今日は召天者記念礼拝です。この教会で信仰生活を送り、亡くなられ、神さまのもとに帰った方たちを覚えます。この方たちの多くは、老いて自分の死を意識して生き、そして亡くなりました。自分の命に限りがあること、そして遠くない将来に自分の命の終わる時が来ることを知りつつ最後の日まで信仰の生涯を歩まれました。私たちがまだ歩んでいない道のりを歩まれました。

 今日の礼拝に出席している方々の中にも自分の生涯の終わりがそんなに遠くないと感じている人もおられます。私も自分の生涯の終わりが遠くないことを思います。先週の夜の祈祷会で、お互いに自分の死をどう思うかが語られました。

私自身は、イエス・キリストを信じ、罪が赦されていると信じています。そして神の国に迎えられると信じています。あるいは永遠の命が与えられると信じています。死を越える希望を与えられていることを感謝し、喜んでいます。信仰を持つ以前の、この希望のない日々に戻りたいとは少しも思いません。

 しかし<あなたはその希望に固く立っているのですか>と尋ねられたら、

「はい」

と答えることに、いささかためらいを感じます。死を越える希望のあることを疑っているわけではありません。イエス・キリストを信じる者に対する救いの約束は確かです。死を越える希望は神が約束された確かな約束なのです。しかし自分がこの希望に固く立っているかどうか、心許ないところがあります。

 この希望に固く立つとは、具体的に言えば、次のように言えるのではないかと思います。たとえば、余命を宣告された時、比較的短時間の内にその時を迎える準備、覚悟ができることです。あるいは、お見舞いに来た人に、神さまに対する感謝、人生を共に歩んだ人々に対する感謝と共に神の国に迎えられる希望をはっきりと語ることができることです。同じ事かも知れませんが、死を前にして信仰に生きた幸いを語ることができることです。天の父のもとに迎えられる喜びが心の中にあることです。死を前にして恐れや不安から救われていることです。一切を神にゆだねることができることです。神の国に迎えられることにワクワクする期待を抱くということです。

 私はこの希望に固く立ちたいと願っています。今日読んだ聖書の箇所は、私にヒントを与えてくれました。この希望に固く立つことができるように、聖書に耳を傾けたいと思います。今日の聖書にアブラハムという人物が登場します。彼の歩みに目を向けたいと思います。

 アブラハムは信仰の父と呼ばれた人です。彼の信仰生活は神の約束を信じるところから始まります。今日の聖書によれば、アブラハムは神から

「あなたの土地と親族を離れ、私が示す土地に行け」

と命じられました。そして彼は住み慣れた土地を離れ、神が示す土地に行きました。さらに神は、まだ子供のいなかったアブラハムに、いつかその土地を所有地として与え、

「死後には子孫たちに相続させる」

と約束されました。

このことは、創世記にも書かれています。創世記12章で神はアブラハムにこう語ります。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように」。

ここには、神がアブラハムを大いなる国民にするという約束と、私が示す地に行きなさいという神の命令が同時に語られています。アブラハムは、神の約束を信じ、神の示す地に出発したのです。神の示す地に到着すると、神は

「あなたの子孫にこの土地を与える」

と約束されました。

 アブラハムが信じた神の約束、それは彼が死んだ後に実現する約束です。

「わたしはあなたを大いなる国民にする」

という約束です。

「あなたの子孫にこの土地を与える」

という約束です。アブラハムが神から与えられた最初の約束、それは彼の死後に成就する約束でした。アブラハムは、この約束を与えられて信仰の歩みを始めたのです。

そしてあなたも私も、主イエスを信じたとき、死を越える希望を与えられました。私たちが死んだ後に実現する約束です。自分が死んだ後に実現する約束を信じるという点では、アブラハムと私たちは共通しています。では、アブラハムは、自分の死後に実現する約束をかたく信じたのでしょうか。自分の子孫が大いなる国民となるという希望にかたく立って生きたのでしょうか。

 その前に一つだけ考えたいことがあります。そもそもアブラハムは、なぜ、自分に語りかけたのが神だと考えたのでしょうか。なぜアブラハムはその声を聞いて、旅立ったのでしょうか。

 彼が聞いた言葉、それは彼が考えもしないことを語っています。どう見ても人間が語りうる言葉ではありません。人間が他の人に向かって

「あなたの子孫は大いなる国民になる」

などと言うことはできません。その声は外から、アブラハムのもとに来た言葉です。それ故、人間の言葉ではなく神の言葉とアブラハムは受けとめたのです。アブラハムはある日突然、神の約束の言葉を聴いたのです。戸惑ったことでしょう。でも彼は神の言葉と受けとめ、神の示す地に向けて旅立ったのです。では、アブラハムは、自分の死後に実現する約束をかたく信じたのでしょうか。自分の子孫が大いなる国民となるという希望にかたく立って生きたのでしょうか。

 アブラハムは神の約束の言葉を聞きました。神の言葉だからといって、人間は疑わずに信じ切ることができるとは限りません。アブラハムが神の言葉を聞いたのは、75才の時です。しかも彼には子供がいませんでした。それから10年が過ぎました。アブラハムは85才、妻は75才です。子供はまだ生まれません。アブラハム夫婦は、すでに老夫婦です。神の約束を疑い始めたアブラハムに神が声をかけます。そしてアブラハムは神に言います。

「あなたはわたしに子孫を与えてくれません」。

この時、神はアブラハムに夜空を見るように命じます。そして言います。

「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。あなたの子孫はこのようになる」(創世記15:5)。

その時、アブラハムは信じました。

 それからまた時が流れます。子供は生まれません。そこで妻は自分の召使いの女によって子を産んでくださいと夫に願いました。アブラハムと召使いの間に男の子が生まれました。そしてまた時が過ぎ、アブラハムが99才になったとき、神が現れて言います。

「わたしは全能の神である。わたしはあなたの妻を祝福し、彼女によってあなたに男の子を与えよう」。

アブラハムは神の言葉を聞いてひれ伏しました。しかしひそかに言うのです。

「百歳の男に子供が生まれるだろうか。九十歳の妻に子供が産めるだろうか」。

アブラハムは、神の言葉を疑っています。人間は神の約束、神の言葉を疑うことができるのです。人間の常識からすれば、こんな老夫婦に子供が生まれるはずがない、だから、<アブラハムの子孫が大いなる国民になるはずはない。自分の子孫が土地を得るはずがない>。こうしてアブラハムは、神の約束を疑いました。

 アブラハムは、自分の死後に実現する約束をかたく信じたのでしょうか。最初は信じたのです。時の流れと共に、段々信じられなくなっていったのです。自分は年老い、子が与えられる可能性がどんどん少なくなっていくからです。しかし驚くことに彼の妻は子を身ごもりました。そしてアブラハムの子が誕生しました。アブラハムは疑いましたが、神は約束の第一歩を実現されました。アブラハムの思いとは関係なく、神は約束の第一歩を実現されました。神は約束を実現される真実な方です。

 信仰の父と呼ばれるアブラハムは、神の約束を疑ったのです。生まれた子の名はイサク。イサクが乳離れしてしばらくして神がアブラハムに言います。

「あなたの息子、あなたの愛する独り子イサクを焼き尽くす献げ物として献げなさい」

と命じました。イサクを殺し、いけにえとして献げなさいというのです。

何という命令でしょう。でもアブラハムは、この命令に従います。<イサクが死んだら、私の子はいなくなります。そうしたら、あなたの約束は実現しなくなるのではないですか>と神に抗議はしません。神は全能の神であり、仮にイサクが死んだとしても神は約束を実現すると信じたのです。それ故、アブラハムは信仰の父と呼ばれました。

 信仰とは、神の約束を信じることです。約束を与える神を信頼することです。アブラハムは、紆余曲折はありましたが、神を信頼する人になりました。神の約束をかたく信じる人になりました。私たちはどうなのでしょうか。私たちもアブラハムと同じように神の約束を信じられなくなり、疑うことがあるのでしょうか。死後の希望に固く立つことができるのでしょうか。突然、余命が半年と告げられても、それを受けとめ平安な思いで日々を過ごすことができるのでしょうか。神の約束に対する確信を持つことができるとすれば、その確信はどこから来るのでしょうか。

 人間は死ぬ、これは確かです。私は小さい頃から死を恐れていました。だから、死を越える希望をひそかに求めていました。私はイエス・キリストを信じるように導かれ、死を越える希望のあることを教えられました。この希望を信じました。アブラハムのように、かたくこの希望に立つにはどうしたらいいのか、という課題を抱えました。神の約束に全面的にゆだねることができればよいのですが、それはどうしたら可能となるのでしょうか。

 そもそも私たちはどこで神と出会うのでしょうか。アブラハムは突然呼びかける声を聞き、神と出会いました。私たちはイエス・キリストの十字架において神に出会うのはないでしょうか。聖書は告げます。

「十字架で死んで復活したイエスこそ救い主である」。

この言葉は人間が考えだした言葉ではありません。十字架の上で磔(はりつけ)で死んだ人間が救い主、しかも死んで三日目に復活した、などという言葉は、人間が決して思いつかない言葉です。

 そして私どもは、自分の罪を知らされます。聖霊の働きによって自分が罪人であると知らされるとき、私どもは赦しをいただき、救いの恵みをいただきます。私が罪人であるとの意識、これが私どもの心に刻まれました。そしてこれこそ神が存在する証明です。

 

「十字架で死んで復活したイエスこそ救い主である」。

これは私たちにとっては異質な、すぐには理解できない、受け入れられない、外から来る言葉です。これは神の言葉なのです。キリストの十字架において、私たちは神と出会うのです。ですから聖書にこう書かれています。

「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です」。

 神の言葉に対する確信、死後の希望に対する確信はどこから来るのでしょうか。アブラハムは、100歳でイサクを与えられたとき、神は約束を実現する真実な方であると知らされました。その時、彼は神の約束をかたく信じる人とされました。神が真実な方であると知るとき、神の約束に私たちは固く立つことができるようになります。

 

「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」(ヘブル11:1)

とあります。信じるとは確信することだというのです。確信をもって信じたいのに、<信じるとは確信すること>ってどういうこと?

つまり、信じるとは、神が真実な方であると信じることなのです。そして神が真実な方であると信じるとは、神が真実な方であると信じ続けることなのです。人生には色々なことが起きますから、場合によっては、神が信じられなくなったと思うことさえ起きるのです。試練が起きる度に、神の真実さを信じるかどうかが問われるのです。順調に物事が運んでいるときは、真実な神がいなくたって生きていけるかのような迷いの中に私たちは落ち込んでしまいます。いついかなる時も、神の真実を信じて生きる、これが信仰です。神が真実な方と信じるとき、確信がそこに伴うのです。私たちの歩みが神の真実さを信じた歩みになることが大切です。

 私どもは、神の御手の中にあって生かされているのです。神を天の父と呼び祈る私たちは、神の御手の中に置かれているのです。いついかなる時も、神の御手の中に私たちは置かれているのです。このことを知るとき、私たちは幼子のように父なる神にゆだねる心が与えられます。神を天の父と信じ、神にゆだねる幼子のような心に確信が宿るのです。今回の説教の準備で、確信はどこから来るのか教えられたように思います。

 アブラハムは疑いましたが、神は約束の第一歩を実現されました。アブラハムの思いとは関係なく、神は約束の第一歩を実現されました。そして私たちはアブラハムの子孫が大いなる国民となったことを知ります。私たちが疑おうと確信を持てずとも、神は約束を実現される真実な方です。

死後の希望にかたく立つことができようとできまいと、神は約束を実現し、私どもを神の国に招いてくださいます。しかし、私たちが神の真実さを信じ続ける信仰の歩みをするなら、神の真実さに信頼して生きるなら、私どもの前には、さらに幸いな人生が切り拓かれていくでしょう。罪清められ、新しい人に生まれ変わり、神を愛し、自分のように隣人を愛する歩みが導かれるからです。神の真実さに信頼して生きるなら、私どもの前には、さらに幸いな人生が切り拓かれていくでしょう。神は真実な方なのです。

あなたが真実でなくとも、神は真実な方です。ここに私たちの希望があります。神の真実に目を留めるとき、確信が与えられます。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 私たちが不信仰に陥っても、あなたを疑ったとしても、 あなたは変わることなく真実な神です。 試練が訪れると私たちは、あなたの真実を疑ってしまいます。 自分の願い通りにならないと神の愛、神の善意を疑ってしまいます。 しかしあなたの真実は変わることがないと信じます。 御子イエス・キリストを十字架の死に渡し、 私たちのために救いの御業を示してくださいました。 ただイエス・キリストを信じるだけで 私たちの罪を赦し、私たちを救ってくださいます。 ここに示された神の愛、神の真実を信じます。 試練の中にあっても、私どもを顧み導いてくださる神の真実を信じます。 あなたの真実に目を留めて、あなたの真実に信頼して 日々歩むことができるように私たちを助けてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。