今日の聖書箇所は、教会の年主題の聖句です。年主題聖句を生かしたいと願い、コロサイ書から説教をしています。この箇所で説教するのは三回目です。今日は13節の言葉を取り上げます

「罪の中に死んでいたあなたがた」

とあります。よく考えると不思議な言葉です。

「あなたは死んでいた」

というのです。

皆さんには、自分は死んでいた、しかも罪の中に死んでいたという自覚があるでしょうか。誰だって言うのではないでしょうか。

「私は生きています」。

しかし聖書は述べます。

「あなたがたは罪の中に死んでいた」。

聖書はどうしてこんなことを言うのでしょうか。聖書は間違ったことを語っているのでしょうか。私たちは聖書を神の言葉、信仰と生活との誤りなき規範と信じています。今日は、この言葉の意味を考えるところから福音を聞きます。

 

「あなたがたは罪の中で死んでいた」

と誰が語るのでしょうか。どうしてそんなことが言えるのでしょうか。何を根拠に語るのでしょうか。私たちの姿は、罪の中に死んでいるように見えるのでしょうか。

 日本の社会にはたくさんの人たちが生きています。私たちは一人では、生きていけません。この社会にはさまざまな仕事をする人たちがいます。さまざまな仕事がなされ、それで社会が成り立っています。平凡な人たちが真面目に仕事をし、社会を支えています。家庭で愛をもって子供を育てている親たちがいます。学校で生徒たちを教え育てている先生たちがいます。ボランティア活動をして、人々の役に立つことをしている人たちがいます。iPs細胞をつくり、それを応用して病気の治療に役立てようと日夜努力している人たちがいます。精一杯トレーニングをして活躍をするスポーツ選手がいます。その活躍が人々に勇気を与えます。多くの人は真面目に、よき市民、よき国民として生きています。それなのに

「罪の中に死んでいる」

のでしょうか。それともコロサイ教会の人たちだけが、

「罪の中に死んでいたのでしょうか」。

 多くの人たちは自分の思いに従って生きています。聖書には、私たちは<心の欲するままに行動しており、神の怒りを受けるべき者でした>(エフェソ2章)という言葉があります。でも心の欲するままに生きているからと言って、神の怒りを受けるべき者となるのでしょうか。心の欲するままに生きているからと言って、享楽的に、わがままに生きているとは限りません。自分の心の思い、心が欲するところに従って、自分に与えられた使命に従って生きている人がいます。教育に使命を感じ、研究に使命を感じ、命を救うことに使命を感じ、人を励ますことを喜びとし、人の役に立つことに使命を見いだしている人がいます。それでも、神の怒りを受けるべき者なのでしょうか。

 改めて問います。罪って何なのでしょうか。私たちは自分が完全な人間であるとは思っていません。自分に罪深いところがあることは知っています。他人のことより自分のことを考えます。自分を守るために嘘をついたり、小さなごまかしをすることもあります。人を恨んだり、妬んだり、困っている人を見て見ぬ振りをしたことがあります。もし

「あなたは罪を犯している」

と言われれば、それは認めます。でも、それで

「罪の中に死んでいる」
「神の怒りを受けるべき者」

となるのでしょうか。

罪の中に死んでいるとは、あれやこれやの不道徳なことを積み重ねることなのでしょうか。もっと深い意味があるように思えます。

 

「罪の中に死んでいるあなたがた」。

どうしてこんな言葉が、人の口から出てくることができるのでしょうか。どんな人が、この言葉を口に出すことができるのでしょうか。

「罪の中で死んでいる」

ことが何であるかを知っている人がこの言葉を口に出しているのではないでしょうか。この言葉を語ったのは使徒パウロです。彼は復活された主イエスと出会いました。復活の主との出会いが彼を変えました。彼の人生を変えました。主イエスとの出会いがこの言葉をパウロの口から出させたのです。

 パウロは熱心に神に仕える人でした。人一倍、神さまの教えを守ることに努力した人です。

「罪の中に死んでいる」

とは到底言えないような人物です。その彼が

「罪の中に死んでいるあなたがた」

という時、実は

「私も罪の中に死んでいた」

と語っているように思います。罪の中にいて死んでいるとは、不道徳なことをしたとか、悪いことをしたとかでなく、もっと根本的な、深いことを意味していると思います。<罪とは何か>を理解する手がかりを旧約聖書から得たいと思います。

 旧約聖書民数記14章にこう書かれています

「主はモーセに言われた。『この民は、いつまでわたしを侮るのか。彼らの間で行ったすべてのしるしを無視し、いつまでわたしを信じないのか』」(民数記14:11〜12)。

神は怒っています。イスラエルの民が神を侮ったからです。<いつまで私を信じないのか>。神はイスラエルの民の不信仰、信じようとしない頑なさに怒っています。神は待っておられるのです。民が信仰に生きることを。それなのに信仰に生きようとしないのです。イスラエルの民の不信仰を神は怒ったのです。

 イスラエルの民は、エジプトの王の奴隷として長い間苦しみの生活をしてきました。イスラエルの民はあまりの苦しみの中から、救いを神に叫び求めました。すると神は指導者としてモーセを選びました。神はモーセを通して、さまざまな不思議な業、奇跡を行わせ、イスラエルの民を奴隷状態から解放しました。神は自由に住む土地を与えると民に約束し、そこに民を導きます。イスラエルの民は荒野を旅して約束の地に向かいます。旅の途中困難が起きると、神は御業を行い、民を窮地から救います。

 そして今、約束の地を前にします。後は、その土地に入るだけです。ところが、そこには強そうな人たちが住んでいます。そこで人々は約束の地に入ることにひるむのです。恐れにとらわれるのです。今までどんな困難も、神の助けによって乗り越えてきました。だから今回も神に信頼し、助けを求めればよいのです。しかし民は恐れ、前進することを拒みました。それだけでなく、神に信頼して進もうと励ます人を石で殺そうとするのです。そこで神は怒ります。罪とは、信頼すべき神を信頼しないことです。あれだけ神は御業を示し、つまり奇跡を行い民を救ってきたのに、今度も神は助けてくれると神を信頼しない、つまり神を侮ったのです。罪とは、あれやこれやの不道徳な行いではなく、神を侮ること、神を信頼しようとしないこと、つまり不信仰だと民数記は教えます。

 イザヤ書5章にぶどう畑の歌があります。

「わたしは歌おう、わたしの愛する者のために/そのぶどう畑の愛の歌を。わたしの愛する者は、肥沃な丘に/ぶどう畑を持っていた。よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り/良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった。さあ、エルサレムに住む人、ユダの人よ/わたしとわたしのぶどう畑の間を裁いてみよ。わたしがぶどう畑のためになすべきことで/何か、しなかったことがまだあるというのか。わたしは良いぶどうが実るのを待ったのに/なぜ、酸っぱいぶどうが実ったのか」。

 ある農夫がぶどう畑をつくり、畑を手入れし、ブドウを植えて、よいブドウが実るのを待ちました。しかし、酸っぱいブドウが実ったというのです。神はエジプトで奴隷として苦しんでいたイスラエルの民を救いました。神は彼らを約束の地に導きました。神はイスラエルの民をその地に住まわせました。イスラエルの民はそこで自由に生きることができるようになりました。ぶどう畑によいブドウを植えたとは、神がイスラエルの民を約束の地に住まわせたことを意味します。

 神が期待した良いぶどうの実とは、イスラエルの民が神を礼拝し、神に信頼して生きることでした。そうすれば周りの人々に、人間を愛し、祝福するまことの神がおられることを証しできるのです。神さまを証しする、それが良いぶどうの実です。しかし実ったのは酸っぱいブドウの実でした。イスラエルの民は偶像礼拝をしたのです。エジプトから自分たちを救い出してくださった神に対する礼拝が見られなくなったのです。あの苦しみの中から救いを叫び求め、救い出してくださった神をイスラエルの民は忘れてしまいました。見られるのは偶像礼拝でした。酸っぱいブドウが実ったのです。イスラエルの民は、周囲に住む民族が崇める神を自分の神としたのです。イスラエルの民は自分を救ってくれた神を捨てたのです。

「彼らは主を捨て/イスラエルの聖なる方を侮り、背を向けた」(イザヤ1:4)。

罪とは、神を捨て、神を侮り、背を向けることです。

 神は預言者ホセアに命じます。

「行け、夫に愛されていながら姦淫する女を愛せよ。イスラエルの人々が他の神々に顔を向け、その干しぶどうの菓子を愛しても、主がなお彼らを愛されるように」(ホセア3章)。

神はホセアに命じます。<夫に愛されていながら姦淫する女を愛せよ>。いやですよ、不実な女を愛することなんて。しかし神は命じるのです。なぜ、どうして。

 夫に愛されていながら姦淫する女とはイスラエルの民のことです。神はイスラエルの民をエジプトから救いだし、イスラエルの民を愛しています。神はイスラエルの民の神であり続けます。しかしイスラエルの民は偶像礼拝を行い、他の神々を信じ礼拝します。それを聖書は姦淫と呼びます。罪とは愛する者を裏切る行為として描かれます。

 <イスラエルの人々が他の神々に顔を向け、その干しぶどうの菓子を愛しても、主がなお彼らを愛されるように>同時に神は、このような不実な者をなお愛するお方です。そのことをイスラエルの民に伝えるために、ホセアは夫を裏切り続ける女を愛せよ、と神に命じられました。

 聖書はこのように、自分を救ってくれる神を侮り、神に信頼せず、神を裏切り、神に背を向けることを罪と呼びます。要するに神を崇めないのです。神さまの人格を大切にしないのです。これは私たちの内に潜んでいる罪でもあります。主イエスは言います。

「この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている」。

このような罪の中にいることを<罪の中に死んでいる>と呼ぶのです。しかし罪の中にいる者は、自分が死んでいるとは考えません。それどころか逆に、自分は生きていると思うのです。今の自分の生活、歩みをよしとするのです。あなたはどうですか。

 パウロは、熱心な信仰者でした。誰よりも神の教えを守っていると自負していました。その彼がクリスチャンを迫害しました。神は唯一の神なのに、クリスチャンがイエスを神と崇めているのを見て、神を冒とくしている、それは大きな罪だと考え、クリスチャンを迫害しました。迫害に対する熱心、それは彼の信仰から来るものです。しかし復活の主イエスとの出会いは、彼を驚かせました。自分は神のことを知っていると思っていたのに罪ある人間を救おうとする神の思い、神の計画を知ることができませんでした。いや知ろうとしなかったことを思い知らされます。神を知っているつもりの自分が神に逆らうことをしていたことに気づき、彼は愕然としました。そしてパウロはイエス・キリストを救い主と受け入れます。

 その彼が告白します。

「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(ガラテヤ2:20)。

キリストがわたしのうちに生きておられると知った時、彼は<生きる>ことがどういうことか知ったのです。人が生きる真の目的を知ったのです。

 神に造られ、神によって命を与えられた人間のなすべき第一のこと、人生の目的、それは神を知り、神を崇めることにあります。私どもが使命に生きるのは神の栄光を現すためです。私たちは、自己実現をするために生きるのではありません。人生の目的、それはイエス・キリストを知り、主イエスを崇めることにあります。ヨハネ黙示録は神の国を描いています。人々は神を礼拝し、賛美し、神をたたえているのです。この世に生きている時、神を知り、神を崇める人こそ、神の国に迎えられるのにふさわしい人です。神の国、天国とは、漠然とした理想郷ではありません。

 パウロは復活の主に出会い、イエスこそ私たちの主であり、神であられると知りました。そしてこの主に仕え、この主を宣べ伝えるために生涯を捧げました。

 信仰熱心な、誰よりも神の教えを守っていると自負するパウロは変えられました。彼は自分が持っているさまざまな誇りを<くず>に等しいとして捨てました。キリストを知ることの素晴らしさに比べれば、他の一切を損失と見なしました。パウロはもう戻れないのです。以前のパウロに。自分の出自を誇り、律法の実践において落ち度のないことを誇り、信仰に熱心に生きていた以前の自分にパウロは戻ることができませんでした。なぜなら、それは<罪の中に死んでいる>ことだったからです。今やパウロは主イエスに倣う者へと変えられました。パウロのうちに生きておられる主イエスは、神に対して従順な方でした。しかも十字架の死に至るまで従順な方でした。パウロは自分が主イエスに倣う者と変えられたことを知ります。復活の主が彼を新しい信仰者に造り変えてくださったと知りました。これが救いの恵みだと知りました。

 主イエスは十字架の上で殺されました。主イエスの死は、私たちの罪を贖う死です。私たちは主イエスを信じる時、罪の赦しを受けます。私たちは過去に犯した罪の赦し、今犯す罪の赦し、将来犯すであろう罪の赦しを受けます。将来罪を犯したとしても、罪の告白をし、赦しを求めれば赦していただけます。それ故、私たちは二度と自分の犯す罪を神から責められることはありません。何と自由なことでしょうか。何と晴れ晴れとしたことでしょうか。

今日の聖書で

「規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました」

とあります。この証書とは、私たちの罪を責める証書です。実際にそのようなものがあるわけではありませんが、借用書のイメージが用いられています。お金を返せ、と人は借用証書を突きつけ返済を迫ります。その借用証書が消えたらどうなるのでしょうか。罪については、私たちを責める証書は十字架で取り去られたのです。

 イエス・キリストは十字架で死に、そして三日目に神の力によって復活されました。主イエスを信じ、主イエスを復活させた神の力を信じる者は、罪の中で死んでいましたが、神の子とされ、新しく生きる者とされました。神を侮り、神に背を向け、神を裏切り、神を見捨てる者が、神の人格を軽んじる者が神の子とされ、父なる神に愛され、神を愛して生きることができるようにされました。夫を裏切り続ける不実な妻をも愛する愛、それが父なる神の愛です。私たちはその神の愛を受けているのです。

 今年の主題聖句はこうです。まず

「あなたがたは主キリスト・イエスを受け入れたのですから」

とあります。主キリスト・イエスを受け入れるとは、この方が贖い主であり、救い主であり、私たちの主であることを受け入れることです。そしてこの方が与えてくださる救いの恵みをいただくことです。その恵みとは、罪の赦しです。不実な者を愛してくださる神の愛です。罪の中に死んでいた者を新たに生まれさせ、神の子としてくださる恵みです。この恵みを受けるなら、私たちの歩みは定まります。<キリストに結ばれて歩む>こと、神の子として歩むことです。神の子として生きる時、そこに信仰の世界が開けます。私たちにとっての約束の世界です。神の子とされた私たちは、喜んで神の子として生きるのです。そのようにして神をたたえ、神に栄光を帰するのです。これこそが人間の本来の歩みです。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 私どもが口先だけであなたを敬うのではなく、 あなたご自身を、人格を持った神として崇めることができますように。 人格を持つ神さまを崇めるように、 私たちの周囲にいる人たちの人格を重んじることができますように。 不信仰な私たちを憐れみ、助けてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。