主イエスは十字架の上で処刑されて死にました。マタイ、マルコ福音書によると主イエスは死ぬ間際に次のように大声で叫びました。

「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」(マルコ15:34)。

これは

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

という意味です。これは絶望の叫びです。今日のルカ福音書では、

「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」

と主イエスは大声で叫ばれました。これは平安に死を迎える叫びです。

絶望の叫びと平安の叫びと聖書には二つの叫びが記録されています。絶望の死と平安な死、二つの死が記録されています。主イエスは絶望の死を死に、また平安な死を死にました。人は平安な死を迎えることができるし、死を恐れ、絶望の中に死を迎えることもあることを聖書は教えています。

主イエスは犯罪者として十字架で処刑されました。十字架は見せしめの処刑です。重大な罪を犯した者に対する処刑、それが十字架です。主イエスは犯罪者として処刑されました。主イエスが処刑されたとき、異変が生じました。

「既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。太陽は光を失っていた」

とあります。

これは皆既日食が起きたのだと考える人がいます。でもこれはあり得ないと言われます。復活祭は、春分の後の最初の満月の後の日曜日に祝われます。主イエスの亡くなったのは、満月に近い時期なのです。満月の時は、月食は起きても日食は起きません。全地が暗くなった本当の理由は分かりません。

ここに意味があるとしたら、それは何を表しているのでしょうか。ゲッセマネの園で逮捕されるとき、主イエスは言いました。

「今は、あなたたちの時で、闇が力を振るっている」(22:53)。

全地が暗くなったこと、それは主イエスが闇の力によって死ぬことを表しています。救い主としておいでになったのに、不信仰な民によって殺されてしまうのです。救い主を拒む神の民イスラエル。救い主が殺されるという尋常でない出来事、つまり起こりえないことが起きているのです。全地が暗くなったことは、闇が力を振るっていることを示しています。

また45節によれば

「神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた」

とあります。エルサレム神殿の一番奥に聖所と呼ばれる部屋があります。そこは垂れ幕によって仕切られています。一番の奥は、神がおいでになる場所で、垂れ幕によって人が入ってはならないことが示されています。垂れ幕の手前で、祭司たちが灯りを灯したり、供え物を献げたりします。

神の領域と人間の領域が、垂れ幕で区別されています。垂れ幕が裂けるなんて、あってはならないことです。あってはならないことが起きた、つまり救い主が殺されるという普通でない出来事が起きたことを示しています。救い主は、迫害の死を遂げたのです。

主イエスをピラトの屋敷から引いて十字架につけたのはローマの兵士たちです。兵士たちの上官が百人隊長です。彼は一部始終を見ていました。主イエスがいつも十字架で処刑される犯罪者とは全然違うことに気がつきました。それで、

「この人は本当に正しい人だった」

と語りました。普通では起こりえない、あってはならないことが起きたのです。人々は救い主を拒み、殺しさえしてしまったのです。地を覆った暗闇は闇の支配を示しています。

驚くことに、主イエスは死ぬ直前、

「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」

と叫んで息を引き取りました。<わたしの霊を御手にゆだねます>。これはどういうことなのでしょうか。

<ゆだねる>と訳された言葉は、横に置く、引き渡す、という意味もあります。御手は単語としては複数形なので、わたしの霊をあなたの両手の中に置きます、という意味です。これは何を意味しているのでしょうか。ゆだねる、それは、自分の運命を相手に任せること、自分の命をあずけることを意味しています。たとえば結婚は、自分の人生を相手にゆだねるという面があります。結婚生活は二人の努力になってなされるものですが、結婚生活が続くこともあれば、破綻することもあります。結婚は自分の人生を相手にゆだねることです。そして信仰は、自分の人生を神にゆだねます。

主イエスは、自分の霊を神にゆだねると叫びました。主イエスは、弟子たちに三度、自分が苦しみを受け、死に、三日目に復活することを話しました。今、主イエスは死のうとしています。三日目に復活する、それは神の約束です。その約束を信じると言って死のうとしているのです。殉教の死を遂げますが、それでおしまいなのではありません。神の人類救済計画の中で、殉教の死を遂げますが、神さまは、救いの計画を全うされると信じて死のうとしているのです。

ヨハネ福音書では、主イエスは、

「成し遂げられた」

と語って死んでいきます。天の父、わたしはあなたから与えられた使命を果たしました。<後はお任せします>と言って主は死んでいます。

「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」

と叫んで、自分のなすべき使命を果たし終え、後は神様にゆだねます。主イエスは平安な死を遂げるのです。

主イエスは、<わたしの霊を御手にゆだねます>と大声で叫びました。なぜ大きな声で叫んだのでしょうか。主イエスは既に、鞭打たれ、体は痛めつけられました。手や足は釘で十字架にはりつけにされ、言葉では言い表せない苦痛を味わっています。生きていくことができないほどに体力は衰えているのです。声なんか出せないのです。それなのに大きな声で叫んだのです。声を振り絞っての叫びです。神に向けて

「御手にゆだねます」

と言うのなら、大きな声で叫ぶ必要はありません。心の中の祈りでもよいのです。

大きな声で叫ぶ、それは人々に聞かせるためでした。主イエスのメッセージがそこには込められています。何としても気力を振り絞って伝えたいことがあったのです。神に自分をゆだねる人は平安のうちに死ぬことができる!そのことを伝えるメッセージ、それが大声の意味です。

人は平安のうちに死ぬことができるのでしょうか。主イエスは平安な死と絶望の死の二つの死を死なれたことを聖書は告げています。

「わたしの霊を御手にゆだねます」
「成し遂げられた」

と死の間際に語って平安な死を死にました。しかし同時に

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになるのですか」

と絶望の死を遂げられました。死の恐怖を人が感じるのは、死が神に見捨てられることを人は無意識に感じているからです。誰もが死を恐れる中、死にたくないと言いながら死ぬことは避けたいと考えます。

人はいつか自分の死と直面します。人は自分がいつの日にか死ぬことを思い、自分の死と直面します。そして人は死を恐れます。自分の存在が消えるのですから、そう簡単に自分の死を受け入れることはできません。そこで人は信仰を持ち、来世を信じ平安を得ようとするのではないでしょうか。あるいは信仰を持たずとも、何らかの形で折り合いをつけて死を受け入れようとするのではないでしょうか。たとえば家族に見守られ、家族に感謝して死ねれば、幸せな人生を過ごすことができて自分の人生はこれでよかったのだ、とか自分は社会に貢献して生きた、自分の人生は決して無駄ではなかった、と考えて死を受け入れようとするのではないでしょうか。

主イエスと同じように、私たちが平安な死を迎えることができるヒントが今日の聖書に書かれています。今日の聖書には、主イエスの遺体を墓に納める人が登場します。ヨセフという人物です。彼は

「神の国を待ち望んでいた」

と紹介されています。神の国とは神の御支配を意味します。

主イエスの活動は、神の国を宣べ伝えることにありました。神があなたと共におられる、あなたは神のご支配の中に置かれている、と宣べ伝えました。そして神の御支配が今ここにあることを伝えるために、主イエスは多くの病人をいやし、悪霊に取り憑かれて苦しんでいる人から悪霊を追い出しました。そして神の御支配のもとに生きるように人々を招かれました。

神は、憐れみ深い方です。罪を赦し、愛してくださり、恵みを与えてくださいます。神さまが共にいてくださる、これが大きな恵みです。そして人々に、神を父と呼びなさいと教えられました。主イエスご自身、神を父と呼び、神との親しい関係に歩まれました。そして神さまのご支配の中に生きるように教えられました。

主イエスの語られた放蕩息子のたとえがあります。自分の力で自分の好きなように生きていきたいと考えた人が、父から財産をもらい、父のもとを離れ、父とは無関係に生きることを選びました。それが生き甲斐のある人生になると信じたのです。しかし彼は落ちぶれて、父のもとに帰る決心をします。父は、帰ってきた息子を歓迎し受け入れます。父と共に生きる幸いを息子は知ります。

どんな罪を犯した者でも、悔い改めるなら、その人を愛し、受け入れ、共に歩んでくださる神がおられます。神の御支配を信じ、神にゆだねる歩みをするように主イエスは語られました。人々を神の御支配に招かれました。人々を神の国に招かれたのです。

私たちは、神の国に迎えられるという約束を信じ、すべてを神にゆだねて平安のうちに死ぬことができます。主イエスのように、平安のうちに死ぬことができます。あなたがこれまで生きてきた日々の中に、神さまの御支配を見ることができるのではないでしょうか。神さまの御業を発見できるのではないでしょうか。今まで気づかなかったかも知れませんが、神さまの御支配はあなたの生活の中にあるのではないでしょうか。

あるいは、あなたが神さまに仕える歩みをしている、それは神さまのご支配の中に生きているということではないでしょうか。神さまに仕えることをなぜ考え、喜びとするようになったのでしょうか。あなたの心が、神さまのご支配の中に生きているからではないでしょうか。

私どもは信仰者です。神さまの御支配が私と共にある、私は神さまのご支配の中を生きている、そう信じて、日々を生きる、それが信仰の歩みなのではないでしょうか。そして私たちは、神様にすべてをゆだねて日々を生き、人生最後の日を平安のうちに迎えるのではないでしょうか。

ここで、神にゆだねるとはどういうことかをキチンと考えておきたいと思います。神にゆだねるとは、自分は何もせず、ただ成り行きを神に任せることではありません。あるいは、祈って後は成り行きを神に任せる、それが神にゆだねることではありません。

「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです」(ペトロ一5:7)。

神さまに任せたつもりでも、不安になり、焦りから、神さまに預けたはずの思い煩いを取り戻してしまいます。成り行きに任せるとき、不安や恐れ、疑いが生じます。そこで自分で何とかしなければならないとつい考えてしまいます。

主イエスは、神さまの御支配に私たちを招かれます。神さまの御支配の中を生きるように招かれます。神さまのご支配の中を生きるとは、何もしないことを意味しません。神さまの導きを求めて生きるのです。その神さまの導きに、身をゆだねるのです。神にゆだねるとは、神の導きに従うことです。神さまは、私どもに導きを与えるかたです。神の導きが私たちにとって最善になると信じます。その導きに私たちは自分の人生をゆだねるのです。それを神にゆだねると言います。

神の導きを得るために私たちは聖書を読みます。聖書を読み、神さまの導きをいただきその導きに従って生きることを繰り返すとき、神さまの御支配が確かにあることを知るようになります。神さまの御支配が確かであることを知るにつれ、私たちはいつの日か行く神の国の確信が与えられていきます。地上の歩みで神にゆだねた人は、死に際しても神にゆだねることができます。

「あなたの御言葉は、わたしの道の光/わたしの歩みを照らす灯」(詩篇119:105)。
「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」(箴言3:5〜6)。

神を信じるとは、神の言葉を信じることです。人は平安のうちに死ぬことができる、これが十字架の上で死なんとする主イエスのメッセージです。主イエスが気力を振り絞って伝えられたメッセージです。

祈り