自分を守ることは大切なことです。自分の健康を守る。自分の安全を守る。自分の名誉を守る。自分の家族を守る。誰かが代わって守ってくれるわけではありません。

人は時に自分を守ろうとして、保身に走ることがあります。先日は、ある政党の党首が8億円の借金をした件で、苦しい弁明をしていました。自分を守るために嘘に近いことを語っていて誰もがおかしいと感じたことと思います。

自己保身を謀ることは決してよいことではありません。むしろ正直になり、謝るべきはあやまり正すべきは正して潔く歩むことが大切だと思います。そして後のことは、天にゆだねるのです。それが真に自分を守ることだと思います。自己保身に走り、信頼を失うのは、自分を守る道ではありません。

私たちの日々の歩みに不安や恐れ、迷いや戸惑いがあるとしたら、それは私たちが神にゆだねるべきところを、自分で自分を守ろうとしているからではないでしょうか。

今日の聖書には、自己保身に生きる人が登場します。ローマ総督のピラトです。

「そこで、全会衆が立ち上がり、イエスをピラトのもとに連れて行った」(1節)。

主イエスを死刑にしようとしていた人たち、つまり祭司長、律法学者、民の長老たちは、ローマ総督ピラトのもとに主イエスを連れて行きました。

彼らは、主イエスを三つの理由で死刑にしようとしました。第一にイエスは律法、つまり神の掟を守っていないという理由です。第二にイエスは自分を神と同一して神を冒とくしているという理由です。第三に多くの民衆がイエスをメシアと信じ、ローマ帝国からの独立を獲得するための反乱を起こすかも知れないとの恐れがありました。

彼らはイエスを死刑にすることを決めましたが、死刑の執行をする権限はイスラエルの民にはありません。そこでピラトのもとでの裁判で、イエスを死刑にしようとしたのです。そこで彼らは訴えます。

「この男はわが民族を惑わし、皇帝に税を納めるのを禁じ、また、自分が王たるメシアだと言っていることが分かりました」(2節)。

イエスはローマに対する反逆を企てているという訴えです。税を納めないのは、ローマの支配を認めない行動です。自ら王と名乗ることもローマの支配を認めない行動です。イエスは人々をローマ帝国に反逆するように民を惑わしているとの訴えです。

これに対して、ピラトは主イエスに問います。

「お前がユダヤ人の王なのか」。

すると主イエスは、

「それは、あなたが言っていることです」

と答えます。曖昧な返事です。するとピラトは言います。

「わたしはこの男に何の罪も見いだせない」(4節)。

どうしてこのような判断ができたのか、明らかではありませんが、ピラトは主イエスに罪を見いださないとはっきり述べました。

すると祭司長たちは、

「この男は、ガリラヤから始めてこの都に至るまで、ユダヤ全土で教えながら、民衆を扇動しているのです」

と言い張りました(5節)。ローマ帝国に対する反逆をしていると、主イエスを訴えるのです。

この時、主イエスが<ガリラヤ>から活動を始めたと聞いたので、ピラトは主をヘロデのもとに送ります。ヘロデはガリラヤ地方を治める領主です。過越祭の時、ヘロデはエルサレムに来ています。主イエスをヘロデのもとに送るのは、ヘロデに主イエスを裁かせようとしたのかも知れません。

「祭司長たちと律法学者たちは、そこにいて、イエスを激しく訴えた」(10節)。

しかしヘロデは主イエスを裁くことをためらいました。ヘロデは主イエスを侮辱し、ピラトのもとに送り返しました。このヘロデは、主イエスと同年齢、そしてほぼ同じ時期に活動を始めた洗礼者ヨハネの首を切ったことで有名な領主です。

主イエスが連れ戻されるとピラトはもう一度主イエスの無実を語ります。

「あなたたちは、この男を民衆を惑わす者としてわたしのところに連れて来た。わたしはあなたたちの前で取り調べたが、訴えているような犯罪はこの男には何も見つからなかった。ヘロデとても同じであった」(14〜15節)。

ヘロデも主イエスが反逆を企てているとは考えていないとピラトは語ります。そしてピラトははっきり言います。

「この男は死刑に当たるようなことは何もしていない」(15節)。

主イエスが無実であるとするピラトの二回目の発言です。

すると人々は一斉に叫びます。

「その男を殺せ。バラバを釈放しろ」。

突然バラバという名前が出てくるので戸惑います。今エルサレムでは、過越祭です。祭りの時、恩赦によって罪人を釈放する習わしがあったので、人々は

「バラバを釈放しろ」

と叫んだのです。バラバは暴動と殺人のかどで投獄されていたとあります。バラバは、ローマに対する反逆が理由で獄に入っていたという理解もあります。とすれば人々がバラバを釈放しろと叫ぶのは理解できます。

人々は、バラバを釈放し、イエスは殺せ、と叫んだのです。さらに人々は

「十字架につけろ、十字架につけろ」

と叫び続けました。ピラトはさらに言います。

「いったい、どんな悪事を働いたと言うのか。この男には死刑に当たる犯罪は何も見つからなかった」。

ピラトは三度も、主イエスが死刑に当たる罪は犯していないと語ります。ピラトは主イエスの無実を確信しています。それ故

「釈放しよう」

と言います。

「ところが人々は、イエスを十字架につけるようにあくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった」(23節)。

ついにピラトは、彼らの要求を入れる決定をくだしたとあります。ピラトがどんな思いでこの決定をくだしたのかは分かりません。ピラトは、このままだと騒動が起きることを心配したのかも知れません。騒動が起これば総督としての支配する力がないことを示すことになります。何としても、この場を治めなければなりません。つまりピラトは自己保身に走ったのです。主イエスを釈放することはやめたのです。主イエスの無実を三度も語り、主イエスの無実を確信しているのに、正義を曲げたのです。権力者が保身に走り、無実な人間の命が奪われることになります。

先日、死刑が確定していた袴田巌さんが無実であるとして長い勾留から解放されました。裁判官は言いました。

「物証を捏造する必要と能力を有するのはおそらく捜査機関のほかにない」。

捜査当局が証拠を捏造して袴田被告を犯人に仕立てたと裁判官は判断したのです。何としても犯人を挙げなければならないと面子にこだわる捜査当局。これも保身に走る権力者の姿です。

ピラトは、正義を貫いて主イエスを釈放することを選びませんでした。主イエスを釈放したとき、事態がどのようになるのか、彼は恐れたのです。正義を貫き、その後のことは天に任せることはしませんでした。

信仰者といえども保身をはかることはあります。聖書の創世記に信仰の父と呼ばれるアブラハムが登場します。ある時飢饉に直面し、彼はエジプトに逃れるのです。創世記12章にこう書かれています。

「その地方に飢饉があった。アブラムは、その地方の飢饉がひどかったので、エジプトに下り、そこに滞在することにした。エジプトに入ろうとしたとき、妻サライに言った。『あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。エジプト人があなたを見たら、<この女はあの男の妻だ>と言って、わたしを殺し、あなたを生かしておくにちがいない。どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう」。

アブラハムは、妻に、自分の妹だと言わせることにしました。そして身の安全をはかったのです。後でアブラハムは、エジプトの王から、なぜ自分の妻だと言わなかったのかと責められます。堂々と妻を自分の妻と語り、その後のことを神にゆだねることをしなかったのです。

人間は、自分の力で自分の安全を獲得したいと考えます。信仰者も、神に信頼して大丈夫なのかと不安になったり、疑いさえするのです。

エジプトにおいて奴隷としての苦しみを味わっていたイスラエルの民。彼らは奴隷の苦しみからの救いを求めて神に向かって叫びました。神は彼らを救い出し、自由に生きることのできる土地へ彼らを導きます。

エジプトから、その土地まで旅をしなければなりません。旅の途中で、水がなくなり、食料がなくなり、敵が攻めてくるなどの危機が訪れます。するとイスラエルの民はエジプトに帰ろうというのです。エジプトは奴隷で辛かったけれど、命の危険はない、安全だというのです。神が必ず助けてくれると信じて進もうとはしないのです。奴隷でも安全な方がよい、といって奴隷に甘んじようとするのです。神に信頼し、信仰の冒険をしないのです。

讃美歌にあります。

「信仰こそ旅路を導く杖。弱きを強むる力なれや。心勇ましく旅を続けゆかん。この世の危うき恐るべしや」。

<この世の危うき、恐るるに足りず>。驚くべき賛美です。

主イエスは、人々を、そして私たちを信仰に招きました。<神の国は近づいた、悔い改めて福音を信じなさい>と宣べ伝えました。神の国とは神の御支配のことです。神の御支配があなたと共にある。神の御支配にゆだねていきなさい、と信仰に生きるように招かれたのです。

主イエスは私たちを、神の御支配のもとで生きる自由と平安に招かれたのです。主イエスを殺そうとした祭司長たち、律法学者たちもまた神の御支配の下に生きる自由と平安に招かれていました。しかし彼らは保身に走り、主イエスを殺そうとしました。

たとえば祭司長たち。祭司はエルサレム神殿に仕える役目を持っています。神殿での祭司としての務めを果たしていれば、祭司、祭司長たちは地位と富が約束されているのです。

主イエスがエルサレム神殿に来たとき主イエスは

「あなたがたは祈りの家と呼ばれるべき神殿を強盗の巣とした」

と批判しました。このことは祭司長、律法学者たちを怒らせたとあります。祭司長たちは、たとえ強盗の巣と言われたとしても、そんなことはないと反論します。神殿で仕事をすることが自分たちの地位と富につながっているのです。それでよしとしているのです。

主イエスを信じ、信仰を新たにし、神に仕えることなど考えたくないのです。何で、それなりに快適な現状を変える必要があるのか、と考えていたのです。律法学者たちも同じです。彼らは、自分たちは神の掟を守っている、信仰者として自分たちは素晴らしい存在だと誇っていたのです。彼らは食物規定とか、身を汚さないための掟を守ることに熱心でした。あるいは献金を献げるとか、断食をするとか、安息日には仕事をしないとか。

彼らは神の掟を守っていたかも知れませんが、神様のみ心に聞いてはいませんでした。神の掟を守っていたかも知れませんが、愛には生きていませんでした。ですから主イエスから偽善者と批判されました。自分たちは神の掟を知っている、守っているとの自負が、自分たちの信仰はこれでいいと思わせました。主イエスの招きを受け入れることができませんでした。

信仰とは、神の掟を守ることではありません。神との交わりに生きること、これが信仰です。神との交わりに生きるとは、自分が神の相手となって生きることです。神に自分の相手になってもらって生きることです。神さまに相談し、その導きに従うのです。神さまからの問いかけを聞き、それに応えて、生きるのです。自分を変えて、生き方、考え方を変えて、神の導きに応えて生きる、これが交わりです。

交わりに生きるとは、自分をいつでも変える用意があることを意味します。交わりに生きるとは、お互いの心を大切にして生きることです。相手に自分の心を大切にしてもらうことは心地よいことですが、自分が相手の心を大切にすることは、決して簡単なことではありません。交わりに生きるとは、相手を愛し、相手から愛されるという喜びがあります。しかし、簡単なことではありません。相手のために自分の心を用いるという犠牲が伴います。その犠牲が喜びとなります。

神との交わりでは、神に信頼することが大切です。神に信頼するとは、自分の明日を神に任せるのです。それは不安が伴います。それ故、神に信頼するよりも自分の力で生きる方が、安心に思えるのです。ここに私どもが陥る保身があります。神に信頼するといいながら、自分の力で生きるのです。明日の生活を自分の力で何とかしようとするのです。自分で自分を守ろうとするのです。

祭司たちは決まった仕事を神殿で行って生きていました。それで富と地位を楽しむことができました。律法学者たちは、これが守るべき神の掟と決めてそれを守って生きていました。そして信仰深い自分であることを誇っていました。彼らにとって信仰とは、決まり事に生きることなのです。

私どもも、もしかしたら決まり事としての信仰に生きていることがあるのではないでしょうか。信仰者として、自分はこのように生きることにする、あれをする、これをすると決まり事に歩み、信仰が形式的になっていることがあるのではないでしょうか。

あなたは、どのように生きたらよいか、神の問いかけを聞いて生きていますか。若い人も老いた人も、この世的な知恵や考えではなく、あなたはどう聖書の言葉によって生きるのか、神の問いかけを聞いていますか。神の問いかけを聞かなければ、神との交わりはありません。

神の導きを受け取り生きる時、その先に何があるのか分かりません。エジプトを脱出し、約束の地に向かう旅をしていたイスラエルの民は、次にどんな困難が来るのか、不安だったかも知れません。恐れていたかも知れません。

しかし神は約束されます。

「私はあなたと共にいる」。

神に信頼する人には、不安からの自由があります。どんな困難が来ても神が助けてくださると期待しているからです。彼らはいつも自由で平安です。将来何が起きるか分かりませんが、神に信頼し、神にゆだねるから、彼らはいつも自由で平安です。<この世の危うき、恐るべしや>。信仰者の告白です。

自分の力で生きようとする者には、いつも不安や恐れ、迷いや戸惑いが伴います。主イエスは、私たちを神との交わりに生きるように招かれました。人は自分の力で安心を得たいために、神との交わりを拒みます。信仰はある意味冒険です。神に信頼して生き続けるという冒険です。冒険ですが、そこには自由と平和があります。老いの中にある人たちは、この自由と平和というこの素晴らしいプレゼントを味わっておられるのではないでしょうか。

祈り
祈り 天の父なる神、 信仰は人生という旅路の杖です。 この杖を持つ限り、 この世の危うき、恐るるに足らず、です。 私どもをあなたへの全き信頼に歩ませてください。 あなたと共に歩むことを教えてください。 あなたに信頼することを教えてください。 あなたに信頼するところから与えられる 自由と平和を賛美する者としてください。 <明日は私には分からないけど 明日を守られるイエスがおられる>と賛美する者としてください。 私たちの明日は、あなたの身手の内にあることを教えてください。 昨日も今日も明日も、 イエスが私どもと共におられることを学ばせてください。 そして恐れから自由に、心配から平安へと 私たちを解き放ってください。 イエス・キリストの御名により祈ります。