私たちが生まれた時、既に教会は、存在していました。親に連れられて教会に行かれた方がおられるでしょう。北陸学院に入学して教会を知り、教会に行かれた方もおられるでしょう。自分で思い立って教会に行かれた方もおられるでしょうし、人から誘われて教会に行かれた方もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ、私たちが生まれる前から、教会は存在していました。このキリストの教会は、いつ、どのようにして生まれたのでしょうか。今日読んだ聖書は、教会の誕生を物語っています。

 復活された主イエスは、弟子たちの上に聖霊がくだることを三回語られました。第一回目は、ルカ福音書の24章49節です。

「わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい」。

第二回目は、使徒言行録1章5節。

「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである」。

第三回目は、使徒言行録1章8節です。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

聖霊は神です。聖霊を力、パワーのように考える人がいますが、人格を持った神です。聖霊なる神が降るとその人は力を受けて、主イエスの証人となると教えられます。

 主イエスが三回も聖霊が訪れることを話されましたので、主イエスの弟子たちは、心一つにして聖霊が降るのを祈って待っていました。120人ほどの人たちが主イエスを信じ、祈っていました。そして五旬祭の日が来ました。五旬祭というのは、小麦の収穫を祝う祭りです。それは過越祭というお祭りから50日後のことです。過越祭の時、主イエスは十字架につけられ、復活されました。それから五十日が経ちました。ギリシャ語で数字の50のことをペンテコステと言います。この日も弟子たちが一つになって祈っておりました。すると天から大きな音が聞こえてきました。それは激しい風が吹いてくるような音であったと書かれています。

 さらに炎のような舌がいくつも現れ、一人一人の上に留まったとあります。祈っていた120人のすべてに聖霊が降りました。不思議な出来事です。神のみ業としての出来事です。聖霊が降り、人々は聖霊に満たされ、話し出しました。霊が語らせるままに他の国々の言葉で話し出したとあります。<霊が語らせるままに>とありますが、口が勝手に動きだしたということではありません。聖霊の力に押し出されて語り出したということです。語るようにとの促しを受けて語り出しました。

 5節

「さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいた」。

イスラエルの国はたびたび外国の侵略を受け、イスラエルの民は時に捕虜となって外国に連れて行かれることがあり、イスラエルの人々は色々な国に住むようになりました。しかし年を取ると、エルサレムで生涯を終えたいと願い、エルサレムに移り住む人たちがおりました。

その人たちが、聖霊に満たされた人々が語るのを聞いて驚きました。

「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか・・・彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは」。

確かに不思議な出来事です。13節を見ると、新しいぶどう酒に酔っているのだとあざける人もおりました。しかし酔っているのではなく、聖霊に満たされ、神の偉大なわざを語っているのです。不思議な出来事です。神の出来事です。

 神の偉大な業とは何かは、分かりません。しかしペトロが話し出します。ペトロはイエス・キリストについて語ります。ペトロの話を聞いて、主イエスを信じる人たちが現れ、洗礼を受けました。そして教会が誕生しました。神のみ業によって導かれ、教会は誕生しました。

 聖霊を受けた人たちは主イエスの証人となり、主イエスを宣べ伝えてきました。それは今日も同様です。この金沢の地には、アメリカ人のトーマス・ウィン宣教師がイエス・キリストを宣べ伝えに来られ、北陸の地に教会が誕生しました。NHKの朝のドラマの

「花子とアン」

では女性宣教師たちがミッションスクールで女子教育をしながら伝道をしています。遠い国からはるばる日本まで来るのは、聖霊により、イエス・キリストを宣べ伝えるという志を与えられたからに他なりません。

 聖霊の力を受けて、イエス・キリストが宣べ伝えられ、聖霊に導かれて人々は主イエスを信じるようになります。これは今日も同様です。聖霊の働きによって教会は誕生し、聖霊の働きによって教会はその働きをしているのです。

 主イエスを信じる人はだれでも、主イエスの証人として、主イエスを人々に伝えたいと願っているのではないでしょうか。私にはそんな力はないとか、無理だとか言う人もいるかも知れませんが、もし伝えることができるなら、伝えたいとの思いは、主イエスを信じる人は皆持っていると私は信じています。ただどのようにして伝えたらいいのか分からず自分に伝える力があるとは思えないと考え、なかなか一歩を踏み出せない状態が続いている、ということがあるのではないでしょうか。

 この点で私は、牧師たちが皆さんに主イエスのことを伝えることができるように手助けしてこなかったことを申し訳なく思っています。牧師は言うのです。

「あなたがたはイエス・キリストによって救われました。救われた喜びがあるはずです。その喜びを語ればいいのです」。

私は牧師がこう語るのを何度も聞いてきました。でもそういう牧師がその喜びを語るのを聞いたことがありません。建前を述べているとしか思えません。そして信徒に、主イエスを宣べ伝えることができないという負い目を与え続けてきたのではないかと考えています。

 主イエスの弟子たちは最初から主イエスの証人となるために主イエスに従ったのではありません。

「私についてきなさい」

という言葉を聞いて、弟子たちは従ったのです。従うことが何を意味してたのか、分かっていたわけではありません。彼らは主イエスと行動を共にし、主イエスの働きを見、主イエスの教えを聞きました。だから彼らは主イエスの証人となることができました。聖霊に満たされ、力を与えられて、主イエスを宣べ伝えました。私たちと主イエスの弟子たちは何も変わることがありません。私たちも主イエスの証人となれるし、実はすでになっています。ただどうしたら良いか、わからないだけです。

 主イエスを信じている皆さん、自分の心に問いかけてみてください。主イエスを人に伝えたいという思いが心の中にあるのではないでしょうか。それを行う力が自分にあるかどうか、できるかどうか、そういうことは抜きにして、主イエスを伝えたいという思いがあるのかどうか、自分の心に問いかけてみてください。あるのではないでしょうか。

昨日、一昨日と葬儀の礼拝で

「いつくしみ深き」

を賛美しました。よく知っている讃美歌ということもありますが、皆さん大きな声で歌われます。<いつくしみ深き、友なるイエスは>。皆さんは、主イエスは慈しみ深い友ですと歌っているのです。ただ讃美歌の歌詞だからそう歌っているのでしょうか。心で、そう思っているから、大きな声で喜んで賛美しているのではありませんか。

<罪とがうれいを取り去りたもう><心の嘆きをつつまず述べて><などかはおろさぬ負える重荷を>。これは皆さんが体験したことではないですか。この讃美歌を歌う時、主イエスは、私の罪の重荷を取り去ってくださった。心にある思いをすべて主イエスに打ち明けた時、主は罪を赦してくださり心が軽くなった。これはあなたの経験ではないでしょうか。

 <われらの弱きを知りて憐れむ><悩み悲しみに静める時も><祈りに応えて慰めたまわん>。これも、あなたが経験したことではないでしょうか。自分の弱さ、至らなさに打ちのめされることがあります。主イエスは、私たちに寄り添い、励まし慰め、力を与えてくださいます。このような体験があるからこそ、この讃美歌を歌うことに喜びを覚えるのではないですか。主イエスは、いつくしみ深い私の友と歌う時、あなたは主イエスの証人となっているのではないですか。

 あなた自身のことを語って、主イエスはいつくしも深い私の友、と語れば、主イエスの証人となるのではないでしょうか。<証人>は、自分の見たこと、聞いたことを語ります。自分が経験したことを語れば良いのです。立派に話す必要もありません。上手に話す必要もありません。主イエスは、いつくしみ深い友である、と語りさえすれば良いんです。

 <主われを愛す>という讃美歌もあります。<主われを愛す。主は強ければ><われ弱くとも恐れはあらじ>。これもあなたが体験したことではないでしょうか。<みくにの門を開きてわれを。<招きたまへり、いさみて登らん>。私たちが死の床に就いたとしても、この賛美を歌い、御国を待ち望むことができる、と希望を語ります。これもあなたのことではないでしょうか。

 あなたに必要なのは、思い切って口を開くことです。主を伝えるために、主のために口を開くことです。聖霊があなたを励まされる時、あなたは主イエスの証人として語り出します。あなたに必要なことは、主の証人になりたいです、と神に告白し、聖霊の力を求めることです。そうすれば聖霊があなたを押し出してくださるでしょう。

チャンスがあったら何を語るのか、備えをしておけば良いのです。備えができていれば、神さまは、あなたに機会を与えてくださいます。そのようにして主イエスを証人として語るところに教会ができます。金沢元町教会に属する皆さんが、口を開き出すことを願います。

 さらに私たちは目を将来にも向けたいと思います。主イエスは私たちの羊飼い、私たちは主に導かれる羊です。主イエスのこれからの働きが期待できます。

「わたしの羊は、わたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う>(ヨハネ10:17)。

主イエスは、私どものことを知っておられます。主は私をどう導こうとされるのか、それを聞き分けるなら、主の導きに従うことができます。今こそ、次の聖書の言葉を本気で受け取りませんか。この聖書の言葉が真理であると語ることのできる信仰者になろうと決心しませんか。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩篇119:105)。
「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」(箴言3:5〜6)。

 あなたは成り行きで生きているのですか。ただ生活のために生きているのですか。自分の心と思いの欲するままに生きていますか。あなたは主イエスの導きを必要としているのではありませんか。主はあなたのことをご存じです。主の導きを受けて、主はいつくしみ深いわたしの友、と歌いませんか。そして主の証人になりませんか。

 聖霊に満たされた弟子たちは色々な国の言葉で神のみ業を語り出しました。主イエスの証人は、全世界で、証人として語るのです。私どもも、この金沢の地で、互いに励まし合って、聖霊に押し出されていつくしみ深き、友なるイエスは、と自分の言葉で語っていきましょう。

祈り
祈り 天の父、御名を崇めます。 救いの恵みとして、聖霊様が私のうちに宿っておられることを感謝します。 主の証人として歩む志を強めてください。 私たちが聖霊の励ましをいただきさえすれば、 証人として語ることができることを教え、また体験させてください。 主の証人として語り出している兄弟姉妹がおります。 聖霊のお働きがこの教会において見ることができます。 主なる神、私どもを主の証人として用いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。