私たち、それぞれ名前を持っています。私の名は<明夫>です。明るい夫です。親の思いが込められている名前だと思っています。照れを覚える名前です。皆さんそれぞれの名前にも、名づけた人の思いがあるのだと思います。

今日の聖書には、ステファノと呼ばれる信仰者が登場します。ステファノという言葉はギリシャ語で<冠>を意味します。使徒パウロは死を前にして、<今や、義の冠を受けるばかりです>と述べています。主イエスはヨハネ黙示録の中で<死に至るまで忠実であれ、そうすれば、あなたに命の冠を授けよう>と語っておられます。私たちは、神様から冠を与えられる望みがあります。

このステファノは信仰と聖霊に満ちている人と言われています。聖霊に満ちている人とはどんな人なのでしょうか。今日も与えられた聖書から福音を聞きたいと思います。

8節にステファノのことが語られます。

「さて、ステファノは恵みと力に満ち、すばらしい不思議な業としるしを民衆の間で行っていた」。

ステファノという人物は、使徒言行録の5章で登場します。教会で問題が起き、その問題に当たる人々を選ぶ時、霊と知恵に満ちた評判の良い人物としてステファノは選ばれました。ステファノがどういう経緯で信仰者になったのか、それは分かりません。

 使徒ペトロが聖霊を受け、主イエスを宣べ伝え始めました。そこからキリストを宣べ伝える教会の働きが始まりました。主イエスの弟子たちが聖霊を受けた日、ペトロの説教を聞いて主イエスを信じた人が、三千人ほどいました。使徒たちは、主イエスを宣べ伝えるだけではなく、病人をいやすなどの働きもしました。それで主イエスを信じる人がますます増えていきました。そのように信じた人たちの中にステファノもいたと思われます。

 教会の最初のメンバーは、パレスチナにいたユダヤ人信仰者です。この人たちは、ヘブライ語と似ているアラム語を生活の中で使っていました。やがて教会には、ギリシャ語を生活の中で使う人たちも加わってきました。

当時、地中海の沿岸の都市に住んでいるユダヤ人たちが沢山いました。彼らは、その都市で会堂を建て、信仰生活を送っていました。当時のユダヤ人たちの信仰をユダヤ教と呼びます。彼らはユダヤ教の会堂を建てて信仰生活を送ったのです。そして年をとると神殿のあるエルサレムで最後を迎えたいと願い、エルサレムに移住する人が多くいたのです。その中から主イエスを信じる人たちが生まれ、教会に属します。

彼らはアラム語を話すことはできず、ギリシャ語を話します。クリスチャンの集う教会では、自ずと同じ言葉を話す人たちが集まるようになります。でも教会は一つです。ステファノは、ギリシャ語を話す人たちの中で、指導的な役割を果たすようになっていたのではないかと推測します。

 エルサレムに移住して主イエスを信じるようになった人たちの中には、やもめもいました。彼女たちの中には生活に事欠く人たちもいました。教会は彼らに援助をしました。献金を集め、分配し、生活の足しにするように援助したのです。ところが、その援助のことで問題が起きました。ギリシャ語を話す人たちに対する分配が少なかったのです。この問題を解決するために働く人を教会は選びました。その中の一人がステファノでした。

 ステファノは教会に連なり、彼の信仰は成長しました。その教会は、どんな教会だったのでしょうか。教会は、主イエスを宣べ伝えました。教会は最初から、迫害を受けました。神殿で宣べ伝えるペトロは、捕らえられ、主イエスについて語るなと脅されたりします。でも使徒たちは脅しに屈しないで、主イエスを宣べ伝えます。

 使徒たちは他の信仰者たちと共に祈ります。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」(4:29〜30)。

使徒たちの働きは二本立てでした。一つは言葉をもって主イエスを宣べ伝えました。第二に病人をいやすなどの不思議な業を行い、復活した主イエスが今も生きて働いておられることを示しました。この働きを全うできるように使徒たちは祈りました。

 ステファノもこの祈りを共にしたと推測します。彼もまた聖霊に満たされ、しるしと不思議な業を行うようになりました。

 先ほども申し上げましたが、エルサレムには、地中海沿いの都市から移住してきたユダヤ人がいました。彼らはギリシャ語を話して生活をしますので、エルサレムには、ギリシャ語を話すユダヤ人が集うユダヤ教の会堂がありました。ギリシャ語を話すユダヤ人のことをヘレニストと言います。ヘレニズムという言葉を聞いたことのある方もおられると思います。ギリシャの思想や文化を指します。ギリシャ語を話すユダヤ人、つまりヘレニストの中から主イエスを信じた人たちが生まれました。ステファノはそのような人です。

 また主イエスのことを知らないヘレニスト、ギリシャ語を話すユダヤ人たちもいました。会堂に集う彼らは、モーセの律法を守るユダヤ教徒です。律法学者やファリサイ派の人々と同じ信仰に立っています。

9節に会堂に集うヘレニストたちのことが紹介されています。

「ところが、キレネとアレクサンドリアの出身者で、いわゆる<解放された奴隷の会堂>に属する人々、またキリキア州とアジア州出身の人々などのある者たちが立ち上がり、ステファノと議論した」。

<解放された奴隷>とは、かつて奴隷としてローマに連れて行かれたユダヤ人が、奴隷から解放されてエルサレムに戻ってきた人たちと言われています。主イエスを知らない彼らは、目覚ましい働きをしているステファノと議論したというのです。

 主イエスのもとに律法学者やファリサイ派の人たちが来て議論したことを思い出す方もおられるのではないでしょうか。主イエスは神を信じるイスラエルの民に、

「神の国は近づいた」

と語り、神の救いを広めました。主イエスは、安息日に会堂で病人をいやしました。

イスラエルの民にはモーセの十戒と呼ばれる戒めがあり、その中に安息日の戒めがあります。安息日には仕事をしてはならないという戒めです。これが今日の日曜日、仕事を休む日となっています。もともとは、この日は神を礼拝する日で、神を礼拝するために、仕事を休むのです。主イエスは、安息日に病人をいやすのです。すると神の戒めを厳格に守ろうとする人たちから、戒めを破っていると非難を受けます。彼らは病人をいやすのは仕事と考え、主イエスは戒めを破っていると非難したのです。

イエスという人物は、神の戒めを破る人なのか、それとも病気のいやしという神の救いを与える人なのか、どちらなんだという問いが生まれます。

 律法を厳格に守ろうとする人たちは、イエスを信じる人たちは神の戒めをないがしろにしていると考えます。ステファノに議論を仕掛けた人たちは、ギリシャ語を話すクリスチャンたちが神の戒めを軽んじていると考えたのです。

ヘレニストのユダヤ人とヘレニストのクリスチャンの間で議論が起きたのです。つまり、ギリシャ語を話すユダヤ教徒の人たちとギリシャ語を話すクリスチャンのステファノの間で議論が起きたのです。律法学者たちが主イエスに問答を仕掛けたのに似ています。ステファノは、反論をします。反論と言うより、主イエスの与える救いを宣べ伝えることによって議論を仕掛ける者たちの疑問に答えようとしたのです。

 10節に

「しかし、彼が知恵と“霊”とによって語るので、歯が立たなかった」

とあります。ステファノに議論を仕掛けた人たちは議論で歯が立たなかったというのです。信仰上の対立が生じました。主イエスも律法学者、ファリサイ派の人たちと対立し、その結果、十字架で殺されることとなりました。

 ステファノに議論を仕掛けた人たちも、またステファノを殺そうと謀ります。ステファノを、神を冒とくしており、死罪に当たると告発しようとします。彼らは最高法院を動かそうとします。最高法院は議会であり裁判所であり、イスラエルの宗教指導者、有力者が議員となっています。主イエスもこの最高法院の裁きで死刑にされることとなりました。

 ステファノに議論を仕掛けた人たちは最高法院に働きかけます。かなり執念深いです。相当粘り強く、強力に最高法院に働きかけたと思います。実は、最高法院は使徒ペトロを捕らえ、主イエスを宣べ伝えるのをやめさせようとしました。使徒たちを殺そうとさえしたのです。

しかしガマリエルという学者が忠告をしました。<あの連中が神から出ていないなら、そのうち消滅するに違いない。もし、神から出ているなら、彼らを殺せば神に敵対することになる。だから彼らを放っておくのがよい>と忠告したのです。最高法院は、主イエスを信じる者たちと関わらないことにしたのです。ステファノに議論を仕掛けた人たちが最高法院を動かし、ステファノを殺そうとするのは、憎しみからであり、その恨みは深いです。議論に負けたことが執念深さを生み出したと言えます。

 ここで私たちは考える必要があります。主イエスを信じる点では同じでも、自分の信仰理解と異なる理解を持つ人をどう考えるか、ということです。今日の聖書で、議論をして歯が立たなかったとあります。相手と議論して歯が立たない時、あなたはどうするか、という話です。議論をしなくても、相手の話を聞いて、違うなと思った時、あなたはどうするか、という話です。

 主イエスが神殿の境内で話をしていた時、律法学者たちや祭司長たちがやってきて、

「何の権威であなたは神殿の境内で話をしているのか」

と問いました。その時、主イエスは、逆に彼らに問いかけました。

「洗礼者ヨハネは、神に遣わされた人かどうか、どう思うか」。

彼らは、ヨハネを神から遣わされた人とは信じていません。しかし民衆は皆、神から遣われた預言者と信じています。信じていないと言えば、民衆から反発を受けます。そこで、彼らは何も答えませんでした。彼らは主イエスの質問に歯が立たなかったのです。そして主イエスを殺そうとしました。

 自分の信仰理解と異なる理解を持つ人の言葉をどう考えたらよいのでしょうか。自分の納得のできないことを聖書が語っている時、どうしたらいいのでしょうか。無視すればよいのでしょうか。それとも自分の考えを変えるべきなのでしょうか。あなたはどうしていますか。

 律法学者たちや祭司長たちは、自分の信仰理解を変えようとはしませんでした。自分の信仰理解を絶対視したのです。彼らは神を信じています。しかし神が遣わした人は認めないのです。神が遣わした人を信じようとしないのです。主イエスを信じようとはしませんでした。

 ここには人間の頑なさがあります。神を信じるといいながら、神に対して心を開かないのです。神のなさる業を認めようとしないのです。神が語られることに聞こうとしないのです。それどころか神から遣わされた者を殺そうとするのです。

 私たちも、似た過ちをしないとは言えません。神さまを崇めるなら、神さまに対して心を開くことが大切です。聖書を読まないなら、神さまに対して心を閉ざしています。聖書の言葉を実践しないなら、神さまに対して心を閉ざしています。聖書が教えるように考えないなら、神さまに対して心を閉ざしています。神さまは、私たちが悔い改め、神さまに立ち帰ることを待っておられます。

神さまに対して心を閉ざしている人は、どんな表情をしているのでしょうか。

 神を信じていると言いながら、神に心を閉ざしている人たちからステファノは憎まれます。裁判にかけられます。15節にこうあります。

「最高法院の席に着いていた者は皆、ステファノに注目したが、その顔はさながら天使の顔のように見えた」。

天使の顔のようって、どんな表情なのでしょうか。皆さん、どう思いますか。天使を見たことのない私には、ステファノの表情がどのようなものであるのか、分かりません。人の顔、その表情には、その人の心が表れることは確かだと思います。偽証人を立てられて罪を犯していると咎められ刑罰を受けざるを得なくさせられるステファノの顔は天使の顔のようだったというのです。

 ステファノについて6章の5節で

「信仰と聖霊に満ちている人」

とあります。天使のような顔とは

「信仰と聖霊に満ちている人」

の表情だと考えることができるのではないでしょうか。

あなたは鏡に映った自分の顔を見て、何を感じますか。今朝、顔を洗った時のあなたの顔は、どんな表情でしたか。自分の顔を見て、いい表情をしているなと思えることってありますか。

「天使の顔のようという信仰と聖霊に満ちている人」

の表情は最高の表情といってよいのではないでしょうか。聖霊に満ちていると、たとえあなたが年をとってしわが沢山あろうと、あなたの表情は、あなたらしい最高のものとなります。

 新約聖書を読むと、聖霊に満たされることについて二つの表現があります。一つは、<信仰者が聖霊に満たされて大胆に語っている>という表現です。

「祈りが終わると、一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満たされて、大胆に神の言葉を語りだした」(使徒4:31)。

信仰の仲間が大胆に証しをしている時の表情を見てください。その人らしい、美しい表情を見ることができます。

 もう一つの表現は<聖霊に満ちている人>という表現です。人を形容する言葉として、聖霊に満ちているという言葉が使われます。あの人はどんな人か、と言う時、<聖霊に満ちている人>と表現されます。ステファノがそうです。ではどんな人が、聖霊に満ちている人なのでしょうか。聖霊に満たされる時、私たちは何か感じるのでしょうか。聖書には感じることができるとは書いてありません。

 パウロは興味深いことをガラテヤの手紙で書いています。

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい」(5:16)

聖霊の導きに従っている人が、聖霊に満たされている人なのです。聖霊の導きに従うとは、言い換えれば、み言葉に従う、聖書の言葉に従うことです。聖書の言葉を知っているだけではなく、従うのです。み言葉に従っている人を見ると、私たちは何かを感じるのではないでしょうか。聖書はそれを聖霊に満たされていると語っていると思います。

 聖書の言葉に従う時、自由な心から、喜んで従うのです。神さまを愛するから、喜んで従うのです。素直な心で聖書の言葉に従うのです。義務でも強制されてでもなく、普通に当たり前に従うのです。神さまを愛している人の表情、それが天使の顔のような表情です。聖霊は、私たちがみ言葉に従うように導かれます。聖霊の導きを祈り求めるのです。祈り求めるのです。この導きを受けて生きるなら、あなたは聖霊に満ちている人となります。そしてあなたはすばらしい表情の持ち主となります。

祈り
祈り 天の父なる神様、あなたを崇めます。 どうか私たちを聖霊に満ちた人へと導いてください。 あなたに対して心を開き、 聖書に対して心を開き、 あなたが遣わした者の語ることに心を開き、 あなたに聞き従う者としてください。 聖霊の働きを求め、み言葉に聞き従う者としてください。 私たちを聖霊に満たされた者としてください。 またわたしどもを証し人として立たせてください。 あなたがわたしどもを導かれる方であることを 大胆に語らせてください。 大胆に証しをしている信仰の友の顔に 聖霊に満たされている表情を見ることができますように。 私どもの教会を聖霊に満たされた教会としてくださるように願います。 イエス・キリストの御名により祈ります。