礼拝説教でルカ福音書を読み、祈祷会でヨハネ福音書を読んできました。ルカは主イエスの死をどのように考えているのか。ヨハネは主イエスの死をどう考えているのか、聖書を読みながら考えてきました。私たちは、主イエスの十字架の死、それは私たちの罪を贖うための死、罪の償いのためのいけにえの死と考えます。

しかしルカ福音書は、主イエスの死について別の見方をしています。主イエスは十字架の上で、

「父よ、彼らをお赦しください」

と祈っています。主イエスは、憐れみをもって、罪を赦す神を宣べ伝えています。主イエスの死は、正しい者の死、殉教の死とルカは述べています。

ローマ総督ピラトは、3回、主イエスに罪は見出せないと主張しました。主イエスと一緒に十字架につけられた一人の犯罪人は、

「この方は何も悪いことをしていない」

と語っています。そして主イエスが十字架の上で死んだとき、ローマの百人隊長は

「この人は正しい人だった」

と語っています。

マタイ、マルコ福音書で十字架につけられた主イエスは、

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

と叫びました。つまり主イエスは、罪に対する神の怒りをその身に受け、神に見捨てられる死を死んだのです。

主イエスは私たちの代わりに、神の怒りを受けられました。罪の償いのいけにえとしての死を遂げられたのです。百人隊長は、

「本当にこの人は神の子だった」

と述べます。神の子である主イエスが、罪を償ういけにえとして死んだというのです。

ルカは、マタイ、マルコと違って、何の罪もない主イエスが殉教の死を遂げたと語ります。主イエスは、

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」

と執り成しをしました。

主イエスは、憐れみをもって罪を赦す神を宣べ伝えています。神の憐れみが罪を赦すと語っています。私たちは今ルカ福音書を読んでいますので、私たちは、神の憐れみによって罪赦され、神の憐れみによって生かされていることを感謝し、神さまを賛美したいと思います。

今日も聖書を通して神さまの語りかけを聞きましょう。

「人々はイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた」(26節)。

<人々はイエスを引いて行く>とありますが、ローマの兵士たちが責任を持って死刑を執行します。主イエスは、十字架を背負って

「されこうべ」

と呼ばれる場所に向かっています。

死刑囚は、死刑執行の前に鞭打たれる習慣があったようです。鞭には金属の破片がついていて鞭で打たれると皮膚が裂けるのです。体は血に染まり、体力は失われます。ですから十字架を背負うのは大変です。主イエスは十字架を背負うことができなくなりました。そこでローマ兵はたまたまそばにいたキレネ人シモンを捕まえて、主イエスの十字架を背負わせました。

ローマ兵が主イエスを連れて行く行列には、民衆と嘆き悲しむ婦人たちがいたとあります。この婦人たちのことを主イエスは<エルサレムの娘たち>と呼んでいます。彼らは<泣き女>と呼ばれる人たちだったようです。葬儀が行われるとき、泣いて悲しみを表すことを仕事とする人たちです。死刑囚が刑場に向かう時、嘆き悲しむのです。

主イエスはこの婦人たちに向かって

「エルサレムの娘たち、私のために泣くな。むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け」

と言います。さらに主イエスは、

「人々が、『子を産めない女、産んだことのない胎、乳を飲ませたことのない乳房は幸いだ』と言う日が来る」

と話します。

さらに主イエスは言葉を続けますが、主イエスの死ではなく、自分たちの<行く末>を悲しめと言われたのです。

ルカ19:41以下にこうあります。

「エルサレムに近づき、都が見えたとき、イエスはその都のために泣いて、言われた。『もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……。しかし今は、それがお前には見えない。やがて時が来て、敵が周りに堡塁を築き、お前を取り巻いて四方から攻め寄せ、お前とそこにいるお前の子らを地にたたきつけ、お前の中の石を残らず崩してしまうだろう。それは、神の訪れてくださる時をわきまえなかったからである』」。

主イエスはエルサレムに来ましたが、人々は主イエスを信じませんでした。それどころか、主イエスを殺そうとします。神が救い主を送ってくださったのに信じないので、エルサレムの町は神の怒りを受けて滅びるというのです。

21:20以下にはこうあります。

「エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい。そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。都の中にいる人々は、そこから立ち退きなさい。田舎にいる人々は都に入ってはならない。書かれていることがことごとく実現する報復の日だからである。それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。この地には大きな苦しみがあり、この民には神の怒りが下るからである」。

主イエスは十字架で死にますが、その後、エルサレムは滅びるというのです。子を持つ親は、子供の死を嘆きます。人々は、子のいない人の方が幸いだと言うというのです。

この婦人たちに対する主イエスの言葉はルカ福音書だけにあります。神が送られた救い主を信じないイスラエルの民には裁きが下ると警告しているのです。実際、主イエスの死から三十年たったとき、エルサレムの町は神殿もろとも、ローマ帝国によって破壊されました。

主イエスの死でなく、自分たちの行く末を嘆きなさい、と主イエスは語りました。主イエスを信じない罪が自分たちの滅びを招くというのです。あなたたちは罪の赦しの必要を知りなさい、と言っておられます。

「<されこうべ>と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた」(33節)。

十字架につけられた主イエスは祈ります。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。

主イエスは十字架の上から自分を十字架につけたローマの兵士たちを見ています。彼らは、主イエスが神から送られたメシア、つまり救い主であることを知らず、犯罪人と考えて十字架につけています。罪のない主イエスを死刑にしようとしています。兵士たちは自分が何をしているのか知らないので<父よ、彼らを赦してください>と主イエスは祈られました。このとりなしの祈りは、兵士たちだけではなく、

「十字架につけろ」

と叫んだ人たち、あるいは<自分を救ってみろ>と十字架につけられた主イエスをののしり侮辱する人たちも含まれていると思います。

議員たちが主イエスを嘲笑って言います。

「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい」(35節)。

兵士たちも侮辱して言います。

「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」(37節)。

主イエスと一緒に十字架につけられた犯罪人のひとりも主イエスをののしります。

「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」(39節)。

主イエスは三度も<自分を救ってみろ>とあざけられました。主イエスは侮辱する者たちをも

「父よ、彼らをお赦してください。自分が何をしているのか知らないのです」

と祈られました。

その時、もう一人の犯罪人が主イエスを侮辱した犯罪人に言います。

「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない」。

主イエスをののしることが間違っていると語り、さらに続けます。

「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」。

彼は自分の罪を悔い改めています。そして主イエスが神の国に入るとき、私を思い出してください、と願います。すると主イエスは、

「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」

と言われました。

この犯罪人は赦されたのです。そして<今日わたしと一緒に楽園にいる>との約束を与えられました。<楽園>が何を指しているのかは分かりません。確かなことは、彼は十字架で死にますが、死んだ後、主イエスと共にいるということです。悔い改めた犯罪人に罪の赦しと主イエスと共にいる、との約束が与えられました。

主イエスは、神は憐れみ豊かなかたであり、罪を悔い改める者を赦すかたであると語っています。ルカ福音書の主イエスは十字架の上で

「父よ、彼らをお赦しください」

と語り、罪を悔い改める犯罪人に対しては、

「あなたは今日私と一緒に楽園にいる」

と語られました。

主イエスは十字架の上でも憐れみ深い神を宣べ伝えたのです。主イエスはなぜ死んだのでしょうか。それは迫害を受けての苦難の死です。旧約聖書を読むと神の言葉を語った預言者たちも迫害を受けました。主イエスは預言者たちと同じように迫害を受けて死んだのです。しかし、神に逆らう者たちが悔い改めるならその罪を赦す憐れみ深い神を主イエスは十字架の上でも宣べ伝えたのです。

この十字架につけられる主イエスの物語を読み、気づかされました。主イエスは、十字架の上から、自分を十字架につけた兵士たちを見ています。自分を侮辱する者たちを見ています。一緒に十字架につけられた犯罪人を見ています。またこの処刑を見に来ている人々をも見ています。

でもそれだけではなく、主イエスの目は、あらゆる時代、あらゆるところに生きている人々を見ているのではないかと気づかされました。つまり主イエスは、あなたをも見ているのではないでしょうか。今から2千年前、十字架の主イエスは時空を越えて、現在のあなたを見ておられるのではないでしょうか。

罪を犯して生きている者たちを憐れみの眼差しをもってみておられるのです。そして主は言われるのです。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」(34節)。

十字架の上から主イエスが見ていたのは、目の前にいる人々だけではなかったのです。あらゆる時代、あらゆる場所にいるあらゆる人々を見ておられたのです。そして執り成してくださっているのです。

神を知らず、神を畏れず、自分の思いのままに生きている人々。その人々の上に十字架のイエスの目は注がれています。何故なら、聖書にこうあります。

「わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした」(エフェソ2:3)。

私どもは自分の思いに従って、自分のよしとするところにしたがって生きていますが、その姿は、実は<自分が何をしているのか知らないでいる>のです。つまり神の目に罪を犯して生きていることを知らないのです。私どもが気づくか否かは問わず、私どもは主イエスの祈りのもとにあるのです。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。

主イエスを信じた者たちはどうでしょうか。自分が何をしているのか知っているのでしょうか。何をすべきか知って生きているのでしょうか。もしかしたら、私たちも自分が何をしているのか知らない、そういうことがあるのではないでしょうか。

今日の聖書の出だしはこうです。

「人々はイエスを引いて行く途中、田舎から出て来たシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を背負わせ、イエスの後ろから運ばせた」(26節)。

シモンは、十字架を背負い、主イエスの後ろに従ったのです。注意してください。シモンは十字架を背負って主イエスに従ったのです。ルカはシモンに、主イエスの弟子の姿を見たのです。主イエスは弟子たちに教えられました。

「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない」(14:21)。

シモンは十字架を背負わされ、主イエスの後に従い、主イエスの弟子の姿を私たちに見せてくれています。

私たちは主イエスを知っているのでしょうか。パウロはフィリピの信徒への手紙で述べています。

「わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています」(フィリピ3:8)。

主イエスを知ることにまさるものはない、と言うのです。このことを知って生きていないなら、信仰者とはいえ、私どもも<自分が何をしているのか知らない>ことになるのではないでしょうか。

主イエスの弟子として生きてこそ、自分が何をしているか知っていると言えるのではないでしょうか。キレネ人シモンのように、十字架を背負って主イエスに従って生きる弟子となってこそ自分が何をしているのか、知っていると言えるのではないでしょうか。

十字架の主イエスは、時と場所を越えて、今の私どもをご覧になっています。私どもが十分に主イエスに従えていないことをご存じです。だからといって私どもを責めたり咎めたりしていません。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」

と執り成してくださっています。私どもは、赦しの中に置かれています。

赦しを受けるとは、罪に対する裁きを恐れなくてよいことを意味します。パウロはこう書いています。

「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており」。

罪の赦しを受けるとき、平安が私たちの心を満たします。

さらに赦しを受けると、共にいてくださる神様を喜ぶようになります。赦しを受けると、自分の思いに生きることより、神さまの思いに生きることを喜ぶようになります。赦しを受けると、神に信頼し、神にゆだねた歩みを喜ぶようになります。私たちは、赦しの中におかれていることを感謝して、さらに自分を知る者、自分が主の弟子であることを知る者へと変えられていきます。これが信仰者の歩みです。

私たちは一人の人間として、人生の重荷を背負うのではなく、主の弟子として、重荷を十字架として背負います。私たちは主イエスの弟子となって重荷を負い、イエスを主と仰いで歩みます。そして主イエスは、私たちを弟子としてふさわしい者にしてくださいます。私どもはいつも主の赦しの中に生かされ。主の弟子として生かされています。

祈り
祈り 天の父、自分が何をしているのか知らない私どもを憐れんでください。 自分の心の欲するままに、心のよしとするところにしたがって歩む私たちが、あなたの前に罪を犯していることを教えてください。 そして罪の赦しを受け、あなたと共に歩む幸いへ、 主イエスの弟子として歩む喜びへと私たちを導いてください。 いつも主の赦しの中にいかされていることを覚え、 感謝の歩み、神様の恵みに答える歩みをさせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。