使徒言行録は、教会の誕生を語っています。教会がこの世に姿を現しました。聖書、新約聖書には教会とは何かが書かれています。でも教会とは何かという教えが先にあって主イエスの弟子たちは、その教会をつくろうと目指したのではありません。

 事実は逆です。先に教会が誕生したのです。祈る弟子たちの上に神の霊が降りました。聖霊が弟子たちの上に注がれました。その時から、教会が少しずつ姿を現すようになったのです。弟子たちが主イエスを宣べ伝え、信じる者たちが増える中で、教会が生まれ、教会が姿を現していきます。

 時の流れの中で、教会は福音を宣べ伝える働きをしてきました。信仰者を養い、この世に対して証しの業を行ってきました。教会は、その働きを通して、その時々に、その姿をこの世に示してきました。時には不完全な姿を露呈することもありました。そして今も教会は、教会とは何であるかをこの世に示し続けています。今日は、最初にできた教会の姿に目を留めてみたいと思います。

 主イエスの弟子たちの上に聖霊が降った後、弟子のペトロは、イエスこそメシアである、と語りました。あなたたちが十字架につけて殺した主イエスを神は復活させ、メシアであることを神ご自身が示されたと説教をしました。そしてたくさんのユダヤ人たちが、主イエスを死に追いやったことの罪の赦しを求めて洗礼を受けたことが2章の41節に書かれています。

「ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった」。

三千人、驚きます。この後、この人たちはどうなったのでしょうか。続く42節では、

「彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった」

と書かれています。三千人の人たちが、使徒の教えを学び、交わりを持ち、共に祈っていたのでしょうか。こんな疑問が生じます。

 これらのことが起きたのは、ユダヤ教の五旬祭という祭りの時でした。巡礼でエルサレムに来た人たちも多くいました。洗礼を受けた人たちの中には、巡礼の人たちもいたと思われます。この人たちは、祭りが終われば、自分の町や村に帰ります。どれくらいの人たちがエルサレム教会に残ったのかは分かりません。主イエスを信じた人たちがエルサレムに教会をつくったことは確かです。教会と言っても、教会堂という建物はありません。信者の家に集まり、そこで信仰の学びをしたり、交わりを持ったりしたのです。自分の仕事を捨てて、教会の働きのために専念した人たちもいたことと思います。

 使徒言行録は、信仰者の群れの特徴を一言で表しています。<一つである>ことです。今日の聖書で、<一つ>という言葉が三回出てきます。44節には、

「信者たちは皆一つになってすべてのものを共有にし」

とあります。46節には、

「そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り」

とあります。47節では、

「こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え、一つにされたのである」

とあります

神殿で説教し逮捕されたペトロがヨハネと共に釈放されて弟子たちのところに戻ってきた時のことが4章23節に書かれています。

「さて二人は、釈放されると仲間のところへ行き、祭司長たちや長老たちの言ったことを残らず話した。これを聞いた人たちは心を一つにし、神に向かって声をあげて言った」。

心を一つにして祈ったのです。4章32節には、

「信じた人々の群れは心も思いも一つにし、一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく、すべてを共有していた」。

 今日、人々は対立して争っています。一つになるどころか、きっかけがあると分裂して争いを起こし、戦争を起こしています。ウクライナ、シリア、イラクでの戦争はいつ終わるか分かりません。相手を屈服し、支配しようと戦っています。日本でも、憲法九条を守り平和を求めようと主張する人と積極的平和主義を唱え、外国で戦うために自衛隊を送ろうと考えている人たちもいて、一つになって平和を求めることができない現実があります。悪魔の力が人々を分裂するように働きかけているように思います。

イエスを信じた人たちが一つになったことは驚くべきことです。この地上に誕生した教会、それは信仰者たちが心と思いを一つにした教会でした。

 残念なことに教会の歴史を見てみると、分裂の歴史もあります。カトリック教会とプロテスタント教会の分裂。プロテスタント教会は、いくつもの教派に分かれていきます。教会は、分裂という負の歴史を歩んでも来ました。しかし最初に誕生した教会においては、信仰者たちは一つであったと使徒言行録は証言しています。この世界に誕生した教会は、一致を特徴とした教会でした。

 教会は、色んな人がいるのになぜ一つになれたのかと疑問が生じます。教会は一つになるべきだから、一つになろうと努力したわけではありません。ある意味では、成り行きでそうなったということができます。

たとえば祈りについて。1章5節。主イエスは弟子たちに語りました。

「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである」。

主イエスの弟子たちは、<まもなく聖霊による洗礼を授けられる>との約束の実現を待ち望み、祈りました。そのことが1章14節に書かれています。

「彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた」。

主イエスの約束があったから、だから心を合わせて祈っていたのです。

 弟子のペトロが神殿で説教をし、神はイエスを死者の中から復活させたことを宣べ伝え、悔い改めて神に立ち帰るべきことを語りました。しかしペトロは捕らえられ、一緒にいたヨハネも捕らえられ取り調べを受けました。やがて二人はイエスのことは語るなと脅されてから釈放されます。仲間のところに帰り、起きたことを仲間に報告します。

二人の報告を聞いた人たちは、心を一つにして祈ります。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」。

すると地震が起こり、皆、聖霊に満たされて大胆に神の言葉を語り出したとあります。ペトロとヨハネが逮捕され、イエスのことを二度と語るな、と脅されたことがきっかけで、主イエスを信じる者たちは、心を一つにして祈ったのです。

 今日読んだ聖書の44節。

「信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った」

とあります。エルサレム教会に集う人の中には、貧しい人も少なくなかったようです。そこで信者たちは、自分の財産や持ち物を売って、教会に献げたのです。そして貧しい人たちの必要を満たすようにしたのです。

なぜ、このようなことをしたのでしょうか。

「世の富を持ちながら、兄弟が必要な物に事欠くのを見て同情しない者があれば、どうして神の愛がそのような者の内にとどまるでしょう。子たちよ、言葉や口先だけではなく、行いをもって誠実に愛し合おう」。

信者たちは愛に生きるように促され、そうしたのです。神に罪赦され、神に愛されていると信じた信仰者たちは、自分を愛するように隣人を愛し、貧しい人たちの必要を満たそうとしたのです。貧しい人たちがいたから、愛により、その人たちの必要を満たそうとして教会は一つとなったのです。

 成り行きで教会は一つになったと申し上げましたが、一つになるきっかけが成り行きで与えられました。成り行き、それを神の導きということができます。そのきっかけが与えられた時、つまり神の導きが与えられた時、信者たちは福音を宣べ伝えるために心を一つにして祈りましたし、愛のゆえに、貧しい人たちのために心を一つにして信者たちは、財産や持ち物を売りました。そこでは信仰が生きて働いていたのです。

 エルサレム教会に聖霊が豊かに働いていました。教会に属する信者に聖霊が豊かに導きを与えました。信仰が行いとなって現れ、実を結んだのです。使徒パウロは、テサロニケ教会宛の手紙の冒頭で次のように述べています。

「わたしたちは、祈りの度に、あなたがたのことを思い起こして、あなたがた一同のことをいつも神に感謝しています。あなたがたが信仰によって働き、愛のために労苦し」。

テサロニケ教会もまた、信仰によって働き、愛の労苦をしていました。そのことを思い、パウロは神様に感謝を献げていました。

 信仰者たちは、自分たちの置かれた状況において、何を為すべきかを共に考え、心を一つにして祈り、行動したのです。同時にそれは、聖霊の導きによることであり、聖霊の力をいただいての行動でした。

 また信者たちは、毎日のように集まりました。教会堂はありませんから、信仰者の家に集まります。2章42節にはこうあります。

「彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった」。

彼らは集まると使徒の教えを学びました。つまり主イエスの弟子たちから、主イエスの教えを学びました。また相互の交わりをもちました。一緒に食事をし、信仰生活についての分かち合いを行いました。そして共に祈りました。

さらにパン裂きを行いました。これは、私たちが礼拝の中で行う聖餐です。聖餐を司る人が言います。

「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい」。

あるいは、

「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」。

信者たちは、この言葉を聞く時、復活の主の言葉として聞きます。パン先を行うたびに、復活の主イエスが共におられることを確認したのです。聖餐は、復活の主の臨在を指し示します。

 最初にできた教会の姿がここに示されます。信仰が行いとなって現れていました。キリストを宣べ伝えるために心を合わせて祈る教会。貧しい人の必要を満たすために献げ物をする教会。聖餐を守り、主イエスの臨在を信じる教会。主の教えを共に学ぶ教会。食事の交わり、信仰に歩む歩みを分かち合う教会。

 さらに43節。

「すべての人に恐れが生じた。使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われていたのである」。

こんな事が起きていたのです。

「人々は病人を大通りに運び出し、担架や床に寝かせた。ペトロが通りかかるとき、せめてその影だけでも病人のだれかにかかるようにした。また、エルサレム付近の町からも、群衆が病人や汚れた霊に悩まされている人々を連れて集まって来たが、一人残らずいやしてもらった」。

 人は感じるのです。<神が今ここで生きて働いておられる>。それ故、神を畏れ敬う気持ちが起こされるのです。罪をいい加減に考えることができなくなります。自分に対して、それをしていいのか、それをしなくていいのか、とブレーキがかかります。自分の心の欲するままに生きることができなくなります。神を侮ることはできないという思いが、信仰者の心に刻まれます。その結果、信仰者たちは、一つとなり、信仰者として歩み、教会の働きに仕えていったのです。そして多くの人たちは、教会の姿を見て、信仰に導かれていきました。

 一つなる教会、これは神様の恵みとして築かれるものです。そして、信仰者の働きによって築かれるものです。そしてそれは、見えるものとなります。歴史の中で教会は生きています。教会は今も貧しい人の必要を満たすために信者が自分の財産を売る必要はありません。

 教会の置かれた時代、場所において、求められる教会の働きがあります。それをきっかけとして教会は一つとなります。今の時代は、一つとなることができず、争い、戦い、苦しんでいます。親子が、夫婦が、国家が、互いに争い苦しんでいます。教会は、私たちが一つとなって生きている姿をこの世に示すことができます。この教会の姿をこの世は待っています。本当に一つになれるという希望をこの世は必要としています。ここに、私たちが一つとなるきっかけがあります。

このきっかけを前にして私たちはどう生きるのでしょうか。教会が一つとなるのか。信者がバラバラのままで生きるのか。今、私たちの前には、一つとなるチャンス、恵みが与えられています。最初に誕生した教会は一つとなりました。

 私たちを導かれる聖霊に、栄光あれ。

私たちと共におられ、私たちの信仰を励ます主に栄光あれ。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 今日も聖書を通して、御心を示してくださり感謝します。 私どもが、あなたのみ心を受けとめ、一つとなることができますように。 心と思いを一つにして生きる教会の姿をこの世の人々に示すことができますように。 聖霊の助けと導きを与えてください。 私たちを一つにしてくださる神様に栄光を帰することができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。