ある時、妻が面白いことを言いました。

「私、あなたに選ばれているということに今、気づいたわ」。

私たちはお見合い結婚です。私は、

「あなたと結婚したい」

と結婚を申し込みました。私は妻を結婚相手として選びました。妻は私の申し込みを受け入れ、私たちは結婚しました。妻が私を選んだことは事実ですが、私によって選ばれたことも確かです。でも妻は、私を選んだという意識でいたのです。多くの男性の中から、まあ納得できる伴侶を選んだというわけです。結婚して何年かが過ぎ、自分は見る目があったと思っていたようです。そしてある時、気づいたのです。沢山いる女性の中から、自分が選ばれたことを。

自分が選んだ夫と結婚生活をしてきたのですが、自分を選んでくれた夫との生活に変化しました。気持ちの上で、変化があったと妻は話してくれました。謙遜な気持ちを抱くようになったとのことです。そして夫との生活をさらに感謝をもって送ることができるようになったそうです。

 私たちは自分が信じる神を選んで信仰生活をしているのでしょうか。それとも神に選ばれて、その神を信じて信仰生活をしているのでしょうか。

 使徒言行録の最初で、ルカはイエスの活動を記録したと書いています。そしてこの使徒言行録で、弟子たちはイエスのことをローマ帝国にいる人々に宣べ伝えたことが書かれています。そしてイエス・キリストは今や、世界中に宣べ伝えられています。

主イエスは、弟子たちに聖霊が降るのを待っていなさいと命じました。今日の聖書14節では、弟子たちだけではなく、主イエスの母や、兄弟たちも心を合わせて祈っていたとあります。おそらくペトロは、祈りながら、主の言葉を思い巡らしていたと思います。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

自分は主の証人となるのです。

ペトロは主イエスと最初に出会ったとき、主から言われました。

「あなたは今から後、人間をとる漁師になる」(ルカ5:10)。

そうだ、まもなく、人間をとる漁師になるのだとペトロは思いました。主イエスの証人として、主イエスを宣べ伝え、多くの人をクリスチャンにするのです。

 そのことを思う時、気がかりなことが一つありました。主イエスは12人の弟子を選び、使徒と名付けました。使徒とは、派遣される者を意味します。ところがユダは主イエスを裏切り死んでしまいました。今、11人しか使徒はいません。これでいいのだろうか、ペトロは、皆で祈る中で考えていました。主イエスは12人の使徒を選ばれたわけだから、やはり12人でなければならない。

そこでペトロは立ち上がり、語ります。

「主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、主の復活の証人になるべきです」(21-22節)。

12人そろって聖霊の力を受け、主イエスの証人となるのがよいとペトロは考えたのです。そして祈ってくじを引き、マティアが使徒として選ばれたことが今日の聖書に書かれています。

 マティアが選ばれ、12人の使徒がそろいました。12人とも主イエスによって使徒として選ばれたことになります。<選ばれる>とはどういうことでしょうか。

 聖書には、神さまに選ばれた人が何人も登場します。たとえば、アブラハム。彼は信仰の父と呼ばれる人になります。モーセ。彼は奴隷として苦しんでいたイスラエルの民を救う指導者になりました。ヨシュア。彼は奴隷状態から救われたイスラエルの民を約束の地に連れて行く指導者になりました。ダビデ。羊飼いでしたが、イスラエルの王となりました。イザヤ。イスラエルの民に、罪から離れ、神に立ち帰るように説教する預言者となりました。エレミヤも、イスラエルの民に、罪から離れ、神に立ち帰るように説教する預言者となりました。クリスチャンを迫害したパウロは、主イエスによって選ばれ、主イエスを宣べ伝える使徒となりました。

 こう考えると神に選ばれるとは、神から使命を与えられ、その使命に生きることを意味していることが分かります。皆、神に選ばれ、思いもしない人生を送ったのです。そもそもイスラエル民族も神から選ばれ、神の民となりました。

「あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた」(申命記7:6)。

 では私たちはどうなのでしょうか。主イエスは言います。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」(ヨハネ15:16)。

主の言葉によれば、私たちも選ばれているというのです。私たちも選ばれているなら、使命を与えられているということなのでしょうか。私たちも、主イエスの証人として生きる使命を与えられているのでしょうか。信仰に生きるとは、主イエスの証人として生きるということなのでしょうか。とすると信仰者になるって、何か大変そうですね。

毎月第一日曜日の礼拝で、日本基督教団信仰告白を私たちは告白しています。その中にこうあります。

「神は恵みをもて我らを選び」。

私たちも選ばれていると告白しています。この言葉には、次のような言葉が続きます。

「神は恵みをもて我らを選び、ただキリストを信じずる信仰により、我らの罪を赦して義としたまふ」。

私たちは救いを受けるようにと選ばれたとあります。私たちは、使命に生きるようには、選ばれていないのでしょうか。それとも私たちも使命に生きるように選ばれているのでしょうか。どう思います?

 先日ダニエル書を読んでいて不思議に思ったことがあります。バビロン帝国のネブカドネツァル王が、布告を出すのです。イスラエル人のダニエルが信じる神は

「まことに神々の神」

と語り、またこの神をののしる者は、八つ裂きにされると布告を出します。いと高き神といいながら、王自身は、この神を信じようとはしません。なぜなのか、と思います。そして思います。彼は、自分が信じる神を選んでいるのだ、と。

 イスラエルの民は、神に選ばれました。この神だけを信じました。彼らは、彼らをエジプトにおける奴隷状態から救い出してくれる神だけを信じました。エジプトを脱出し、神が与えてくださる約束の地に入るまで、この神に助けられ続けました。ところが約束の地に入って豊かな生活を楽しむことができるようになると、彼らは別の神を礼拝するようになりました。たとえば豊かな収穫を与えるバアルという神を拝むようになりました。つまり彼らは別の神を選んだのです。彼らはエジプトの苦しみから救ってくれた神だけを信じてきたのですが、今や、別な神を選んだのです。その神が自分たちに豊かな収穫をもたらすと考えたからです。そこで知ります。人は神を選び、自分が選んだ神を信じるのだと。

 イスラエルの民が別な神を礼拝し続けると神は懲らしめを与えます。懲らしめを受けるとイスラエルの民は、自分たちをエジプトから救い出してくれた神に立ち帰ります。その懲らしめは、敵の侵略という形で現れます。そんなことが何回も繰り返されるのです。

やがてイスラエルの民は、王を欲するようになります。つまり王を立て、軍隊を造り、敵の攻撃から自分たちを守ろうと考えたのです。神に助けを求めるより、王とその軍事力に頼ろうとしたのです。この時神は言いました。

「彼らは私を捨てた」。
「彼らのすることと言えば、わたしを捨てて、他の神々に仕えることだ」(サムエル記上8:8)。

神を選ぶことができるから、また神を捨てることもできるのです。

 ダビデ、ソロモン王の時代にイスラエルの国は領土を拡大し、他国を支配し、繁栄を誇ります。ソロモン王の死後、国は南北に分裂します。アッシリア帝国により北のイスラエル王国は滅亡します。アッシリアは、イスラエルの人々を他国に移住させます。

イスラエル王国が滅亡したのです。神は何をしていたのでしょうか。アッシリアから守ってくれなかったのです。この神を信じ続けることに意味があるのでしょうか。他国に移住させられた民は、この神を信じなくなりました。

 南のユダ王国は、バビロン帝国によって滅ぼされました。そして人々は、捕虜となって、バビロンに連れて行かれました。自分たちを守ってくれない神を信じる理由がどこにあるのでしょうか。かつて、エジプトから助けだしてくれた神を信じることを選びました。でも、今や信じ続ける理由がありません。

 民族と民族が戦争を行うとき、その戦いは、それぞれが信じる神との戦いでもあるのです。強い神が勝利をもたらすのです。勝利する民族の神が、敗北する民族の神よりも強いのです。アッシリアの神、バビロンの神を信じる方がよいと考えたイスラエル人もいたのです。そしてイスラエルの民が信じたあの神は忘れ去られていきました。

 人間が選ぶ神は、時に人間に捨てられ、忘れられていきます。神を信じてもいいことがないなら、信仰に熱心になる意味がありません。

 しかし、神に選ばれて生きる信仰があります。神に選ばれて、神を信じた人々がいます。たとえば、アブラハム、モーセ。ヨシュア、ダビデ、イザヤ、エレミヤ。主イエスの弟子のペトロ、そしてパウロ。

 バビロンに捕虜となって連れて行かれた人たちは、70年後、エルサレムに戻ることができました。勿論、戻らない人もいました。エルサレムに戻った人は、エルサレムの町の再建し、神殿の再建をも行いました。なぜ、再建するのでしょうか。国を守ることのできなかった神の神殿の再建をなぜするのでしょうか。神が守ってくれなかったから、敵に攻められ、国が滅亡したのです。神殿も破壊されたのです。国を守ることのできなかった神の神殿の再建をなぜするのでしょうか。

 彼らは悟ったのです。神が無力で敵に負けたのではないことを。自分たちが罪を犯し続けたから、国家の滅亡を神が許したのだと。神の選びは変わることがない、神はまだ自分たちを選んでくれている、だから、今こそ、今一度、神を信じていこう。神の掟を守って神の民として生きていこう。神の民として、神の選びにふさわしく生きていこうと考えたのです。

 神に選ばれていると信じて信仰に生きる人は、神を捨てることはありません。他の神を選ぶこともありません。まず、神から逃げることができません。神に選ばれたヨナという人がいます。彼は神に選ばれ、ニネベという町に行って、40日したら、この町は滅びると伝える使命を神から与えられました。でも彼は、その使命を果たすことを拒み、逃げます。でも神は彼を追いかけます。結局彼は、ニネベの町に行きます。

神に選ばれてイスラエルの民を救い出す使命を与えられたモーセは、事態が思うように進まないとき、泣き言を言います。

「神さま、なぜ救いを成し遂げてくれないのですか。エジプトの王は、今まで以上にイスラエルの民を苦しめています」。

泣き言を言いましたが、神が与えた使命を放棄しません。神に選ばれたことを知る人は、その選びに応えようとします。

 神に選ばれて生きるって、何か大変そうです。本当にそうなのでしょうか。主イエスが十字架につけられる前、自分も一緒に捕まえられて殺されるかも知れないと恐れ、主イエスのことを三度も知らないと言ったペトロ、このペトロは、主イエスのために迫害を受けることを喜ぶようになりました。主イエスに選ばれ、使命に生きることを彼は、最上の喜びとしたのです。

 パウロ。彼は、神に対する熱心からクリスチャンを迫害しました。その彼が復活された主イエスに出会い、イエス・キリストを宣べ伝える者とされました。主イエスはアナニヤという人物にパウロのもとに行くように命じてこう言います。

「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。わたしの名のためにどんなに苦しまなくてはならないかを、わたしは彼に示そう」(使徒9:15)。

パウロは、主イエスのために苦しむことも与えられるのです。神に選ばれ使命に生きるってしんどそうですね。そして私たちは選ばれているというのです。

 人は、神を選ぶ信仰から、神に選ばれて生きる信仰に導かれます。神を選ぶ信仰は、神が自分によいことをしてくれないと、別な神を選んだり、神を捨てたりしかねません。あるいは神を信じ続けても、感激もなく、喜びもなく、信仰生活なるものを惰性で続けることになります。しかし神の選びに生きる信仰は違います。イエス・キリストの証人として生きる喜ばしい歩みです。たとえ苦しみがあっても、重荷を背負わなくてはならないとしても。クリスチャンというのは、主イエスの証人として生きるように選ばれた存在です。

 神を選ぶ信仰から神の選びに生きる信仰へ転換する人には共通点があります。自分の罪を知ることです。イスラエルの民は、自分たちの罪が国家の滅亡を招いたと理解しました。ペトロは、三度主イエスを裏切る罪を犯しました。パウロは、神に対する熱心から、よかれと思ってクリスチャンを迫害しました。しかし神が送った救い主を信じる人を迫害するという途方もない罪を犯しました。

 自分が神から罪の赦しを受けるとき、この私を神は受け入れてくださっている、罪を犯してきたこの私をなおも神は受け入れてくださっている、と知ります。神の憐れみによって、私は選ばれていると知るとき、神の選びに生きる志が与えられるのです。聖霊の賜物をいただき、力を受けて、イエス・キリストの証人として生きる道を喜んで生きる志が与えられます。

罪の赦しを受けることがこんなに素晴らしいことなのか、神さまに愛され、受け入れられていることが何とありがたいことか、この感謝の気持ち、喜びの気持ちから、神の選びに応え、主イエスの証人として生きる信仰与えられます。神は恵みをもて我らを選び。神の選びは、恵みの選びなのです。ペトロとマティアも、選びに応えて歩もうとしています。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 あなたに選ばれていることを知ることができますように。 私どもをまことの悔い改めへと導き、 あなたの選びに答えることができますように。 信仰生活の豊かな実りは、過去にあるのではなく、将来にあります。 旅路の最後まで、希望を持ち続けて、信仰に生きていくものでありますように イエス・キリストの御名により祈ります。