他の人からお前はダメな人間だと人格を否定されたり、自分の価値を否定されるたりすると人は自分には生きる価値がないと考えたりします。自分は、生きてよいのかどうか分からないと考えたりします。死んだ方がよいのではないか、と考えもします。あるいは自分の行動の結果、自分の不甲斐なさ、弱さに気づき、人は自分には生きる価値がないと考えたりします。そして人は、生きる喜びを失い、生きる意欲を失います。

自分に絶望するとき、人はどのようにして立ち上がることができるのでしょうか。主イエスを裏切った二人の弟子がいます。ユダは自殺します。ペトロは立ち直ってイエスを宣べ伝える使徒となりました。何が二人の運命を分けたのでしょうか。

54節

「人々はイエスを捕らえ、引いて行き、大祭司の家に連れて入った。ペトロは遠く離れて従った」。

主イエスは捕らえられました。主イエスを捕らえた者たちは主イエスを裁判にかけ、死刑にしようとしています。ペトロは、距離を置いて後からついて行きます。

そして55節。

「人々が屋敷の中庭の中央に火をたいて、一緒に座っていたので、ペトロも中に混じって腰を下ろした」。

この時、エルサレムでは過越祭が祝われています。これは春分に近い時期でまだ寒いので、人々はたき火をたいていたのです。暗闇の中でたき火の火は、たき火を囲む人の顔を明るく照らし出しています。ペトロの顔も明るく浮かび上がります。

その時、ある女中がペトロをじっと見つめて言うのです。56節

「この人も一緒にいました」。

ペトロが主イエスと一緒にいた、とたき火を囲んでいる人々に伝えました。向こうでは主イエスが取り調べを受けています。もしこの女中が、<ここに主イエスと一緒だった人がいます>と大声を上げれば、ペトロは捕らえられます。一瞬のうちに恐れに捕らわれたペトロの口から、

「私はあの人を知らない」

との言葉が出てしまいました。これは考えた結果としての言葉ではありません。

58節

「少したってから、ほかの人がペトロを見て、『お前もあの連中の仲間だ』と言うと、ペトロは、『いや、そうではない』と言った」。

自分は主イエスの仲間ではないとペトロは言います。これで主イエスを知らないと二度否定したことになります。最初は恐れに捕らわれ、思いがけず、否定の言葉が口から出てしまいました。

二度目の否定、これは何を意味しているのでしょうか。最初に主イエスを知らないと言ってから、少しの時が過ぎたのです。自分は主イエスを知らないと言ってしまったと自らを省み、あのようなことは言うべきではなかったと思い直していたら、二度目は正直に話すことができたかも知れません。今やペトロは、自分を守るために、はっきりと嘘をついたのです。

そして59節。

「一時間ほどたつと、また別の人が、『確かにこの人も一緒だった。ガリラヤの者だから』と言い張った」。

別の人がおそらくペトロの話す言葉にガリラヤのなまりを聞き取ったのだと思います。この人はガリラヤの者だし、確かにイエスと一緒にいたと告げます。そしてついに三度目の否定の言葉を口にします。ペトロは強い意志をもって主イエスを知らないと否定したのです

すると突然鶏が鳴きました。

「主は振り向いてペトロを見つめられた」(61節)

とあります。そしてペトロは主イエスの言葉を思い出します。

「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」

との主の言葉を思い出します。そして大祭司の屋敷を出て、激しく泣きました。

主イエスが

「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」

と言われたとき、ペトロは言いました。

「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」。

すると主は、

「あなたは三度、わたしのことを知らないと言うだろう」

と話されました。

主イエスと一緒に死を覚悟するどころか、ペトロは主を裏切ったのです。ペトロは不甲斐ない自分に打ちのめされたことでしょう。なんて情けない自分だと自己嫌悪に陥ったことでしょう。こんな自分に生きる価値があるのか、と考えたことでしょう。こんな自分は主イエスの弟子として生きることができるのだろうか、と考えたことでしょう。そして激しく泣きます。

激しく泣き続ける中で、ペトロは主イエスの眼差しを思い出します。<ほら、私の言ったとおりだっただろ>と主イエスはわたしのことを責めていたのだろうか。いや主は、私のことは責めていないだろう。何故なら、主は私に言われた。

「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」(32節)。

主イエスは、自分が裏切ることを知っていた。それなのにこの言葉。自分は主の赦しの中に置かれている、だから主は、立ち直ったら他の弟子たちを力づけなさいと言ったのではないか。

ペトロは主イエスとの会話を思い出し、主イエスの赦しの眼差しに泣きました。憐れみに満ちた主の眼差しに泣きました。ペトロの涙は、自分に打ちのめされた悲しみの涙から、主の赦しの中に置かれていることの感謝の涙に変えられていったのです。救い主イエスは、人間の弱さ、愚かさ、かたくなさ、人間の罪を赦し、受け入れる救い主であることをペトロは心に刻んだのです。やがてペトロは主イエスの十字架の死が、人間に罪の赦しを与える贖いの死であることを知るようになります。救い主イエスは、人間の弱さ、愚かさ、かたくなさ、人間の罪を赦し、受け入れる救い主です。

人間というのは、自分には生きる価値があるとの思いを持ちたい存在です。普段はそのことをあまり意識しませんが、他の人から、自分の価値を徹底的に否定されると、自分には生きる価値があるのかと疑問に思うようになります。他の人から、人格を否定されるような体験を重ねると、自分に生きる資格があるのかと疑問を持つようになります。自分は死んだ方がよいのではと考えるようになります。時には自分で自分の思いや行動を振り返る中で、自分の価値を否定し、生きる資格を疑問に思うこともあります。

言い換えると、そういう疑問を持たないで生きている人は、自分には生きる価値があり、生きる資格があると考えているのです。自分はそう考えているという自覚を人は持たないかも知れませんが、無意識のうちに、自分は何ほどかの人物であると人は考えています。だからペトロは

「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」

と言うことができたのです。

無意識に自分は何ほどかの人間であると考える、それは人間の高慢です。そして人は皆、この高慢を持っています。つまりプライドです。ペトロも自分は主の弟子として、それなりの弟子であると考え、<あなたとご一緒なら、牢に入ることも、死ぬこともできます>と語ったのです。

しかし主イエスを否定する言葉を三度も口に出してしまったペトロは、自分の弱さに気づかされました。自分の不甲斐なさ、自分が有言実行の人間ではないことを思い知らされました。ペトロは自分が<弱い>人間だと気づき、落胆したかも知れません。自己嫌悪に陥ったかも知れません。

でもこの時何が起きたのかと言えば、自分は主の弟子として、それなりの弟子であると考えていた高慢が、自分は何ほどかのものであるとの高慢が打ち砕かれたのです。人は自分の中に高慢があるとは考えていませんから、自分の無力さ、弱さに気づかされ、愕然とするのかも知れません。しかし事の真相は、高慢が打ち砕かれたということです。そして自分の真の姿を知らされたということです。

もともと自分の中に誇りうるものなどなく、自分が何ほどかのものであるとの考えは、空想に過ぎないということです。自分の愛の薄さに気づいたと語る人がおります。幾ばくかの愛が自分にあると思っていたのでしょう。事の真相は、はじめから、愛はなかったということです。聖書の言葉を紹介します。

「あなたをほかの者たちよりも、優れた者としたのは、だれです。いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか。もしいただいたのなら、なぜいただかなかったような顔をして高ぶるのですか」(コリント一4:7)。

もし私たちのうちに誇りうるものがあり、自分は優れていると考えることができるとしたら、その誇りうるものは、神からいただいたものではないですか、というのです。自分にはもともと何もないのです。神さまからいただいたものをあたかも自分のものと考え、自分を誇る、そこに傲慢が生まれ、その傲慢が打ち砕かれるのです。言い換えれば、人間のうちに良いものは一つもないのです。良いものがあるとすれば、それは神さまからの賜物です。

神さまは私たちのうちに、私たちに由来する良いものは何もないことをご存じです。私たちは、傲慢で、弱くて、頼りにならないことを神さまはご存じなのです。だから主イエスは、<あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう>とペトロに言われたのです。そしてペトロを赦し、受け入れ、あなたが立ち直ったら他の弟子たちを力づけてやりなさいと命じられたのです。

主イエスが命じるとき、そこには信頼があります。頼りないペトロに対する信頼です。自分に生きる価値があるとかないとか人間は考えます。自分に生きる資格があるかないかと人は考えます。自分の存在、自分の人格が他者から否定され、あるいは自ら否定するとき、そのような疑問が湧いてきます。

ペトロに弟子となる資格ははじめからありません。ただ<弟子になりなさい>と主が呼びかけたので、その呼びかけに答えてペトロは弟子となったのです。三度も主を否定したペトロに弟子となる資格はありません。弟子としての価値もありません。でも弟子として生きることができるのは、弟子となりなさいとの主の呼びかけがあるからです。私たちが生きることができるのは、<わたしはあなたに命を与えた、あなたは生きよ>という神の呼びかけがあるからです。神以外にあなたに生きる価値がないとか、あなたに生きる資格がないとか、言うことのできる人はいません。そして神さまは決してそのようなことは言いません。あなたに生きる価値がないとか、あなたに生きる資格がないとか、言う声が聞こえたら、それは悪魔が人を介して語る声です。

もしあなたが自分の行動、自分の存在について悲しみを抱くなら、聖書の言葉に聞いてください。

「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」(コリント二7:10)。

自分で自分は生きる資格がないとか、価値がないとか、考える悲しみは、世の悲しみです。神を知らない人の悲しみです。これは死をもたらすというのです。主イエスを裏切った自分は生きる資格がない、と悲しんだユダは自殺しました。しかし神の御心にかなった悲しみは、救いに通じる悔い改めを生じさせます。ペトロは三度、主を否定しました。ペトロは情けない自分、高慢であった自分に打ちのめされ、自分に絶望したかも知れません。しかし自分は何ほどの者でもないことを知り、神の憐れみと赦しの中で生きるものとされていることを知るなら、<あなたは生きよ>との神の呼びかけに応えて生きる者となることができます。ペトロはそのようにして救われたのです。

自分のうちには良いものは何もないことを知り、自分を悲しむことをやめ、神が与えてくださる良いものを感謝をもって受けとめ、生きよとの呼びかけに答える、これが悔い改めです。

四つの福音書は、どれもペトロの裏切りについて語ります。四つの福音書は、どれも主イエスの十字架と復活を語ります。聖書は、主の十字架と復活と同時にペトロの裏切りの物語も、私たちの救いにとって必要なものとして、これを伝えているように思えます。実際、主イエスの十字架と復活を宣べ伝えたペトロは、自分の失敗を周りにいる人たちに繰り返し語ったのではないでしょうか。

神さまは、我らの弱さ、高慢さ、愚かさを知った上で、我らを生かしてくださる方であること、神さまは、我らの弱さ、高慢さ、愚かさを放置せず、聖霊の賜物を与えて我らを生かしてくださる方であることをペトロは自分の経験から証しとして語ったのではないでしょうか。

私たちには、それぞれの人生があります。そして神さまは私たちを信頼しておられます。神さまは、私たちを赦し、受け入れ、私たちに聖霊の賜物を与えてくださいました。神さまは私たちが大胆に確信をもって神様を証しするだろうと信頼してくださっています。神さまが与えてくださる最高の幸せは、神様の恵みを証しすることです。自分の悲しみだけを見つめたユダは自殺しました。しかし、ペトロは神を見上げ、神の恵みを証しする幸いに生かされ、主イエスを宣べ伝えるために残りの生涯を捧げました。

神さまは、あなたの弱さ、高慢さ、愚かさを知った上で、あなたを生かしてくださる方です。神さまは、あなたの弱さ、高慢さ、愚かさを放置せず、聖霊の賜物を与えてあなたを生かしてくださる方です。

祈り
祈り 天の父なる神、 あなたの憐れみと赦しを感謝し、あなたの大いなる愛を賛美します。 私どもは、欠けが多く、しばしば失敗し、くよくよしがちなものです。 そして人生はこんなものだと思ってしまいます。 あなたの救いが少しも分かっていないのです。 自分の本当の姿を知ることを恐れ、 自分は何ほどかのものであるとの考えにこびりつき、 日々を生きています。 主イエスが私どもの罪を赦す憐れみ豊かな方であり、 私どもに聖霊の賜物を与え、私どもを新しい人に造り変え、 私どもを生かしてくださる方であることを教えてください。 ペトロは正に救いの恵みに生かされた人です。 私どもも主の救いの恵みの証人として生きることができるよう励ましてください。 あなたはきっと私の証人として生きるとの主イエスの信頼に応える者となります。神よ、弱き私を助けたまえ。