5月北陸学院中学の礼拝の奉仕をします。5月の礼拝のテーマは

「出会い」

です。そこで説教テキストは創世記12章を選びました。神との出会い、先生との出会い、友との出会い、これらの出会いがあるわけですが、もちろん神との出会いをテーマに説教をするつもりです。

なぜ創世記12章を選んだのかというと、ここには神と出会ったアブラハム、後に信仰の父と呼ばれるようになったアブラハムと神との出会いがあるからです。創世記12章で神はアブラハムに語りかけます。

「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい」。

神はアブラハムに語りかけました。この神の言葉に聞き従うところから、アブラハムの人生が始まりました。神の声を聞いて人は神と出会います。ヤコブ、モーセ、ヨシュア、ダビデ、エレミヤ、ヨナ 聖書に登場する人物は神の声を聞き、それに応答して信仰に歩みました。

神の語りかけを聞き、これに応答する、これが聖書の告げる信仰です。これは今も変わることはありません。礼拝で説教を聞く、これは何を意味しているのでしょうか。説教を通して神の語りかけを聞き、これに応答して信仰に生きるためです。

私たちは直接、この耳で神の声を聞くわけではありませんが、心で神さまの声を聞きます。信仰を持つ決心をしたとき、苦しいことがあって心が折れそうになったとき、思い上がっていたとき、普通の平凡な生活の中で、私たちは神の声を聞いて信仰に歩みます。皆さんも心の中で神さまの声を聞いて歩んでおられることと思います。私は、マルタとマリアの話の説教を聞いたとき、

「無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである」

との声を聞いて、洗礼を受ける決心を促されました。牧師として働く中で、

「忠実であれ」

との声を聞いて励まされました。日々聖書を読むとき、神さまの声を聞きます。

今日の聖書で主イエスは、弟子たちの心の目を開かれます。それは何のためかと言えば、聖書を悟らせるためでした。それは聖書に書かれていることを理解することを越えて、弟子たちが神の声を聞くためでした。聖書を通して、神の声を聞くためでした。

そして神さまは今も、私たちに語りかけられます。聖霊が働くとき、私たちは聖書の言葉を、真理の言葉、神さまの言葉として聞きます。そして私たちは、この神さまの語りかけに応答します。ここに信仰の歩みが生まれます。聖書が伝える神さまは、私たちに語りかける神です。聖書を通して、神さまの語りかけを聞きます。

今日の聖書で弟子たちは、心の目が開かれ、メシアの苦しみの死、復活の意味を知らされ、イエス・キリストを宣べ伝える者とされていきます。私たちも、心の目が開かれ、聖書を悟る者、神の声を聞き、神さまに応答する信仰に生きるものとされたいと願います。今日も聖書に聞きましょう。

36節。

「こういうことを話していると、イエス御自身が彼らの真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた」。

弟子たちは主イエスの復活について話し合っていました。クレオパともう一人の弟子は、エマオの村に帰るとき、一人の人が近づき共に歩いてくださり、道々、聖書の話をしてくれたこと、そして夕食を一緒にしたとき、その人が主イエスであることが分かったことなどを話しました。また弟子のペトロも復活された主に出会ったことを話しました。主イエスの復活が話題となっていました。

その弟子たちの真ん中に突然主イエスが姿を現したのです。この時の様子がヨハネ福音書ではこう書かれています。

「弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた」(ヨハネ20:19)。

主イエスは突然、鍵のかかっている家の中に姿を現したのです。

今までいなかった人が突然現れるのです。それだけでも驚きます。

「彼らは恐れおののき、亡霊を見ているのだと思った」(37節)。

なぜ弟子たちが亡霊を見ていると思ったかというと、その姿は主イエスだったからです。言うまでもなく、主イエスは十字架の上で死んだのです。死んだはずの主イエスが目の前に現れたのです。主イエスは復活されたという話を弟子たちはしていました。

でもいきなり主イエスが現れ、現れるはずのない方が現れ、恐れおののきました。主イエスの復活について話し合っていたのですから、<あ、復活された主がおいでになった>と考えることはできるのですが、そのように考える余裕はなく、今時の言葉で言えば、超常現象が起きて、震えおののいたということです。

そこで主イエスは言います。

「なぜ、うろたえているのか。どうして心に疑いを起こすのか」(38節)。

主イエスは復活したと弟子たちが話し合っていたところへ現れたのです。なぜ信じないのか、主が咎められたのは無理もありません。このように、それでもなお疑ってしまう、それが私たちでもあります。

そんな弟子たちに主イエスは言います。

「わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしだ。触ってよく見なさい」。

<わたしだ、十字架で死んだが復活したわたしだ>と主イエスは語ります。私に触って確かめなさい、と主イエスは言います。見て、手で触れるのですから、これほどない確かさを与えて主イエスは、御自分が復活したことを弟子たちに信じさせたのです。さらに弟子たちが焼いた魚を出すと主イエスはそれを食べられ、体を持った主イエスご自身であることを示されました。

これだけの確かさを弟子たちは与えられました。この時から50日後のペンテコステの日、弟子たちは語ります。

「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です」(使徒2:32)。

歴史の中で、教会は主イエスの復活を宣べ伝えてきました。そして人々はこれを信じ、そしてまた宣べ伝えました。使徒パウロは

「最も大切なこととして私があなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです」

と語りました。そして私たちもまた主イエスの復活を信じる信仰を与えられました。

主イエスは、弟子たちが御自分の復活を信じたことでよしとはされませんでした。

「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである」(44節)。

確かに主イエスは、弟子たちに話されていました。

「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子について預言者が書いたことはみな実現する。人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、唾をかけられる。彼らは人の子を、鞭打ってから殺す。そして、人の子は三日目に復活する」。

さらに続けて、

「十二人はこれらのことが何も分からなかった。彼らにはこの言葉の意味が隠されていて、イエスの言われたことが理解できなかったのである」(18:31以下)。

そして聖書を悟らせるために、弟子たちの心の目を開いたとあります。心の目が閉ざされているときには見えなかったものが今や見えるようになるのです。隠されていたこと、分からなかったことが分かるようになるのです。聖書が語っていることがわかるようになったのです。聖書は、自分に対する神の語りかけであり、聖書が語ることは、自分にとって意味があること、自分に関係のあることが分かるようになったのです。

心の目が開かれる出来事が使徒言行録に書かれています。使徒パウロが、ギリシャのフィリピの町で主イエスを宣べ伝えていたときのことです。

「安息日に町の門を出て、祈りの場所があると思われる川岸に行った。そして、わたしたちもそこに座って、集まっていた婦人たちに話をした。ティアティラ市出身の紫布を商う人で、神をあがめるリディアという婦人も話を聞いていたが、主が彼女の心を開かれたので、彼女はパウロの話を注意深く聞いた。そして、彼女も家族の者も洗礼を受けた」(使徒16:13〜14)。

リディアという女性の心を神が開かれたので、彼女はパウロの話を注意深く聞き、そして主イエスを信じ洗礼を受けたというのです。心が開かれる、こういうことが実際に起きるんです。

わたしもある時、祈りが聞かれ、神さまは生きて働かれる神であると知り、聖書は神の言葉であると知らされました。私が一番大切にしている聖書の言葉は

「人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない」(ペトロ一1:24)。

神さまの言葉こそ、そして神さまの言葉だけが、信頼できるものであるというメッセージがここにあります。心の目が開かれる、これにまさるものはないほどの祝福です。

ヨハネ黙示録にも心が開かれることについて書かれています。

「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう」。

主イエスが戸口に立ってノックをしているので、主の声を聞いて扉をあければ、主イエスは中に入ってこられるというのです。主イエスの声を聞いて心の扉を開けると主イエスが私たちの心に入ってこられるのです。

つまり私たちが心を開いて聖書に向かう時、聖書が分かる、聖書を悟る、というのです。神さまに対して私たちが心を開く時、神さまが私たちの心を開いてくださるのです。リディアという女性は、神さまを崇める女性で、パウロの話を聞いていました。神さまに対して、心を開いていたのです。主イエスの弟子たちは、主イエスについて行きました。彼らの心は開かれています。それ故、主イエスが心の目を開くことができました。神さまに対して閉ざされている心は、神さまでも開くことができません。

私たちは、他の人に対して心を閉ざしたり、開いたりします。心を開くとはどういうことでしょうか。<相手の言うことを聞いて、相手を理解しようとすること>、それが心を開くと言うことです。他の人が語ることを最後まで聞きます。聞いたことが間違っているとか、おかしいとか、否定しません。相手が、こんなことを思っている、こんな考えを持っていると理解すること、それが心を開くということです。

相手が話しているとき、自分の考えとは違うからと言って、聞くのをやめること、あるいは聞いている振りはするが実際には聞かないこと、これは心を閉ざすということです。相手を理解しようとしないこと、それが心を閉ざすことです。

礼拝では、私たちが心を開いて説教を聞くことができるようにとの祈りがなされます。説教は聖書の説き明かしですから、自分が思ってもいないことや、信じがたいことや、受け入れがたいことを聞くことがあります。聞きたくない、信じられないと突っぱねるのは、心を閉ざした態度です。まずは、聖書はそう言っている、神さまのお考えはそうなんだと心を開いて聞く態度、神さまを理解しようとする態度、それが神に対して開かれた心です。

ですから私たちが心を開くということは、神さまに従う心の用意を持つということです。信仰とは神の語りかけに聞くことであり、神の言葉に応答することです。聖書という書物は、神さまが人間に語りかけたことの記録ということができます。旧約聖書は、神の語りかけを聞いたイスラエルの民がどのように応答したのかが書かれています。その応答は、神さまに従う応答もあれば、神さまに逆らうという応答もあります。逆らうという応答は不信仰となりますので、悔い改めが求められます。悔い改め、これも神さまの語りかけに対する応答です。旧約聖書を読むとき、私たちは信仰がどのようなものであるかが分かっていきます。

弟子たちの心の目を開かれた主イエスは言います。

「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』」。

主イエスはメシアの苦しみ、メシアの復活、罪の赦しを得させる悔い改めがあらゆる国の人々に宣べ伝えられることが聖書、つまり旧約聖書に書かれているというのです。

なぜ救い主が殺されてしまうのか、そして殺されたままで終わらず復活されるのか。その復活にはどのような意味があるのか。復活を信じることにどんな意味があり、信仰にとってどんな利益があるのか。それが旧約聖書から教えられるというのです。

今や、心の目が開かれた人は、救い主の苦しみと死、復活、罪の赦しを得させる悔い改めを宣べ伝えること、これらが聖書に書いてあると知るのです。今や、神はイスラエル民族の神ではなく、すべての人の神であることが知らされるのです。福音とは、罪の赦しを受け、罪を取り除かれ、新しく生まれ変わって生きることであると知るのです。神の民として生きることに失敗し、神の前に罪を犯し続けたイスラエルの民。今やメシアを通して神は罪の赦しを与え、罪からの解放を与えます。すべての民が罪の赦しを受け、新しい命を与えられて生きるようになります。神はイスラエル民族の神ではなく、すべての人の神となられるのです。

このことを知った人は、悔い改めを宣べ伝える人となります。心の目を開かれた人は、人類を救おうとする神様のみ心を知り、それに応答するようになるからです。神さまの声を聞いて生きるなんて、素敵です。そう思いませんか。神さまが本当におられることが分かれば、人に伝えたくなります。そう思いませんか。私が罪赦され、神に愛され、自分自身を喜ぶことができる、最高です。そう思いませんか。神さまと心を一つにすることができる、光栄です。そう思いませんか。

信仰とは、神さまの語りかけを聞いてそれに答えることです。私たちが心を開いて神さまに向かう時、聖霊は私たちを導き、神様の心を悟らせてくださいます。神さまの声が聞こえるようになります。神さまは、交わりの相手として私たちを求められるのです。だから、私たちに語りかけられるのです。

主イエスが弟子たちの心の目を開かれたのは、聖書を悟らせるため、つまり神さまの語りかけを聞いて、神さまに応答して生きるようになるためでした。主イエスは弟子たちに約束しました。

「父が約束されたものをあなたがたに送る」(49節)。

これは聖霊のことです。この聖霊が、私たちに神の語りかけを聞かせてくれます。そして神さまに応答して生きる力を与えてくれます。

神さまは人格を持った神さまで、私たちに語りかけられる方です。神さまの語りかけを聞くとき、神さまとの出会いが与えられます。主イエスは語りました。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う」。

信仰とは、神の語りかけを聞いて生きること、神さまとの交わりに生きることです。神さまとの交わりに生きる人は賛美します。

主よ、私の手を取り、私と共に歩んでください。
あなたこそ光、私の目を見えるようにしてくださいます。
あなたが導かれる道を私は歩きます。
羊飼いである主よ、私と共に歩んでください。
あなたこそ私の希望、あなたと結ばれて私は生きていきます。

祈り
祈り 御子を遣わし私たちに命を与えられる主なる神、 あなたをたたえます。 父なる神、あなたのみ声を聞かせてください。 時には静かにささやくあなたのみ声、 時にははっきりと聞こえるあなたのみ声、 あなたの声を聞いて、生きていきたいです。 聖霊の導きを与え、み声に聞き従う者とならせてください。 あなたの語りかけを聞いて生きる信仰に歩みます。 生きて働くあなたを賛美する者とならせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。