聖書が伝える神、それは人間を創造し、人間を祝福する神です。創世記の始めで神が人間を造られた時、

「産めよ、増えよ、地に満ちよ」

と人間を祝福されました。聖書が証言する神は、私ども人間を祝福してくださる神です。神の祝福って何なのでしょうか。神が私たちの願いを聞いてくれることなのでしょうか。

 新約聖書には諸教会に宛てた手紙が書かれています。手紙の出だしの部分に決まって<あなたがたの上に、神の恵みと平和があるように>と書かれています。神の恵みと平和のあることが神の祝福なのでしょうか。でも漠然としていて、私たちが祝福されているかどうかわかりにくいです。

神の祝福って、それを受けているという確信が伴うのではないでしょうか。そう考えると、自分が祝福を受けているのかどうか、分からなくなります。日々の生活の中で問題に悩まされる時、祝福を受けているとは思えないことも多々あるのではないでしょうか。

 今日の聖書は、神のみ心に従って歩むように生き方の転換をすることを教えます。神に立ち帰るところに神の祝福が与えられることを教えています。

 今日の聖書は、ペトロが足の不自由な人の足を癒やしたところから始まります。<美しの門>で物乞いをしていた足の不自由な男が足を癒やされ、ペトロとヨハネと一緒にいるのです。物乞いをしていた男が歩いているのに人々は驚いています。そこでペトロが人々に向かって話を始めます。この男の足を癒やしたのは、自分たちの力や信心によるものではないと語ります。復活した主イエスがいやしたことを告げます。そして主イエスのことを話し出します。

 

「ところで、兄弟たち、あなたがたがあんなことをしてしまったのは、指導者たちと同様に無知のためであったと、わたしには分かっています」。

あなたがたは、イエスがメシア、救い主であると知らずに、イエスを十字架につけてしまいました。ですから、無知から出たこととはいえ、その罪を悔い改め、神さまから赦していただき、神に立ち帰りなさいとペトロは語ります。それは何のためかと言えば、神さまから祝福を受けるためです。

 26節にこうあります。

「それで、神は御自分の僕(しもべ)を立て、まず、あなたがたのもとに遣わしてくださったのです。それは、あなたがた一人一人を悪から離れさせ、その祝福にあずからせるためでした」。

神さまは、御自分のしもべ主イエスをイスラエルに送りました。それはイスラエルの民が罪から離れ、祝福を受けるためだった、とペトロは告げるのです。罪とは、神の民でありながら、神に背を向けて生きることです。神が送られたメシアを十字架につけたのも、神に背を向け、イエスを救い主と信じることができなかったからです。イスラエルは神の民、神から祝福を受けて生きるべき民でしたが、祝福を受けることができませんでした。

 イスラエルは神の民でした。神から選ばれた民でした。彼らはエジプトにおける奴隷状態の苦しみから神さまに救い出され、神の民として生きることを始めました。神様は彼らに戒めを与えました。神さまの戒めは、それに従う時、幸いな歩みができるのです。人間を造られた神さまは、人がいかに生きたら、幸いに生きることができるかご存知で、イスラエルの民に戒めを与えられました。

 しかし人間というのは、こうなれば自分は幸せになれると自分勝手に考えるものです。イスラエルの民もそうでした。彼らは、神さまの教えに従わないのです。神の教えよりも、自分の思いに生きるのです。自分の心と思いの欲するままに生きるのです。

 そこで預言者と呼ばれる人たちが登場します。預言者たちは、神に立ち帰り、神の教えに従って生きるように語ります。そうしないと神さまの裁きがくると語ります。でも人々はなかなか聞きいれません。それどころか、預言者たちを迫害したりします。

 その預言者たちは、メシアの苦しみを予告していたとペトロは語ります。18節です。

「しかし、神はすべての預言者の口を通して予告しておられたメシアの苦しみを、このようにして実現なさったのです」

とあります。メシアの苦しみ、即ち、イエス・キリストの十字架の死のことです。旧約聖書を読むと、何人も預言者が出てきて活動をしています。メシアであるイエスが苦しむことをすべての預言者が予告していたとペトロは語ります。聖書を読む限り、これは正確ではありません。いや救い主メシアが苦しむことを予告した預言者はいないと言ってもよいのです。主イエスの十字架のことを考える時、イザヤ書53章が引き合いに出されます。そこでは苦難の僕(しもべ)のことが語られていますが、その僕がメシアであるとはどこにも語られてはいません。注解書を読むとペトロの言葉は、誇張表現だと説明されています。

 また24節にこうあります。

「預言者は皆、サムエルをはじめその後に預言した者も、今の時について告げています」。

<今の時>と訳されていますが、文字通りには<これらの日々>です。<これらの日々>とは、主イエスの十字架の死と復活が起きた日々のことです。神さまによる救いの御業が起きた日々のことです。

 サムエルは、これらの日々について語っていません。他の預言者たちも、主イエスの十字架の死と復活が起きる日々について語っていません。ペトロはいい加減なことを語っていたのでしょうか。そうではありません。ではなぜ、このような誇張表現をペトロは使っているのか考えます。

 預言者の働きは、神の民イスラエルに神に立ち帰り、神に従いなさいと語ることです。神に立ち帰らないなら、神の裁きがくだると警告をすることです。悔い改めて神に立ち帰りなさい、さもないと神の裁きがくだる、これが預言者のメッセージです。そして実際イスラエルの歴史において、国家が滅亡するという神の裁きがくだりました。イスラエルの民は悔い改めて神に立ち帰ることがなかったからです。

 すべての預言者がメシアの苦しみを語っているという誇張表現、サムエルを始め預言者は皆、主イエスの十字架の死と復活の時のことを語っているという誇張表現、これらは、預言者たちの預言は、主イエスを指し示しているという意味ではないかと思います。つまり主イエスを信じることこそ救い、主イエスを拒むことこそ神さまの裁きを受けることと語っているのではないかと思います。

 主イエスも人々に神を宣べ伝え、神を信じるように招かれました。悔い改めを人々に求めたのです。しかし人々は主イエスを信じることをせず、殺してしまいました。イスラエルの民が預言者の語ることを聞かず、預言者を苦しめ迫害したように、神の民であるイスラエルの人々は、主イエスに聞かず、イエスを殺してしまいました。預言者たちが語ったこと、神に立ち帰れ、さもないと神の裁きがくだるという警告、それは主イエスを指し示しているとペトロは考えたのです。

 ペトロはさらに指導者モーセの語った言葉を引用します。

「モーセは言いました。『あなたがたの神である主は、あなたがたの同胞の中から、わたしのような預言者をあなたがたのために立てられる。彼が語りかけることには、何でも聞き従え。この預言者に耳を傾けない者は皆、民の中から滅ぼし絶やされる』」。

モーセの語る<私のような預言者>それはメシアであると考えられています。イエスこそこのメシアであるとペトロは考えています。メシアに聞き従うべきなのに、耳を傾けないなら滅ぼされるとの警告をペトロは告げます。イエスこそ救い主、信じなければ滅びるという最後の警告を与えているのですから、今悔い改めて、イエスを信じよ、とペトロは説教します。

 神が送られたメシア、救い主を殺してしまうのは、大きな罪です。

「ところで兄弟たち、あなたがたがあんなことをしてしまったのは、指導者たちと同様無知のためであったと、私には分かっています」

とペトロは語ります。無知から出たことだから、神さまは赦してくださる、だから悔い改めなさい、と語っているのです。

 主イエスは十字架の上で、自分を十字架につけた者たち、自分をあざける者たちのことを祈りました。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」(ルカ23:34)。

主イエスを世界中に広めることになるパウロという人物は、最初クリスチャンを迫害していました。その時のことを回想してパウロは語ります。

「以前、わたしは神を冒涜する者、迫害する者、暴力を振るう者でした。しかし、信じていないとき知らずに行ったことなので、憐れみを受けました」(テモテ一1:13)。

彼は無知であったために、クリスチャンを迫害し、神をないがしろにしていたというのです。パウロは、自分は神を信じ、神に対する熱心からクリスチャンを迫害していました。パウロは自分が何をしているのかはよく知っていました。でも、神様のみ心が何であるのかは知らなかったのです。神を信じていて、神の御心を知っているつもりでした。でも神様のみ心を知らず、神が送られた救い主を信じる者たちを迫害していました。そのパウロは、

「しかし、信じていないとき知らずに行ったことなので、憐れみを受けました」

と、神から赦しを与えられたことを語っています。

 人というのは、自分が何をしているのかをよく知っています。しかし本当に知るべきことは知らないのです。本当に知るべきこと、それは神を知ることです。神の御心を知ることです。神を信じていても、神の御心に無知でいることがあり得ます。熱心な信仰者パウロがそうでした。<自分>というものが前面に出てくると、心が曇って、神の御心を知ることができなくなります。自分は神のことは知っているというような思いがあると、ますます神の御心を聞くことができなくなります。神の御心は、わたしたちの外から来るのです。聖書を読む時、説教を聞く時、信仰の友の語ることを聞く時、神の御心が私たちの心に届きます。しかしそれを私たちが、神の御心として受けとめるとは限りません。

 神の御心を知らない心は、メシアを殺すのです。今の私たちだって、メシアを殺しているのかも知れないのです。メシアとしておいでになった主イエスに聞き従わなければ、それはメシアを殺すも同然となるのではないでしょうか。クリスチャンは、イスラエルに代わる新しい神の民です。神の民として歩むことが神に期待されています。

 信仰者として、私たちは何のために存在しているのでしょうか。私たちが生きる目的は何なのでしょうか。神さまのみ心を私たちが知らなくても、神さまが私たちの願いに応えてくれれば、それでよいのでしょうか。信仰とは、神の御心を知って生きることではないでしょうか。信仰者に対する神の御心は何でしょうか。26節。

「神は御自分の僕を立て、まず、あなたがたのもとに遣わしてくださったのです。それは、あなたがた一人一人を悪から離れさせ、その祝福にあずからせるためでした」。

この僕は主イエスのことです。神の御心は、私たちが罪から離れ、神の祝福をいただくことです。

 神はアブラハムに、地上のすべての民族は、あなたから生まれるものによって祝福を受けると約束されました。アブラハムの子孫から生まれるメシアを信じる者に神の約束が与えられるという約束です。

 信仰者の生きる目的の一つは、神の約束された祝福を受けることです。本気で祝福を受けることです。神の祝福とは、一言で言えば、神の恵みと平和です。それは豊かな内容を持っています。たとえばパウロは、神の祝福を

「愛、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、柔和、節制」

と表現しています。

 今、イスラエルがパレスチナ人の住む地域に空爆をして、無差別殺人をしています。テロは許さない、と自分の正当性を述べることはできます。しかし目には目を歯には歯では、平和という祝福は与えられません。平和は和解によって与えられる祝福であることを聖書は教えています。神に立ち帰る人にこそ、神の祝福が訪れるのです。

祈り
祈り 天の父なる神、 あなたは私どもを祝福するために人間を造られました。 あなたのみ心通り、 私どもがあなたの祝福をいただくことができますように。 愛、喜び、平和という賜物だけでも、素晴らしい祝福です。 あなたのみ心を知り、それに従うことを通して、 あなたの賜物を豊かに受け取ることができますように。 神様の恵みと平和が、ここに集う一人一人の上にありますように 祈ります。