週報に今週の予定が書かれています。火曜日のところにいつもは

「AA」

と書かれています。今日の週報には、アルコホーリクス・アノニマスと書いてあります。アルコール依存症の人たちが自分の名前は明らかにしないまま参加する集会です。参加者は、ハンドルネームつまりあだ名で呼び合います。

この会に集う人は、小さなパンフレットを持ってきます。そこには、こう書かれています。

「わたしたちの本来の目的は、飲まないで生きていくことでありほかのアルコホーリクも飲まない生き方を達成するように手助けすることである」。

金沢元町教会に赴任してしばらくの間、私もこの集会に参加しました。本当は、ここでの集会は、依存症の人だけが集まる集会なのです。ある時から

「私たちだけで集会をしたい」

と言われ、私は出席しなくなりました。

 その会は、最初に12ステップという文章を皆で声を合わせて読みます。小さなパンフレットに12ステップの内容が書かれています。最初の3つのステップを紹介します。1.私たちはアルコールに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた。2.自分を越えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった。3.私たちの意志と生き方を、自分なりに理解した神の配慮にゆだねる決心をした。

 このアルコホーリクス・アノニマスの会は、アメリカで始まりました。この12ステップは聖書に基づいています。AAに参加する人はアルコール依存症、アルコールに支配された人ということができます。飲み始めたら、自分の力でやめることができず、飲み続けます。体がそのように反応してしまうのです。ですからアルコールの奴隷ということもできます。そしてこのアルコールの支配から、自由になろうと参加者は努力しています。私も昔はタバコの奴隷で、自分の力でやめることができませんでした。しかし幸い、神さまの助けでやめることができました。

 旧約聖書の出エジプト記に、奴隷からの解放の物語があります。それはエジプトの王の奴隷であったイスラエルの民の解放の物語です。昔、映画化されました。

「十戒」

という映画です。この奴隷からの解放物語は、信仰者として生きる上で大切なことを教えています。聖書が伝える信仰とは、自由を得させる信仰です。聖書が伝える神は、私たちを解放する神です。このことを具体的にはっきりと教えるのが、出エジプト記です。是非皆さんも、出エジプト記は繰り返し読んでくださいね。

 今日はコロサイの信徒への手紙2章から説教をします。2章6節は今年の教会の主題聖句です。この聖句の意味を理解し、わたしたちの信仰生活に役立てるために、今日はこの箇所から説教をします。6節には、

「あなたがたは、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストに結ばれて歩みなさい」

と勧められています。まず、<主キリスト・イエスを受け入れた>とあります。イエス・キリストを<信じた>というのではなく、<受け入れた>というのです。<受け入れた>という言葉は、その結果として<関わり>が始まることを予想させます。だから

「キリストに結ばれた者として歩みなさい」

という勧めが続きます。<主キリスト・イエスを受け入れる>とはどういうことなのでしょうか。

 それは12節が教えてくれます。

「あなたがたは、洗礼によって、キリストと共に葬られ、また、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられたのです」。

キリストが十字架で亡くなり、葬られ、復活されたことは、4つの福音書に書かれています。キリストの十字架の死と復活は、私たちを救うための神の出来事です。とても重要な出来事です。そして今日の聖書は、<私たちは、キリストと共に葬られ、キリストと共に復活させられた>と言うのです。死んで復活するのはキリストだけではないのです。

キリスト・イエスを受け入れるとは、キリストがわたしたちの救いのために十字架で死に、復活されたことを信じるだけではなく、この私がキリストと共に葬られ、キリストと共に復活させられたということを受け入れることなのです。あなたがキリストと共に葬られ、キリストと共に復活させられたということを受け入れることなのです。キリストを信じるとは、キリストを受け入れること、自分がキリストと共に葬られたことを認め、自分がキリストと共に復活させられことを認めることなのです。

 イエス様を信じて洗礼を受け、信仰者になったあなたは、御自分が主イエスと共に葬られ、主イエスと共に復活させられたなどと考えたことがないと言われるかも知れません。しかし、神が与える救いをそのままに受け取るためには、主イエスと共に葬られ、復活させられたことを知る必要があります。キリストの十字架の死と復活が大切な救いの出来事であるように、私たちの死と復活もまた、大切なことなのです。

 では<あなたがたは、キリストと共に葬られ>は何を意味しているのでしょうか。<葬られ>とあります。葬られるのは死んだ人です。つまり、あなたがたは死んだというのです。どういうことでしょうか。私は死んではいない、生きている、とあなたは言うかも知れません。この手紙を書いているパウロは、ローマの信徒への手紙6章で、<罪に対して死んだわたしたち>と書いています。罪に対して死ぬとは、罪の支配が終わったということです。パウロは信仰者の深刻な現実を次のように述べています。

「わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むことは実行せず、かえって憎んでいることをするからです」(ローマ7:15)。

自分が望むこと、つまり神の教えに従うことができず、かえって逆のこと、つまり神の教えに逆らっているというのです。アルコール依存症の人も、お酒を飲むのをやめたいと思っていても、つい飲んでしまい、いったん飲み続けたら、何時間も飲み続けるのです。仕事を休んでも飲み続けるのです。

 パウロは言います。

「善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」(ローマ7;18〜20)。

私たちは罪の支配下にあるのです。私たちは罪の奴隷なのです。しかし、イエス・キリストの十字架の死と復活において、私たちに対する罪の支配は終わりました。私たちは罪から解放され、神の恵みの支配のもとに移されました。神の恵みの支配のもとに私たちは生きることができるようになりました。つまり神さまが私たちの味方になってくださり、神さまの力が私たちを助けてくださるようになったのです。

 罪の支配下にあった私たちは、罪に対して無力でした。無力であるとは、絶望しかないということです。罪に勝てず、罪を犯し続けるという絶望です。しかし絶望の中で、神の力による救いが与えられるとするなら、つまり、神が罪に打ち勝つ力を与えてくださるなら、罪から解放されて生きることができます。罪に関して無力という絶望の中で、神さまが私たちの味方となって助けてくださるという神さまのご支配の中に生きることができることを見いだすのです。

 私たちはキリストと共に葬られとは、私たちは罪に対して死に、罪の支配は終わったことを意味します。そして13節

「神はわたしたちのいっさいの罪を赦してくださいます」。

罪に対して無力という絶望の中にいましたがキリストと共に葬られ、罪の支配が終わりました。私たちは罪からの解放という救いを神からいただくのです。神が味方となってくださり、罪の支配から自由になります。私たちは神の恵みの支配の下に移されています。

「罪は、もはや、あなたがたを支配することはありません。あなたがたは恵みの下にいるのです」(ローマ6:14)。

 以上述べたことを具体的に考えてみましょう。アルコール依存症の人は、アルコールの支配の下にあり、自分は無力です。現実には、自分の力でやめることはできません。アルコールを飲まない生活の第一歩はアルコールに対して無力であることを認めることです。それが第一ステップでした。そして次のステップは、<自分を越えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった>です。

 エジプトで奴隷であったイスラエルの人たちは、自分たちを奴隷状態から解放することはできませんでした。イスラエルの人々は、無力でした。あるのは、自分を救うことができないという絶望だけです。しかし絶望の中で、神の力による救いが与えられるとするなら、つまり、神がエジプトの王の支配から解放してくださるなら、自由が与えられます。神が

「私はあなたたちを救う」

と約束された時、エジプトの王の支配は終わったのです。味方となってくださる神がおられることを知る時、絶望の中に光を見いだすことができます。神による救いが始まります。

 神さまは、思い煩うのはやめなさいとお命じになります。これから先のことは神にゆだね、心配するのはやめなさい、というのです。でも先のことはどうなるか分かりません。私たちは、自分で安心を得たいと考えます。そしてもがきます。自分で何とかしようと思うから、ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようと果てしなく思い煩います。自分は無力で心配しないでいることはできないと知れば、あるのは絶望だけです。しかし、絶望の中に光を見いだすことができます。思い煩いの支配は終わりました。神が味方となってくださることを知り、神さまにゆだね、神の導きに従う時、安心を得ることができます。

 神さまは、人を赦しなさいと命じます。あなたも罪赦されているのだから、人を赦しなさいと神さまは命じます。しかし、簡単に人は赦せません。赦せる道理がありません。赦そうと思えば思うほど、赦したくない、との思いが、自分の心の中に強いことを知ります。そして恨みや憎しみが心に渦巻いています。そんな思いを抱く自分の心にあるのは、絶望です。明るい心、喜ぶ心をもって生きることができません。しかし、恨みや憎しみの支配は終わりました。神さまが、味方となってくださり、私たちを恨みや憎しみから解放してくださいます。絶望の中にあっても、神さまの救いという光を見ることができます。

 17節でこうあります。

「また、キリストを死者の中から復活させた神の力を信じて、キリストと共に復活させられたのです」。

キリストを死者の中から復活させた神の力を信じることによって、私たちは死を越えて生きるのです。つまり罪に対して死に、罪の支配の終わりを信じ、神の恵みのもとに移され、罪から解放されて生きるのです。神が味方となってくださると信じ、喜びをもって、罪から解放されて生きるのです。これがキリストと共に復活させられたことの意味です。神様に生かされるのです。キリストを受け入れるとは、キリストが十字架で死んで復活されたことを信じると共に、あなたが罪の支配から自由にされ、罪から解放されて生きることを信じることです。

 アルコール依存症の人たちは、私たちはアルコールに対して無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた、と告白します。これが第一ステップです。第二ステップは、自分を越えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった、です。そして飲まない生活が始まっていきます。ここに救いが始まります。

 エジプトで奴隷であったイスラエルの人々は、エジプト王よりもはるかに大きな力を持つ神のみ業によって、エジプトからの解放を与えられます。

 思い煩いでいつも苦しみ悩んでいる人は、キリストを復活させた神の大いなる力が自分を導いてくれると信じ自分の将来を神にゆだねて平安を与えられます。

 人を赦せなくて苦しんでいる人は、神が、恨みや憎しみから解放して平安を与えてくださることを知るようになります。

 自分の無力さを認め、絶望する時、絶望の中に救いという光を私たちは見ることができるのです。罪の支配下にあり、罪に対して無力な自分に絶望する時、光を見ることができます。罪に勝てないことで自分を責めるのは、何の解決にもなりません。自分を責めるのは、頑張れば罪に勝てるという考えがあるからです。でもこれは、幻想です。アルコール依存症の人がやめようと思えばいつでもやめられると考えるのと同じです。罪に対する無力さに絶望する時、神の力が、罪から私たちを解放し、罪から自由にされて生きることができるようになります。私たちの復活です。

 主キリスト・イエスを受け入れたのですから、とあります。私たちはキリストと共に死んで葬られました。私たちは罪に対して無力であることを知りました。しかし罪の支配は終わったのです。そして私たちはキリストと共に復活させられました。罪から解放されて生きることができるようにされたのです。

 キリストを死者の中から復活させた神の力が、私たちにも働き、罪に対して無力な私たち、罪の支配の下にあった私たちを解放してくれます。罪の支配が終わり、神の恵みが私たちを生かします。絶望の中にこそ、救いがあります。絶望から目を背けているなら、いつまでも絶望の中に留まります。無力な自分を知る時、絶望の中にある自分を見いだす時、神の恵みの支配があることを知ります。私たちは救いを見いだします。神こそ、私たちの救いです。わたしたちの神は、私たちを解放し、自由にしてくださる神です。神は全能の神です。私たちを救うことのできる神、わたしたちの救いです。

祈り
祈り  天の父なる神様、 イエス・キリストが十字架で死に復活されたことは、わたしたちの救いのための神さまの出来事でした。そしてその救いが私たちの身に及ぶために、私たちも、キリスト共に葬られ、キリストと共に復活させられるとは、思いがけないメッセージです。でも、私どもがイエスに結ばれていることを深く知らされる思いがします。私たちが主イエに結ばれて生きることができるように、助け導いてください。聖霊の御助け、お導きを与えてください。イエス・キリストの御名により祈ります。