今日の聖書を読みますと使徒たちが登場します。主イエスが生きている時、彼らは主イエスの弟子でした。使徒というのは、派遣された人、遣わされた人を意味します。主イエスから福音を宣べ伝えるために派遣された人たちです。今日の聖書では、彼らは裁判にかけられましたが、ガマリエルという賢い律法学者が語ったことにより、釈放されました。ただし、鞭打たれての釈放でした。使徒たちは、主イエスのために辱めを受けるほどの者とされたことを喜んだとあります。ここでの辱めというのは、不当な理由で逮捕され、無実なのに鞭打たれたことを指すと思います。

 皆さんは、使徒たちがそのような目に遭ったのに喜んでいることを不思議に思いませんか。なぜ、喜んでいるのでしょうか。何を喜んでいるのでしょうか。喜びの理由ははっきりしています。<主イエスの名のために辱めを受けるほどの者とされた>からです。それがなぜ喜びとなるのでしょうか。普通、辱めを受ければ憤りを感じるのではないでしょうか。

「いつも喜んでいなさい」

と聖書は語ります。使徒たちの喜びの中に、いつも喜んで生きる信仰者の生活の秘密を見出せるのではないでしょうか。

 辱めを受けた使徒たちは、なぜ、そして何を喜んだのでしょうか。このことを考える時、思い出される主イエスの言葉があります。主イエスがかつて弟子たちに語った教えです。

「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、/その人たちは慰められる」。

なんか素敵な響きの言葉が続きます。そして最後に、このような言葉が来るのです。

「義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある」。

まさにこの言葉が使徒たちの身に起こっているように見えます。

 主イエスは、主イエスを信じたために迫害されたり、ののしられたり、悪口を言われた時は喜びなさいと言うのです。大いに喜びなさいと言われるのです。理由は何でしょうか。<天の国はその人たちのものである><天には大きな報いがある>。これが喜ぶ理由だと主イエスは教えます。

 では使徒たちは天の報いを期待して喜んだのでしょうか。天の国が自分たちのものとなるので喜んだのでしょうか。使徒たちの喜びは、いつわりのない心からの喜びだったと思います。ふつふつと心に湧いてくる喜びのようにみえます。<天の報い>というような将来与えられるものを期待して喜ぶような喜びとは違うように思えます。皆さんはどう思いますか。

 使徒たちが喜んだのは、<主イエスの名のために辱めを受けるほどの者とされた>からです。使徒たちは、辱めを受けるほどの者とされたことに何か名誉を感じたり、あるいは誇りを感じて喜んだのでしょうか。もしそうだとすれば、自分を誇る高慢な香りが香ってくるように思えます。

 使徒たちは<イエスの名>のために行動していました。人の生き方として、理想や使命に生きる生き方があります。たとえば<自由のために><民主化のために><祖国独立のために><抑圧からの解放のために><平和の実現のために>など大きな目標を目指し、理想や使命に向かう生き方があります。理想を目指す生き方に命を惜しまないのです。中国では<民主化>を唱えたために獄に入れられる人もいます。命を惜しんでいては、理想や使命の実現はむずかしいです。

 大きな目標に向かって生きていることに喜びを見いだすこともあると思います。信仰者であれば、<神さまのため>に<イエスのため>にという使命に生きることに喜びを見いだすことができると思います。

では、使徒たちは<イエスのため>という使命に生きていることに喜びを感じたのでしょうか。迫害は<イエスのため>という使命に生きていることを実感させてくれます。それで使徒たちは喜んでいるのでしょうか。使命に生きていても苦しいことや嫌なことがあれば、落胆することもあるのではないでしょうか。もっと別な理由で使徒たちは喜んでいるように思えてなりません。

 使徒たちの一人ペトロも辱めを受けたことを当然喜んだと思います。このペトロは、主イエスが十字架にかかる前の日、何をしたのでしょうか。彼は<あなたのためなら命を捨てます>と断言したのです。あなたとは主イエスのことです。しかし主イエスが捕らえられた時は、彼は逃げました。主イエスを見捨てました。また主イエスの裁判を遠くから見ている時、<あなたはあの男の仲間ではないか>と人から言われた時、<あんな男は知らない>と三度、主イエスを裏切ったのです。自分の命が惜しくて裏切ったのです。その彼が、今や命を惜しむことなく、権力者に立ち向かっています。そして喜びを感じています。そうです、ペトロは変えられたのです。

 復活された主イエスはペトロに三度と問いました。

「あなたは私を愛するか」。

ペトロは三度答えます。

「わたしはあなたを愛しています」。

 主イエスが復活してから五十日後に使徒たちの上に聖霊が降りました。使徒たちは力を受け、イエス・キリストの証人とされました。イエス・キリストの証人として生きていることが使徒たちの喜びのように見えます。使徒たちの人生は、主イエスと結ばれた人生となったのです。主イエスを愛して生きる人生となったのです。

主イエスと結ばれて生きる、そこに使徒たちの喜びがありました。イエス・キリストの証人として生きる、それが使徒たちの喜びとなったのです。主イエスのために辱めを受けたのは、彼らがまさにイエス・キリストの証人と見なされたからです。

 迫害されてもなお喜びの中にいた人がいます。使徒パウロです。パウロは自分が受けた迫害を生々しく語っています。パウロはキリストに仕える者として次のように語っています。

「苦労したことはずっと多く、投獄されたこともずっと多く、鞭打たれたことは比較できないほど多く、死ぬような目に遭ったことも度々でした。ユダヤ人から四十に一つ足りない鞭を受けたことが五度。鞭で打たれたことが三度、石を投げつけられたことが一度、難船したことが三度。一昼夜海上に漂ったこともありました」。

 それでもパウロは主イエスを宣べ伝えることをやめませんでした。そのパウロは命じます。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです」(テサロニケ一5:16)。

迫害や苦労の中を生きているのにどうしてこんなことが言えるのでしょうか。このパウロの喜びも、決して強がっての喜びではなく、心からの喜びです。このパウロの人生も、主イエスに結ばれた人生でした。

 主イエスに結ばれて生きることって、喜びなのでしょうか。迫害を受けても、辱めを受けても、主イエスに結ばれていると、喜びがもたらされるのでしょうか。今日の使徒たちは、またパウロも<そうです>と答えているように思えます。主イエスに結ばれていることが、喜びとなるのでしょうか。<なります>と使徒たち、パウロは語っているように思えます。本当なのでしょうか。主イエスに結ばれていると、なぜ喜びがあるのでしょうか。

 主イエスに結ばれて生きることをイメージしてみます。たとえば、主イエスが羊飼い、あなたは羊です。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる」(詩篇23)。

羊飼いは、あなたの魂を生き返らせてくださるのです。疲れきった魂、傷ついた魂、孤独な魂、自分を嫌悪している魂。意気消沈している魂。その魂が生き返るのです。

「死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる」。

何があっても平安が与えられます。羊飼いと一緒にいる時、羊は魂が生き返り、いつも安心です。喜びがそこに生まれます。よい羊飼いに養われる喜びが羊にあります。

 使徒パウロは、キリスト・イエスを知ることのあまりの素晴らしさを知った人でした。

「そればかりか、わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。キリストのゆえに、わたしはすべてを失いましたが、それらを塵あくたと見なしています」。

それまで自分にとって価値あると思えたものがどうでもよいものに思えたのです。

そのパウロはこうも言います。

「わたしたちの中には、だれ一人自分のために生きる人はなく、だれ一人自分のために死ぬ人もいません。わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです」。

パウロは、主イエスのために生きることが何であるかを知れば、人は自分のために生きることをしなくなるだろうと言っているように思えます。本当に価値あるものを知る、これは喜びです。主イエスに結ばれて生きること、それは本当に価値あることです。パウロは<私たちは主のものです>と語りました。

 先日NHKのアサイチという番組が面白かったです。夫にどうしたら家事を手伝ってもらえるかという妻の立場からの願いをいかに実現させるかがテーマとして取り上げられていました。夫婦共に働いているのに家事の分担は圧倒的に妻が担い、妻に不満がたまっています。家事の分担の問題を解決しないと夫婦関係が破綻しそうになります。この問題を上手に解決した夫婦の例が紹介されていました。この夫婦が最初に話し合ったことは家事ではなく、自分たちはどんな夫婦になったらよいのかを話し合ったそうです。そして目指す夫婦像に近づくためにはどうしたらよいかを考え、家事を夫婦で協力して行うことが結論となったそうです。後はどのように分担したら良いのかを考え、実行することです。今は目指す夫婦像に近づいているとのことでした。

 そこで思います。私たちはどんな信仰者になりたいと考えているのか、そのイメージを描くことは大切なのではないかと思います。聖書には、主イエスに結ばれている信仰者のイメージが書かれています。<羊飼いである主イエスに飼われる羊、それが私>という信仰者のイメージ。

パウロは、<生きているのはもはやわたしではありません。キリストがわたしのうちに生きておられるのです>と告白して自分の中に主イエスが生きておられるという信仰者のイメージを描いています。私は主イエスに結ばれ一つである、それがパウロが抱く信仰者の姿です。

 そして11月の修養会では、教会の今年の主題聖句がテーマです。<あなたがたは、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて歩みなさい>。キリストに結ばれている、それも聖書が教える信仰者の姿です。主イエスに結ばれている信仰の歩みを分かち合うことができたらと願っています。

 ペトロを含め使徒たちは、自分をイエスの証人と考え、イエスを主としています。そして迫害されても、辱めを受けても彼らは喜びを抱いています。わたしの内に主イエスが生きておられると告白するパウロも、迫害の中にあってもいつも喜んでいます。辱められるほどの者になったことを使徒たちは喜びました。彼らは、イエスの証人という信仰者の姿に自分たちが近づいているので、喜んだのです。主イエスと結ばれ、イエスの証人となっているから、辱められても喜んでいるのです。

 信仰者の喜びの源は、主イエスと結ばれて生きることにあります。主イエスに結ばれて生きる時、

「いつも喜んでいなさい」

が実現します。驚くべき事です。そしてあなたもわたしも、喜びへと招かれています。

祈り
祈り 天の父なる神さま 主イエスのために辱めを受けるほどのものをされたことを 使徒たちは喜びました。 私たちは何を喜んだらよいのでしょうか。 信仰者に与えられる喜びが何かを教えてください。 同時に、信仰者とはどのような人のことを言うのか 教えてください。 主イエスに結ばれて生きる人は いつも喜んでいることができることを教えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。