聖書って分厚い書物ですね。この分厚い聖書を私たちは読む必要があるのでしょうか。礼拝で説教を聞き、十戒の戒めと神を愛し、隣人を愛するという愛の教えを心に留めて生活すれば、分厚い聖書は読まなくてもいいんじゃないか、と思う人もいるかも知れません。教会の礼拝に出席し、献金をささげて教会を支えるなら、それでいいのではないか、と思う人もいるかも知れません。おまけに聖書を読む時間がありません。

しかし私は皆さんに、それでも聖書を読むことを勧めます。一人で読むことに困難を覚えるなら、教会の祈祷会に来て、仲間と一緒に読むことを勧めます。なぜ読むことを勧めるのか、理由があります。

たとえば結婚生活をする上で大切なことがあります。それは自分の伴侶の気持ちを大切にするということです。お互いに、相手の気持ちを大切にし合うことです。どちらか一方が自分の気持ちを押しつけるだけの関係ではなく、互いに気持ちを大切にし合う関係が結婚生活では大切なことです。

同じように、信仰生活においても、神さまの気持ちを重んじることが大切です。神さまは、私たちの願いを聞き、私たちの気持ちを大切に受けとめてくださいます。だから私たちも神さまの気持ち、神さまの思いを大切にします。神さまにはお願いだけするというのでは、自分の気持ちを押しつけるだけの関係になってしまいます。それでは、信仰生活はうまく行かなくなると思いますが、どうでしょうか。

確かに聖書は分厚いです。聖書を読むことによって私たちは<神さまの思い>を知ることができます。ですから毎日少しずつ聖書を読み、あるいは教会で信仰の友と一緒に読み、少しずつ神さまの思いを理解していくことは大切なことです。今日の聖書は、神さまの思いがよく表れている箇所だと思います。

祈っている弟子たちの上に神の霊が降りました。神の霊は、信じる者たちに働きかけます。神の霊が降った弟子たちは、神の偉大な業を語り出しました。その弟子たちを、新しいぶどう酒に酔っているのだとあざける人がいました。そこでペトロが他の弟子たちと共に立ち上がって声を張り上げて話し始めます。

「今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが考えているように、酒に酔っているのではありません。そうではなく、これこそ預言者ヨエルを通して言われていたことなのです」。

預言者ヨエルが語ったことが今ここに実現している、とペトロは語りました。

旧約聖書にヨエル書があります。神の裁きを語る言葉は印象的です。

「老人たちよ、これを聞け。この地に住む者よ、皆耳を傾けよ。あなたたちの時代に、また、先祖の時代にも/このようなことがあっただろうか。これをあなたたちの子孫に語り伝えよ。子孫はその子孫に/その子孫は、また後の世代に。かみ食らういなごの残したものを/移住するいなごが食らい/移住するいなごの残したものを/若いいなごが食らい/若いいなごの残したものを/食い荒らすいなごが食らった」。

イナゴによる農作物の甚大な被害が生じるのです。畑の実りが一切失われてしまうのです。この被害は、だれもが経験したことがないほどの大きな被害であり、子孫に語り伝えよ、というのです。旧約聖書の中で、子孫に語り伝えよと命じられる出来事は、出エジプトの出来事と、このイナゴによる災難です。

この被害は、神の裁きとして起きたのです。神の民として選ばれたイスラエルの民が、不信仰に陥り、神さまに逆らうのです。大切な十戒を守らないのです。そして神の怒りを買うのです。神さまは預言者を送り、悔い改めるように導くのですが、民は悔い改めません。そこで神さまは、イナゴによる被害をもたらします。これが神の裁きとして起きたことを悟り、イスラエルの民が悔い改めるように導くのです。

旧約聖書を読むと分かりますが、神の民イスラエルの歩みは、基本的に神に背く歩みです。神に選ばれた民なのに、なぜ神に背き続けるのか。神の民なのに、なぜ、神の懲らしめを受け続けなければならないのか。そこで預言者ヨエルは、神さまの言葉を語ります。

「その後、私はすべての人にわが霊を注ぐ」(ヨエル3:1)。

ペトロはこの言葉を少し換えて、

「終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ」

と語ります。神の霊が注がれる時、人の心は新たにされ、神さまを恐れ敬うようになるのです。神さまは、神の民が神さまを愛してくれることを願っています。勿論、神さまは、神の民を愛しています。神は聖霊を注ぎ、神の民の心を新たにしようとされます。

イスラエルのダビデ王は、姦淫と殺人の罪を犯した後、神に祈りました。

「神よ、わたしの内に清い心を創造し/新しく確かな霊を授けてください」(詩篇51:12)。

ペトロは、神がイエスを信じる者たちの上に神の霊を注ぐ出来事が起きたのですと語ります。そしてなぜ神の霊が注がれる出来事が起きたのか、説明を始めます。

「イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です」(22節)。

ペトロは神の御業を語ります。神は、イエスを遣わし、さまざまなしるしと不思議な業を行わせました。このイエスは人々によって十字架で殺されましたが、それは神のご計画でもあったというのです。旧約聖書イザヤ書53章の言葉が思い出されます。

「彼が担ったのはわたしたちの病/彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに/わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と。彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった。彼の受けた懲らしめによって/わたしたちに平和が与えられ/彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。わたしたちは羊の群れ/道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。そのわたしたちの罪をすべて/主は彼に負わせられた」(イザヤ53:4)

人間は自分の心と思いの欲するままに生きていますが、それは神の御心に反する生き方となっている。その罪を神は、主イエスに負わせたというのです。イエスは人々に憎まれ殺されましたが、それは同時に<わたしたちの罪>をイエスが担ってくださったというのです。

信仰あるユダヤ人は考えるのです。イスラエルは神に選ばれた民。しかし神に背き罪を犯してしまう。罪のために、国も滅びてしまった。神殿も破壊されてしまった。神の民とされていることの幸いはどこにあるのか、と。どうしたら神の民としての歩みを全うできるのか、と。そして神による救いを待ち望むようになります。

預言者イザヤ語ります。

「わたしは乾いている地に水を注ぎ/乾いた土地に流れを与える。あなたの子孫にわたしの霊を注ぎ/あなたの末にわたしの祝福を与える」(イザヤ44:3)。

神さまに従う心は、自分に力、努力によって得ることはできません。神さまは、人間を造り、人間に自由を与えられました。自由を与えられた人間は、神の前に自分を低くすることができず、自分を神よりも上に置きます。そして罪を犯してしまいます。この罪から人は自分を救うことができません。神の霊だけが、人を造り変え、人を救うことができます。

ペトロは語ります。

「神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、あり得なかったからです」(24節)。
「神はこのイエスを復活させられたのです。私たちは皆、そのことの証人です」(32節)。

主イエスが復活することについて、ペトロは、詩篇16篇を引用します。

「あなたはわたしの魂を陰府に渡すことなく/あなたの慈しみに生きる者に墓穴を見させず、命の道を教えてくださいます」。

これは主イエスの復活を直接指し示しているわけではありません。神さまとの深い交わりに生きた信仰者が、深い交わりに生きたので、たとえ自分が死んでも、神さまから切り離され、滅びてしまうことはないだろうという確信を述べたものです。この確信は復活を暗示しているということはできます。それでペトロは、この詩篇の言葉を引用して、主イエスの復活は聖書の言葉の実現だと話したのです。

さらにイエスは、天に上げられ、神の右に挙げられ、そこから約束された聖霊を注いでくださいました、とペトロは語ります。十字架で主イエスは死にました。しかし神は主イエスを復活させ、天に上げました。主イエスは天から、聖霊を注がれたのです。人を造り変え、人の心を新たにするためです。人は生まれ変わるのです。

預言者エゼキエルは語ります。

「わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。わたしはお前たちの体から石の心を取り除き、肉の心を与える。また、わたしの霊をお前たちの中に置き、わたしの掟に従って歩ませる」(エゼキエル36:26)。

預言者は、神が霊を注ぎ、神の民がその心を新しくされ、神を畏れ敬うようになることを語ります。ダビデも神の霊によって清い心を造ってくださいと祈りました。

十字架で殺され、神によって復活し、天に上げられた主イエスが信じる者たちに聖霊を注がれたのです。私たちの罪を負ってくださり、神さまの裁きを受けて死なれた主イエス。その主が、信じる者たちに聖霊を注いでくださるのです。信じる者たちの心が新たにされ、神の民としてふさわしき生きることができるようになるためです。私たちは聖書の語ることを聞き逃してはなりません。主イエスは、約束された聖霊を注いでくださいました。主イエスは、十字架につけられて私たちのために死んでくださっただけではありません。私たちのために、私たちに聖霊を注いでくださったのです。罪の支配から私たちを解放してくださったのです。救いがここにあります。

ペトロは語ります。

「だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです」。

このペトロの言葉を聞いて、人々は愕然としました。その主イエスを自分たちは十字架につけて殺してしまったことを知らされます。取り返しのつかないことをしてしまったのです。

「私たちはどうしたらいいのでしょうか」

との問いにペトロは答えます。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです」。

主イエスを信じて洗礼を受けた者は、賜物として聖霊が与えられる、これが神の約束です。この約束は主イエスを信じる私たちの身においても実現しています。

ペトロは語りました。

「あなたがたが十字架につけて殺した主イエスを神は主とし、メシアとなさったのです」。

メシアはヘブル語。ギリシャ語にするとキリストとなります。メシアとは救い主の意味です。人としてお生まれになったイエス。この方は神の御心に従順に歩まれました。しかも十字架の死をも、神の御心として受け入れました。主イエスは、御自分の人生で、神の御心がなされることを喜ばれたのです。

この方を神はメシア、救い主としたとペトロは語りました。人間が必要とする救い、それは罪からの救いです。神さまはそう考えておられます。人が救いを必要とする困難で苦しむ時、そこには罪が絡んでいます。自分の罪を悔い改め、罪の赦しを受けることは、苦しみからの自由をもたらします。

また神は、イエスを<主>としたとあります。旧約聖書では、主とは、神のことです。神のことを

「主なる神」

と呼びます。預言者が繰り返し語る神の言葉はこれです。

「あなたがたはわたしが主であると知るようになる」。

信仰の一つの目標は、神が主であることを知ることにあります。神に造られた最初の人間は、神との交わりの中を歩み、罪を犯しませんでした。しかし蛇の誘惑に負け、罪を犯して堕落します。神のようになるという誘惑です。自分が一番上に立つという誘惑です。アダムは、神の前に自分を低くせず、逆に自分を神の上に置き、神の命令に逆らいました。つまり神を主としなかったことです。

そして神は、イエスを主としたというのです。イエスを主と仰いで生きる、これが信仰の要です。イエスを主と仰いで生きる信仰に達するためには、分厚い聖書を読み学ぶことが大切になります。私たちは聖書を少しずつ読み、イエスを主と仰ぐ歩みが、少しずつできるようになっていきます。それが信仰の歩みです。そして聖書を読む、これは人の心を豊かにするぜいたくな営みです。年老いた人には神様から与えられる恵みです。若くして、忙しく生きている人にも、聖書を読むことは命に至る道です。私たちを愛し、私たちを生かそうとする神様の愛がより深く分かります。聖書を読み、聖霊を注がれて生きる幸いを共にいただきましょう。

祈り
祈り 天の父、あなたを崇めます。 私どもが謙遜に、聖書を読むことができますように。 聖書から、わたしたちの救いの意味を深く知り、 救いの恵みを豊かに受けることができるように導いてください。 私どもの教会が、互いに励まし合って聖書を読む教会となりますよう導いてください。 日々の生活が忙しく、またこの世の楽しみは多くありますが、 聖書を読む時間を確保できるように 生活を整えさせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。