聖書には四つの福音書があります。どれもが主イエスの活動や主イエスの語られた言葉が書かれています。そして主イエスと出会った人々を描いています。主イエスのもとにはどんな人が来たのでしょうか。主イエスのもとには多くの病人が来ました。たとえば、主イエスがエルサレムに行く途中、10人の重い皮膚病を患った人たちが主イエスのもとに来ました。

彼らは

「私たちを憐れんでください」

と言いました。彼らは病気が人々にうつらないように隔離され、隔離された生活を続けなければならなかったのです。主イエスは

「祭司たちの所へ行って体を見せなさい」

と言います。病人たちは、祭司の所へ行く途中で癒やされました。10人とも癒やされたのですが、いやされて主イエスのもとに戻ってきたのは、たった一人でした。病気さえ治してもらえれば、それでよいと考え、戻ってこない人が9人でした。

 自分の必要が満たされれば、それ以上主イエスとの関わりを求めない人たちがいました。あるいは病気が癒やされ主イエスについて行きたいと願う人がいました。そしてペトロなどの主イエスの弟子たちのように、

「わたしに従ってきなさい」

と言われて、主イエスに従う人たちがいました。そして主イエスに対して反発を感じ、主イエスを殺そうと考えた宗教指導者たちがいました。主イエスと出会った人たちが、どのような態度を取ったのか、色々です。

 私たちも同じです。現代でも悩みや問題を抱えて主イエスのもとに来る人たちが多いです。私もその一人です。多くの人が、何かの解決を求めて教会に来るのではないでしょうか。そしてその解決が与えられたら、私たちはどうするのでしょうか。もう教会に、礼拝に来なくなるのでしょうか。それとも教会に留まり、主イエスにつながって生きようとするのでしょうか。

 なぜ人々の態度は違うのでしょうか。それは、神さまの招きを聞いたか否かによるのではないでしょうか。人は神さまの招きを聞いて信仰の歩みをします。聖書の神は、人を招く神です。そして人に呼びかける神です。アブラハム、モーセ、ヨシュア、ダビデ、イザヤ、エレミヤ、聖書に登場する人物は、神の招きを受け、その招きに応えて生きています。

 神さまは救い主として主イエスをこの世に送りました。マリアを母として、この世に誕生させました。そして主イエスは、その働きを通して、人々を神のもとに来るように招かれました。神さまは、そして主イエスは今日の聖書に登場する大祭司と呼ばれる人々をも招いておられます。

 主イエスは十字架で処刑されました。しかし神は、主イエスを死者の中から復活させました。主イエスはやがて天に帰られます。そして天より聖霊を注ぎ、弟子たちは聖霊を受けました。聖霊を受け、力を受けて主イエスを宣べ伝えた弟子たちは、使徒と呼ばれるようになりました。使徒とは、派遣された人を意味します。彼らは力を受けて、主イエスのことを宣べ伝えました。彼らはエルサレム神殿の境内で主イエスを宣べ伝えました。

 エルサレム神殿、そこは祭司たちが仕える場所です。大祭司は宗教指導者たちです。彼らは復活を信じていないので、使徒たちが主イエスの復活を宣べ伝えることにいらだっておりました。また、使徒たちが病人をいやし、主イエスの宣べ伝える時に、沢山の人々が主イエスを信じたので、大祭司たちは、妬みに燃えました。そして使徒たちを捕らえ、牢に入れました。

 不思議なことに天使が現れ、使徒たちを牢から解放しました。使徒たちは夜明け頃から境内で教え始めたとあります。夜明け頃にどれほど人がいたのかと疑問に思いますが、使徒たちは主イエスのことを宣べ伝えていました。

大祭司たちは、裁判にかけるためにイエスを牢から引き出し連れて来るように命じます。しかし牢の中は空っぽです。どうしたものかと戸惑っていると、使徒たちが神殿の境内で教えているとの知らせが来ました。そこで神殿守衛長は使徒たちを捕らえます。そして主イエスは裁判にかけられます。

大祭司が尋問します。

「『あの名によって教えてはならないと、厳しく命じておいたではないか。それなのに、お前たちはエルサレム中に自分の教えを広め、あの男の血を流した責任を我々に負わせようとしている』」(28節)。

 使徒たちは、少し前にも捕らえられ、その時は、<二度とイエスのことを語るな>と脅され、釈放されたのです。そこで<あの名によって教えてはならないと、厳しく命じておいたではないか。それなのになぜ>と尋問したわけです。するとペトロは、告げます。

「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません」。

 大祭司たちは、神殿で神に仕える人たちです。当然、神を信じています。しかし信仰者として尊敬できる人たちだったのでしょうか。彼らは<ねたみに燃えて>行動しました。妬みという感情に動かされて行動しているのです。妬みという感情はだれもが持ちます。しかし、その感情を抑えるのとねたみに振り回されるのとは大きな違いがあります。信仰の指導者たる者が、ねたみに駆られて行動するというのは神の目によいことではありません。

 また大祭司たちは、自分たちの持つ権力を誇っています。<俺たちの命令を聞かずに、境内でイエスについて教えているのは何ということだ>と語ります。自分たちが命じれば、だれもが従うと思っています。彼らはその立場に基づく権力を持っていますが、彼らは神に仕える者たちです。神に仕えるなら、神の前に生きていることを覚え、神の前に自分を低くする謙遜さが必要です。この謙遜さを少しも持ち合わせていないように思います。なぜなら、使徒たちは神のみ業を語っているからです。

 そもそも使徒たちは何を語ってきたのでしょうか。今日の聖書では、神は木につけて殺されたイエスを復活させた、と語ります。神は、イエスをイスラエルの導き手とし、救い主としたと語ります。神は、イスラエルの民の罪を赦すためにイエスを救い主とした、と語ります。さらに神は、主イエスを天に引き上げられた、と語ります。

使徒ペトロは、エルサレム神殿の境内で、繰り返しこの神のみ業を語ります。また、復活に関連してこう語ります。

「あなたがたは、命への導き手である方を殺してしまいましたが、神はこの方を死者の中から復活させてくださいました。わたしたちは、このことの証人です」(3:15)。

さらに主イエスの復活の証拠を突きつけます。

「あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです」(3:16)。

ペトロは、主イエスの名によって生まれつき足の不自由な人の足を癒やしたのです。

 

「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです」(2:32〜33)。

ペトロたちは、人を恐れることなく、権力者を恐れることなく、聖霊によって力を与えられて、主イエスを宣べ伝えています。

 大祭司たちは、復活した主イエスを目撃はしていません。しかし足の不自由な人の足が癒やされたという現実が目の前にあるのです。名もない漁師が大胆に主イエスのことを宣べ伝えています。これらは、主イエスの復活が真実であることのしるしです。

私たちは神を見ることはできませんが、神がおられることのしるしは見ることができます。祈りが聞かれた時、私たちは見えない神の働きを確認することができます。使徒たちの語る言葉を聴いて、大祭司たちは、神のみ業に心を向けることができたのです。しかし

「彼らには聞いた言葉は役に立ちませんでした。その言葉が、それを聞いた人々と、信仰によって結び付かなかったためです。」(ヘブル4:2)。

残念なことです。

 今お話ししたように、使徒たちは、神がなさった御業を語りました。その中で、ペトロは、神に立ち帰るように人々を招いています。使徒言行録3章ではペトロはこう語りました。

「ところで、兄弟たち、あなたがたがあんなことをしてしまったのは、指導者たちと同様に無知のためであったと、わたしには分かっています」。

<あんなこと>とは、主イエスを十字架につけて殺したことです。ペトロは、それは無知のためにしたことだと理解を示します。聖書には、神さまが救い主を送ること、その救い主は苦しみを受けて死ぬことが書かれているのです。そのことを知らない、それが無知ということです。無知とは言え、救い主を殺すことに人々は加担したのです。だからペトロは

「自分の罪が消し去られるように、悔い改めて立ち帰りなさい」

と語ります。悔い改めるとは、罪の赦しを得て、方向転換することです。つまり、十字架につけて殺した主イエスを救い主と信じるのです。主イエスを信じない者から信じる者になるのです。

 ペトロは、人々が主イエスを十字架につけたことを責めていません。無知からしたことだと言い、無知から出たこととはいえ、救い主を十字架につけたことは悔い改めなさいと語ったのです。そして指導者たちも無知だったのです。ペトロは大祭司たちにも罪の赦しを受け、救い主イエスを受け入れるように語っています。

 そう語るペトロだって、ひどい罪を犯したのです。主イエスを三度も裏切ったのです。しかし主イエスによる赦しを受け、主イエスを宣べ伝える者とされました。あるいは、クリスチャンを捕らえて殺そうと意気込んでいたパウロ。そのパウロも赦しを受け、主イエスを世界に宣べ伝える者とされました。

 神の赦しを受けることのできない人は一人もいません。だれもが、主イエスを信じて生きるように招かれています。最初にも申し上げましたが、主イエスによって病気を癒やされると、主イエスのもとに戻ってこない人がいました。主イエスに助けてもらえれば、もうそれでいいのです。主イエスはご用済みなのです。こういう人は、本当の意味で主イエスとは出会っていません。主イエスの招きを受け取ることに失敗した人です。主イエスと出会うとは、罪の赦しをいただき主イエスを導き手として生きることを始めることです。

 

「あなたがたは、命への導き手である方を殺してしまいましたが、神はこの方を死者の中から復活させてくださいました。わたしたちは、このことの証人です」(3:15)。

主イエスは<命への導き手>です。主イエスを信じる者は、新しい命、永遠の命をいただき、この命に生きるようになります。新しい命に生きる、ここに救われた人の歩みがあります。ペトロは、<私たちは復活の証人です>と語ります。確かに彼は、復活の主と出会いましたから、復活の証人です。同時に彼は、復活の主が与えてくださる命に生かされています。罪を犯し、罪に支配されていた者が、新しい命に生きる、それは信仰者の復活だと、ペトロは証言します。だから主イエスのことを<命への導き手>と語ります。そして主の天使は使徒たちを牢から解放する時、使徒たちに命じました。

「命の言葉を残らず、語りなさい」(5:20)。

 命の導き手である主イエスを信じる人は、神を知る人です。

「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません」。

この言葉を口に出すことのできる人は、神さまを知っている人です。

主イエスは永遠の命について語られます。

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです」(ヨハネ17:3)。

神を知ること、イエス・キリストを知ること、それが永遠の命だというのです。神を知って生きる、主イエスを知って生きる、信仰者は今、この命に生きるように招かれています。

 神さまは、敬うべき方であり、神さまは、従うべき方であると知る人、その人は神さまを知っている人です。そして私たちは神さまを知るように招かれているのです。私たちはどのように神さまを知っているのでしょうか。どこまで神さまを知っているのでしょうか。神さまを知る、これは信仰生活の目的であり、これが人生の本当の目的です。

 自分の病気、問題、悩みさえ解決されればいいと思う人たちは、神さまの招きを聞かないと、問題が解決された時、主イエスのもとを去って行く可能性があります。神さまは私たちを招いておられます。命の導き手に導かれて生きるようにと。神の招きから排除されている人は一人もいません。

命の導き手に導かれて生きる時、問題は問題でなくなります。問題がなくなるのではありません。問題が問題でなくなるのです。問題はあっても問題でなくなるのです。

世の人は問題のない人生を求めますが、私たちは問題のある人生を命の導き手である主イエスの導きを得て歩みます。その時、問題は問題でなくなります。命の導き手に導かれて生きることは幸いなのです。病気と共に生きていく、それだって命の導き手に導かれている限り、幸いなのです。この幸いに生きるように、神さまは私たちを招いておられます。

祈り
祈り 天の父なる神様 今日も礼拝を通して、あなたとの交わりを与えられ感謝します。 説教者を通して、あなたのみ声を聞くことができました。 あなたのみ心を味わい、養いとすることができますように。 あなたは恵みの神さまです。 私たちの思いを越える恵みを受けとめることができますように。 何よりもあなたの招きが恵みです。 あなたの招きを受けとめることができますように。 あなたの招きを受けた恵みを伝えることができますように。 あなたを知ることが人生の本当の目的です。 あなたを知る幸いへと導いてください。 そしてあなたを心から崇めることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。