多くの信仰者が大切にしている聖書の言葉があります。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです」。

いつも喜び、どんなことにも感謝できる日々を送りたいと信仰者は願います。

 <どんなことにも感謝しなさい>とありますが、感謝できないこともあります。すると私たちは、<どんなことにも感謝しなさい>という神さまの命令は、むずかしいとか、無理だとか言ったりします。

 皆さん、信仰者の生き方の特徴って何だと思いますか。私たちを救ってくださった神様に感謝して生きることです。神さまに対する感謝をどのように表して生きるか、それが信仰者の生き方の特徴、基本となります。

信仰のない人たちの生き方とは全く違います。信仰を持たない人たちは、自己実現、幸せな人生を求めて生きるでしょう。私たちは救われたことの感謝の生活を営みます。

 自分にとって物事が好ましいか、そうでないか、と考えるとどんなことにも感謝することはできないでしょう。しかし神さまに対する感謝をどのように表して生きるか、を考える時私たちの生活における問題も、別な見え方をしてきます。今日も聖書から福音を聞きましょう。

 1節を読むと

「弟子の数が増えてきて」

とあります。主イエスを信じる者たちが次々に誕生したのです。信者が増えてきた教会に問題が発生しました。

「ギリシア語を話すユダヤ人から、ヘブライ語を話すユダヤ人に対して苦情が出た」

とあります。<ヘブライ語を話すユダヤ人>はもともとパレスチナの地に生まれ育った人です。彼らはアラム語という言葉を日常的に話していました。エルサレムには、ギリシャ語を話すユダヤ人もいました。当時ユダヤ人は、地中海沿いの都市に住んでいる人たちも沢山いました。彼らは生まれてから日常的にギリシャ語を話します。アラム語やヘブライ語は話しません。聖書もギリシャ語に訳されていて、信仰に生きるためにヘブライ語で書かれた聖書がなくても大丈夫です。

 ギリシャ語を話すユダヤ人たちの中には、年を取ったら、神殿のあるエルサレムに住み、エルサレムで最後を迎えたいと考える人が多かったようです。その中には夫に先立たれた人たちもいるわけです。このようなやもめたちが主イエスを信じ教会に集うようになります。

すでに使徒言行録の四章で、教会には生活に事欠く人もいて、その人たちに、必要に応じてお金を渡していたことが書かれています。そして今日の箇所では、日々の分配にあずかれないユダヤ人たちがいて、苦情が出たのです。ギリシャ語を話す人たちに対する分配がきちんと行われなかったのです。言葉の問題があったかも知れません。

 教会に問題が発生したのです。問題が起きない方が平穏でいいと思うかも知れません。しかし教会に問題がないということはありません。そしてあなたの生活にも問題がないということはありません。問題が生じるということは、解決のチャンスが与えられるので感謝と喜びに導かれます。

 神さまは問題を通して、教会を導かれる方です。問題というのは、次の段階に進むきっかけです。問題は教会だけに起きるのではなくあなたにも起きます。もしあなたが問題が起きたら、なぜ神さま、と不満に思ったり、神さまに抗議をしたくなるのなら、考え方を変えてもいいのではないか、と私は考えます。問題を通して、神さまの導きが与えられると考えたら、期待する気持ちになり、希望が湧いてきます。人生が自分の思い通りになることを願うなら、その願いはかなえられません。なぜなら、人生はなかなか自分の思い通りにならないからです。思い通りにならないことの方が多いです。でも落胆する必要はありません。問題を通して神さまが導かれるからです。

 日々の分配で苦情が出たことを通して、神さまは教会を導こうとされます。神さまは働き人を起こし、問題の解決を導かれます。教会が整えられていくのです。

 使徒言行録の四章では、土地や家を持っている人が皆、それを売って代金を教会に献げたことが書かれていました。そこでは生活に事欠く人に対して、生活の足しにするようにとお金を配りました。使徒たちがその働きをしていたようです。しかし教会に加わる人が増えるにつれて、貧しい人も増え、日々の分配の働きが大変になってきました。そこに苦情が出たので、使徒たちは、弟子たちを集めて問題解決のための提案を行いました。

 使徒たちにはなすべき働きがありました。2節では、

「神の言葉をないがしろにして」

とあり、4節では

「私たちは、祈りとみ言葉の奉仕に専念することにします」

とあるように教会には大切な、重要な働きがあります。それは

「祈りとみ言葉の奉仕」

だと使徒たちは語りました。これは一言で言えば、福音を宣べ伝えることです。福音を伝えるには備えが必要です。

 主イエスは十字架で処刑されて死にました。救い主である方がなぜ、死ぬのでしょうか。死んで三日目に復活するという驚くべき出来事が起きました。それは何を意味しているのでしょうか。どうしたら十字架と復活の意味が分かるのでしょうか。使徒たちは、聖書を読みます。聖書から、救い主の死と復活の意味を探ります。理解できるように神に祈りつつ聖書を読んだことと思います。

 福音を伝えるためには、備えが必要なのです。聖書を学ぶことが必要です。使徒たちの働きを担っているのは現代では牧師です。牧師は礼拝で説教します。礼拝説教のために牧師は聖書を何度も読み、思い巡らし、説教の準備をします。あるいは週の半ばの祈祷会のために聖書を読み、準備します。うっかりすると牧師が聖書を読むのは、説教のため、祈祷会のため、つまり自分の働きのために聖書を読むことになりかねません。これははっきり言ってまずいです。

 使徒たちは

「祈りとみ言葉の奉仕に専念することにします」

と言いました。祈りとは、ただ祈るだけではなく、祈りつつ聖書を読み、聖書を読みつつ祈ることを意味すると考えます。

牧師もまた一人の信仰者です。一人の信仰者として、教会で働きをします。神さまの導きを求めて、その導きに従って教会の働きをします。教会には問題があり、課題もあります。これをどうしたらよいのか、考えますが、何よりも聖書を読み、神さまの導きを求めます。

「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」。

牧師は一人の信仰者として聖書を読み、思い巡らし、神さまを覚え、神さまの導きを求めます。そのようにして

「祈り」

の時を持ちます。自分自身が神さまに導かれてこそ、聴き手に届く聖書の説き明かしをすることができます。福音を聖書から聞き取り、宣べ伝えることができます。

 神さまは、使徒たちの語る言葉、牧師の語る言葉によって教会を導かれるのです。それを聴く人たちを導かれるのです。神さまのみ言葉を語るために、備えの時間が必要です。

 み言葉の奉仕をする者には

「祈り」

の時間が必要なのです。弟子の数が少ないうちは使徒たちが貧しい人たちに対する配慮をすることができました。人数が増えるに及んで、使徒たちが日々の分配の働きを続けるとするとそれに時間が取られ、福音を伝えることに支障が生じます。そこで、奉仕者を募ることとしました。

 使徒たちは弟子たちを集め、提案をします。何人ぐらいの弟子たちが集まったのかと考えますが、わかりません。弟子たちを前にして提案するのです。

「わたしたちが、神の言葉をないがしろにして、食事の世話をするのは好ましくない。それで、兄弟たち、あなたがたの中から、“霊”と知恵に満ちた評判の良い人を七人選びなさい。彼らにその仕事を任せよう」。

この提案は皆が承認するところとなり、早速奉仕をする人を選びます。

 

「霊と知恵に満ちた人」

ってどんな人なのでしょうか。

「霊と知恵に満ちている」

ことがどうして分かるのでしょうか。これがどういうことかは説明がありません。でも

「霊と知恵に満ちた人」

が選ばれたことは間違いありません。七名が選ばれました。<評判の良い人>という基準は、分かりやすいです。霊と知恵に満ちた人がどんな人かは表現できなくても、交わりを通して、私たちも<霊と知恵に満ちた>人がどういう人かを何かを感じるのだと思います。

 金沢元町教会にも礼拝に集う人たちがいます。毎年の教会総会で、長老としての働きをする人を選挙で選んでいます。何を基準にして選んだらよいのでしょうか。私は

「神さまが長老としてお選びになると思える人を選びましょう」

と指導しています。判断は、選挙する一人びとりに委ねています。神さまがお選びになる人は、霊と知恵に満ちた人であることを覚えて選挙に臨みたいと思います。

 聖書によれば、七名の人が選出されました。信仰者としてあの人なら、<霊と知恵に満ちている>と思える人が何人もいて、七名の人が選出されたのだと思います。ここでは、信仰者が奉仕者を選んでいます。

 使徒たちは、主イエスによって選ばれた人たちです。牧師もまた神さまの召しによって選ばれています。七名の人たちは、直接神さまから選ばれたわけではありません。しかし信仰者たちの選びの中に、私たちは神の導きを見ます。<霊と知恵に満ちている>人が選ばれたのです。

 適材適所という言葉があります。この世では、ある働きにふさわしい人をその働きのために選びます。適材適所が人を選ぶ一種の原理となります。しかし教会は人間的な知恵によって動くのではなく、神の導きによって動くのです。日々の分配の働きのために、霊と知恵に満ち人が選ばれます。知恵に満ちた人とは、神の知恵、つまり神の言葉に生きている人と言ってよいと思います。教会は神さまに導かれて、働き人を与えられます。そして教会は、その働きのために整えられていきます。

 使徒たちが福音を伝えるのは、神さまから、その働きをするようにと召されたからです。神さまの召しに喜んで答えているのです。報酬を得るために働いているのではありません。使徒も牧師も召しに答えて働きます。

 では、人々によって選ばれた七人は、奉仕者です。彼らもまた報酬を得るために奉仕をしているわけではありません。彼らも教会に仕えています。彼らもまた選びに答えて奉仕をしています。私たちが神さまの選びに答えて奉仕をする時、私たちの心にある思いは、感謝ではないでしょうか。長老に選ばれたら、大変なことになった、やっていけるだろうかと不安に思ったりします。でもやがて感謝の気持ちが、その働きを支えます。感謝があるから、苦しい時も辛い時も乗り越えることができます。

 神さまによって救われ、召された感謝から、牧師は召しに答えようとします。神さまによって救われ、人々から選ばれた感謝から、奉仕をする人は、召しに答えようとします。

 奉仕は、教会員の義務ではなく、むしろ感謝の応答として行われるようになっていくと思います。そこに神さまの召しを見いだし、召しに答えるからです。

 教会は問題が起きた時、それに真摯に取り組みます。神さまが、教会をキリストの体となるように導かれると信じるからです。今日の聖書の最後には、

「こうして神の言葉はますます広まり弟子の数は増えた」

とあります。教会の働きに実りが与えられたのです。感謝の思いから、神さまに仕え、教会の働きに奉仕をする、それは本当に幸いなことです。感謝の生き方が、感謝の歩みを導くからです。

祈り
祈り 天の父なる神様、 私たちの教会において、私たちの生活において、 問題が発生し、また課題が与えられます。 これらの問題や課題を通して、あなたは教会を、 そして私たちの生活を導かれる方であることを確信させてください。 そして、真摯に信仰をもって 課題や問題に取り組むことができるように導いてください。 私たちが聖霊の導きをいつも求め、 聖書に親しみ、み言葉からあなたの導きを得て、 教会に仕えることができますように、 私たちを救ってくださったあなたへの感謝を表す者として、 あなたに従い、あなたに仕える生き方を選ぶことができますように。 信仰をもって感謝を表す生き方をするように私たちを招いてくださる あなたの招きに答える者としてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。