今日の聖書の箇所は、ステファノという信仰者が迫害に遭い、裁判にかけられている場面です。彼は弁明をするときに、イスラエルの先祖のアブラハムから話を始めます。イスラエルの人は自分の人生を考えるとき、先祖アブラハムを思い起こすところから始めるのです。

ヨシュアという人物も人々に神を信じて生きるように勧めるとき、アブラハムから語り始めています。ヨシュア記24章。ネヘミヤと言う人物もイスラエルの人々を集め、アブラハムから語り始め、神の前に悔い改めを迫っています。先祖のことを語るのは、自分たちが何者であるかを確認するためなのです。自分たちは神の民であることを思い起こすのです。私たちも、神の民です。神の民として生きるとはどういうことなのか、今日はヨセフの人生に目を向けたいと思います。

 私どもは、時に神などいるものか、と考えてしまうような辛いこと、苦しいことに直面することがあります。神を恨んだり、神に不信感を抱いたりします。逆境の中に置かれたとき、私どもは、逆境をどう受けとめたらよいのでしょうか。今日の聖書に登場するヨセフは、まさに逆境を経験した人物です。

 ヨセフの父はヤコブです。ヤコブには二人の妻がいました。二人は姉妹でした。ヤコブは妹のラケルを愛しました。ヤコブは12人の息子がいましたが、一番下の二人の子をラケルが産みました。ヤコブは愛する妻が最初に産んだ子、ヨセフを可愛がります。ヨセフだけ、特別にいい着物を与えます。

そこで兄たちは、ヨセフをねたみます。そればかりではありません。ヨセフはまた夢を見るのですが、その夢の中で、兄たちがヨセフの前にひれ伏すのです。無邪気にヨセフは、その夢を兄たちに話すものですから、兄たちはいよいよヨセフを憎みます。

 今日の聖書で

「この族長たちはヨセフをねたんで」

とあります。ヤコブの12人の息子たちから、ヤコブの子孫が増えていくので、ヤコブの子供たちを族長と呼んでいます。ヨセフの兄たちは、ヨセフを憎んでいます。ある時ヤコブがヨセフに、羊を飼ってあちこち放牧している兄たちを探し、その様子を見てきて欲しいと頼みます。自分たちの所に来たヨセフを見て、よい機会が訪れたとばかり、兄たちは、そのヨセフを殺そうとします。でも殺すのはかわいそうだから、と商人に奴隷として売り飛ばしたのです。そしてヨセフは、エジプトに連れてこられます。

 ヨセフは、エジプトの役人の家で召使いとして仕えることになります。忠実に仕えたので、主人は家の管理をすべてヨセフに任せるほどになりました。思いがけないことが起きます。主人の妻がヨセフを誘惑するんです。ヨセフは若い青年です。ヨセフが拒むと怒った妻は、ヨセフが自分を誘惑したと夫に告げます。主人の怒りを買ったヨセフは、牢獄に入れられます。

 獄に入れられたヨセフでしたが、ヨセフの真面目な姿勢が看守長の信頼を得ることとなりました。看守長はヨセフに囚人の管理を任せるほどになりました。囚人が囚人の管理をするというようなことがあるのかと思いますが、創世記にはそのように書かれています。

 ある時、エジプトの王に仕える給仕役と料理役の二人が王に対して過ちを犯したため獄に入れられました。その二人がある時、同時に夢を見ます。その夢が何を意味しているのか二人は思い悩んでいました。何とヨセフは、その夢の説き明かしをします。給仕役の人は、仕事に復帰できる、料理役の人は、処刑される、と説き明かしをしました。

そこでヨセフは、給仕役の人に頼むのです。

「あなたが釈放されたら、私のことを王に告げ、私を自由にしてもらえるように取り計らって下さい」。

二人は夢の通りになります。でも給仕役はヨセフのことを忘れてしまいます。

 このように不運が次々と重なります。ヨセフが落胆しても当然です。ヨセフの父はヤコブ、ヤコブの祖父はアブラハム。信仰の家系です。ヨセフは黙々と忍耐の日々を過ごしました。神はヨセフと共にいたと創世記に書かれています。ヨセフは神を恨むのではなく、神の助けを待っておりました。信仰を持つ人は不思議です。神を恨まず、神に期待するのです。神は私に対して最善のことを行ってくださると信じさえするのです。

 そして事態は好転します。今度はエジプトの王が夢を見ます。河の中から七頭の太った牛が現れます。その後七頭のやせ細った牛が現れ、太った牛を食べてしまうという夢です。夢の説き明かしをする人がいません。あの給仕役がヨセフのことを思い出し、王に告げます。ヨセフは夢の説き明かしをします。今後七年間は豊作が続きますが、その後の七年間は、飢饉が来るというのです。ヨセフは、王に飢饉に備え、豊作の時に十分蓄えるように提言します。

 すると王は、ヨセフを大臣に任命し、飢饉に備えるように命じます。今日の聖書に書いてあるとおりです。

「神はヨセフを離れず、あらゆる苦難から助け出して、エジプト王ファラオのもとで恵みと知恵をお授けになりました」。

そしてファラオは、彼をエジプトと王の家全体とをつかさどる大臣に任命したのです。ヨセフは妻を与えられ、二人の子を得ます。それはヨセフにとっては大きな慰めとなりました。長男の名前はマナセ。

「神が、わたしの苦労と父の家とのことをすべて忘れさせてくださった」

との思いからの名前です。

 エジプトには十分な蓄えができました。飢饉が起きます。飢饉は、ヨセフの父ヤコブと兄たちが住むカナンの地にも起きます。食糧が尽きた時、ヤコブは、息子たちにエジプトに行って穀物を買うように命じます。兄たちが自分の前にひざまづくのをヨセフは見ます。自分をエジプトに売り飛ばした兄たちです。

そこでヨセフは兄たちを試します。

「お前たちはスパイに違いない。そうでないというなら、兄弟のうち一人だけを牢獄に監禁するから、ほかの者は皆、飢えているお前たちの家族のために穀物を持って帰り、末の弟をここへ連れて来い」。

ヨセフを売り飛ばしたとき、兄弟たちは、父ヤコブにヨセフは獣に襲われて死にましたと報告しました。今度は、どのように報告するのでしょうか。

 末の弟とは、ヨセフの弟、ヤコブが愛した妻ラケルが産んだ子です。この時、兄たちが話すのをヨセフは聞きます。

「ああ、我々は弟のことで罰を受けているのだ。弟が我々に助けを求めたとき、あれほどの苦しみを見ながら、耳を貸そうともしなかった。それで、この苦しみが我々にふりかかった」。

兄たちが、ヨセフを売り飛ばしたことについて、悔いているのをヨセフは知ることになります。

兄たちは、一人を残して家に帰ります。父のヤコブは、末の子をエジプトに連れて行くことを許しません。ヨセフを失い、さらに末の子ベニヤミンを失うことは耐えられないからです。

 しかし、エジプトから買った穀物が尽きてしまいます。エジプトに買いに行かざるを得ません。でも末の子ベニヤミンを連れて行くことはヤコブが許しません。しかし息子のユダが、ベニヤミンを連れ帰るから、とヤコブを説得します。そして兄たちがエジプトに来ます。

ここからの物語の展開は、興味深いのですが、ここでは省略します。ヨセフは

「私はヨセフです」

と兄たちに身を明かします。兄たちはもちろんびっくりします。そして兄たちにヨセフは言います。

「わたしはあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセフです。しかし、今は、わたしをここへ売ったことを悔やんだり、責め合ったりする必要はありません。命を救うために、神がわたしをあなたたちより先にお遣わしになったのです」。

 兄たちがヨセフを売り飛ばしたことについて、それは、神がヨセフをエジプトにお遣わしになったことなのだというのです。飢饉に備えてヤコブ一家を救うために神はヨセフを先に遣わしたのだというのです。ですからヨセフは、兄たちを恨まず、兄たちとの再会を喜んだのです。

 物事にはいくつもの見え方があります。表があれば裏があります。ヨセフは兄たちによってエジプトに売り飛ばされました。これは事実です。この出来事にはヨセフを先にエジプトに送るという神の計画があったとヨセフは考えたのです。信仰者は、柔軟な考え方をします。このことを通して、神はどのような導きを与えようとされているのか、このことを通して、何を教えようとされているのか、このことにはどんな意味があるのか。こういう発想が信仰者にはあるのです。ここに神に対する信仰が現れるのです。

 兄たちが自分をエジプトに売り飛ばしたこと、エジプトの役人の妻が、ヨセフが自分を誘惑したと罪をなすりつけたこと、夢を説き明かしてあげたのに、給仕役がヨセフのことを忘れてしまったこと、これらはヨセフの身に起きた不運です。しかしヨセフがエジプトの大臣となり、家族を飢饉から救うために起きた出来事と見ることができます。不運の中にも神の計画があったのです。不運に対する嘆き、悲しみは、神に対する賛美と感謝になったのです。

 ヨセフ物語は、大切なことを私たちに教えてくれます。ヨセフは自分の人生が神の御手の中にあることを知りました。ヨセフの身に起きたことは、すべて神の御手の中にあったのです。神はアブラハムに告げました。

「あなたの子孫は、外国に移住し、四百年の間、奴隷にされて虐げられる」。

この<外国に移住する>ことが起きたのです。ヨセフは、父や兄たち、その家族をエジプトに招きました。飢饉から救うためです。かくしてアブラハムの子孫は、エジプトに移住し、神の語ったことが実現しました。ヤコブやヨセフは、その後エジプトで亡くなります。ヨセフの生涯は、エジプトに移住するという神の計画のもとに置かれていたのです。

 この時から、四百年後、モーセに率いられたイスラエルの民は、エジプトで奴隷として苦しんでいましたが、エジプトから解放され、彼らはカナンの地に戻ってきます。そしてアブラハムに対する神の約束、あなたの子孫は、土地を所有するとの約束が実現します。

 ステファノは、アブラハムから初めて、イスラエルの歴史を語り始めます。自分たちの歴史を語るとは、自分たちが何者であるかを語ることになります。自分たちは神の民であると確認するわけです。

 そして、私たちも神の民の一員です。神の民は、自分たちが神の計画の中にあると信じます。神の民は、自分たちが神の約束の下にあると信じます。神は私たちと共におられること、私たちは神のみ手の内にあって生きていることを信じます。あなたは孤独ではありません。あなたは偶然に生まれ、偶然に生きている存在ではありません。あなたは神の御手の中に生きているのです。あなたは神の約束の中に生きているのです。私たちは神の国を目指す旅をこの地上で送っています。

 私たちが今、ここで日々の生活を送っています。私たちの身に様々なことが起きます。不運なことも起きるかも知れません。でもすべてのことが神の御手の中にあります。そしてそれは、神さまのご計画の中にあります。このことを信じるとき、私たちの身に起きるすべてのことが賛美と感謝に変えられていきます。御手の中ですべては賛美に変わり、御手の中で、神は私たちを導かれます。御手の中ですべては感謝に変わり、御手の業が、私たちの行く道に現れます。

ヨセフと兄弟たちとの和解、それは神さまの御業です。この出来事は、主イエスによる神と人との和解を指し示しています。主イエスも苦難を受け、神と人との和解をもたらされました。

祈り
祈り 天の父なる神様、あなたを崇めます。 私たちの人生は、あなたの御手の中にあります。 あなたの約束の下に置かれています。 私たちがいつもあなたを仰ぎ、 いつもあなたの計画、あなたの約束を 思うことができますように。 常に主を覚えてあなたの道を歩け、 とありますが あなたの計画、あなたの約束を覚えて 生きていくことができますように導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。