信仰者、つまりクリスチャンは成長します。

「わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長するのです」(エフェソ)。

あるいはこのような言葉もあります。

「愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます」(エフェソ)。

あるいはこのような言葉もあります。

「大切なのは、成長させてくださる神です」(コリント一)。

聖書によれば、つまり神さまの言葉は、クリスチャンは成長するものだと私たちに告げています。クリスチャンが成長する、これは真理です。

 信仰者になる前の私たちのことを聖書はどう告げているのでしょうか。今日の聖書の13節には、

「罪の中にいて死んでいたあなたがた」

とあります。クリスチャンになる前の私たちは、<罪の中に死んでいた>というのです。別な箇所にはこう書かれています。

「あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです」(エフェソ)。
「あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる」(ヨハネ黙示録)。

 <罪の中にいて死んでいた><罪のために死んでいた>とはどういうことなのでしょうか。愛と喜びと平和のない生活を送っているなら、あなたは死んでいると、神さまはおっしゃるのです。今日の聖書に従って言うなら、<満たされていない>なら死んでいるのです。

あなたが正直に自分の心と向き合い、自分の心がどうなっているのかを知れば、あなたが死んでいるかどうか、あなたは知ることができます。かつての私自身は、死の恐れと空しさのために、心はいつもあつい雲に覆われて憂鬱な状態にありました。ここから何とかして救われたいとの思いがありました。つまり死んでいたのです。人はそれぞれに自分が死んでいると思うものです。

あるいは、自分が死んでいることを認めたくなくて、人は、何かに取り憑かれたかのように熱中すると言うことがあるかも知れません。それは自分をごまかして生きていることになります。

 信仰者の家庭に生まれた人の中には、特別な思いがないままに洗礼を受けたとおっしゃる人がいます。私の息子もそう語っていました。息子が以前、<自分から求めてでクリスチャンになった人は、救いを求める気持ちがあり、そして救われて信仰に入るわけで、そこには喜びがある。でも自分にはそのようなものは何もない>と言ったことがあります。クリスチャンホームで育った人には、信仰に入る時の救われた喜びというものはないかも知れません。

クリスチャンホーム出身でなくても、教会に通い、洗礼を受けたらと言われて、特別な思いのないまま洗礼を受ける人もおられます。洗礼を受ける人が皆、自分は罪の中に死んでいたと思って救いを求めて洗礼を受けるとは限りません。どういう形で洗礼を受けたのか、信仰者になったのかは、人それぞれで違います。大切なのは、信仰に入ることです。

 私たちの救い主イエス・キリストは十字架で処刑されて死にました。その死は、私たちを罪から救う者であると教えられます。イエス・キリストを信じる人はその罪が赦されると聖書は告げます。自分の罪を知るのは、信仰生活に入ってからといってよいのではないでしょうか。

罪というのは、神の御心に背くことです。ですから、神の御心を知れば知るほど、自分の罪が分かるようになります。信仰に入る前でも、自分の行いが罪であったと認識して、赦しを求めることもあります。しかし信仰に入り、神の御心を知るに及んで、人は自分の罪の深さを知るようになります。罪とは、神を軽んじること、神を崇めないことです。神を畏れないこと、それが罪です。主イエスは、聖霊の導きによって、私たちは自分が本当に罪を犯す者であることを知ると教えておられます。

 私たちは信仰者になると礼拝に出席して説教を聞きます。自分でも聖書を読みます。そして神さまの教えに従おうとします。そこで、自分の罪を知らされるのです。神さまの教えに従いたくないと思う頑なな自分を見いだします。神さまの教えに従えない無力な自分を知ります。神さまの教えは適当に従えばいいんだとする怠惰な自分を見いだします。そうして自分は罪を犯していることを知ります。同時に、罪に打ち勝てない自分を見いだします。罪に支配され、罪の奴隷になっている自分に気づきます。愛と喜びと平和が満ちている信仰者の生活がほど遠いことを知ります。

 私たちは、イエス・キリストがなぜ十字架について死なれたのかを教えられます。つまり主イエスの十字架の死は、罪を償うための死でした。旧約聖書では、イスラエルの民は、神の教えに背いた時、動物のいけにえを献げて神に赦しを求めたのです。神は、主イエスを罪の償いのためのいけにえとされました。ですから、主イエスの十字架の死によりわたしたちの罪は赦されるのです。罪は赦されるのですが、私たちは罪を犯してしまうという現実の中に置かれます。

 信仰者は、神の御心を知ることを通して、罪に対する敗北感を味わいます。敗北感を味わい続けると言ってもよいと思います。教会の主題聖句は6節です。

「あなたがたは、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて歩みなさい」。

キリストに結ばれて生きる、その通りだと思います。キリストを信じる者としてふさわしく生きていきたいと考えます。キリストに従って生きていきたいと思います。

でも神さまの教えに従いたくない頑なな自分を見いだします。神さまの教えに従えない無力な自分を知ります。神さまの教えは適当に従えばいいんだと怠惰な自分を見いだします。こういう自分をどうすることもできないのです。

 使徒パウロは、このような信仰者についてこう語っています。

「わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです」。
「わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

そして

「わたしはなんと惨めな人間なのでしょう」

と告白します。

 そこである人たちは逃げ道を見つけます。今日の聖書にこうあります。

「人間の言い伝えにすぎない哲学、つまり、むなしいだまし事によって人のとりこにされないように気をつけなさい。それは、世を支配する霊に従っており、キリストに従うものではありません」。

ここに書かれていることが具体的にどういうことであるのかは分かりません。しかし、キリストの教えとは違う教えのとりこになる可能性が示唆されています。信仰者が間違った教えの虜、捕虜になるというのです。世の中にはまことしやかな言葉が氾濫しています。

 たとえば<あなたはありのままでいいんです。神さまはあなたの罪を赦し、ありのままのあなたを愛してくださいます>。これは間違った教えではありませんが、神さまの大切な教えをカットしています。しかし、あなたは今のままでいいんですよ、と言われると気持ちが楽になるのではないでしょうか。この教えの中に身を浸せば、まあそれなりに信仰者として生きていけるのではないでしょうか。そう考えるなら、それは間違った教えのとりこになってしまいます。神の教えの大切な部分をカットしているのですから。

 <人の性格はなかなか変わりませんよ>。あなたもそう思うのではないでしょうか。人を愛せるようになる、それはむずかしい。愛の薄い私の心が変わるなんて、信じられない。かくして罪による敗北感の中に沈没し、私は罪深い人間です、でも赦しを与えられていて感謝ですと、祈りつつ信仰者として歩みます。間違った教えのとりこになった結果の歩みです。

 私たちは、案外、間違った思い込みをしてしまい、その思い込みから逃れることができないまま生きてしまいます。思い込みのとりこです。でも今日の聖書はこう語っています。

「キリストの内には、満ちあふれる神性が、余すところなく、見える形をとって宿っており、あなたがたは、キリストにおいて満たされているのです」。

まっすぐにキリストを信じていいのです。そしてキリストは、<あなたがたを満たす>とあります。私たちの心は敗北感ではなく、キリストによって満たされるというのです。キリストによって満たされるとき、信仰生活が喜びとなり、キリストに従う生活へと私たちの心は変えられていきます。キリストに従うところに喜びを見いだすようになるのです。キリスト以外に喜びを見いだす必要がなくなるのです。

 <人生は一度限り。人間やりたいことをして後悔のない人生をおくる、それが幸せ>。多くの人はそう考えているでしょう。時にはクリスチャンもそう考えます。キリストによって満たされることを知らないと、自分で何とか自分の心を満たそうとするのではないでしょうか。でも、自分のしたいことをする人生が空しいことをクリスチャンは知っているのではないでしょうか。私たちは逃げてはいけないのです。まっすぐにキリストの与えたもう救いに目を留めるのです。

 12節によれば、洗礼を受けた私たちはキリストと共に死んで、キリストと共に復活させられたとあります。洗礼とは、古い私が死んで新しい私が生まれることだというのです。キリストによる救いは、私たちが死ぬことにあります。つまり罪に支配され、罪による敗北感に打ちのめされていた私は死んだのです。もう存在しないのです。これは信ずべき事実、信仰上の事実なのです。私たちは信ずべき事実と実感できる事実とを区別する必要があります。

 あなたは神の存在を実感できなくても神を信じています。神がおられるという信仰上の事実を信じています。あなたは神の国が本当にあるかどうか実感できないけれども自分が神の国に迎えられることを信じています。信仰において大切なのは、信仰上の事実を信じることです。

キリストによる救いは、私たちがキリストと共に復活させられたことにあります。罪に敗北した古い私はもう存在しません。今ここに生きている私は、キリストと共に復活した新しい自分です。私たちがキリストと共に復活させられたのは、洗礼を受けたときに起きた出来事なのです。信仰上の事実なのです。

古い自分が死に新しい自分がここにいることは実感できないかも知れません。実感できないから信じないのではなく、信仰上の事実だから信じるのです。神の言葉は言うのです。あなたは、洗礼によって、キリストと共に葬られ、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられたのです。私たちが復活したのは、洗礼において起きた信仰上の事実です。

 キリストの十字架の死は、私たち信じる者に罪の赦しを与えます。罪の赦しを与えるだけなら、動物のいけにえで十分です。動物のいけにえは、罪の赦しを与えるかも知れませんが、信仰者の心を変えることはできません。

神の子であるイエス・キリストがいけにえとなったということは、信仰者に大事件が起きたということです。なぜ、神の子が死ななければならないのでしょうか。神の子が死んで復活したという出来事は、神の子を信じる者もまた、死んで復活させられるということなのです。キリストを死者の中から復活させた神の力は、罪の支配下でもがき、罪の奴隷であったあなたを罪の支配から解放させたのです。罪の赦しを与えるだけなら、動物のいけにえで事足りるのです。神の子、イエス・キリストがいけにえとなったということは、信仰者が生まれ変わるという大事件を引き起こしたということ、それが救いなのです。

 そこで新しい人になったと信じて生きる努力をする信仰者が生まれます。一方で、新しい人になったと実感できないために新しい人になろうと努力する信仰者が生まれます。<なった>と信じて生きるのと<なろう>と努力して生きるのとでは天地の差があります。福音に生かされているか否か、という違いです。

 新しい人になったと信じて生きる努力をすると何が起きるのでしょうか。私たちは罪から解放された新しい人にされたと信じて生きることができます。そのように生きることを始めます。すると神さまの教えに従いうことができた!神の子として生きている!と実感するようになります。罪からの解放感を味わいます。神の愛を感じ、喜びと平安が訪れます。

 勿論、罪を犯すこともあります。その時は、悔い改めて祈ります。神の子とされたことを喜ぶうちに神さまの教えに喜んで従うようになります。そうすると罪を犯さなくなる自分を見いだして、あなたは喜ぶようになります。あなたは自分の心がキリストによって満たされていることに気づくでしょう。

 しかし、自分が生まれ変わったなんて実感できないので新しい人になろうと努力するとどうなるのでしょうか。神さまの教えを守って、自分が新しく生まれた存在であることを実感しようとします。新しく生まれた信仰者になろうとします。しかし神の教えを自分は十分に守れたという達成感を持つことができないのです。信仰者として努力をしているという実感はありますが、新しい人になったという実感を得ることはできません。新しい人間になろう、と努力をしますが、努力が実りません。そして、敗北感に打ちのめされてしまいます。挙げ句の果てには、信仰者なんてこんなもの、と思い込んでしまい、救われた喜びからほど遠い信仰の歩みをすることになります。

 今日の聖書にこうあります。

「神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました」。

神の教えは、私たちが罪を犯したと私たちを告発します。しかし、キリストの十字架によりわたしたちの罪をすべて神は赦してくださるとこの聖書の言葉は告げます。

 そして15節は、一つのイメージを描きます。戦争に行って勝利した将軍が、捕らえた捕虜を従えて凱旋するイメージです。勝利の行進をしているのです。彼の後には、味方の軍人が従い、その後ろに敵軍が捕虜として従ってきます。このイメージでもって、キリストは私たちを罪に誘う悪しき力を捕虜にしてさらしものしたと告げるのです。私たちが罪の支配から解放されたことを勝利の行進のイメージで告げているのです。

 信仰者の成長とは、神の言葉、聖書が告げることを信仰上の事実として信じ、この事実に立って生きることにあります。その時、信仰者の歩みは、キリストに満たされ、愛と喜びと平和に満たされ、勝利の歩みとなります。

神の力があなたを導きます。神の力があなたを成長させます。神に栄光あれ!

祈り
天の父なる神、 信仰の弱い私たちを助けてください。 聖霊の助けにより、 信仰上の事実を信じることができるようにしてください。 また私たちは信仰者であり、あなたの救いを信じます。 あなたの救いを信じるとは、聖書が語る救い、 信仰上の事実を信じることであると教えてください。 そしてこの信仰上の事実に立って生きる者としてください。 その時、愛と喜びと平安に満ちた信仰の世界が 開けてくることを教えてください。 キリストにあって満たされる世界のあることを味わわせてください。 あなたの救いを感謝し、あなたをたたえます。 神さまにいつまでも栄光がありますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。