今日は、私たちに信仰を与え、私たちを生かす聖霊の働きについて聖書に聞きたいと思います。聖霊とは、神の霊のことです。人間に悪さをする霊を聖書は、悪霊と読んでいます。それに対して、人間を導く神の霊を聖霊と呼びます。聖霊は私たち信仰者の中に住まわれる神です。

 最近一つ考えさせられたことがあります。主イエスの語られた種まきのたとえです。種は四つの場所にまかれました。一つは道端に落ち、鳥が来て食べてしまいました。実ることがありませんでした。二番目の種は、石だらけで土の少ないところでした。芽は出たのですが、根がないために日が昇ると焼けて枯れてしまいました。三番目の種は、茨の生えている場所に落ちました。芽が出て成長したのですが、茨が伸びて覆いふさいだので実を結びませんでした。四番目の種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結びました。

 種とは、神の言葉です。種が落ちた場所は人間の心です。礼拝に人が集い、そこで説教がなされます。最初の人は一回聞いて、もうそれっきり礼拝に来ません。神の言葉を気にも留めなかったのです。二番目の人は、説教を受け入れ、信仰者になりますが、根がないために、困難が起きると信仰から離れてしまいます。聖書を学ばないために、根がないのです。

 三番目の人は、説教を受け入れ、信仰者になりますが、思い煩いや富の誘惑、その他、色々な欲望が心に入り込み、み言葉を覆いふさいでしまい、実らないのです。四番目の人は、説教を受け入れ、信仰者になり豊かな実を結びます。そこで問いは、実らない信仰者は救われているのか、救われるのか、という問題です。真剣に信仰の歩みをするように警告を受ける思いがします。

 信仰者に実りを与えるのが聖霊なる神です。聖霊の実は、愛、喜び、平和、その他、全部で九つあります。礼拝の最後で、聖霊の交わりがあなたがた一同と共にあるように、と祝福の祈りがなされます。これは大切な祝福の祈りです。神はあなたに聖霊の導きを祝福として与えようとしておられるのです。聖霊の働きに耳を傾けたいと思います。

 今日の聖書は、先週の続きです。主イエスの弟子であったペトロとヨハネがエルサレム神殿で

「主イエスは十字架で殺され死にましたが、神さまが復活させました」

と人々に語っていました。死者の復活を信じない大祭司、サドカイ派と呼ばれる人々は、いらだち、二人を捕らえ、裁判にかけました。でも、罰すべき理由が見つかりません。そこで主イエスのことを二度と話すなと脅します。ペトロとヨハネは答えます。

「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです」(4:19〜20)。

二人はさらに脅されましたが、釈放されます。

 そして仲間のところに戻り、二人は仲間に一部始終を話します。皆で心を一つにして神に祈ります。神様は世界を造られた方と、神への信仰を言い表します。さらに、地上の王たち、指導者たちは、神が建てられたメシア、救い主に逆らうとの聖書の言葉を引用し、それが今現実になっていますと訴えます。そして祈ります。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」(4:29〜30)。

 すると地震が起き、皆、聖霊に満たされたとあります。信者たちの祈りに神は答えられたのです。信者たちは、主イエスの復活を伝え、主イエスこそメシアであることを宣べ伝えるように、神から励ましをいただきました。

 祈りの中で、

「大胆に御言葉を語ることができるようにしてください」

とありました。そして聖霊に満たされた信者たちは、大胆に神の言葉を語り出しました。<御言葉>を語るとか、<御言葉>を聞くとか、<御言葉>を受け入れるという表現が使徒言行録の中で繰り返されます。同じように<神の言葉>を語るとか、<神の言葉>を聞くとか、<神の言葉>を受け入れるという表現も使徒言行録の中で繰り返されます。二つの言葉に違いはないと思います。

 どちらも、主イエスの弟子たち、つまり主イエスから福音を宣べ伝えるように使命を与えられた使徒たちの語った言葉、それが御言葉であり、神の言葉でした。それらがまとめられたのが聖書です。神が語られた言葉、神の御心を示す言葉、神のみ業を告げる言葉、それらが<神の言葉>とか<御言葉>と呼ばれます。私も今、聖書を説き明かす説教をしていますが、これも、神の言葉、御言葉と呼ばれます。

 聖霊に導かれる人は、語られた御言葉を神の言葉として聞きます。そして神の言葉が真理であると悟るのです。聖霊は真理の霊、私たちに真理を教えます。そしてそこから信仰が始まり、信仰が深められ、信仰が強められます。聖霊に導かれる人は知るのです。神は、御自分がいかなる方であるのかを教え、神の前に人はいかに生きたらよいのかを、教える方であることを知ります。

 神は人を介して語られます。神が語られることを信じるのです。説教を通してそれを聞くのです。聖霊に満たされてペトロが語り、五千人ほどの男性が主イエスを信じました。神から遣わされた者が語る言葉を神の言葉として受け入れさせる、それが聖霊の働きです。そこで大切なことは、聖霊の働き、導きを祈り求めることです。私の信仰を支える聖書の言葉の一つがこれです。

 

「『人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない』。これこそ、あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです」(ペトロ一1:24〜25)。

 主の言葉つまり神の言葉は永遠に変わることがないというのです。それが福音、よき知らせだというのです。この変わることのない神の言葉に立って生きることができる、これが信仰者に与えられる祝福です。人は自分の心の拠り所を求めます。それはどこにあるのでしょうか。あなたの心の拠り所は何ですか。神の言葉こそ、私たちの拠り所です。

 聖霊に導かれるとき、神の言葉、聖書の言葉に立って物事を考え、自分の生き方を決めるようになります。自分の考えよりも、神の言葉を上に置くのです。<聖書はそう言うけれども、私はこう思う>などとは言いません。それは聖書の上に自分を置くことです。神よりも自分を賢いとすることです。神の言葉の上に自分を置く、それは罪です。その罪をアダムとエバは犯しました。聖霊に導かれる人は、神の言葉の前に自分を低くするのです。

 聖霊に導かれる人は、神の言葉こそ真理と受け入れ、この真理に自分の人生をゆだねます。順調なときも、困難なときも、いつも神の言葉に導きを求めて生きるのです。困った時だけ聖書を読むのではありません。困った時だけ導きを求めるのではありません。神の言葉を知っているだけでは十分とは考えません。神はあなたを愛し、あなたの置かれた状況をよくご存知で、そのあなたを祝福すべく、導こうとされています。あなたが聖書を読み、思い巡らし、祈るなら、あなたは神の導きを知ることができるでしょう。神が私たちの歩みを導くと考え、聖書を読んで、その導きを受け取るのです。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩篇119:105))。

 神の言葉に対する確信、神の言葉に立って生きる大胆さ、それが聖霊に導かれている信仰者にはあるのです。聖霊の導きを感じることはできませんが、神の言葉に対する確信、神の言葉に立って生きる大胆さが与えられていると知る時、聖霊に導かれる幸いと喜びを感じることができます。あなたを迷いや思い煩いから解き放ち、御言葉に信頼して生きていこうとの確信を与えるのが聖霊なのです。聖霊の働き、導きは求める者に与えられます。

 ペトロとヨハネは、

「わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです」

と語ります。二人は脅しに屈しません。彼らは恐れに打ち勝つのです。主イエスがゲッセマネの園で捕らえられた時、主イエスを見捨てた弟子たち。今や彼らは、主イエスから遣わされた使徒として、脅しに屈することなく、大胆に主イエスを宣べ伝える人とされました。聖霊に導かれているからです。彼らの心に聖霊が住まわれ、生きて働いておられるからです。

 聖霊は、私たちを主イエスの証人として生かします。ペトロとヨハネ、および彼の仲間である人々は、主イエスが十字架の死から復活したメシアであることを伝えずにはおれないのです。ですから

「思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください」

と祈りました。彼らは、主イエスの証人として生きようとしています。ここに主イエスの約束の成就を見ることができます。主イエスは、天に上げられる前、弟子たちに約束されました。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(使徒言行録1:8)。

ペトロ、ヨハネは、脅されても、

「見たことや聞いたことを話さないではおられません」

と語り、主イエスの証人として生きていることをはっきりと宣言したのです。自分の力で生きるのではなく、聖霊が与えてくださる力に生かされています。

 祈祷会で、神の言葉を求め、神の言葉に生かされる恵みが語られます。聖霊に導かれ、主イエスの証人として生かされていることを知ります。聖霊の働きにより、主イエスの証人となる、それは今も普通に起きる出来事です。だから人に影響を与え、人を信仰に導くことができます。

 私たちは洗礼を受ける時、聖霊を賜物として与えられています。聖霊の働きを祈り求める時、神さまは答えてくださるのです。29〜30節の祈り、私も何度も何度も祈りました。使徒たちは、

「病気が癒やされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」

と祈りました。しるしと不思議な業、それは、復活の主イエスのなさる業であり、それを目の前にした人々に主イエスのことを伝えるチャンスとなります。ですから、使徒たちは大胆に祈ったのです。

 私は説教者として、講壇に立ち語っています。礼拝説教のために皆さんが祈ってくださいます。私自身も説教のために祈ります。説教の準備の中で聖霊の導きを受けます。語るべきことが示されます。うれしいことです。そして真理の言葉として語ることができる、説教者としての光栄を覚えます。聖霊の働きは目に見えませんし、感じることはできません。でも、知ることはできるのです。自分が聖霊に導びかれ、生かされているのは現実のことだからです。主イエスの約束が自分の身に実現しているのです。何と幸いなことでしょうか。主イエスの証人として歩もうとして聖霊の導きを求めるなら、必ず、導きは与えられます。

 聖霊は、私たちに実りを与えてくださいます。今日の聖書には、聖霊の実としての喜びがあふれています。

「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです」

と語る時、ペトロやヨハネには、主イエスの証人として生かされている誇りと喜びが心に満ちています。また釈放されて仲間のところに帰り、心を一つにして祈ります。心を一つにする仲間がいる、これも喜びです。祈祷会が盛んになることを願います。聖霊に導かれている人が集うのです。あなたも聖霊に導かれる人にされていくのです。

 

「大胆に御言葉を語らせてください。しるしと不思議な業が行われるようにしてください」

と祈った時、地震が起きました。神さまが、あなたがたの祈りを確かに聞いたと答えてくださいました。神が生きて働かれることを知る喜び、何ものにも代えがたい喜びです。聖霊が与えてくれる喜びがあるのです。

 ペトロとヨハネ、その他の主イエスの使徒たちは主イエスの復活の証人となりました。そして私たちもまた、主イエスの復活の証人となるように召されています。なぜなら、主イエスを信じて洗礼を受けた者は、キリストと結ばれるからです。そしてキリスト者、クリスチャンと呼ばれます。キリストに結ばれ、キリストと共に死に、キリストと共に生きるのです。私たちは罪赦され、罪から清められ、神の子とされ、新しく造られたものとされました。

 主イエスが、私の心に生きておられると信じるようになりました。なぜなら、神の言葉を学ぶことを通して、私たちの考えも清められました。神さまを礼拝することを大切にするようになりました。聖書を読み、御言葉を行う人とされました。御言葉を行うことを喜びとするようになりました。このように自分が変えられたのは、主イエスが私のうちに生きておられるからです。他に理由はありません。信仰者としての自分の努力が実を結んだわけでもありません。そんな力は自分にはありません。主イエスが私のうちに生きておられるからです。

「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(ガラテヤ2:20)

とパウロと共に告白できるようになりました。

 あなたの心のうちにも、主イエスが生きておられるのではありませんか。私たちもまた、主イエスの復活の証人です。

「あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています」(ペトロ一1:8〜9)。

キリストを愛するとは、恋愛感情のようなものを抱くことではありません。キリストを主と崇め、キリストに従う、これがキリストを愛することです。キリストを愛して喜びが溢れる、これは聖霊に導かれ、キリストの証人とされた人に与えられる恵みです。

 聖霊に導かれること、それは恵みです。

「天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」(ルカ11:13)。

祈り
天の父、救い主を送り、私たちを救いに導いてくださったことを感謝します。 信仰者として実りある信仰の歩みを志します。 私たちに聖霊の導きを与えてください。 あなたの言葉を真理と悟ることができますように。 あなたの言葉に対する確信を持つことができますように。 大胆にあなたの言葉に立つことができますように。 主イエスの証人となることを志します。 私たちに聖霊の導きを与えてください。 聖霊の実としての喜びで私たちの心を満たしてください。 信仰に生きるとは、まさに神さまの祝福であると教えてください。 私たちを救い、聖霊による導きを与え、私たちを生かしてくださる神様をほめたたえます。 神さまに栄光がありますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。