今日の聖書で輝く衣を着た人たちは言いました。

「あの方は、復活なさったのだ」。

あの方とは、主イエスのことです。墓に来た女たちに向かって、天使は宣言したのです。

「イエスは復活しました」。

これは良き知らせです。

良き知らせは、宣言されます。これを福音宣言と呼びたいと思います。聖書には福音宣言が豊かに記録されています。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ(3:16)。
「人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです」(ローマ3:23〜24)。
「神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(コリント一10:13))。
「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ」(ヨシュア1:5)。
「わたしの目にあなたは価高く、貴く/わたしはあなたを愛している」(イザヤ43:4)

聖書には、このように喜ばしい宣言が福音として私たちに与えられています。これらの福音宣言は、人間が考え出したものではありません。人間に対して語られるものです。神さまが人間に語られるものです。私たちはこの福音宣言を<聞いて信じます>。

聞いてすぐ信じることができるとは限りません。

「主イエスは復活した」

との宣言は、主イエスの弟子たちは聞いても信じませんでした。私たちだって、イエスは十字架で死に、三日目に復活したと聞かされても、そうですか、そうですね、と信じることができるわけではありません。主イエスの復活にどのような意味、意義があるのか、それを教えられるとき、信じることへ導かれます。福音宣言は、信仰への招きとして、私たちに与えられています。今日も聖書に聞きましょう。

「そして、週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って墓に行った」。

婦人たちが主イエスが葬られた墓に行きました。主イエスの遺体に香料を塗るためです。当時の墓は、横穴式になっていて、入り口に大きな石でふたをします。女性の力では、その石を転がすことはできません。マルコ福音書では、婦人たちが

「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」

と話し合っていたと書かれています。

墓に来てみると、石が墓のわきに転がしてありました。<変だわ>と婦人たちは思います。誰が墓の石を転がしたのでしょう。一体何のために。誰か主イエスの遺体に香料を塗るために墓の中に入っているのでしょうか。

誰かが中にいると思うと不安になりますが、<ねえ、お墓の中に入ってみましょうよ>と声を掛け合って婦人たちは中に入りました。すると主イエスの遺体が見当たりません。

「なんで」
「おかしいわね」。

婦人たちは不思議に思いました。そして墓の外に出ます。

「変だわ」。
「そうね、どう考えても変だわ」
「これからどうする?」
「どうするって」

と途方に暮れていると、突然、輝く衣を着た二人の人がそばに現れます。

この二人の出現に婦人たちは恐れを感じました。これはただ恐くなったというより、得体の知れない存在が近くに現れたときに感じる恐れ、あるいは、神さまがそばに現れた時に感じるおそれということができます。それ故、婦人たちは、地に顔を伏せました。この二人は、神の使い、天使ということができます。

彼らは言います。

「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」。
「何ですって、復活?」。
「イエス様は亡くなられたのに、復活ですって?」
「どういうこと」。

石が転がっていて

「変だわ」

主の遺体がなくて

「変だわ」

二人の天使が言うこと、

「ますます変だわ」。

戸惑っている婦人たちに二人は言います。

「まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか」。

婦人たちは、主イエスの言葉を思い出します。婦人たちは互いに言い合います。

「そうね」
「そうだわ」
「イエス様は三度もそうおっしゃったわね」。
「確かに、罪人の手に渡され、十字架につけられたわ」
「そうなると次は?」
「イエス様は言われたわ。三日目に復活すると」。
「すると何、イエス様が本当に復活されたっていうこと?」。
「そうすると、変だと思ったことが、変でなくなるわね」。
「そう、つじつまが合うわ」。
「復活されてお墓の外に出たから、石が転がっているのよ」。
「遺体がないのは当然ね」。
「イエス様がおっしゃったように、復活されたのよ」。
「イエス様は復活されたんだわ」。

婦人たちの心には喜びが突き上げてきました。

「いそいで皆に知らせましょうよ」。

女性たちは、主が復活されたと聞いて、信じたのです。

「信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです」

とあるように、<主イエスは復活した>との福音宣言を天使から聞いて、婦人たちは信じたのです。聞いて、信じたのです。信仰は聞くことから始まります。

9節。

「そして、墓から帰って、十一人とほかの人皆に一部始終を知らせた」。

婦人たちは弟子たちのもとに行き、一部始終を語ったのです。

「使徒たちは、この話がたわ言のように思われたので、婦人たちを信じなかった」(10節)。

使徒たち、つまり弟子たちは婦人たちが語ったことを聞いたのに、信じなかったのです。婦人たちは一部始終を知らせたと、ルカはあっさりと書いています。でも婦人たちが墓で経験したことは、心が躍るようなことでした。たわごととあしらう弟子たちに婦人たちは次のようにさらに語ったと想像します。

「ねえ、私たちは、嘘や冗談を言っているのではないわ」
「お墓に行ったら、石が転がしてあったのよ。変だと思わない?」
「お墓の中に入ったらイエス様の遺体はなかったのよ。変だと思わない?」
「天使が現れて、イエス様は復活なさったと言ったのよ」
「天使が現れる、こんなことあり得ると思う? でもあったのよ!」
「私たちは夢を見ているのでもないし、狐や狸に化かされているのでもないわ」
「天使が現れたから、恐れを感じて、地にひれ伏したわ」
「天使は言ったわ。まだガリラヤにおられたころ、お話しになったことを思い出しなさい。人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか」
「これどう思う? 何とも思わない?」
「イエス様は、三回、『罪人の手に渡され、苦しみを受け、殺され、三日目に復活する』とあなたたちに話されたでしょ?」
「あの人が天使でなければ、どうして、イエス様が三度語った言葉を私たちに語れると思うの?」
「<イエス様が捕まり苦しみを受け、十字架で殺される>、ここまでは実際にその通りになったわ」
「とすれば、三日目に復活する、というイエス様の言葉はどう考えたらいいの?」
「私は信じるわ」
「イエス様の言葉を信じないの?」
「いくらイエス様の言葉でも、復活は信じられないというの?」
「それなら、イエス様の言葉を結局は信じないことになるわね?」
「私たちの言うことをたわごとと言うなら、言ってもいいわ。でも、私たちは夢を見ていたのではないわ」。
「イエス様が復活したと考えるなら、つじつまの合うことを経験したのよ」
「これらのことをなかったことにするなんて、おかしいわ」。
「私たちが女だから、私たちの言葉を軽んじているの?」。

結局、弟子たちは、婦人たちの言葉を聞いても、少しも心を動かさなかったのです。婦人たちが<変だと思わないの?>と言っても、たわごととあしらいました。天使が現れたかどうかは別として、イエス様の語った言葉を婦人たちに語ることができる人って、誰だろう?という疑問を持ちませんでした。イエス様が、三度語った言葉が、殺されるところまでは実現しているのに、三日目に復活するところは信じない、それは言い換えれば、主イエスの言葉を信じないということです。

主イエスは弟子たちにこう語られたのです。

「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている」(9:21)。
「この言葉をよく耳に入れておきなさい。人の子は人々の手に引き渡されようとしている」(9:44)。
「今、わたしたちはエルサレムへ上って行く。人の子について預言者が書いたことはみな実現する。人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、唾をかけられる。彼らは人の子を、鞭打ってから殺す。そして、人の子は三日目に復活する」(18:31〜34)。

主イエスは苦しみを受け、殺され、三日目に復活されると弟子たちに語ったのです。そして苦しみを受け、殺されることは既に起きたのです。そして今、復活されたと、天使から聞いた、と婦人たちが告げたのです。

弟子たちの心は頑なです。神さまの御業に対して心が開かれていません。聖書には、だれもが目を見張るような奇跡、神の業が記録されています。主イエスが行った病人のいやしなどは、否定しようもない神のみ業です。

神さまの御業は、いつも目を見張るものとは限りません。私たちがつい見落としてしまうこともよくあります。見落とさないためには、神さまの御業に対して心が開かれている必要があります。そして神さまの言葉に対して、心が開かれている必要があります。

ここでは、弟子たちはイエスの言葉に対して、心を閉ざしています。主イエスは、御自分が苦しみを受け殺され、三日目に復活すると語られました。苦しみを受け、殺される、ここまでは実際に起きました。そして今や、復活したと婦人たちが告げたのです。主イエスの言葉が実現したのです。でも復活なんてあり得ないと思う心が、婦人たちの知らせをたわごととしてしまいました。

弟子たちに少しでも謙虚な心があれば、神さまに対して開かれた心があれば、天使が現れたことや復活について、すぐには信じられなくても、<変だと思わない?>という婦人たちの思いを受けとめることができたと思います。主イエスの<苦しみを受け、殺され、三日目に復活する>との言葉を受けとめれば、もっと別な態度を弟子たちは取ったのではないかと思います。婦人たちの語ったことが本当かどうか、前向きに受けとめることができたと思います。

結局、自分が信じられないことは信じないという態度です。主イエスの復活を示すしるしはあったのです。転がった石、遺体のない墓。これらは主イエスの復活を指し示しています。輝く衣を着た二人が、御自分の死と復活を予告したイエスの言葉をどうして語ることができたのでしょうか。もし見る目があるなら、聞く耳があるなら、婦人たちの言葉を聞いて、たわごととは言わなかったと思います。神がイエスを復活させた神のみ業に対して、心を開いておくことができたと思います。

12節。ペトロは、立ち上がって墓へ走って行ったと書かれています。婦人たちの話しを聞いて、聞き捨てにできなかったのでしょう。彼は驚きながら帰ってきたとあります。驚く、という反応は、時間と共に消えていきます。墓に行き、ペトロは主イエスの復活のしるしを見たのです。石が転がり、遺体がないのに驚いただけなら、婦人たちの話を結局は信じていないのです。

主イエスは復活された、今日の聖書が語る福音宣言です。福音宣言は人間が考え出した言葉ではなく、神さまが宣言される良き知らせです。それは人間の思いを越える良き知らせです。自分が信じられないことは信じないという態度はかたくなな態度と言わざるを得ません。

主イエスは人間のかたくなな態度について、いや、神を信じる者のかたくなな態度についてこう言われました。

「イザヤの預言は、彼らによって実現した。『あなたたちは聞くには聞くが、決して理解せず、/見るには見るが、決して認めない。この民の心は鈍り、/耳は遠くなり、/目は閉じてしまった。こうして、彼らは目で見ることなく、/耳で聞くことなく、/心で理解せず、悔い改めない。

私たちもまた主イエスの復活を聞いています。使徒パウロがギリシャのアテネで、主イエスの復活を宣べ伝えたとき、アテネの人々は、嘲笑いました。復活を信じるなんて愚かに見えたのです。現代でも、復活を信じることは愚かに見えるでしょう。しかし、イエスは復活した、これは福音宣言です。福音宣言は人間が考え出した言葉ではなく、神さまが宣言される良き知らせです。それは人間の思いを越える良き知らせです。

主の復活を示すしるしは、見る目があれば、聞く耳があれば、私たちの周囲にいくらでもあります。教会の存在は、主イエスの復活を指し示すしるしです。何故なら、教会は<主イエスは復活した>と弟子たちが宣べ伝え、これを信じた人々の群れだからです。歴史の中で、教会は主イエスの復活を宣べ伝えてきました。教会が存在する、それは主イエスの復活を指し示すしるしです。もし復活がないなら、教会は消滅していたことでしょう。

主イエスを信じる人たちが聖書を神の言葉と信じ、聖書の言葉に立って物事を考え、行動するようになる、これも主の復活のしるしです。主イエスを信じる人は、主イエスの復活の命をいただき、新しい人、神の子として生まれ変わって生きるからです。福音宣言を受け入れた人は生き方が変えられます。

教会の礼拝で毎週説教がなされています。説教の聞き手は、案外、語られることを<たわごと>と受けとめているのではないか、と私はひそかに思っています。説教を聞きっぱなしにすることがあるとするなら、それは<たわごと>としているに等しいのです。神さまは、福音を伝えるために説教者を立てて語らせているのです。神さまは、天使を通して婦人たちに語ったように、神さまは説教者を通して語っておられるのです。

主イエスを裏切ったペトロは、復活の主と出会い、迫害を恐れずにイエスを宣べ伝える人にされました。クリスチャンを迫害していたパウロも復活の主と出会い、イエスを宣べ伝える人にされました。復活の主イエスと出会った人は、変えられるのです。そして今も、私たちの周りに、復活の主と出会って変えられている人がいます私たちが見る目を持つなら、聞く耳を持つなら、復活の主の働きを知ることができるのです。

今日の聖書で、弟子たちは主の復活を信じませんでした。やがて復活された主イエスは、弟子たちに救い主が苦しみを受けて死ぬこと、復活されることを教えられ、弟子たちは、主の復活を信じるようになりました。弟子たちは主の復活を宣べ伝え、教会が主の復活を宣べ伝えてきました。教会は、主の復活を聞き、これを宣べ伝えてきました。

信仰は聞くことから始まります。礼拝で福音宣言を聞き続ける中で、信仰が生まれます。信仰は聞くことから始まります。

祈り
祈り 私たちを憐れみ、救いに導いてくださった神、 主イエスを復活させたあなたの大いなる力を賛美します。 聖書が告げる福音宣言、主は復活したとの宣言を受け入れることができますように。 私たちの思いを越える福音こそ良き知らせであることを教えてください。 私たちも復活の主と出会い、新しい命に生きることができるように助けてください。 わたしを変えてくださったのは復活の主、 教会を建ててくださるのは復活の主と、 主の復活の証人となることができるように導いてください。 主の復活の証人となる幸いへと導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。