十年の間、モーセは何を考えていたのかと想像します。彼の志はよいものでしたが、実現には至りませんでした。

 しかし、モーセが80歳の時、シナイ山の荒野にモーセが行ったとき、神がモーセに呼びかけます。

「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である」。

さらに

「わたしは、エジプトにいるわたしの民の不幸を確かに見届け、また、その嘆きを聞いたので、彼らを救うために降って来た。さあ、今あなたをエジプトに遣わそう」。

モーセは、神からエジプトに遣わされ、イスラエルの民を救う働きをします。神はモーセを指導者として、解放者として遣わしました。

「この人がエジプトの地でも紅海でも、また四十年の間、荒れ野でも、不思議な業としるしを行って人々を導き出しました」(7:36)。

モーセを指導者としたイスラエルの民は、神の助けを得て、エジプトを脱出し、カナンの地に向けて旅をしました。そしてカナンの地に入ります。アブラハムに対する神の約束が実現します。

 ここで神は、救いの神として現れます。神は、イスラエルの民をエジプト王の奴隷から救い出す神です。神は、イスラエルの民を奴隷から解放する神です。神はモーセをエジプトに遣わすとき、約束をしました。それは旧約聖書に書かれています。

「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。それゆえ、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救い出し、この国から、広々としたすばらしい土地、乳と蜜の流れる土地、カナン人、ヘト人、アモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人の住む所へ彼らを導き上る」。

神はモーセに対して約束を与え、モーセをエジプトに遣わしました。そしてその約束は実現しました。イスラエルの民を解放するとの神の約束、救いの約束を神は実現したのです。同時にアブラハムに対する約束も実現しました。

 モーセは120歳まで生きました。120歳の時、イスラエルの民はカナンの地に行きます。モーセが神に用いられて働いたのは、80歳以降です。年とってから、神さまに用いられたのです。年をとってから神に用いられる、うれしいことです。アブラハムだって75歳過ぎてから、神の呼びかけを聞いたのです。私の妻はいつも、

「これからよ」

と励ましてくれます。皆さんも、これから神さまに用いられるのではないでしょうか。

 ところで私たちはなぜ、旧約聖書を読み、古い時代の物語に心を向けるのでしょうか。そんな古い時代の物語が私たちとどんな関係があるというのでしょうか。旧約聖書はいらない、新約聖書があれば十分だと言う人もいます。私は旧約聖書を読むことは大切だと考えます。旧約聖書を読まなかったら、<救い>ということがわからないと思います。旧約聖書は、ある意味で見本市なのです。色々なことを私たちに見せてくれます。

 神さまとはいかなる方かを教えてくれます。信仰に生きるとはどういうことかが分かります。救いとは何かも分かります。救いとは基本的に解放、自由です。神の前にいかに生きたらよいのかも分かります。人間とはどのような者なのかも分かります。つまり人間は神の前に罪を犯す者であることが分かります。これらが物語として語られているので、旧約聖書を面白く読むことができます。

 旧約聖書を読んで印象に強く残るのは、罪を裁く神です。怒る神です。そこで人は、新約聖書の神は罪を赦す愛の神と言って、旧約聖書はいらないなどと言います。よく読めば、旧約聖書の新約聖書も罪に対しては怒り、しかし悔い改める者の罪を赦す神を語っています。旧約聖書は、罪に支配され、罪からの救いを待望する内容になっています。罪の赦しと罪からの解放を与える救い主の到来の約束を書いています。

 聖書が告げる神は、人間に呼びかける神です。アブラハムに呼びかけ、モーセに声をかけました。神は我々に呼びかけ、信仰に生きるように招く神です。

私はある方に誘われて教会の礼拝に行くようになりました。何年教会に通ったでしょうか。途中で行くのをやめたこともありますが、礼拝に通い続けました。礼拝説教を聞いているとき、信仰者として生きるよう促しを受けました。それで洗礼を受け信仰者となりました。

しばらくして、聖書をもっと知りたい、という促しを与えられて神学校に行きました。牧師になるために神学校に行ったのではありませんが、神学校を卒業するときは、牧師となるように心が変えられていました。福音を宣べ伝える者となるよう神の呼びかけを受け入れていました。

 神は私たちに呼びかけ、信仰に生きるように導かれます。神を信じて自由な人として生きるように導かれます。私たちが必要とする解放の代表的なものは、死の恐怖からの解放です。聖書に次のように書かれているのを最初に読んだとき、驚き、うれしく思いました。

「ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした」(ヘブル2:14)。

思い煩いからの解放も聖書は告げています。思い煩いたくなるような状況の中にあっても、平安が与えられるとの約束があります。

 大切なことは、何か教えを信じれば自由になる、解放されるということではありません。教えが私たちを解放するのではなく、神さまが私たちを解放してくださるのです。神さまが共にいるなら、死の恐れも、思い煩いも、消えていくのです。教えでなく、神ご自身が私たちを自由にしてくださいます。

神と関わって生きる時、人は自由にされていきます。神さまに信頼するところに解放、自由が与えられます。一番大切なのは、罪の支配から自由にされて生きることです。

 神さまは、私たちに呼びかける神さまです。私たちに解放と自由を約束し、神さまを信じるように招かれます。私を信じよ、と呼びかけます。聖書を通して知ることができる神さまの思いがあります。神さまの願いはただ一つ、人間が救われて生きることにあります。神の祝福を受けて生きることにあります。聖書にこのように書かれています。

「信仰によって生きる人々は、信仰の人アブラハムと共に祝福されています」(ガラテヤ3:9)。

 歴史には、神の計画があります。人々を救おうという神の計画があります信じる者を祝福するという神の約束があります。イエス・キリストを信じる人に対する救いの約束が教会を通して歴史の中で語られ続けています。

私たちの人生は、この神の約束の下にあります。私たちの人生は、救われて生きることに目的があります。救われて生きるとは、救われたことを喜び、その喜びを他の人に伝え、他の人を救いに招くことです。他の人を救いに招くために、信仰者は用いられるのです。あなたも用いられるのです。

伝道はむずかしくはありません。神さまを信じて幸いであることを自分の経験に基づいて語ればいいのです。できれば、信仰者の交わりの中に未信者を交えて信仰に生きる幸いを語ることができれば、効果的だと思います。信じるか信じないかは、相手の問題です。伝道は伝えることであって、相手を信者にすることではありません。信仰に生きることの幸いを伝える、それが伝道です。神の約束を信じて、幸いであったことを伝えればよいのです。

 神と関わって生きていく時、私たちの心は落ち着きます。心の底に喜びがあります。心の中が悩み不安があったとしても、たとい罪を犯して自分を責めるとしても、私たちの心は落ち着きます。心の底に喜びがあります。神が共におられるからです。神の約束があるからです。神の赦しがあるからです。

祈り
祈り 天の父なる神様、 信仰とはあなたとの関わりであると教えられました。 祈りを通して、あなたに話しかけ、自分の気持ちをあなたに伝える者としてください。 また説教を聞くことを通して、聖書を読むことを通して、 あなたのみ心を受け取る者としてください。 そしてあなたの御心に生きる者としてください。 あなたに生かされる恵み、幸いを語る勇気を与えてください。 そのために聖霊の導きを与えてください。 金沢元町教会が、神様の恵みを身近な人に、 教会に来る方々に語る教会となるように導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。