今日は、神を信じることについてお話しします。神を信じて生きるとは、神の戒めを守って立派な信仰者として生きることではありません。そんなことはできっこない話しです。神を信じて生きるとは、自分に足りないことを神に祈り求めて生きていくことでもありません。神さまは、私たちの祈りに答えてくださるだけの方ではありません。

 今日の聖書で、羊が羊飼いについていくことが書かれています。これは何を意味しているのでしょうか。羊は、自分の一切を羊飼いにゆだねています。羊飼いの声を聞き、羊飼いの後をついて行きます。神の声を聞いて自分の一切を神にゆだねて神に従って生きる、それが信仰に生きることだと聖書は告げているのではないでしょうか。自分の現在も、将来も、死んだ後のことも神さまにお任せし、神さまについて行く、それが信仰だと聖書は告げているのではないでしょうか。

 今日の聖書で、主イエスはたとえを語られました。主イエスはこのたとえをファリサイ派の人たちに向かって語られました。主イエスは何を伝えたかったのかと考えます。ファリサイ派の人たちは、主イエスから見て問題のある人たちでした。彼らに向かってたとえを語ったということは、主イエスは何かを伝えたかったのです。しかしファリサイ派の人たちは、主イエスの話を聞いて、それが何のことか分からなかったとあります。ファリサイ派の人というのは、神の戒めを熱心に守る努力をしている人たちです。

 たとえの内容はむずかしくありません。当時、羊を飼う人たちは、夜は羊を共同の柵の中に入れたようです。朝、羊飼いは自分の羊の名を呼び、呼ばれた羊は自分の羊飼いについて行きます。羊は、自分の羊飼いを知っています。夜、この柵を越えて強盗や盗人が来ることがあります。羊は強盗や盗人は知りません。だから彼らの声を聞いても羊は彼らについて行きません。羊は、自分の羊飼いを知り、羊飼いについて行くという話しです。

 このたとえがファリサイ派の人たちとどんな関係があるのかと考えますが、関係があるようには思えません。神の戒めを熱心に守る努力をしている彼らが、強盗であるとは思えません。羊飼いでもありません。羊飼いは、神の立場です。彼らが羊だとしたら、彼らが後についていく羊飼いとは誰なのでしょうか。羊は羊飼いの声を知っているとありますが、ファリサイ派の人たちは主イエスを信じようとはしていません。

 このたとえを通して、何を主イエスは伝えようとしたのでしょうか。聖書は、神を羊飼いのイメージで語ることがよくあります。人は神に飼われる羊です。ですから、主イエスはご自身が羊飼い、私たちの救い主であることを、伝えたかったのだと思います。

 さらに羊が羊飼いの声を聞き分け、羊飼いについて行くように主イエスを救い主と知っている人は、主イエスの声を聞き分けて従い、ついて行きます。神を知っている人は、神に従い、神について行きます。そこに主イエスを知り、主イエスについて行く人の救い、幸い、平和があることを伝えたかったのではないでしょうか。

 主イエスを知る、あるいは神を知るとはどういうことなのでしょうか。神を知るとは、神がいかなる方かを知ることです。聖書は、神がいかなる方であるかをいつも語っています。私たちの願いごとをかなえてくださることを求めるだけなら、神さまがいかなる方であるかはどうでもよいことです。願いをかなえてくれさえすればよいからです。

 聖書は、神がいかなる方であるかをいつも語っています。神はご自身がいかなる方であるかを人間が知ることを望んでおられます。私たちが聖書を読む時、神さまがどんな方であると聖書は伝えようとしているのか、と意識して読むと、神さまがいかなる方かが、次第に分かってきます。それは、聖書から得た知識です。

 皆さんは、私がどんな人間、どんな信仰者であるかご存知でしょうか。礼拝に出席して、礼拝が終わって玄関で挨拶をされて教会から帰るだけなら、私のことはあまり知らないかも知れません。他の教会員の方から、堀江牧師は、こんな人よ、という話を聞けば、私についての知識を得ることはできます。でもわたしのことを知っているとはなかなか言えないこともあると思います。しかし、祈祷会や地域集会に参加しておられる方は、わたしのことをそれなりに知っておられると思います。集会を通して、私がいかなる人間、信仰者であるかを直接、見聞きすることができるからです。直接見聞きすることによって、よく知ることができます。

 皆さんは、神をどのような方として知っておられますか。神を知るとは、知識として知ること以上のものがあります。たとえば聖書が告げる神のイメージは羊飼いです。そして人は羊飼いに飼われる羊です。詩篇23篇にこうあります。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない」。

 詩人は、神さまのことを羊飼いと呼んでいます。羊飼いは、羊を草のあるところ、水のあるところへ導き、羊を養います。この詩人は、

「主はわたしを青草の原に休ませ/憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる」

と述べることによって、自分の体験から、神が羊飼いであることを知っています。

「死の陰の谷を行くときも/わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる」

と語り、神が共にいてくださるから、災いを恐れないと確信を述べます。神がいかなる方かを知っている人の言葉です。

 私も、神さまが羊飼いであると知っています。特に私は、神さまの言葉が、私を導き、私を養い、私を生かすことを知っています。神の言葉こそ真理だと信じています。羊は強盗や盗人の声に聞き従わないように、私も、この世の常識、この世の人の知恵、自分の経験に惑わされず、神の言葉に立って物事を考え、神の言葉に従って生きていこうと思っています。それが神様に生かされることであると信じています。

 神さまを知るとは、神についての知識を得ることではありません。神さまが、聖書の告げる神さまであることを自分の体験を通して知っていくことを意味します。するとそこに、証しが生まれます。私は神さまが、このようなお方であると証言します、と語ることができます。そして他の人たちに神さまを伝えることができるようになります。このように私たちが神さまを知っていく時、私たちは神さまをたたえ、神さまを礼拝する生活へと導かれていきます。礼拝がより真実なものとなっていきます。神さまを知ることは大切なことです。羊も自分の羊飼いを知っており、羊飼いの声を知って、羊飼いについて行きます。

 神を信じるとはどういうことでしょうか。神は目に見えないし、触ることもできないし、存在するかどうかわかりません。信じたいと思っても、すぐには信じられません。

「神さま、あなたがおられるなら、おられること示してください。そうすれば、あなたを信じることができますから」

という祈りをしたことのある方が、この中にもおられると思います。<神を信じたいけどまだ信じられない>という時、<奇跡が起きて、あ、神はいるんだ、と信じることができるようになったらいいな>と思う人は少なくないと思います。私もかつて、そのように祈ったことがあります。

 信仰生活を続けてきて教えられることは、神さまを信じる時大切なことは、神さまがいかなる方であるかを知ることです。神さまがいかなる方であるかを知っているから、神さまと関わって生きていくことができます。聖書が神さまのことをどのようなお方として教えているのか、聖書が告げるとおりの神さまを私たちは信じるのです。

 神さまはこのような方であって欲しいなと思う時、私たちは、自分の神をつくることになります。私たちが聖書を読み、神さまがいかなる方であるかを学び続けないと、私たちは神さまを自分が願うような存在にする危険があります。これは偶像礼拝と言い、神さまが最も嫌われます。

 聖書が告げるとおりの神さまを信じるのが信仰です。神を信じるとは、その存在を信じるだけではなく、それよりもむしろ、神がいかなる方かを知り、それを信じるのです。そしてそのような方として神を信じ、神と関わって生きるのです。すると神が聖書が告げるとおりの方であると知ることができるようになります。神さまが、私たちに何を望んでいるかを知り、それに従うのです。私たちも人を信頼する時、その人がどんな人か、知っているから信頼します。そしてその人と関わっていきます。

 私たちが神さまを知るようになると何が起きるのでしょうか。神を知る人は、神について行く歩みをします。羊が羊飼いに一切をゆだねて、羊飼いについて行くように、神さまに全面的に信頼し、神さまに身を任せる歩みをします。身を任せると言っても、漠然と神にゆだねるのではなく、神さまの言葉に信頼して、神の言葉に立って生きるのです。神さまに信頼するとは、神さまの言葉に信頼することです。私たちが主イエスを知るようになると、主イエスについて行く歩みが始まります。

 牧師として歩む中で、色々悩みますが、その都度思わされることは主イエスのように歩めばよいということです。主のように謙遜に、主のように憐れみ深く、主のように神に忠実に、と主イエスを模範とすればいいのだと教えられます。主イエスに養われる羊であればいいのだ、と思わされます。

 神さまについていく時、神さまは私たちを導かれます。私たちの家族がたとえば入院をしたとします。私たちは見舞いに行き、病人がどんな状態にあるかを観察します。病人が辛そうにしていれば、手を握って、ただ黙ってそばに付き添って時を過ごすことがあると思います。もし体調がよくて元気そうにしていれば、おしゃべりをして、一時を楽しく過ごすことがあるでしょう。相手の状況に応じて、私たちは行動を変えるわけです。

 神さまも、私たちの状況に応じて、私たちを導いてくださいます。どんな風に導かれるかと言えば、説教や聖書を通してと答えることができます。私たちが日々聖書に親しみ、聖書の言葉を思い巡らす習慣を身につけるなら、私たちは神さまの導きを得ることができるでしょう。私たちが説教を思い巡らす習慣を身につけるなら、私たちは神さまの導きを得ることができるでしょう。そして私たちは、次の聖書の言葉に共感すします。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩篇119:105)

 私たちは神さまを知れば知るほど、神さまについて行きたいとの思いを確かにされていきます。主イエスを知れば知るほど、主イエスについて行きたいとの思いに導かれます。羊が羊飼いを知り、羊飼いの声を聞き分け、自分の羊飼いについて行くように、神さまの言葉を知る者は、神様に身をゆだねる歩みをするようになっていきます。

 ところがここにファリサイ派の人々がいます。彼らは神を信じています。でも彼らは、神さまがお遣わしになった救い主を信じることができません。信じようともしません。神さまを知っているなら、神さまがお遣わしになった方を信じることができるはずなのに、と思います。

 羊はしばしば迷います。羊飼いから離れてしまいます。

「私たちは羊の群れ、道を誤り、それぞれの方角に向かっていった」(イザヤ53章)

という言葉が聖書にあります。主イエスの語られた

「見失った羊」

のたとえもあります。人間は罪を犯します。神よりも自分を第一にする思いがあります。すると迷いが生じ、神さまから離れる事態が生じます。

 ファリサイ派の人々は、神さまの戒めは熱心に守っていたかも知れませんが、プライドがあり、心は閉ざされていました。主イエスの語られた今日のたとえは、九章に引き続いて語られたものです。九章で、主イエスは生まれつき盲人の目を見えるようにするといういやしの業を行われました。

 この盲人は、ファリサイ派の人々に、

「神は罪人の言うことはお聞きにならないと、わたしたちは承知しています。しかし、神をあがめ、その御心を行う人の言うことは、お聞きになります。生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」

と主イエスが神のもとから来たことを堂々と語るのです。でもファリサイ派の人々は、

「安息日の戒めを守らないから、神のもとから来た人ではない」

と言い張り、主イエスを信じようとしません。

 ファリサイ派の人々は、神の戒めが何のために与えられているのか、その理由を考えず、ただ形式的に戒めを熱心に守っているに過ぎないのです。そして主イエスを批判し、主イエスを通して働いておられる神さまの御業を見ようとしないのです。盲人だった人が、

「あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」

と語った時、

「お前は全く罪の中に生まれたのに、我々に教えようというのか」

と怒ったのです。我々を教えようとするのか、生意気な、という態度です。プライドのなせる業です。プライドのゆえに、神さまのなさった御業を見ることができないのです。

 閉ざされた心は、目の前に起きている神の出来事を見ることができないのです。誰でも自分の信仰について、これでよいのだという誇りを持ちます。しかしそれにこだわっていると、神のみ業を見ることができなくなり、目の前で語られている神の言葉を聞くことができなくなります。私たちは、この点で注意する必要があります。あなたも、です。主イエスの言葉に、

「彼らが見るには見るが、認めず、/聞くには聞くが、理解できず」

とあります。そうならなければ幸いです。

 神の言葉は、人の口を通して聞こえてきます。ファリサイ派の人はイエスの語る言葉を聴きました。でも、それを神の言葉とは認めませんでした。説教にしても、説教者という人間が語ります。人間が語った言葉を神の言葉と受けとめることができるとするなら、それは何によって可能となるのでしょうか。人間の口からは、

「そうは言うけど」

という言葉が出てきて反発し、神の言葉と認めないことがしばしばあります。

 それ故、大切なことは、謙遜な心と信仰です。信仰とは、祈って神の言葉を待ち望む心を持つことです。このような心で聖書を読み、説教を聞く時、神さまの言葉は聞こえてきます。

 私たちもまた羊として迷うことがあります。神の教えに背き、神ご自身に逆らうこともあります。迷い、失敗することはあります。迷い出たら戻ればいいのです。迷い出て戻れなくなっても、羊飼いなる主イエスが私たちを探してくださいます。

今一人の兄弟が礼拝から遠ざかっています。呼びかけても返事をしません。私たちから見れば、迷いの生活の中にあります。彼は、今、最高に生き甲斐を感じていると思っているようです。心配して、何人もの方が祈り、メールし、手紙を書き、彼に呼びかけています。神さまは、迷っている者を捜し出そうとしてくださいます。

 私たちは迷い出ることがあるかもしれません。そのことは心配せず、主イエスの声を聞いて、主イエスの後についていく、それが聖書が告げる信仰です。

祈り

天の父なる神、あなたを崇めます。聖霊の導きを与え、私どもが、あなたのことを深く知ることができるように導いてください。知識として知るだけでなく、私どもの生活を通して、あなたがいかなる方であるかを知ることができますように。あなたが私どもを導かれる羊飼いであり、人となられた主イエスが私たちの救い主であり、私たちは主イエスの後に従う者であることを教えてください。イエス・キリストの御名により祈ります。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 聖霊の導きを与え、私どもが、あなたのことを深く知ることができるように導いてください。 知識として知るだけでなく、私どもの生活を通して、 あなたがいかなる方であるかを知ることができますように。 あなたが私どもを導かれる羊飼いであり、 人となられた主イエスが私たちの救い主であり、 私たちは主イエスの後に従う者であることを教えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。