今日の聖書で主イエスは

「父の約束されたものを待ちなさい」

と述べています。父なる神様が約束されたものを待ちなさいとおっしゃいました。ところで皆さんは、皆さんの父親が何か約束してくれたことを覚えておられるでしょうか。心に残っている約束があったでしょうか。うれしい約束があったでしょうか。

私は、思い出そうとしましたが、なかなか思い出せませんでした。クリスマスに何かプレゼントを約束してくれたかどうか、覚えていません。両親はクリスチャンではないので、クリスマスプレゼントの記憶はありません。

主イエスは父なる神の約束を語っています。あなたは父なる神様の約束、楽しみですか。あなたは大いに期待したくなりますか。それとも父なる神の約束なんか、関心ありませんか。私は自分の父が約束してくれたことは覚えていませんが、父なる神様の約束には大いに期待したいと思います。天の父なる神さまが約束してくださるものは素晴らしいものに違いありませんから。今日は父なる神様が約束してくださるものがテーマです。

ルカ福音書の説教が終わり、しばらく使徒言行録の説教をします。使徒言行録がルカ福音書の続きだからです。ルカ福音書も使徒言行録も同じ著者ルカが書いたものです。4〜5節。

「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられるからである」。

このように主イエスは語られました。これを読むと、父なる神が約束しているのは、聖霊による洗礼です。ルカ福音書の最後でも主イエスは同じ事を語っています。

「わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい」(ルカ24:49)。

ここでは<高いところからの力に覆われること>とあります。

聖霊による洗礼は、四つの福音書のどれもが語っています。主イエスが活動される直前、洗礼者ヨハネという人が活動していました。彼はこう語っています。

「私は水で洗礼を授けるが、彼は聖霊による洗礼を授ける」。

主イエスは聖霊による洗礼を授ける方であると洗礼者ヨハネは語りました。どの福音書にも、ヨハネが語ったこととして記録されています。ですから、これは大切なものであることが分かります。そして今日の聖書で、まもなくそれが実現すると主イエスは語っています。

私たちは、礼拝で水の洗礼を受けてクリスチャンになります。ヨハネは、主イエスは聖霊による洗礼を授ける方であると述べています。すると、私たちは主イエスから聖霊による洗礼を受けたのか、あるいは、これから受けるのか、という疑問が生じます。そしてそもそも聖霊による洗礼とは何か、という疑問があります。これの答えを得るためには、聖書を読むしかありません。

まず使徒言行録10章。主イエスの弟子たちは、主イエスを宣べ伝える人、使徒とされました。使徒ペトロがカイサリアという町にいるコルネリウスという人の家に行きます。コルネリウスの家では、ペトロの来るのを大勢の人が待っていました。そこでペトロは主イエスのことを語るのです。人々がペトロの話を聞いているとき、人々の上に聖霊が降りました。そして人々は異言を語ったり、神を賛美し始めました。

<異言>というのは、異なる言葉、自分がいつも話すのとは異なる言葉の意味です。異言を語る人は、自分が知らない言葉を語るのです。それは時に外国語であったり、誰も理解できない言葉であったりします。

次は使徒言行録19章。使徒パウロがエフェソの町で洗礼を授けていたことがあります。パウロが洗礼を授けるべく、洗礼を受ける人の頭に手を置いて祈ったとき、その人の上に聖霊が降り、異言を話したり、預言をしたりしたとあります。

さらに使徒言行録の2章。弟子たちが聖霊による洗礼を待ち望んで祈っていると、弟子たちの上に舌の形をした炎のようなものが降り、弟子たちは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに語り出したとあります。それは語っている本人は知らない外国語でした。聖霊が降ると、自分の知らない外国語で話したり、預言を語り出したりする出来事が起きています。

そこで聖霊による洗礼とは聖霊が降り、異言を語ったり、預言を語ったりすることだという理解が生まれます。

コリントの信徒への手紙一12章によれば、聖霊の賜物として異言を語ることができるとあります。コリント教会では、異言を語る人がいました。聖霊が降ったときだけではなく、いつでも異言を語ることができる人がいました

 聖霊に関するもう一つの現象があります。それは<聖霊に満たされる>という現象です。ペトロがエルサレム神殿で主イエスのことを語っていたとき、逮捕されることがありました。そしてペトロは裁判を受けます。

「あなたは何の権威によって、神殿で説教をしているのか」

と尋問されたとき、ペトロは聖霊に満たされて、イエス・キリストの復活を語り、イエス・キリストこそ、救い主であり、この方だけが、救いを与えることができると語りました。その後、イエスのことを語るな、と脅されて釈放されました。

他の弟子たちのところに戻ったペトロは祈るのです。使徒言行録4章。

「『主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか、御手を伸ばし聖なる僕イエスの名によって、病気がいやされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください』。祈りが終わると、一同の集まっていた場所が揺れ動き、皆、聖霊に満たされて、大胆に神の言葉を語りだした」(使徒言行録4:29〜31)。

聖霊に満たされた主イエスの弟子たちは、大胆に神の言葉を語り出したとあります。私たちの礼拝で、司式者が説教者が聖霊に満たされ、神の言葉を語ることができるようにと祈るのは、この出来事が、今ここでも起きるようにとの願いです。

クリスチャンを迫害していたパウロが復活の主イエスに出会ったとき、目が見えなくなりました。その時、アナニアという人物がパウロの頭に手を置いて言います。

「兄弟サウル、あなたがここへ来る途中に現れてくださった主イエスは、あなたが元どおり目が見えるようになり、また、聖霊で満たされるようにと、わたしをお遣わしになったのです」(9:17)。

主イエスはパウロが聖霊に満たされるように願われたのです。そしてパウロは洗礼を受けました。これは水の洗礼です。そしてパウロは聖霊に満たされ、主イエスを宣べ伝える働きを始めました。

聖霊について別な記述もあります。

「神の霊によって語る人は、だれも『イエスは神から見捨てられよ』とは言わないし、また、聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです。これによれば、神の霊、つまり聖霊の導きによって、人は<イエスは主である>と告白するというのです。私たちが主イエスを信じるようになるのは聖霊の働きによるのだというのです。神を信じたい、主イエスを信じたいと願う人は、聖霊の導きを祈るのが近道です。

次のような聖霊についての記述もあります。使徒言行録2章。聖霊に満たされたペトロは、エルサレム神殿で大胆に説教しました。

「だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです」

すると人々は、これを聞いて心を刺され、どうしたらいいのか、ペトロに尋ねました。するとペトロは言いました。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです」。

ペトロは主イエスを十字架につけたことを悔いているイスラエルの人々に、悔い改めて洗礼を受けるように勧めたのです。そして、誰でも洗礼を受ければ賜物として聖霊を受けると言ったのです。

聖霊による洗礼は何なのか、聖書は明確な答えを示していません。洗礼を受ければ賜物として聖霊を受けることなのか、聖霊に満たされることなのか、聖霊が降り、異言や預言を語ることなのか、この三つのうちのどれが聖霊による洗礼なのかは、私には分かりません。分かりませんが、洗礼を受けて信仰者になった人は、賜物として聖霊を与えられていることは確かです。

洗礼を受けた人には賜物として聖霊が与えられます。聖霊は信仰者のうちにおられます。聖霊は神さまです。聖霊なる神が信仰者のうちに住んでくださいます。私たちにとって大切なことは、私たちのうちに住んでくださる聖霊様が与えてくださる恵みを知ることです。私たちは使徒信条を告白するとき、

「われは聖霊を信ず」

と告白します。この告白をするとき、聖霊が私たちのうちに住んでおられること、そして救いの恵みを与えてくださることを信じます、と告白したいです。

聖霊様が与えてくださる第一の恵みは、新しく生まれるということです。

「神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです」(テトス3:5)。

私たちは洗礼を受け、賜物として聖霊を与えられ、新しく生まれ変わります。これが救われるということです。私たちは救われ、神の子に生まれ変わったのです。

聖霊様が与えてくださる第二の恵みは、悔い改めです。十字架につけられる前の晩、主イエスは弟子たちに語られました。

「その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと」(ヨハネ16:8)

とあります。

罪とは、神を信じないこと、主イエスを信じないことです。ここから諸々の罪とされる行いが生じます。聖霊の働きによって、罪を犯す私たちの心は打ち砕かれます。そして自分が罪人であることを思い知らされ、罪からの解放を願うようになります。罪を犯す自分を甘やかすようなことはしなくなります。罪からの解放を憧れるようになります。

聖霊様が与えてくださる第三の恵みは、罪に打ち勝つということです。私たちの心に罪があり、私たちは罪を犯します。神の教えを守ることができないし、守りたいとも思いません。しかし聖霊に導かれるとき、神さまの教えを守りたいと願うようになり、喜んで守るようになります。

これについてパウロは次のように言っています。

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです」(ガラテヤ5:16〜17)。

肉というのは罪から来る思いのことです。聖霊は罪から来る思いに打ち勝つ力を与えてくれます。

聖霊様が与えてくださる第四の恵みは、真理を知ることです。

「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」(ヨハネ16:13)。

聖書の言葉が真理であると知り、聖書の言葉に信頼し、聖書の言葉に立って考え、行動するようになります。自分の命を惜しみ、主イエスを裏切ったペトロは、聖霊を受けてから、命を惜しむことなく、迫害を恐れず、大胆に主イエスを宣べ伝えました。真理を知る者は、確信を与えられ、大胆に信仰に生きることができるようになります。そして真理はあなたを自由にします。

こう考えると、聖霊様が与えてくださる恵みを受けなければ貧しい信仰生活しか送れないことが分かります。私は皆さんにはっきり言います。これらの聖霊様が与えてくださる恵みは、私たちに与えられています!聖霊様が私たちのうちに住んでおられるので、四つの恵みは、与えられているのです。

私たちは信仰者です。これを信じるのです。信じられなければ、この恵みが与えられていると考えて、歩むのです。問題は、この恵みに生きるかどうか、です。これらの恵みが既に与えられていると考えて第一歩を踏み出すことが大切です。一歩を踏み出すと聖霊様が働き、恵みが現実となります。

たとえで言えば、聖霊様は、ガソリンの入った車です。その車は、あなたは車です。ガソリンの入った車は動くのを待っています。あなたが車のキーを使ってエンジンをスタートさせ、アクセルを踏めば車は動きます。あなたは行きたいところに行くことができます。黙って待っているだけでは車は動きません。行きたいところへ行くことはできません。あなたがキーを使ってエンジンを始動させればいいのです。

聖霊の恵みを現実化するには、信じて行動するのです。新しく生まれ変わった者と考え、新しい人として行動するのです。罪から来る思いに打ち勝つことができると考え、第一歩を踏み出すのです。罪を犯したら、罪からの自由に憧れ、祈るのです。聖書を真理の言葉と考え、聖書の言葉を実践するのです。

赤ん坊ははいはいし、つかまり立ちをし、やがて歩くようになります。最初はなかなか歩けなくても、立って歩こうとしてすぐ倒れても、やがて歩きます。聖霊の恵みを信じて一歩を踏み出すことを続ければ、必ず、聖霊の恵みに生かされるようになります。

聖霊による洗礼とは何かは、私には分かりません。聖霊の恵みを受け、その恵みに生かされることが大切であることは知っています。聖霊の恵みは、父なる神様の約束です。父なる神様のプレゼントです。受け取るために手を差し出すのです。そして受け取ったと信じるのです。受け取ったと考えて行動するのです。その時から、あなたは聖霊の人、聖霊の恵みに生かされる人になります。

主イエスは教えられました。

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。また、卵を欲しがるのに、さそりを与える父親がいるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる」(ルカ11章)。

天の父は喜んで聖霊の恵みを与えてくださいます。父なる神さまは、あなたを愛しています。神さまは、あなたを救います。神さまは、海を二つに分けることのできるお方です。神さまは、死者を復活させることのできるお方です。神さまは、あなたを新しく生まれ変わらせることができるお方です。神さまは、あなたを罪から解き放つことのできるお方です。神さまは、あなたをみ言葉を行う人にすることができるお方です。

あなたが聖霊の恵みに生かされること、それがあなたに対する神さまの願いです。神様のみ心があなたの人生で実現しますように。

祈り
祈り どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、 神を深く知ることができるようにし、 心の目を開いてくださるように。 そして、神の招きによってどのような希望が与えられているか、 聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟らせてくださるように。 また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、 どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。 イエス・キリストの御名により祈ります。