今日の聖書に

「子供を怒らせてはなりません」

とあります。これが今日のテーマです。このテーマは、色々な人間関係の中に生きている私たちに当てはまります。自分には子供がいないから、関係がないなどと思わないでください。

 子供を怒らせない、これにはむずかしい面があります。以前、娘が中学生の時だったと思いますが、友人の家に遊びに行きました。そこには何人もの友だちが集まっています。娘から

「帰りが遅くなるけどいい?」

と電話がかかってきました。

「門限までに帰りなさい」

と伝えました。すると娘は、他の友だちはまだいるというのに私だけ早く帰るなんて、いや、と怒りました。

 親としては、夜遅く出歩くべきではない、との思いを娘に伝えたのですが、娘の心には伝わりませんでした。娘にとっては、自分の願い通りにしたいのに親が壁となって、邪魔をしている、と怒ったのです。親もまた身勝手な行動から子供に接することもあり、子供を怒らせることもあります。親も完全な人間ではありません。

 1節に

「子供たち、主に結ばれている者として両親に従いなさい」

とあります。私たちは、一般的な道徳を考えているのではなく、主に結ばれている者としていかに歩むかを考えます。親子の事柄について、主に結ばれている者として考えます。主に結ばれて生きる幸いをお伝えしたいと思います。

 今日の聖書は、親子関係に関する教えとなっています。しかし親子もまた人間関係なので、人間関係に共通の教えがあると思います。つまり信頼関係がたいせつであるということです。親子関係、夫婦関係、友人同士の関係、会社の上司と部下の関係、近所の人との関係など、どんな関係でも信頼関係は大切です。神と信仰者の間でも、信頼関係が大切です。信仰者は神を信頼し、神は信仰者を信頼します。神の信頼に応えることは信仰生活で大切なことです。信頼関係を築くことはどんな関係でも大切です。

 聖書を読み、また自分のこれまでの生活を顧みて、苦い思いを抱くのは、私だけではないと思います。子供との間に信頼関係を築くなんて、考えもしなかったという人もおられるかも知れません。子供は親に従えばいいんだと考えるわけです。聖書にも

「両親に従いなさい」

と書いてあります。

 親は子を育てる立場、子は育てられる立場にあります。信頼というと、子が親を信頼するのであって、親が子を信頼するのではない、と考えるかも知れません。神さまが、私たち信仰者を信頼することを、私たちはあまり考えません。

 しかし、関係というものがある時、信頼関係を築くことは大切です。親子関係でも大切です。私の息子が中学生の時、<あれはどうなの、これは大丈夫なの>と口うるさく語る母親に、<もっと僕を信頼してほしい>と語ったことがあります。

 子供は、親との関係において親に不信感を抱くことがあります。親は完全な人間ではないので、子供に八つ当たりしたり、親の思いを一方的に押しつけたりして不信感を招くことがよくあります。

 信頼関係を築く時、大切なことがあります。それはお互いに相手を理解するということです。小さい子供は親を理解することはむずかしいかもしれません。少し大きくなれば、親の気持ちを理解することはできるようになっていきます。

 相手の気持ちを理解するってどういうことでしょうか。たとえば高校生の子供がオートバイの運転免許を取り、オートバイを買ってほしいと親に言ったとします。すると親は<危ないからとか、まだ早い>とか言いがちです。子供のことを心配する気持ちから出た言葉です。子供がなぜ、買ってほしいのか理由を述べても、ダメ、まだ早いと親は言い続け、子供が怒り出します。

 子供の気持ちを理解するとは、

「子供がオートバイを買ってほしい」

と言い出した時、オートバイを買うかどうかは別にして、まず、子供が買ってほしいと考えていることを受けとめることです。いきなり

「ダメ」

と言わないのです。子供はオートバイを買ってほしいと考えているんだと子供の気持ちを受けとめるのです。それが子供の気持ちを理解することです。

注意してください。子供の気持ちを理解するとは、子供の願いを認めることではありません。子供がどう考えているかを受けとめることです。それだけです。子供の気持ちを理解することは、子供の気持ちを正当なものと認めることではありません。ここをしっかり区別することが大切です。

 私たちは相手の気持ちを理解せずに、相手の思いが正しいかどうか、それを自分が受け入れることができるかどうかを考えて、いいとか、悪いとか、受け入れることはできないとか、反応してしまいます。すると相手もそれに反応し、争いが始まることもしばしばです。

 人は自分の考えを持つ自由があります。人は、それが何であれ、自分の思いを持つ自由があります。あなたは、そう考えているのね、と受けとめる、それが理解することです。たとえば、

「あなたは宝くじを買いたいと考えているのね」。

これが理解することです。

「当たらないから買うだけ無駄よ」

というのは、これは理解する態度ではありません。相手がどんな考え、どんな思いを持っているのか、どんな感情を抱いているのか、それをありのままに受けとめることが理解することです。それに対して価値判断を下すことは、理解することとは違います。お互いの考え、気持ちを理解することが信頼関係の前提です。

 信頼関係がある場合、

「君の考えは分かった。でも僕は、こう思うよ」

とこちらの気持ちを伝えることができます。こうしてお互いに相手が何を思っているか、考えているのか、どんな気持ちでいるのかを理解し合うことができます。

 今日の聖書で、

「子供を怒らせてはなりません」

とあります。幸いなことに私は親を恨んだり、不信感を抱いたりするほどの怒りを抱いた記憶がありません。争い口論したことはあります。神学校を卒業し、牧師になりたいと告げた時です。親は色々心配して反対の気持ちを語りました。でも私は自分の気持ちの堅いことを告げました。これでは仕方がないと親も考えたのでしょう、

「分かった」

と答えてくれました。

 しかし親として、子供に怒りを与えたことはあります。子供をからかったのです。私は親しさの現れとして考えて、子供をからかったのです。しかし子供は怒りました。その様子を見て私はあやまり、二度と子供をからかってはいけないと肝に銘じました。

 私の大きな失敗は、子供の気持ちを聞くことの失敗です。親は完全な人間ではないので、子供を傷つけます。子供は親に不信感を抱いたり、怒りを感じたりします。

 ある時、息子が<僕の気持ちを聞いて欲しい>と言ってきました。父親に対して、自分がどんな気持ちを持っているかを語りました。すると私は、自分が取った行動の説明をしました。息子は父である私を責めているのではなく、気持ちを聞いて欲しいと言っているだけなのです。でも私は結局、息子の気持ちを受けとめるのではなく、自分を弁解してしまいました。つまり、親の気持ちを分かって欲しいと言ってしまったのです。

息子としては、自分の気持ちを聞いてもらえるなら、親を親しく感じることができると思っていたのです。親である私は弁解に走り、息子としては、親に親しみを感じることができなかったのです。そのことがいっそう、息子を怒らせてしまいました。

 子供が怒るのは、どんな時でしょうか。色々あると思います。親が自分の意志を一方的に押しつける時裏返せば

子供の気持ちを理解しようとしない時、子供に向き合う時、善悪でしか物事を考えない時、子供の願うことに対して親が壁になる時、自分の気持ちを理解してもらえない時、自分の存在を否定されるようなことを言われた時自分の人格を重んじてもらえない時。

 親と子は立場が違います。お互いの思いを理解し合ったとしても、それからどうするか、で争いが生じることもあります。オートバイを買ってほしいとの子供の気持ちを親は理解しました。親は心配から買いたくないという気持ちを子供は理解しました。しかし結論としてどうするか。話し合いが始まります。話し合いの中で自分の思い通りにならなければ、子供は怒るかも知れません。子供が間違ったことをすれば、親は子供を諭します。その諭し方によっては、さらに子供を怒らすこともあります。

 子供を怒らせずに、子供を諭すにはどうしたらよいのでしょうか。

「主がしつけ諭すように、育てなさい」

とあります。親は子供を危険から守り、子供を教え導き、無事に育てる役目があります。その際、主イエスを模範としなさいというのです。主イエスの模範を聖書のどこに見出せるのか、と考えます。主イエスが子供をしつけたこととか、諭したことは書かれていません。そこでこの言葉をどう受けとめたらよいのか、と考えます。

 主イエスは、自分を裏切った弟子のペトロにどのように接したのでしょうか。

「私の言ったとおり、お前は三度、私のことを裏切ったな」

などとペトロを責めることは一言も言いませんでした。ペトロは主イエスを裏切ったことを悔いているのです。そのことを主イエスは知っています。そこで

「この人たち以上に、私を愛しているか」

と言われました。私を愛する者として生きて欲しいとの思いを主イエスは告げられたのです。一言謝らせたい、などとは思っていないのです。私たちは自分の面子を考え、相手を謝らせたいと考えがちです。しかし主は、そんなことはなさいませんでした。

 主イエスは、クリスチャンを迫害していたパウロにどのように接したのでしょうか。

「サウロ、サウロ、なぜ私を迫害するのか」

と主イエスはおっしゃいました。この

「なぜ」

は、責める言葉ではないと思います。むしろ、パウロの気持ちをおだやかに聞く

「なぜ」

ではないかと私は考えます。なぜなら、主は

「起きて町に入れ、そうすればあなたのなすべき事が知らされる」

と告げたからです。主イエスは、パウロに新たな使命を与えようとされました。主はパウロの気持ちに聞こうとしたのです。そして今までパウロが抱いていた考えは間違いであることをパウロが自ら悟り、主イエスに従うように導かれたのです。

 主イエスが語られた放蕩息子のたとえがあります。ある人に二人の息子がいました。この人は裕福な人でした。多数の人を雇って畑仕事をさせていました。下の息子が、自分の相続する財産を今ください、と父に願った時、父親は、財産を譲りました。息子はその財産をすべてお金に換えて、家を出ました。幸せな人生を求めて家を出ました。しかしお金を使い果たし、落ちぶれ、家に戻ります。

「私はもう息子と呼ばれる資格はありません」

と息子は父に語ります。しかし父は、帰ってきた息子を歓迎します。それどころか、息子の帰りをずっと待っていたのです。帰ってくる息子の姿が遠くに見えた時、走り寄って歓迎するのです。この父は、息子を愛しているのです。あの財産はどうなったのだ、などと問い詰めることはしません。息子をひたすら愛しているのです。

 子供に対して責めず、気持ちを聞き、愛する、これが主イエスのようにしつけ諭す態度ではないかと思います。このような態度は、子供に対してだけではなく、私たちが他の人と接する時に必要な態度ではないでしょうか。それは、主イエスに結ばれた人にふさわしい態度です。そしてこのような態度は、よりよい人間関係に私たちを生かし、私たちに祝福をもたらしてくれます。主イエスに倣うことの幸いを教えられます。

祈り
祈り 天の父なる神 あなたが私たちを愛してくださり、 あなたに罪を犯す私たちを憐れみをもって愛してくださるように 私どもも、子供を愛し、子供の心を大切にすることができますように。 私たちがお互いに理解し合うことができますように祈ります。 強い立場にある者は、自分の思いを押しつけることなく、 相手を理解しようとする謙遜な思いを持つことができますように。 お互いに自分が理解される喜びを味わうことができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。