キリスト教のそもそもの最初は、イエス・キリストの弟子たち、つまり使徒たちが主イエスは復活したと宣べ伝えたことにあります。十字架につけられて復活した主イエスこそ、救い主キリストである、このことを主イエスの弟子たちは宣べ伝えました。

 私たちもイエス・キリストの復活を信じます。キリストの復活を信じるとはどういうことなのでしょうか。それが今日のテーマです。結論を先に言えば、復活の主は、あなたと共に、あなたのそばにおられ、あなたは復活の主のそばで、復活の主と共に生きている。これが今日のメッセージです。

 ペトロとヨハネは、午後の祈りの時に神殿に行きました。イスラエルの人々は一日に三度の祈りと賛美を神さまに献げたようです。ペトロとヨハネは、祈るために神殿に行ったのではなくイエス・キリストのことを人々に知らせるために行ったのではないかと思います。午後の祈りの時に神殿に来る人がいますから、彼らにイエス・キリストのことを伝えようとしたのだと思われます。

 美しの門と呼ばれる門のところに、足の不自由な男性が運ばれてきました。足が不自由なので、働くことができず、生計を立てるために神殿で物乞いをしていたと思われます。彼には、彼を神殿に運んでくれる家族か、友人がいました。物乞いとはいえ、少しでも収入を得ようと努力をしています貧しい人に対する施しは、神の前に善い行いでした。この足の不自由な人は、人々の憐れみにすがって生きていました。

 そこにペトロとヨハネが通りかかります。すると彼は早速、施しを乞いました。二人は、物乞いをする人を無視しませんでした。ペトロとヨハネは彼をじっと見ました。この物乞いの目を見たのでしょうか。どんな思いで生きてきたのか、彼の心を見ようとしたのかもしれません。二人は、

「私たちを見なさい」

と言います。物乞いの注意を引きます。それは彼と関わろうとしていることを伝えています。物乞いの心は弾みます。

 そしてペトロは言います。

「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」。

そこで私は思います。よくそんな命令をすることができたなと思います。そう思いませんか。もし何も起こらなかったらどうするのでしょうか。格好悪いですよね。

「立ち上がり、歩け」

と命じる前に、もし何も起こらなかったら、と考えなかったのでしょうか。それとも立ち上がり歩くようになることを少しも疑わなかったのでしょうか。疑わないとしたら、なぜ確信を持つことができたのでしょうか。

 2章の43節には、

「すべての人に恐れが生じた。使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われていたのである」

とあります。使徒たちの手によって病気が癒やされる出来事が既に起きていたことが分かります。だからこの場面でペトロが

「立ち上がり、歩きなさい」

と命じた時、ペトロには、彼が立ち上がって歩くとの確信があったと思います。しかし一番最初にいやしの業を行った時は確信を持っていたのでしょうか。

 一番最初にいやしの業を行う時、ペトロは目の前に病人を見たのではないでしょうか。その人の苦しみを見たのです。ペトロは、主イエスが病人を癒やすのを何度も見ていました。だから主の真似をしたら、病気が治った、それが最初のいやしの業だったのかもしれません。真似をする、それは好奇心からしたのかもしれません。それとも神さまからの促しがあったのでしょうか。以上は私の想像です。

 いやしの業を行う、これは大胆な行動です。私だったら、もし何も起きなかったらどうしようかと思います。簡単にはいやしの業に踏み切ることはできません。もし私が皆さんに向かって、ペトロがしたような癒やしの言葉を口に出したらどう思われますか。ペトロは、中風で八年間も床についているアイネアという女性に対して、

「アイネア、イエス・キリストがいやしてくださる。起きなさい」

と命じています。さらにペトロは、タビタという女性の遺体を前にして

「タビタ、起きなさい」

と命じます。遺体に向かって命じるんです。大胆です。どうしてこんなことができるのでしょうか。

若くして亡くなった方を前にして、

「起きなさい」

と私は言いたくなります。妻と小さな子供を残して死んだ若い父親の遺体を前にして、

「起きなさい」

と言いたいです。でも声を出してそう言ったら、周りの人は驚くし、私が正気かどうか、疑われるに違いありません。でもペトロは、

「起きなさい」

というのです。

 使徒たちは、なぜいやしの業に踏み切ることができたのか今日の聖書を読んで、そんな疑問が湧いてきました。使徒パウロもリストラの町で生まれつき足が悪く、一度も歩いたことのない男性に対して、

「自分の足でまっすぐに立ちなさい」

と大声で言うと、その人は歩き出しています。どうして使徒たちは、いやしの業を行ったのか。行うことができたのか。そもそも、どうしていやしの業に踏み出せたのか。

 ペトロが

「立ち上がり、歩きなさい」

というと、物乞いは、立ち上がり歩けるようになって喜びました。彼は歩き回ったり、踊ったりして喜びを表しました。彼を見て、多くの人が驚きました。驚いている人々に向かってペトロは語ります。

「イスラエルの人たち、なぜこのことに驚くのですか。また、わたしたちがまるで自分の力や信心によって、この人を歩かせたかのように、なぜ、わたしたちを見つめるのですか」。

ペトロは、自分に癒やしの力があるわけではない、と語っています。自分たちの力で行っているのではないと明確に語っています。癒やしの力がないなら、なぜ、あのように大胆に語ることができるのか、不思議です。

 皆さんの中には、主イエスが弟子たちを派遣したことを思い出す方がおられるかも知れません。主イエスは、ある時、弟子たちを遣わして神の国を宣べ伝えさせたことがあります。その時のことが次のように書かれています。

「イエスは十二人を呼び集め、あらゆる悪霊に打ち勝ち、病気をいやす力と権能をお授けになった。そして、神の国を宣べ伝え、病人をいやすために遣わすにあたり、次のように言われた。『旅には何も持って行ってはならない。杖も袋もパンも金も持ってはならない。下着も二枚は持ってはならない』」。

この時、主イエスは弟子たちに病気を癒やす力を与えています。弟子たちは、病人をいやしました。その力を弟子たちは持ち続けているのでしょうか。十字架につけられるために捕らえられた主イエスを裏切った弟子たちに、癒やしの力があるとは思えません。弟子たちだってそう思っていたと思います。

 病人を癒やす体験はしました。でも、聖霊を受け、復活の主と出会い、復活の主こそ、救い主であると語る弟子たちは、なぜ癒やしの業に踏み切ることができたのか、不思議です。

 ペトロは

「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」

と命じました。そして物乞いの右の手をつかんで、彼が立ち上がるのを助けました。すると彼は立ち上がり、歩き出しました。物乞いを知る人々は、皆我を忘れるほど驚きました。現実に癒やしが起きました。なぜ癒やしが起きたのでしょうか。

ペトロは人々に語ります。

「あなたがたの見て知っているこの人を、イエスの名が強くしました。それは、その名を信じる信仰によるものです。イエスによる信仰が、あなたがた一同の前でこの人を完全にいやしたのです」(3:16)。

 イエスの名が強くした。癒やしは、イエスの名を信じる信仰による、主イエスによる信仰がいやした、というのです。これはどういう意味なのでしょうか。ペトロは、

「ナザレの人、イエス・キリストの名によって立ち上がり歩きなさい」

と言いました。つまり、イエス・キリストの名が、癒やしを与えたというのです。言い換えると、主イエスご自身が癒やしを行ったということです。ペトロがしたことは、イエス・キリストの名を口にしたことです。イエス・キリストの名を口にする時、主イエスご自身が癒やしの業を行われたのです。

 主イエスの弟子ペトロには、一つの確信がありました。つまり、復活の主が自分たちと共におられるとの確信です。弟子たちは復活の主と出会いました。そして復活の主は天に上げられました。そして弟子たちに聖霊が降りました。主イエスは確かに天に上げられましたが、復活の主が共におられる、復活の主が癒やしの業を行ってくださる、と信じていたのです。そこで弟子たちは次のように祈ります。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」(4:29〜30)。

彼らの祈りに応えて復活の主が、いやしの業を行われたのです。

 ペトロ、ヨハネ、その他の主イエスの弟子たち、つまり使徒たちには、信仰がありました。病気の癒やしが<しるし>と呼ばれています。いやしは、復活の主を指し示す<しるし>だというのです。使徒たちは、復活の主が共にいることをリアルに感じていました。復活の主が共にいてくださる、復活の主がそばに、共に生きておられるという生き生きとした信仰に生きていたのです。復活信仰とは、主が共にいてくださるとの信仰です。復活信仰とは、主が共にいて御業をなさってくださるとの信頼です。復活信仰、それは復活の主が共にいて、生きて働いてくださるとの信頼です。

 ペトロは物乞いにこう言いました。

「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」。

金や銀を持たないペトロは何を持っているというのでしょうか。物乞いの人に何をあげようとしたのでしょうか。

ペトロの持っているものを皆さんはお持ちですか。<そんなもの持っているわけないでしょ>。これがあなたの答えでしょうか。<いや、よく考えてみると持っているよ>。これがあなたの答えでしょうか。ペトロの持っているもの、それは皆さんも持っています。皆さんも持っているだけでなく、毎日のように使っています。

 それは何でしょうか。<イエス・キリストの名>です。皆さんは、祈りの最後で

「イエス・キリストの名によって祈ります」

と言っておられると思います。ペトロが物乞いにあげたのは、イエス・キリストの名です。

 パウロは主イエスについてこう語っています。

「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、『イエス・キリストは主である」

と公に宣べて、父である神をたたえるのです』」。

イエス・キリストの名、それはあらゆる名にまさる名だというのです。あらゆるものが主イエスの御名にひざまづくのですから、イエス・キリストはあらゆるものにまさる存在だということです。

 すべてのものを従わせるキリストは、病気をも取り扱うことができ、癒やしを与えることができるのです。イエス・キリストの名、それはイエス・キリストご自身と言い換えることができます。ペトロがアイネアという女性をいやした時、こう言いました。

「アイネア、イエス・キリストがいやしてくださる。起きなさい」。

 いやしの業を行う、それは大胆な行動です。自分に癒やしの力があるわけではないので、いやしが本当に起きるかどうかは、何とも言えません。しかし復活の主が共におられると信じて使徒たちは復活の主を信頼していやしの業に踏み切ったのです。思い切った大胆な業です。冒険とさえ言えます。

使徒たちは、いやしの業を行っただけではありません。いやしと共に主イエスを宣べ伝えました。使徒たちには一つの確信があります。

「主は彼らの手を通してしるしと不思議な業を行い、その恵みの言葉を証しされたのである」(使徒14:2)。

いやしの業は、使徒たちの語る話が真実であることを指し示すというのです。私もいやしの業を行いたいと何度も思いました。私の語ることが真実だと信じてもらうために。しかし神さまは聖霊の働きによって、説教で語られる言葉が真実な言葉、神の言葉であると信じるように導いておられます。

 主イエスは私たちに向けて約束してくださいます。

「あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。 今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる」(ヨハネ16:23)。

祈りにおける約束です。<イエス・キリストの名によって祈ります>という言葉は、祈りの最後のお決まりの言葉ではありません。祈りとは、あなたの前にいる復活の主に祈ることなのです。祈りとは、あなたに寄り添ってくださる復活の主に祈ることなのです。祈りとは、復活の主があなたの前に、あなたの横にいてあなたの祈りを聞いてくださるとの信仰に立ってなされるものなのです。このような信仰に立って祈ったら、何が起きるのでしょうか。

 コロサイ書にはこのような言葉があります。

「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい」

。何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行うというのです」。

そうしたら何が起きるのでしょうか。

 復活の主はあなたと共に、あなたのそばに、あなたに寄り添って生きておられます。それ故、復活の主に信頼して生きる、それが復活信仰です。使徒たちはこの信仰に立って、癒やしを行って主イエスを指し示し、イエス・キリストを宣べ伝えたのです。

祈り
祈り 天の父、あなたを崇めます。 あなたは大いなる力を働かせ、 主イエスを死者の中から復活させました。 主イエスの復活を信じます。 主の復活の出来事が本当であると信じるだけではなく、 復活の主がわたしたちのただ中におられ 私たちのそばに、 私たちと共に生きておられると信じます。 この信仰に立って、信仰の歩みができるように、 助け、導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。