主イエスは天に上げられる時、弟子たちに一つの約束を与えます。8節です。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

主イエスの弟子たちは、<主イエスの証人になる>との約束を主から与えられました。

 この時から10日後、弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちは主イエスの証人となり、主イエスを宣べ伝える人となりました。約束が実現しました。そしてこの約束は今なお、信じる人々の上に実現し、その人々は主イエスを宣べ伝え続けています。今日は、この約束がこの私の上に実現していることを皆さんにお話ししたいと思います。私も主イエスの一人の証人として、主イエスについての証言を行いたいと思います。それは皆さんが私に倣って、主イエスの証人として立ち、証人となり証言していただくためです。

 使徒ペトロはエルサレム神殿で主イエスを宣べ伝えていたとき、捕らえられ、裁判にかけられました。その時ペトロは語ります。

「ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです」(使徒4:12)。

ペトロは、主イエス以外に私たちを救う者はいないと宣言したのです。この日本にはいくつもの宗教があり、救いを求めて人々は集います。しかし、主イエス以外に私たちを救う者はいないとペトロは裁判の場で語りました。今日は<私も>、主イエス以外に私どもを救いうる方はいないと<証言します>。

 かつて私はサラリーマン生活をしていました。ある時、仕事でセミナーに出席していました。講師の話を聞いているとき、咳が出てきたのでハンカチを口に当てました。何回か咳をした後ハンカチを見てみると血がついていて、頭が真っ白になりました。死ぬことへの恐れが一気に心に満ちたのです。その日はうつろな心で帰宅しました。

 その当時、私は教会に行っていました。私は救いを求めていました。生きる喜び、生き甲斐、幸せを求めていました。しかし<死の恐れ><空しさ>がいつも私の頭に重くのしかかっていました。いつか死ぬことを思うとすべてが空しく感じました。それでも生きるために生活しなければなりません。そんな中での出来事です。

 私は自分の体に悪いと知っていながら、タバコをやめられないでいました。朝起きると、いつも吐き気があり、しょっちゅう、咳をしていました。自分は、神様から与えられた体を傷つけている、そう思いました。いや、悪いと分かっていながらタバコをやめない頑なさに対する神の裁きが自分の身に起きたのではないか、と震えおののきました。預言者イザヤが、神の現臨に触れ、自分は滅びるばかりだと語っていますが、私も、自分の体に具合の悪いところがあって、死んだとしても仕方がないと思いました。私は突然、<お前は罪人だ>という声を天から聞いたような気がしました。

 そしてどうしたらいいのか、と考えましたが、ああ、そうか、主イエスの十字架は、私たちの罪のためであったと礼拝の説教で聞いたことを思い起こしました。自分が罪人であることは確かだと思いました。神から管理を任されているこの体を傷つけているのです。弁明する気にもなりませんでした。タバコに手を出す気持ちは吹っ飛びました。会社の同僚は、私がタバコを吸わないのを見て不思議に思ってくれました。その時は、何が自分の身に起きたのか、話す気持ちにはなりませんでした。そうこうしているうちに、礼拝の説教でマルタとマリアの話を聞きました。

「必要なことはただ一つだけである」

、それを聞いて、洗礼を受ける決心をしました。

 それ以降、私の中に一つの確信が生まれました。自分が罪人であることほど確かなことはないとさえ思いました。神の存在は時に分からなくなることがあるかも知れませんが、自分が罪人であることは、あたかも心の中に焼き印を押されたかのごとく、変わることのない事実となりました。私が必要としたのは、この罪からの救いです。この罪からの救い、これは主イエスだけが与えてくれる救いです。使徒ペトロは語りました。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい」(使徒2:38)。

罪からの救いは、主イエス以外に与えられません。この方だけが、私たちを罪から救ってくださいます。主イエス以外に、私どもを救いうる方はいないと<私は証言します>。

 主イエスは、

「わたしはよい羊飼いである」

とおっしゃいました。主イエスが、<よい羊飼いである>ことを私は証言します。

私は<空しさ>からの救いを求めていました。何をしたら、空しさから解放されるだろうか、と考え、色んなことをしましたが、何一つ私の心を満たしてくれませんでした。心ひかれて読んだ本があります。それはキルケゴールが書いた

「貧しき福音」

という本です。彼は哲学者として知られていますが、牧師でもありました。その本は、イエス・キリストについて書いてあります。この本は今手元にないので、何が書いてあったかはうろ覚えです。

パウロは、

「キリストは御自分の満足をお求めになりませんでした」

と語っています。人はだれでも自分の満足を求めて生きているのにキリストはそうなさらなかった。それどころか、人のために自分の命を捨てられました。そういうイエス・キリストの生き方をその本から教えられました。

そして思いました。空しさからの救い、それは自分が何かをしたり、自分が何かを手に入れることでは与えられない、むしろ、自分を与えることによって心は満たされるのではないか、と考えるようになりました。イスラエルには死海という湖があります。川がこの湖に注ぎますが、この湖から川が流れ出ることはありません。そのために、この湖の塩分が高く、生物が住めません。死の湖です。与えることにこそ、心の満足があることを教えられました。

 詩篇の四篇にこうあります。

「人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。それにもまさる喜びを/わたしの心にお与えください」。

麦とブドウの収穫の喜び、言い換えると、この世のものから与えられる喜びを指します。私の心は、この世のものでは満たされないことを知りました。

それで、聖書をもっと知りたいと思って神学校に行きました。牧師になるつもりで神学校に行ったわけではありませんが、卒業するときは牧師になるのが自然という気持ちになっていました。そしてそれ以来、牧師の働きを続けています。

 主イエスは、よい羊飼いです。主イエスはおっしゃいました。

「わたしは羊のために命を捨てる」。

主は十字架で私のために命を捨ててくださいました。それだけではありません。主は語られます。

「わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである」。

羊である私たちが命を受けるため、豊かに受けるために主イエスは、私の羊飼いとなってくださいます。主イエスは言われます。

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」。

主イエスを信じる者は命が与えられます。そして羊飼いである主イエスの声を聞き分け、主イエスに従います。この命が与えられているから、主イエスを自分の羊飼いとし、この羊飼いに従うようになります。

 詩篇23篇には、羊飼いに従う羊の告白が書かれています。

「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない」。

羊は、羊飼いが自分の魂を生き返らせてくださることを知っています。羊飼いの声を聞いて、これに従う、これにまさる喜びはないのです。主に従い、主に倣い、自分の命を捧げる、ここに真の充実があると知りました。

 信仰を持つ前、死を恐れていた私の心には一つの願いがありました。そのためなら自分の命を捧げても惜しくない、そういうことのために生きていきたいとの願いがありました。神さまは、この願いをかなえてくださいました。主イエスは、福音を宣べ伝えるという使命を私に与えてくださいました。私のために命を捨てられ、わたしを導き、使命を与え、日々導きを与えてくださいます。主イエスは、よい羊飼いであると<私は証言します>。

 聖霊なる神は、私たちに<確信><大胆さ>を与えてくれることを<証言>します。主イエスは、約束してくださいました。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける」(使徒1:8)。

力を受けるとの約束です。私は牧師として働き、毎週説教の準備をしました。使徒言行録にはペトロが聖霊に満たされて大胆に語ったことが繰り返し書かれています。

自分の説教に力がないことを知る者にとって、聖霊に満たされて大胆に語るペトロの姿に憧れを覚えます。自分に欠けているもの、それは神に対する確信でした。神は本当におられるとの確信。

 神学校で説教演習の時、説教の指導をしてくださった牧師が言いました。

「神がいるのかいないのか、わからない。神がいる方に賭けて生きている」。

私は共感を覚えました。そしてこの言葉が私の心に留まりました。しかし、

「神がいるのかいないのか、わからない」。

これは偽りの言葉です。偽りの言葉に惑わされていたことに気づき、私は神を求めました。

 

「涸れた谷に鹿が水を求めるように/神よ、わたしの魂はあなたを求める」(詩篇42:2)。

私はよく祈りました。聖霊による力をいただきたいと祈りました。神さまご自身を私に現してくださいと祈りました。み言葉に従って歩みますので、聖霊の導きを与えてくださいと祈りました。み言葉に忠実なる者に聖霊の導き、聖霊の力が与えられると信じて祈りました。祈りは聞かれました。

 神は生きて働かれる神と知りました。聖書は神の言葉との確信が与えられました。聖霊様が共にいてくださることが分かりました。神に対する確信、それは聖書の言葉に対する確信です。聖書は神の言葉との確信です。聖霊様が与える確信です。

信仰者になっても、御子を信じる者には永遠の命が与えられるとの教え、約束は、私の心を死の恐れから解放しませんでした。しかし、聖書は神の言葉であると確信した時、死の恐れが消えました。

「人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。 しかし、主の言葉は永遠に変わることがない」。

神の言葉が真実であれば、永遠の命の約束も真実です。聖霊なる神は、私たちに神の言葉に対する<確信>、そこから生まれる<大胆さ>を与えてくれることを私は<証言します>。

 聖霊の導きは信仰の戦いを勝利に導いてくれることを私は<証言します>。

「霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません」。

信仰生活には戦いがあります。神様のみ心に従いたいと願う心と従いたくないという心の戦いが発生します。聖霊様は私たちに、神さまに従順に生きる力を与えてくださいます。

 ある時、夜の祈祷会の真っ最中に、韓国人女性がやってきました。真剣に訴えるのです。何か困っていると分かります。しかし韓国語で話されるので私は理解できません。韓国語を話せる知り合いの牧師がいたので、電話をして彼女の話を聞いてもらいました。彼女は観光ビザで日本に来て、働いていました。観光ビザで働くのは法律違反です。彼女には弱みがあるのです。雇い主は、その弱みにつけ込んだのです。雇い主は約束した額の報酬を与えないのです。

 それで彼女は困り切って教会に来たのです。力になって欲しいとの訴えです。話をして分かってくれるような雇い主ではないことは分かります。どうしたらよいのか、見当がつきません。雇い主に会うしかありません。自分に相手を説得させる力があるだろうか。相手はこちらを脅すことはないだろうか。不安と無力さに包まれました。困っている人を見捨てることはできません。自分にどれほどの力があるのか、不安です。雇い主のもとに行きたいけど行きたくありません。

 教会には色んな人が訪れてきます。問題を抱えてくる人と関わることを恐れる心にもなります。逃げるわけにも行かず、さりとて喜ぶこともできません。己の弱さを知り、罪深さを知り、情けない気持ちになります。信仰の戦いです。気力を振り絞ってその雇い主の所に行きましたが、相手にしてもらえませんでした。

 この経験を通して、大事なことは、神さまに従順に生きること、神さまの導きに従うことであると知りました。結果は神にゆだねればよいことを知りました。自分の力で問題を解決してあげようとするから、心がおだやかでなくなります。

神さまの導きとして自分にできることをすればよい、と知りました。聖霊様は、神さまの導きに従うための第一歩を私が踏み出すとき、背中を押してくださり、力を与えてくださいます。

「霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません」。

この約束は本当であると私は、<証言します>。

 最後に、主イエスの復活は真実であると<証言します>。復活した主イエスに会ったの、と言われるかも知れません。目に見える形で復活の主に出会ったわけではありません。イエス・キリストを信じる人は、主イエスと共に死に、主イエスと共に復活したと聖書は告げます。主イエスを信じる私は復活しました。罪人の私が死に、神の子としての私に生まれ変わったのです。罪に支配されていた私が死に、私は復活して神の子として、神の恵みの支配の中を生きています。私が神の子として生まれ変わったと信じて生きることができるのは、主イエスが復活されたからです。私が神の子として生まれ変わったと信じて生きることができるからイエス・キリストは復活したと私は<証言します>。

 信仰生活で大切なことがあります。それは信仰者とはいかなる存在であるかを知ることです。信仰者のアイデンティティーを知ることです。イエス・キリストを信じる人は、罪に支配されない存在とされました。新しく生まれ変わり神の子とされました。主イエスと結ばれた人となりました。心に聖霊様が住んでくださる人となりました。心は罪から清められました。

 これが信仰者です。これを信仰者のアイデンティティーと言います。たとえ、このことをあなたが実感できなくても、このアイデンティティーに立つことが大切です。そうすると信仰の土台が固く据えられます。

私たちは罪に支配されない神の子とされ、新しく生まれ変わりました。自分は神の子とされていると考えて行動するのです。そうすると、自分が神の子とされていることが分かるようになります。自分が主イエスと共に復活していることを知ることができます。

 オタマジャクシは、自分には手足がないから蛙ではないと言っても、やがて手が出て、足が出てカエルになります。オタマジャクシはカエルの子、手足がなくてもカエルの子。やがてカエルになります。私たちは主イエスを信じて、新しく生まれ変わり神の子とされました。そして神の子になっていくのです。それは私たちが復活したからです。私は主イエスの復活の証人です。私は、これからも主イエスの証人として成長していきます。皆さんも私に倣って、主イエスの証人として証言しましょう。共に主イエスの証人として証言していきましょう。

祈り
祈り 天の父なる神、 あなたがたの上に聖霊が降るとあなたがたは力を受ける。 あなたがたは私の証人となる、との主イエスの約束を感謝します。 この約束が私たちの身に実現していると信じて感謝します。 私どもを主イエスの証人として用いようとされるあなたをたたえます。 どうか私どもを主イエスの証人として生かしてください。 私どもの語るつたない言葉を、あなたが用いてください。 イエス・キリストの証人としての歩みをあなたにおささげします。 この教会が、イエス・キリストの証人として力強く歩む教会としてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。