マタイ福音書の最初の箇所はクリスマスの季節によく読まれます。マリアという女性が男の子を身ごもります。彼女はヨセフと婚約中に、身ごもるのです。婚約者のマリアが身ごもったことを知った時、ヨセフは心がおだやかではありませんでした。マリアとの婚約を解消しようとしました。すると主の天使が夢に現れて、ヨセフに言いました。

「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」。

 イエスという人物は、私たちを罪から救うお方です。聖書が告げる救いとは、罪からの救いなのです。

「あなたは罪から救われる必要があります」。

そう言われてどう思われますか。

「私は罪からの救いを必要とするほど悪いことはしていない」

と言われるかも知れません。

「そもそも、罪ということがよく分からない」

と言われるかも知れません。

 私たちはテレビで色々な犯罪のニュースを見聞きします。法律に何が書かれているのか知らなくても、どんなことが犯罪になるのか、分かってきます。私たちの日常生活に関わる身近な犯罪が何かは分かってきます。私たちの多くは、自分は犯罪を犯していない善良な国民であると考えます。だから、あなたは罪人ですと言われても、あなたは<私は罪人ではありません>と言うのではないでしょうか。

 聖書が言う罪とは、法律を破ることではなく、神の教えに背くことです。あるいは神に反抗することです。神の教えに背いた人のことがニュースになることはないので、私たちは何が罪なのかを知ることはありません。ですから、自分が罪人であることを知ることはありません。教会に来て、神の教えを知るにつれて、自分は罪を犯しているかも知れないと思ったり、考えたりするかも知れません。しかし自分が救いを必要とする罪人だとはなかなか思えないものです。

 クリスチャンというのは、自分の罪を知り、神に罪の赦しを求め、罪の赦しを受けた人たちです。救い主イエスは、十字架で処刑されて死にました。死んだ人が救い主というのは理解しにくいかも知れません。イエスは、罪を犯した人間が受ける神の裁きを人間の代わりに十字架で受けられたと聖書は告げます。イエスは、私の代わりに罪の罰を受けて下さった救い主と信じて、私たちはクリスチャンになります。

 私たちは教会で説教を聞き、あるいは自分で聖書を読む中で、神の教えが何かを知り、罪が何かを知るようになっていきます。たとえば聖書にこのように書かれています。

「何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい」(フィリピ2:3〜4)。

利己心、虚栄心、へりくだらないこと、他者のすぐれた点を認めようとしないこと、自分のことしか考えないこと、人のことを考えないこと、これらが罪であることが分かります。

 あるいは、次のような聖書の箇所もあります。

「肉の業は明らかです。それは、姦淫、わいせつ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、怒り、利己心、不和、仲間争い、ねたみ、泥酔、酒宴、その他このたぐいのものです」。

聖書が語る罪って、私たちにも当てはまりそうです。でも、私だけじゃなく、他の人たちにも当てはまるし、聖書が語る罪って、犯罪と比べれば、ひどいこととは思えません。ですから私たちは、自分が罪人であるとは思えないし、罪人であるとは考えないのです。あるいは、私はそんな不道徳なことはしていないと、自分の立派さを誇る人もいるかも知れません。

 ある信仰の書物には、人間の心について次のように述べています。

「わたしは神と自分の隣人を憎む方へと生まれつき心が傾いているからです」。

私たちの心は、自分のことを考える傾向があり、神よりも自分のこと、他人よりも自分のことを考える傾向があります。神の心よりも、他人の心よりも、自分の心を大切にするのです。

 聖書によれば、神さまの戒めは二つに要約されます。第一のものは、神さまを愛しなさい、第二のものは、自分のように隣人を愛しなさいです。つまり人は、神さまの戒めに背いて生きているのです。それで聖書は、人は皆罪人だと告げます。

 人は皆、完璧な人間というわけにはいかないし、多かれ少なかれ、聖書が告げる罪を犯しているかもしれないけど、いちいち、罪を問題にしなくてもいいんじゃないか、と思われる人もいるかも知れません。もっと明るい話を聞きたいよ、と思われるかも知れません。教会に行くと、罪の話しを聞くけど、罪のことはよく分からないし、だから教会に行くのいやなんだよ、と思う方もおられるかも知れません。しかし、聖書は、罪からの救いを語っています。イエスという人物は、私たちを罪から救う方であると告げます。私たちは、本当に罪から救われる必要があるのでしょうか。救いを必要としているような罪を犯しているのでしょうか。

 私たちが考える基準からすれば、聖書が語る罪って、大した罪とは思えません。しかし神さまは、私たちが罪を犯している罪人であることを教えてくださいます。私はタバコを吸って神さまが与えてくださったこの体を傷つけていることのゆえに自分が罪人であることをはっきり教えられました。自分を守るために嘘をついた時も、自分が罪を犯していることをはっきりと知らされました。

神さまの前に自分がどう生きているか、それが問われるのです。罪とは、神さまに背を向けて生きること、神さまの教えに背いて生きることなんです。

 私たちが罪から救われる理由が二つあると思います。

一つは、神の裁きがあると聖書が告げているからです。今日の聖書の27節にこう書かれています。

「また、人間にはただ一度死ぬことと、その後に裁きを受けることが定まっている」。

人は死んだ後に裁きを受けるというのです。最後の審判のことです。

最後の審判なんて本当にあるとは思えないかも知れません。絵空事のように聞こえます。自分の目に現実とは思えないからと言って聖書の語ることを無視することが賢いことかどうか、考えてもよいと思いませんか。人間の想像を絶するようなことが現実に起きています。東日本大震災だって、先日の御嶽山の噴火だって、あり得ないと思うことが起きています。

 主イエスが十字架で処刑されて亡くなる時、

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

と叫ばれました。神から見捨てられること、それが神さまの裁きなんです。人が死んだ後、神に見捨てられる、それが滅びだと聖書は告げています。この滅びから主イエスは、私たちを救って下さる救い主です。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。

私たちは、滅びないために、罪からの救いを必要としています。

 罪からの救いを必要とするもう一つの理由は、神の祝福を受けて生きるためです。人間は、神さまよりも自分のことを優先し、他の人より自分のことを優先します。人間は神との関係、他者との関係よりも自分のことを優先します。その結果、神との関係が壊れ、他者との関係がおかしくなっていきます。すると人間の生活に色々な破れが生じてきます。幸せを求めても、手に入れることができなくなります。

 神を愛し、自分のように隣人を愛する、これが神さまの戒めです。神さまは、なぜこの戒めを私たちに与えられたのでしょうか。この戒めは、私たちに祝福をもたらす戒めなのです。この戒めには、祝福が伴うのです。神の戒めが祝福に至る道なんです。

 あなたが幸せになってほしいとの神の願いがあるのです。私たちが幸せになってほしいので、神は戒めを与えるのです。神の戒めを守りたくなかったら守らなくたっていいんです。その代わり、神が備えている祝福を受け取れないだけです。神の願いに耳を傾けないなら、あなたは神を見捨てたことになります。するとあなたが死んだなら、今度は神があなたを見捨てます。祝福を与えようとする神の願いを拒むことはどれほど大きな罪であることでしょうか。

 人間の心は、神を憎み、人を憎む傾向があると申し上げました。憎むというのはきつい表現ですが、人は神よりも自分、人のことよりも自分を大切にする傾向があります。神を愛し、人を愛するという戒めがありますが、実は、私たちはこの戒めを守りたくても守れないのです。つい自分の心の方を、つい自分の方を大切にしようとします。人間の心は罪を犯すように傾いているのです。しかし、救いがあります。イエスという方は、罪から私たちを救ってくださる方です。

 28節に

「多くの人の罪を負うためにただ一度身を献げられた」

とあります。イエスという方は、すべての人間の罪を自分の身に負い、十字架の上で、神の裁きを受けられたのです。主イエスが私たちの罪を負ってくださったので、私たちの罪はもはや裁かれません。罪の償いがなされたのです。このことは、礼拝の説教で繰り返し聞くことです。

 今日の聖書には注目すべきことが書かれています。26節。

「ご自身をいけにえとして献げて罪を取り去るために、現れてくださいました」。

ここには<罪を取り去るため>という言葉があります。<罪を取り去る>ってどういうことでしょうか。たとえば、ガン患者に対して手術をして、ガンの病巣を全部摘出するように、そのように罪を取り除くということなのでしょうか。自己中心的になりやすい心が取り除かれるということなのでしょうか。ガンの病巣を取り除くように、罪を私たちの心から取り除くことはできません。

 それなのになぜ、9章26節では<罪を取り去るため>とあるのでしょうか。これは罪を無効にするという意味です。私たちを罪に誘う力は無効、つまり効力のないものになったとの意味です。

 聖書は、罪を擬人化して語っています。人間の心の中に住み、人間の心を支配しているというのです。

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」(ローマ7:19〜20)。

罪の力が強いので、私は自分の望む善が行えない、望まない悪を行っているというのです。

主イエスの十字架の死は、この罪の力を無効にしたというのです。主イエスの十字架の死の後も、確かに罪は強く、私たちを罪へと動かす力を持っています。私たちを罪へと誘います。しかしその罪の支配は、絶対的な支配ではなくなったのです。何をしても打ち勝つことのできない支配ではなくなったのです。

神さまの力によって抵抗する時、私たちは罪に勝つことができるのです。私たちに対する罪の支配は、今も厳然とありますが、私たちは罪の奴隷として、罪に屈服する時は終わったのです。これが<罪を取り去る>と訳された聖書の言葉の意味です。

 私たちがどう考えようと聖書は語るのです。<キリストは罪を取り去るために現れてくださった>。罪の力は厳然としてありますが、私たちはこれに打ち勝つことができるようになりました。ここに福音があります。

 そうです、ここに福音があります。ローマの信徒への手紙8章3節にこうあります。

「神は、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです」。

ここでも罪を擬人化しています。神は、罪を取り除くために、罪を罰した、処罰したというのです。罪が人間を支配していたことについて、罪を罰した、処罰したというのです。ですから、人間に対する罪の支配は、終わったのです。このことを知らない人は、相変わらず、自分は罪に支配されていて、罪に勝てるとは思っていません。

 旧約聖書に出エジプト記があります。これはエジプトの国で奴隷として苦しんでいたイスラエルの民が、奴隷から解放される物語です。自分たちの力では、自分たちを奴隷から解放することができません。しかし彼らは神に叫び、神に救いを求めました。神は彼らの叫びを聞かれ、彼らをエジプトから救い出しました。そして神はイスラエルの民を自由に生きることのできる約束の地に導かれます。でも約束の地にすべての人が入れたわけではありません。

 約束の地に向かう旅の中で、困難が生じると人々は、奴隷として過ごしていたエジプトにいた方がよかったと語るのです。

「なぜ神は我々をエジプトから導きだし、困難な目に遭わせるのか」

と不満を言います。困難が起きた時、神さまの助けを求めないのです。神さまの助けを求めた人だけが、約束の地に入ることができました。

私たちも気をつけなければなりません。罪との戦いで神さまの助けを求める人は罪から自由にされます。しかし罪との戦い大変だと言って戦わないと、罪からの自由は与えられません。イスラエルの民がエジプトの肉鍋を恋しがり、エジプトにいた方がよかったと言ったように、神さまは罪を赦してくださるわけだし、<神さま、罪深い私をお赦しください>と祈れば、それでいいじゃないか、と言って罪の支配に戻ってしまうこともあるのです。

 主イエスは、私たちの救い主、キリストです。私たちの罪を償うために死なれただけではなく、私たちを罪から解放するために死なれたのです。この方こそ、油注がれた方、メシア、キリストです。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 父なる神、あなたの思いは、私どもの思いを高く超えています。 あなたの示される道は、私どもの思いを高く越えています。 罪からの救いを与えてくださるあなたの愛に感謝します。 私どもの救いのために、命を犠牲にして下さった主イエスに感謝します。 罪の支配から解き放たれ、 私どもがあなたを愛し、自分のように隣人を愛する者としてください。 あなたの戒めこそ、祝福への道であると教えてください。 何よりも、常に、あなたの助けを求める者としてください。 信仰の弱い私どもです。罪の誘惑に負けそうな私どもです。 あなたの憐れみにより、聖霊の導き、励ましを与えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。