今日の聖書には驚きに満ちたことが書かれています。

信仰者がごまかしを行ったこと、それに対して、即座に神の裁きがくだったこと、そして教会に連なる人、この出来事を聞いた人々が非常に恐れたことです。妻に知らせないで夫の遺体を葬るのは不自然な気がします。ペトロがアナニヤの心を見抜いたことも驚きます。聖霊の導きがあったのでしょうか。忘れがたい物語です。

 

「あなたは人間を欺いたのではなく、神を欺いたのだ」

というペトロの言葉が私の心に残ります。果たして人は<神を欺く>ことができるのでしょうか。人間にだまされる神がいるのでしょうか。もしいるとすれば、それは神と呼べるのでしょうか。神なら、人間に欺かれることはないはずです。それなのにペトロは、

「あなたは神を欺いた」

とアナニヤに向かって断言します。欺くことのできない神を欺いた、とペトロがなぜ言ったのか、と考えさせられます。

 4章32節から教会の中の出来事が書かれています。たくさんの人が主イエスを信じ教会に加わりました。中には貧しく生活に事欠く人もいました。そこで土地や家を持っている人が皆、それを売って代金を持ち寄り、使徒たちの足元に置きました。そのお金を貧しい人たちに分配したのです。その中には、後にパウロと一緒に主イエスを宣べ伝えるバルナバもいました。

 今日の聖書では、アナニアとサフィラ夫婦が自分たちの土地を売り、その代金を教会に献金しました。しかし彼らはごまかしたのです。<土地を売った代金です>と言って献金したのですが、代金の一部は手元に残しておいたのです。それなのに<全部を献げます>と偽ったのです。そのことで神の裁きがくだり、アナニヤ、そしてサフィラは死にます。今日も聖書から福音を聞きましょう。

 ペトロはアナニヤに言います。

「アナニア、なぜ、あなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、土地の代金をごまかしたのか」。

アナニヤはサタンに心を奪われたのです。アナニヤは悪魔の誘惑に負けたのです。聖書には、人間を誘惑するものとして悪魔、サタンが登場します。これは同一の存在と言ってよいと思います。

 分厚い聖書の最初にあるのは創世記です。その創世記の最初の部分に蛇の誘惑を受けたアダムとエバがいます。蛇、それは悪魔の化身です。アダムとエバは、神さまが取って食べては行けないと禁じた木の実を食べてしまいます。神さまは言いました。

「取って食べると必ず死ぬ」。

蛇は言います。

「食べても死なない」。

さらに蛇は言います。

「あの木の実を食べると神のように善悪を知る者となることを神は知っているから、食べるなと禁じたのです」。

<あの木の実を食べると神のように賢くなるのを知っているので、神は食べるなと禁じたのだ>とあたかも神が人間に対して意地悪をしているかのような言い方です。そしてエバが木の実を見ると、木の実が<わたしはおいしいわよ。わたしを食べると賢くなるわよ>とそそのかしており、ついにエバは食べ、アダムにも木の実をわたし、二人とも食べました。悪魔は<あなたは神のように賢くなる>と誘惑したのです。

 今、地球上のあちこちで争い、戦争が起きています。そして当事者たちは、自分たちが正しいと主張し、相手を非難し、戦っています。自分たちの方が正しいとの主張、それは言い換えると自分たちの方が賢く、正しいのだとの主張です。神の命令を破り、神のように賢くなれるという悪魔の誘惑に負けた人間の姿が今も地上にあふれています。

神の声に聞かず、蛇の声に聞き従った人間、それは言い換えると、神の声でなく、自分の心の声に聞き従った人間、つまり神を侮った人間の姿を見ることができます。

 悪魔は主イエスをも誘惑しました。主イエスが活動を始める前に、私の言うとおりにすれば、あなたは成功すると色々誘惑しました。しかし主イエスは、神の言葉に立って、きっぱりと悪魔の誘惑を拒否しました。

 アナニヤとサフィラはどうだったのでしょうか。彼らには名誉欲と金銭に対する欲がありました。この欲はだれもが持っています。だから悪魔は私たちをも誘惑するのです。主婦の鏡と呼ばれたい、生徒から慕われる教師になりたい、有能な営業マンになりたい、皆から認められる技術者になりたいなど誰にも名誉欲はあります。あなたにもあるのではないでしょうか。

立派な牧師になりたい、教会員から誇りとされるような名誉牧師と呼ばれるような牧師になりたいとの名誉欲を牧師は捨てます。信仰に生きるには、誘惑との戦いがあります。

 主イエスは教えられます。

「神と富に兼ね仕えることはできない」。

神を第一にして生きる人は、富を第一にして生きることはできません。富を第一にして生きる人は、神を第一にすることはできません。人が一番大切にすることのできるものは一つしかないのです。

アナニヤ夫婦には、土地代金を献げ、立派な信仰者と人から思われたい、という名誉欲がありました。また金銭欲があり、土地を売った代金のすべてを献げることを惜しみました。名誉欲と金銭欲を満たすために、彼らは嘘をついたわけです。代金のすべてを献げたかのように振る舞います。人は、他人の心の中を見抜くことはできません。アナニヤはペトロをごまかすことができると思ったのです。

 どういうわけかペトロはアナニヤの心を見抜きました。代金を献げる時にアナニヤの態度が変だったのでしょうか。それとも聖霊の導きがあったのでしょうか。ペトロは言います。

「あなたは聖霊を欺き、神を欺いたのだ」。

 <聖霊を欺き、神を欺く>とはどういうことなのでしょうか。皆さんは、神を欺いたことがありますか。お祈りで嘘をついて、神さまに願いごとを言ったことがありますか。私たちは神の戒めに背くことはありますが、神を欺く、神に対して嘘をつくことなど、ほとんどしないと思います。神が人からだまされるはずがありません。人がだませるのは、人です。

「おばあちゃん、俺、俺」

と人が人をだまします。だますとは嘘を本当と思わせ、利益を得ることです。人は時に嘘をついて自分を守ろうとします。アナニヤとサフィラは、名誉とお金を得ようとしました。

 人がだませる相手は人です。ですから神を欺くというのは、神を人と同じレベルまで引きずりおろすことです。つまり神を貶(おとし)めるのです。神を貶める、つまり神を自分よりも劣ったものと見なすことを意味します。神を貶める、それは言い換えると<神を侮る>ことです。自分より劣ったものだから、だますことができると考えるのです。

アダムとエバも、神を貶めたからこそ、神の命令に背くことができたのです。神の命令に従わなくてもよい、取って食べたら死ぬと言われたが恐らく死なない、と思ったからこそ、あの木の実を食べたのです。ペトロが<あなたは神を欺いたのだ>とアナニヤに語った時、それは、<あなたは神を貶めたのだ>と言ったのに等しいのです。

 では、人が神を貶めたら、何が起きるのでしょうか。その人は、神の言葉を必要としなくなります。聖書を読まなくなります。自分の考えて生きるようになります。神を侮っているのですから、聖書など読む必要がなく、自分の考えで生きればいいのです。自分を支えてくれる言葉が欲しい時は、どこかの本から、支えてくれる言葉を探せばいいのです。そんな本が、本屋にはあふれています。分厚い聖書など読む必要はないのです。

 あるいは信仰者だから聖書は読むかも知れません。でも聖書を神の言葉として受けとめるよりも、むしろ自分の心を喜ばせる聖書箇所を好みます。要は自分が必要とする言葉を聖書から読み取るのです。信仰者だから礼拝に出て説教を聞きます。説教を神の言葉として受けとめるよりも、自分が聞きたいことだけを心に留めようとします。聞きたくないことが語られたら聞き流すのです。

 あるいは神に従うということがおろそかになるというか、神に従うことを真剣に考えなくなります。そして神を畏れなくなり、傲慢になっていきます。何せ、神を侮っているのですから。まさにアナニヤとサフィラがそうでした。代金をごまかして献金をしたとしても、ごまかしたことはばれないだろうし、よく献金してくれましたねと感謝され、自分の信仰が賞賛されるとさえ考えるのです。

 

「私が神を侮っているですって。とんでもない」。

そうあなたは言うかも知れません。本当に侮っていませんか。神を人間のレベルに貶めていませんか。神を畏れるってどういうことか、知っていますか。神さまの語る言葉を真実として受け入れ、心からこれに信頼することです。そして神さまの言葉に全面的に聞き従うこと、それが神様を畏れるということではありませんか。

 聖書が告げる神、それは天地の造り主です。全能の神です。しかも私たちを愛してくださる父なる神です。神がこのような方であるなら、神を畏れるのではないですか。全面的に神に聞き従うのではありませんか。

 罪って何ですか。罪って神を侮ることです。神さまはそう言うけれど、でも・・・・・。聖書はそう言うけれど、でも・・・・・。神さまの言葉に従わない、聖書の言葉に従わない、それは、神を貶めることです。罪とは、神さまの心を重んじないことです。罪とは、神さまの人格を軽んじることです。

 神さまは侮られる方ではありません。

「あなたは神を欺いたのだ」

とのペトロの言葉を聞いた時、アナニヤは、息絶えました。死んだのです。その時、心臓発作を起こしたのかも知れません。脳の中の血管が破れたのかも知れません。でもそこにいた人々は、神の裁きを受けて死んだと思い、非常に恐れたのです。一体何を恐れたのでしょうか。

神が今ここにいる、と彼らは実感し、恐れたのです。神の前に潔白な人間は一人もいません。自分が神の前に立っているという感覚に包まれる時、人は自分が罪人であることを悟らされ、恐れおののくのです。

 旧約聖書にイザヤという人がいます。彼は預言者として、神さまの言葉を人々に語りました。神さまが最初に彼に現れた時、彼は何と言ったのでしょうか。

「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は/王なる万軍の主を仰ぎ見た」。

<わたしは滅ぼされる>。イザヤは自分の滅びを感じたのです。彼も恐れを感じたのです。

 神に直面し、自分の罪に愕然とする、ということが時に起こるのです。ペトロは主イエスに、

「わたしはあなたのことを知らないなどと決して言いません」

と断言しました。しかし実際に、イエスのことなんてわたしは知らない、と三度語った時、鶏が鳴きました。鶏の鳴き声の中にペトロは、<お前は口先だけの人間だ。おまえは罪人だ>との神の声を聞いたのです。<わたしは滅ぼされる>と感じたに違いありません。

人妻を自分のものとし、その夫を戦場で死なせたダビデ。ダビデの家臣のナタンは、豊かな男が貧しい男から、貧しい男が所有するたった一頭の大切な小羊を取り上げるというたとえをダビデに語りました。ダビデはそれを聞いて、その豊かな男は死罪だ、と語ります。するとナタンは、

「その男はあなただ」

と言うのです。ダビデもまた<おまえは罪人だ>との神の声をナタンの声の中に聞いたのです。<わたしは滅ぼされてもしかたがない>と感じたに違いありません。

 教会に連なる人たちとアナニヤ夫婦が死んだことを聞いた人々は、非常に恐れました。神を侮ることは絶対できない、そういう厳粛な気持ちに導かれたのです。厳粛な思いで、体も心も震えるような思いに導かれたのです。人々は、今神がここにおられることをありありと感じたのです。神を侮ることはできない、決してできない、絶対にできないとの思いを抱いたのです。神を感じるという実感は、残念ながら持ち続けることはできません。私たちに残るのは記憶です。この記憶は、神を畏れて生きるように私たちを導きます。

 人は言うかも知れません。アナニヤとサフィラに、悔い改めるチャンスを神は与えてもよかったのではないか、と。神さまにはそうすることはできたでしょう。しかし神さまははっきりと私たちに教えられたのです。

「わたしは侮られるようなものではない」

と。

 神は侮られる方ではないと知ること、それは何と幸いなことでしょうか。もう一度繰り返します。神は侮られる方ではないと知ること、それは何と幸いなことでしょうか。罪を悔い改める心と神を畏れる心は一つです。しかもこの神は、御子イエス・キリストを通して私たちに罪の赦しを与えてくださる方です。

 最後に聖書の言葉を聴きましょう。

「今日、あなたたちが神の声を聞くなら、心をかたくなにしてはならない」(ヘブル3:15)。

祈り
祈り  天の父、あなたは真の神さまです。 あなたは見えないので、 あなたに対する確信を持ちにくい私どもです。 あなたが見えないゆえに、 疑いやすく、本気であなたに信頼することができなくなります。 そして、あなたから見れば、あなたを重んじず、 あなたを軽んじてしまう弱く、頑なな私どもです。 あなたは天地を造られた全能の父なる神です。 この信仰告白に固く立ち、 あなたを畏れるものとしてください。 潔くあなたをまことの神と受け入れ、 あなたに信頼し、すべてをあなたにゆだね、 あなたに従うものとしてください。 あなたをまことの神とする幸いに生かしてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。