今日の聖書には、復活された主イエスに出会っても、主イエスであることに気づかない二人の弟子が登場します。彼らの目が遮られていたとあります。復活した主イエスに気づかなかったので、弟子たちに問題があったことが分かります。彼らの目が遮られていたのです。

まだ主イエスを救い主と信じていない人は、復活を信じることができないかも知れません。信じることのできる日の到来を祈ってください。私ども信仰者は、主イエスの復活を信じています。そもそも神を信じるとは、全能の神を信じることです。礼拝の都度、使徒信条を告白し、

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」

と告白しています。天地を造られた神、全能の神、しかも人間を造られた神が、死者を復活させることができるのは当たり前です。私たち信仰者は、主イエスが十字架で死にましたが、復活されたことは信じています。それでもなお、私たちの目が遮られていることがあるのではないでしょうか。

聖書には、主イエスの復活を信じる人には、三つの恵みが与えられることが書かれています。私どもは三つの恵みをいただいて生きているのでしょうか。私たちの目が遮られていて、これらの恵みを受け取ろうとしていない、あるいは受け取れないでいるということがあるのではないでしょうか。

第一の恵みはこれです。

「口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです」(ローマ10:9〜10)。

主イエスを信じて義とされ、罪赦されるという救いの恵みは、多くの信仰者が受け取っています。説教でもよく語られています。

第二の恵みはこれです。

「しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました」(コリント一15:20)。

主イエスだけではなく、私たちも復活するという救いの恵みです。さらに聖書にはこう書かれています。

「死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。『死は勝利にのみ込まれた』」。

私たちは朽ちないものを着て、復活する、これが救いの恵みです。死に対する勝利という希望が与えられます。

第三の恵みはこれです。(テトス3:5)。

「神は、わたしたちが行った義の業によってではなく、御自分の憐れみによって、わたしたちを救ってくださいました。この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、新たに造りかえる洗いを通して実現したのです」(テトス3:5)。

私たちは聖霊によって新しく生まれます。それは復活の命をいただくからです。新しく生まれる、これが主の復活がもたらす第三の恵みです。

新しく生まれた人は、聖書の言葉、神の言葉によって歩みます。聖書の言葉に基づいて考え、行動します。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩篇119:106)。

これがその人の告白です。み言葉を行う人になります。さらに主イエスに従い、主イエスに似る者となることがその人の願いであり、喜びです。これが、聖霊によって新たに生まれ、神の子とされた人です。

この第三の恵みをいただいて信仰の歩みをしている人は必ずしも多くはありません。説教者がこの恵みを語らないことがあります。あたかもこの恵みを説教者が知らないかのように思えます。以上三つの恵みに対して、私たちの目が遮られているということがありはしないでしょうか。今日の聖書は、遮られて見えなかった目が開かれる物語です。

今日の聖書には、エマオという村に向かって歩いている二人の弟子が登場します。二人の弟子の家がエマオという村にあると思われます。この二人が話し合いながら歩いているときに主イエスが近づきます。彼らはそれが主イエスだと気づきません。目が遮られていたからと理由が示されます。

主イエスは二人に尋ねます。

「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」(17節)。

すると二人は、

「ナザレのイエスのことです」

と語り、さらに続けます。

「この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります」。

二人の弟子は、主イエスが、イスラエルを解放してくださるという望みを抱いていました。イスラエルはローマ帝国の支配下にあります。イスラエルはこれまで何度も強大な国の支配に甘んじてきました。アッシリア、バビロン、ペルシャ、ギリシャ、シリア、そして今はローマ帝国です。イスラエルの民は、イスラエルという国家の独立をもたらす救い主を待ち望んでいました。そして主イエスこそ、その人であるとの望みをこの二人の弟子は抱いていたのです。

しかし主イエスは十字架で死に、三日が過ぎましたが何も起きません。二人にとって、イスラエルの解放という望みは砕かれたのです。二人が暗い顔をしていたのはそのためです。

二人はさらに続けます。

「ところが、仲間の婦人たちがわたしたちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、遺体を見つけずに戻って来ました。そして天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした」(22〜24節)。

主イエスの弟子たちは、婦人たちが語ったことはたわごとと片付けてしまいました。この二人の弟子は、希望を絶たれ失意のうちに、以前の生活をするためにエマオに帰る途中でした。

しかし主イエスは彼らに近づきます。救いの恵みを知らずに終わって欲しくなかったからです。二人の弟子も、主イエスの直弟子の11人の弟子たちも、婦人たちの報告を受け付けませんでした。にわかには信じられなくても、前向きに受けとめることはできたのです。本当かも知れない、そう思って婦人たちの言葉に耳を傾けても良かったのです。目が遮られていると、見ても見ず、聞いても悟らない結果になってしまいます。

主イエスは、私たちの目が遮られて救いの恵み、復活の恵みを知らないままで終わることを願っていません。だからこうして、聖書の説き明かしである説教が今もなされています。説教者は主イエスに召され、救いの恵み、主の復活の恵みを宣べ伝えます。遮られた目の開かれることを願い、聖霊の導きを祈って説教をしています。

主イエスは、二人の弟子に厳しいことを語ります。

「ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか」。

この主イエスの言葉に、弟子たちを咎める厳しさを感じることができるのではないでしょうか。

「物わかりが悪く、心が鈍い」。

主イエスの口調は厳しいです。神を信じると言いながら、なぜ聖書を知ろうとしないのか、聖書を学ぼうとしないのか、愚かな者たち、心の鈍い者たちと、述べているかのようです。

信仰生活において大切なことは、聖書に学び、聖書が伝えることを信じることです。聖書を知ろうとせず、学ぼうとしない人は、神を信じるといいながら、何を信じるのでしょうか。何を神に期待するのでしょうか。この二人の弟子のように自己流の希望を抱き、失望に終わるのではないでしょうか。主イエスは、二人に近づきました。聖書が告げる救いの恵みを知って欲しいからです。主イエスは今も説教を通して、あなたに近づいてくださっています。

主イエスは、27節。

「モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された」。

この場合の聖書とは、旧約聖書のことです。主イエスが具体的に何を語られたのかは、分かりません。主イエスは、メシアが苦しむことを述べている聖書の箇所を列挙したというよりも、聖書はそもそも何を伝えているのかを話されたのではないかと思います。

聖書が伝えることを知るとき、メシアが苦しみを受けることが理解されてくるのです。メシア、救い主が苦しみを受けることについては、イザヤ書53章に書かれています。しかしここだけです。ですから主イエスは、旧約聖書が全体として何を告げているのかを説明されました。

旧約聖書全体は何を語っているのでしょうか。それを5分や10分で話すのには無理がありますが、要約することはできます。私たちが持っている聖書は、旧約聖書と新約聖書からなっています。主イエスの時代には、旧約聖書しかありませんでした。新約聖書は、主イエスが救い主であることを語る書物だからです。旧約は古い契約を意味し、新約は新しい契約を意味します。

信仰とは、神さまとの<契約>に生きることです。この契約とはどんな契約でしょうか。もし契約という意識がなく信仰生活をしているなら、あなたは、聖書が教える信仰に生きていると言えるのかどうか、考えてもよいのではないでしょうか。

契約とは、お互いに相手に約束し、破らないと誓うことです。神は約束します。

「わたしはあなたの神となる」。

人は約束します。

「わたしはあなたの民となる」。

旧約聖書は、イスラエルの民が、

「私たちはあなたの民となります」

と約束、誓ったことを伝えています。イスラエルの民は、神の民として歩むことを神に誓ったのです。そして神は彼らの神となると約束されました。旧約聖書は、神の民イスラエルがどのように歩んだかを示すものです。そこには、神とイスラエルの民の間の物語があります。

この物語の中心にあるのは、イスラエルの民が、神を主なる方と知ることにあります。たとえば、エジプトで奴隷として苦しんでいたイスラエルの民は救いを求めて神に祈りました。神はモーセを指導者に選び、イスラエルの民を救うことを語り、こう語られました。

「そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。あなたたちはこうして、わたしがあなたたちの神、主であり、あなたたちをエジプトの重労働の下から導き出すことを知る」。

イスラエルの民が、神の民となること、神は彼らの神となること、イスラエルの民は、主なる神を知るようになると神は語られました。神を信じるとは、神が主なる神であることを知ることです。

エルサレム神殿を建設したソロモン王は、献堂式においてイスラエルの民に語りかけました。

「わたしたちの神、主は先祖と共にいてくださった。またわたしたちと共にいてくださるように。わたしたちを見捨てることも、見放すこともなさらないように。わたしたちの心を主に向けさせて、わたしたちをそのすべての道に従って歩ませ、先祖にお授けになった戒めと掟と法を守らせてくださるように。主の御前でわたしが祈り求めたこれらの願いが、昼も夜もわたしたちの神、主の御もと近くに達し、日々の必要が満たされ、この僕と主の民イスラエルに御助けが与えられるように。こうして、地上のすべての民が、主こそ神であって、ほかに神のないことを知るに至るように」(列王記上8:57〜60)。

<こうして、地上のすべての民が、主こそ神であって、ほかに神のないことを知るに至るように>。ここに神の民イスラエルの生きる目的が示されます。

天地を造り、人間を造られた神は、人間が、主こそ神であって、他に神のないことを知ることを願っていると聖書は語ります。神が主なる方であることを知る、これが人の生きる目的です。ところがイスラエルの民の歩みは、神を主とする歩みではありませんでした。彼らは神を信じるといいながら、偶像礼拝を行いました。自分の願いを聞いてくれることを神に期待したのです。つまり自分の願いを聞いてくれる神を心の中でつくったのです。これは

「私以外のものを神としてはならない」

という十戒の戒めに背くものでした。

罪を犯すイスラエルの民は、外国の強大な国家の支配に甘んじる苦しみを味わい、挙げ句の果てに滅びました。ローマ帝国によって神殿は破壊され、完全に滅びました。神の民、イスラエルにはどこに希望があるのでしょうか。神の民イスラエルは、人類の歴史の中で犠牲の供え物となりました。

イスラエルの民は、罪を犯し、神に裁かれ、国家が滅びました。彼らの歩みは、罪を犯す者は、神に裁かれ、滅びることを全世界に知らしめる歩みでした。 (繰り返す)彼らの歩みは、いけにえとしての歩み。それは諸国民に神の救いを与えるためでした。イスラエルの民の歩みは、主イエスを指し示しています。主イエスが十字架の上で、いけにえとしての死を遂げたのは、人々を罪から救うためでした。神の民イスラエルの苦しみと滅亡、それはメシアの苦しみを指し示しています。旧約聖書は全体として、メシアの苦しみを述べているのです。このことを主イエスは二人の弟子たちに語られたのです。

主イエスの復活は何を意味しているのでしょうか。イスラエルの民の歴史は、人は罪を犯し、神の怒りを受けるしかない存在であることを示しています。罪からの自由こそ、人の救いです。それはどのようにして可能となるのでしょうか。メシアが犠牲の死を遂げ、罪の赦しを与え、メシアが復活し、信じる者に新しい命を与え、生まれ変わらせることを通して、人は救われるのです。

生まれ変わることを通して、人は主なる神を知り、神の民として生きることができるのです。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」

と告白し、聖霊の力を受けて、神の言葉に歩むのです。

二人の弟子は、主イエスから聖書の説明を受けたとき、心が燃えていたことに気づきました。罪からの救い、罪からの自由をメシアがもたらすことを知ったからです。彼らは聖書に何が書かれているのかを悟り、心が燃えたのです。聖書は神の言葉であり、真理であると悟る感動。静かな感動ですが、聖書に対する深い確信です。感動と確信が心に満ちました。

そして主イエスと食事を共にしたとき、それが復活の主であることに気づきました。聖書を知ったとき、彼らの目が開かれ、彼らは目の前にいるのが、復活された主イエスであると知りました。

人生は旅です。それは主なる神を知る旅です。私たちは旅行会社が用意した旅をすることがあります。その時、私たちは安全で不都合なことが何一つない快適な旅を期待します。もし不都合が生じれば、旅行会社に文句を言うでしょう。しかし本来、旅というものは、危険もあるし、不都合なことも起きるものです。それでいて思いがけない人との出会いとか、思いがけない経験をします。そこに人は旅の醍醐味を感じ、旅を喜びとします。

信仰生活もまた旅です。この旅は、神さまが共にいてくださる旅ですが、安全で不都合なことが何一つ起きないことは保証されていません。この旅では、色々なことが起きますが、一つ確かなことがあります。私たちは、神が主なる方であると知るようになるということです。聖書は、この旅のガイドとなります。

聖書を知らずして、信仰の歩みはあり得ません。主イエスは、

「物わかりが悪く、心が鈍く、聖書全体が語っていることを信じられない者たち」

と私たちにも厳しく語っておられます。同時に主イエスは、二人の弟子に近づかれたように、私たちにも近づいてくださり、聖書の説明をしてくださっています。主イエスは説教者を召し出し、説教者を通して、聖書を解き明かされるのです。

聖書を知るとき、私たちの目が開かれます。救いの恵みが何であるかを知るようになります。主イエスの復活の命を私たちがいただき、神の子として生まれ変わって、神さまの言葉に立って、罪から自由にされて生きるようになります。神さまが主なる神であることを知るようになります。こうして私たちの人生は、神と共に歩む物語となります。主を知り、主を証しする旅としての人生を私たちは歩みます。聖書を知ると、目が開かれ、信仰の世界がどのようなものであるかを知らされます。喜ばしい信仰の歩みが始まります。

祈り
祈り 天の父なる神、私どもを憐れみ、 私どもの心が聖書に向かうように助けてください。 聖書を学んでこそ、 私どもの信仰が確かなものとなることを教えてください。 聖書を学び、心が燃える体験を味わうことができますよう、 憐れんでください。 聖書に対する静かな感動、深い確信を与え、 信仰に生きるものとしてください。 あなたが主なる神であることを知ることができますように。 私たちに語りかけられるあなたを崇めることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。