先ほど司式者に聖書を読んでいただきました。どうでしょう、聞いていて、驚きませんでしたか。私は説教を準備する関係で聖書を目で追いながら、そして声を出しながら読みます。だから、今日の聖書を読んでびっくりしています。だって自分の家や自分の土地を売って、その代金を教会に献げているというのです。びっくりします。

でも、私はこれを経験しました。私が自分の土地や家を売ったわけではありません。教会員の方が会堂建築の時、自分の家を処分したお金の中から、ささげてくださいました。びっくりするような額を献げてくださいました。

 今日の聖書を読んで抱いた皆さんへの願いがあります。ささやかですが、切実な願いです。皆さんが説教テキストをあらかじめ家で読み、何らかの思いを抱いて説教を聞いていただけたらと願います。もし皆さんが今日の聖書を読んでこられたのなら、驚きを私と共有し、そしてどんな説教がなされるのか、と説教に対する期待を抱かれるのではないかと思います。私は聖書が告げる福音を皆さんと共有したいと思っています。是非、聖書を読んで礼拝に臨んでください。そして説教のために祈り、説教に期待してください。今日の聖書が与える驚きから、どんな福音が聞こえてくるのでしょうか。

 使徒言行録に描かれている教会のことを初代教会と呼びます。最初の教会という意味です。この教会には一つ課題が与えられました。貧しい人たちが、生活に事欠く人たちが信仰者として教会に加わってきたのです。

教会には主イエスを信じる人が次々に与えられました。主イエスの弟子たち、彼らは使徒と呼ばれます。遣わされた者、という意味です。彼らは主イエスから福音を宣べ伝えるために遣わされました。この使徒たちの説教により、主イエスを信じる者たちが沢山誕生しました。二章では、三千人ほど信じる者が生まれたとあります。四章の最初では、男の数が五千人ほどになったとあります。

 今日の聖書の32節では、

「信じた人の群れは心も思いも一つにし」

とあります。ここで<信じた人の群れ>がどれほどの人数なのかと考えます。沢山の人が心も思いも一つにするということは容易なことではありません。しかし、多くの人がいたことは確かです。信じた人たちの群れ、それを教会と呼びます。まだ教会堂という建物はできていませんが、信仰者たちは集い、交わりを持っていました。

 この信仰者の群れに一つの課題が与えられました。教会の中に、貧しい人がいたのです。生活に事欠く人たちがいたのです。6章を読むと、主イエスを信じた人の中に<やもめ>がいたのです。それも少なからず、いや沢山いたのです。やもめは頼る人がいませんから、生活には苦労があります。時に食べ物がなく、飢えを我慢することもあったことと思います。

 信じた者たちが集う時、そこに食事を抜いてお腹をすかせている人がいるのです。見て見ぬ振りができるのでしょうか。

 聖書には次のような言葉があります。

「世の富を持ちながら、兄弟が必要な物に事欠くのを見て同情しない者があれば、どうして神の愛がそのような者の内にとどまるでしょう。子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう」(ヨハネ一3:17〜18)。
「隣人を自分のように愛しなさい」(マタイ22:39)。

これは主イエスの教えです。主イエスは、また<あなたがたは互いに愛し合いなさい>と信仰者が互いに愛し合うことを命じられました。

教会にくる貧しい人たち、生活に事欠く人たちに心を遣うことが大切です。これは隣人愛であり、兄弟愛です。信仰者として大切なことです。うっかりすると私たちは、礼拝に集う信仰の兄弟姉妹のことに関心を持たなくなります。信仰に生きるとは、神さまを愛し、兄弟姉妹を愛して生きることです。隣人を自分のように愛して生きていくことです。信仰の兄弟姉妹のことは覚えて祈りたいものです。

 初代教会の人たちは、貧しい信仰者、信仰の兄弟姉妹に対して何をしたのでしょうか。

「土地や家を持っている人が皆、それを売っては代金を持ち寄り、使徒たちの足もとに置き、その金は必要に応じて、おのおのに分配された」

とあります。貧しい人たちにお金が渡され、生活に事欠くことがないように配慮したのです。そんなことがいつまで続くのか、と思われるかも知れません。貧しさから脱却できるように助けるべきではないか、との意見もあるかも知れません。初代教会は、教会に加わる人たちが増えつつある現状の中で、貧しい人がいるので、とにかく生活の足しにとお金を工面し、共に喜んで神さまを礼拝し、信仰者の交わりができるようにしたのです。兄弟愛、隣人愛に生きている信仰者の姿をここに見ることができます。

 ある意味、私たちも同じような献げ物をしました。東日本大震災で被災した諸教会のために献金を献げました。日本基督教団では、被災教会再建のために10億円の献金を募りました。この目標を達成するために、私たちの教会はどれほど献げればよいのか計算し、それを目標にして献金を募りました。皆さんは、自分の持ち物の中から献げてくださり、目標以上の献金が献げられました。日本基督教団という教会のグループの中で、困難を覚えている諸教会のために私たちは精一杯ささげることができました。兄弟愛、隣人愛を実践したということができます。私は皆さんを、金沢元町教会を誇らしく思っています。

 それにしても自分の家や土地を売って、教会に献げるというのは驚きです。現代では、土地の価格も、家を建築する時の費用も高いです。初代教会の時代は、もっと価格は低いと思います。それでも、思い切った行動だと思います。なぜ、このような行動ができたのでしょうか。皆さんはどう思われますか。どんな時、御自分の土地や家を売って、その代金を教会にささげることができるのでしょうか。神さまの導きとして、としか言いようがないと思います。では神さまはどのように導かれたのでしょうか。

 初代教会の信仰者について、今日の聖書は次のように述べています。

「信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた」。

これは皆が、自分の持ち物をすべて教会に差し出したという意味ではないと思います。彼らは自分が持っている物は神さまが与えてくださったもの、との信仰に導かれていたのだと思います。そして必要な時には、神さまが与えてくださったものの中から献げ物をするのです。

 使徒パウロは語ります。

「いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか」(コリント一4:7)。

わたしの体、わたしの人生、これは神様から与えられたものです。神さまのお支えの中で、私たちは働き、生活の糧を得、あるいは財産を築きます。私どもの努力はありますが、これらのものは、神さまからいただいたものと私たちは感謝するのではないでしょうか。皆さんは、どうですか。自分の努力で得たものは、全部自分のものと考えられますか。神さまからいただいたものだから、神さまに献げるのです。礼拝献金の祈りの中で、<神さまからいただいたものの中から、おささげします>との祈りを聞くことがあります。自分のものは、神さまからいただいたものとの信仰が表れている祈りです。

 自分の家や土地を売って献げるというのは、極端かも知れません。しかし信仰者は、もっと貴いもの、もっと大切なものを神さまに献げて生きているのではないでしょうか。あなたは自分の命と自分の家とどちらが大切ですか。あなたは自分の命と自分の土地とどちらが大切ですか。

パウロは語ります。

「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」(ローマ12:1)。

パウロは、あなたがたは神の憐れみを受けたものとして、自分を神さまに献げなさいというのです。ですから、自分の土地や家を売ってその代金を献げるのは、自分自身を神さまに献げるしるしである、ということができるのではないでしょうか。だから初代教会の人は、家を売り、土地を売って、その代金を教会にささげることができたのではないでしょうか。

私たちは礼拝で献金を献げますが、この献金は、神さまに対して、単に一週間の生活の感謝の気持ちを表すだけではありません。これは、自分自身を神さまに献げるしるしとして、自分自身を神さまに献げる思いの表れとしての献金です。ですから献金の祈りの中で、

「献身のしるしとして献げます」

との祈りがなされます。

 今日の聖書でバルナバという人物が、自分の持っている畑を売って、その代金を教会に献げたと書かれています。彼はその後、イエス・キリストを宣べ伝えるために自分の生涯をささげる人となりました。パウロと共に旅行をし、福音を宣べ伝えたことが、この使徒言行録に書かれています。

私たちは神さまに何を献げるかと言えば、自分自身を献げるのです。これを献身と呼びます。献身は、キリストを宣べ伝えるために生涯をささげることだけを意味しません。牧師になることだけを意味しません。人はそれぞれに献身をします。母親として、父親として、学校の先生として、サラリーマンとしてそれぞれ献身します。

 初代教会の人たちは、貧しい人たちのために自分の持ち物の中から教会に献げました。裕福な人だけがささげたのではなく、人それぞれに持ち物の中から、献げたことと思います。神様への献げもの、それは自分自身を献げることであり、神さまへの愛から出たものです。初代教会の人たちは、神さまを愛していました。

 今日の聖書箇所は、33節がないとすっきりします。初代教会の様子が明確になります。つまり信じた人々は、愛に生きていたことが述べられています。神を愛して献げ物をし、隣人を愛して献げ物をしたのです。しかしなぜか、33節があります。これはどういうことでしょうか。

「使徒たちは、大いなる力をもって主イエスの復活を証しし、皆、人々から非常に好意を持たれていた」。

使徒たちはイエス・キリストが十字架の上で殺されたけれども、神さまは、イエス・キリストを復活させ、私たちの救い主としたと語りました。聖霊に満たされ、聖霊の力を受けて、使徒たちは主イエスを宣べ伝えました。聖霊の働きがあるのです。

 <人々から非常に好意を持たれていた>と訳されています。ギリシャ語の原文では、<大きなカリスが、彼らすべての上にあった>と訳すことができます。カリスは

「恵み」

と訳すことのできる言葉です。大いなる神の恵みが、彼らの上にあった、と訳すこともできます。あるいは

「好意」

と訳すこともできます。人々の大いなる好意が、彼らの上にあった、と訳すことができます。私たちの聖書では、<人々から非常に好意を持たれていた>と訳されています。

 ルカ福音書に、ギリシャ語でここに似た表現があります。

「幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた」。

原文では、幼子の上に神の恵みがあったという表現になっています。これは主イエスが、神の恵みを受けてお育ちになったことを告げています。33節から、大いなる神の恵みが、初代教会の人々の上にあり、信仰者たちは愛に生きるように導かれたと解釈することができます。

 つまり、初代教会の人たちを神様の大いなる恵みが生かしていたのです。主イエスは復活され、信じる者たちに聖霊を注ぎ、福音を宣べ伝えさせました。そして福音を聞いて悔い改め、信じた人たちには聖霊の賜物が与えられました。聖霊は神様の恵みです。この神の恵みを受け、初代教会の人たちは、神さまを愛し、兄弟を愛し、隣人を愛するように導かれたのです。そしてその導きに従い、神を愛し、隣人、兄弟を愛するのです。聖霊に導かれ、聖霊の導きに従ったのです。

 私たちも聖霊の賜物を与えられました。聖霊は私たちを導かれます。私たちも自分を献げて生きるように導かれています。神さまの言葉に立って生きることによって、私たちは自分自身を神さまに献げるのです。神さまの言葉に立って、物事を考え生きるように召されているのです。

そして私たちの教会にも課題が与えられています。この課題の中で、神さまは何を私たちに求めておられるのか、聞き取りたいですし、聞き取って、神さまのみ心に従いたいと思います。

 初代教会の人たちは、信仰者の群れの中に貧しい人、生活に事欠く人を見て、彼らを愛したのです。私どもは、教会の中に何を見るのでしょうか。神さまのどんな期待を見るのでしょうか。キリストの体なる教会を目指す時、何が課題となるのでしょうか。キリストの体なる教会の中に身を置く時、私たちは、自分が愛する者であり、自分が愛される者であることを知り、深い喜びと祝福に包まれるのではないでしょうか。そしてそこに人々を招く使命が与えられていることに気づくのではないでしょうか。

 私たちも献身に生きることができます。川が高いところから低いところに向かって流れるように聖霊は、神さまの前に自分を低くする人に向かって流れます。自分を低くする人に満ちてくださいます。神様のみ心を行う準備のできている人に聖霊は力を与えてくださいます。聖霊の導きを求め、聖霊の導きに従って信仰の歩みをしていきましょう。

祈り
祈り 天の父よ、御名を崇めます。 聖霊の導きというあなたの恵みが初代教会を導いたことを知り、感謝します。 使徒たちは、大胆に主イエスの復活を証しし、 信じる者たちの群れは、あなたを愛し、隣人を愛し、兄弟愛に生きていました。 私どもも、愛に生きる者とされたいですし、愛に生きるものとなります。 それ故に、聖霊の導き、聖霊の助けを与えてください。 愛のうすき我らを憐れんでください。 金沢元町教会もキリストの体なる教会です。 私たちも教会の課題に目を向け、この課題のために 自分を献げ、あなたに用いられる者としてください。 私たちの生活の場が、自分をあなたに献げる場であることを教えてください。 聖霊の励まし、聖霊の導きが、私たちを生かすあなたの大いなる恵みです。 この恵みのゆえに、あなたをたたえます。 私どもが自らをあなたに献げ、 あなたに栄光を帰することができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。