主イエスが捕らえられる場面は、どの福音書にも書かれています。主イエスの逮捕の場面展開は、マタイ、マルコ、ルカは似ています。しかしこの場面の結末の描き方は、ルカは独特です。マタイとマルコは、主イエスの弟子たちは皆主イエスを見捨てて逃げた、とこの場面の結末を述べています。しかしルカ福音書では、主イエスの弟子たちは主イエスを見捨てて逃げたとは書かれていません。

「闇が力を振るっている」

と主イエスが語る、これがこの場面の結末です。

マタイとマルコの両福音書においては、弟子たちが主イエスを見捨てて逃げてしまったことに強調点があります。しかしルカ福音書の強調点は別にあります。主イエスは、闇が力を振るっているのを見ておられるのです。そして主イエスは闇の支配に負けて捕らえられたように見えます。ルカ福音書における主イエスの逮捕の物語は、闇の支配は一時のものであると教えています。

私たちの日々の生活の中でも、闇が支配しているかのように思えることがあるのではないでしょうか。希望が見いだせず、出口が見いだせず、あたかも闇の中でどうすることもできないような状況に直面するかも知れません。

あるいは、人の目を恐れたり、将来に不安を感じたり、死の恐怖を感じたり、逃れることのできない恐れに自分が囚われていると思えることがあります。恐れもまた闇の支配の一つです。しかし闇の支配は一時のものであると今日の聖書は教えています。どのような闇の中に私どもが置かれたとしても希望があります。

「光は暗闇の中で輝いている」(ヨハネ1:5)。

闇は光に勝てないのです。

主イエスが最初に見たものは、闇に支配されている人間ユダです。ユダが主イエスを裏切ることについては、22章の最初にその事情が書かれています。そこを読んでみます。

「さて、過越祭と言われている除酵祭が近づいていた。祭司長たちや律法学者たちは、イエスを殺すにはどうしたらよいかと考えていた。彼らは民衆を恐れていたのである。しかし、十二人の中の一人で、イスカリオテと呼ばれるユダの中に、サタンが入った。ユダは祭司長たちや神殿守衛長たちのもとに行き、どのようにしてイエスを引き渡そうかと相談をもちかけた。彼らは喜び、ユダに金を与えることに決めた。ユダは承諾して、群衆のいないときにイエスを引き渡そうと、良い機会をねらっていた」。

ユダがなぜ、主イエスを裏切ろうと考えたのか、聖書は書いていません。何らかの理由でユダは主イエスを裏切ろうと考えていました。そして行動を起こすのです。そのことが

「ユダの中に、サタンが入った」

と書かれています。

サタンとは悪魔のことです。悪魔は、神を信じる者を神から引き離そうと働く存在です。主イエスご自身も、神の国を宣べ伝える働きを開始する直前、悪魔の誘惑を受けました。悪魔というと何か恐ろしいように思われるかも知れません。人間の心には色々な思いが湧いてきます。神さまから来る思いがあり、悪魔から来る思いがあり、私が考えることから来る思いがあります。私たちの心の思いがどこから来ているのかを判別することは簡単ではないかもしれません。しかし悪魔から来た思いであると思えるとき、その思いは捨てなければなりません。誘惑は悪魔から来る思いです。

ユダは、祭司長たちや神殿守衛長にイエスを引き渡す代わりにお金をもらう約束をし、その機会を狙っていました。そしてその時が来ました。主イエスが弟子たちとオリーブ山に向かった時、ユダは主イエスと弟子たちから離れ、祭司長たちの所に向かったのです。そして彼らをオリーブ山にいる主イエスのところに案内したのです。

47節

「イエスがまだ話しておられると、群衆が現れ、十二人の一人でユダという者が先頭に立って、イエスに接吻をしようと近づいた」。

群衆が現れ、ユダはその先頭に立っていました。そして主イエスに接吻しようとします。つまり、ユダは誰がイエスかを示そうとしたわけです。イエスを指し示すだけなら、イエスの前に出て<こいつだ>と言えば十分です。それなのにユダは接吻をもってイエスを指し示す手段としたのです。

接吻、それは親しみを込めた挨拶の行為です。親しみを込めた行為を裏切りに用いるのです。悪質です。愛を利用する裏切り行為です。なぜユダがそのようにするのか、理由は分かりません。

「ユダ、あなたは接吻で人の子を裏切るのか」。

主イエスは、闇に支配されているユダの姿をここに見るのです。

自分が選んだ弟子によって裏切られる主イエスにとって悲しいことです。救い主としての自分の働きを見てきたのに、裏切られる残念なことです。どんな力がユダに働いたのか分かりませんが、悪しき力がユダに働いたのを主イエスは見て取ったのです。マタイ福音書によると、主イエスがやがて裁判を受け、処刑されることになったことを知ったユダは、<罪のない人を売り渡した>といって自殺します。闇に支配されたユダの憐れな最後です。

主イエスが次に見たものは、闇に支配されている弟子たちです。主イエスは彼らに話しました。

「なぜ眠っているのか。誘惑に陥らぬよう、起きて祈っていなさい」。

その話が終わらないうちに群衆たちがユダを先頭にして主イエスのもとにやってきました。

時は夜。あたりは真っ暗です。大勢の群衆が近づく足音が段々大きくなっていきます。目を向ければ、たいまつに照らされて剣や棒を持っている群衆の姿を弟子たちは見ます。主イエスを捕らえに来たことは明らかです。弟子は一瞬のうちに恐れに囚われました。ユダが主イエスに接吻しようとするのを見、

「ユダ、あなたは接吻で人の子を裏切るのか」

との主の声を聞きます。押し寄せる群衆、そしてユダの行為を見ていた一人の弟子が思わず言うのです。

「主よ、剣で切りつけましょうか」。

これは冷静な心から出た言葉ではありません。恐れに捕らわれて次にどうしていいか分からず、つい口から出た言葉です。そして恐れに捕らわれ、居ても立ってもおられず、一人の弟子が剣を振るい大祭司の手下の耳の片方を切り落とします。ここには闇に支配された弟子たちがいます。つまり恐れに捕らわれている弟子たちです。何が恐ろしいといって身の危険を感じ続けることほど恐ろしいものはありません。

主イエスが

「誘惑に陥らないように祈りなさい」

と命じていたのに弟子たちは眠ってしまいました。眠ってしまった弟子たちは、心の用意ができていませんでした。弟子たちは恐れに囚われたのです。

闇の支配、それは恐れによる支配です。恐れは人間を支配します。恐れに支配されない人間はいません。昔、会社に電車で通勤していました。そんな時ふと思うのです。電車の中で人に迷惑をかけるようなことをしている人がいたとして、自分は注意できるか、と。腕力はないし、格闘技は倣っていないし。注意したらその人物が怒り、刃物を取り出してきたら、と想像するのです。ああ、恐れに勝てないなあ、と思うのです。正しいと思うことも恐れからできないのです。恐れは人間を萎縮させます。

私たちは、色々な恐れを抱いています。恐れが人の生き方を決定することすらあります。人の目を恐れ、人から悪く思われないように生きることが、その人の生き方となる、そういうことがあるのです。恐れを避けて生きるのです。恐れから自由になることはなかなかできません。

聖書は、主イエスが

「死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちをその恐れから解放してくださる」

方であると語っています(ヘブル2:15)。恐れから自由になる、それは救いです。恐れに捕らわれている弟子たちの姿に主イエスは闇に支配されている人間の姿を見ています。

主イエスが三番目に見た闇に支配されている人間は主イエスを捕らえに来た者たち、特に権力を持つ者たちです。主イエスは

「やめなさい。もうそれでよい」

と言います。この言葉は誰に向けて話された言葉なのかがはっきりしません。しかもギリシャ語は、<これまでにしておきなさい>と訳せる言葉です。

おそらく弟子たちに向けて、<これ以上剣を振るうのはやめなさい>との意味に受け取れます。あるいは、<もう手を出すな、彼らのしたいようにさせよ>と解釈することもできます。主イエスは捕らえられ道を選びます。

捕らえられる前に主イエスは言います。

「まるで強盗にでも向かうように、剣や棒を持ってやって来たのか。わたしは毎日、神殿の境内で一緒にいたのに、あなたたちはわたしに手を下さなかった。だが、今はあなたたちの時で、闇が力を振るっている」。

主イエスは自分を捕らえに来た者たち、即に祭司長や神殿守衛長、長老たちを咎めるのです。なぜ昼間、明るいとき、神殿で教えているときに私を捕らえなかったのか。

主イエスを捕らえようとした彼らもまた、恐れに捕らわれているのです。神殿の境内で人々の目の前で主イエスを捕らえることをしませんでした。人々の目を恐れたのです。民衆は主イエスの教えを喜んで聞いていました。その民衆の目の前で主イエスを捕らえたら、民衆の反発を買います。その場でリンチにされるかも知れません。主イエスを捕らえに来た者たちの中に、主イエスは闇に支配されている人の姿を見たのです。

そして言います。

「今はあなたたちの時で、闇が力を振るっている」。

主イエスを捕らえようとする者たちの姿に闇が力を振るっているのを主イエスは見ます。そして闇の支配に身を任せます。つまり主イエスは捕らえられるのです。

ここで大切なことは、闇の支配は主イエスを飲み込んだわけではありません。主イエスは父なる神に祈られました。

「あなたのみ心を行ってください」。

この闇の支配は、実は神の許可のもとにあるのです。

31節以下で主イエスは弟子たちに話されました。

「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った」。

主イエスが捕らえられる場面で弟子たちが恐れに捕らわれる、これは弟子たちがサタンによってふるいにかけられることであること、そしてサタンは弟子たちをふるいにかけることを神に願って聞き入れられたとあります。

闇の支配が人間を覆ったとしても、人間が闇の力に縛られたとしても、闇の支配は絶対的なものではないのです。それは神の御支配のもとにあるのです。主イエスは逮捕されました。裁判を受け、死刑を宣告され、十字架で処刑されます。しかし三日目に復活されます。神が主イエスを復活させるのです。

このことは闇の支配は一時のものであることを示しています。主イエスが闇の支配に屈したのは、それが同時に神さまのご計画であると知っていたからです。ルカが主イエスの逮捕場面の最後に、

「闇が力を振るっている」

と書いたのは、主イエスが闇からの救いをもたらす方であることを示すためです。

使徒言行録を書いたルカは、その中で、復活された主イエスがクリスチャンを迫害していたパウロに出会い、彼に使命を与えたことを書いています。主イエスはパウロに言います。

「わたしは、あなたをこの民と異邦人の中から救い出し、彼らのもとに遣わす。それは、彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神に立ち帰らせ、こうして彼らがわたしへの信仰によって、罪の赦しを得、聖なる者とされた人々と共に恵みの分け前にあずかるようになるためである」。

人々を闇から光に、サタンの支配から神さまに立ち帰らせるために、パウロは主イエスを宣べ伝えるのです。

パウロはコロサイの信徒への手紙でこう書いています。

「御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移してくださいました」(コロサイ1:13)。

主イエスが私たちを救ってくださるとは、私たちを闇の力から救い出してくださるということです。主は私たちを闇の支配から救い出してくださいます。主イエスは私たちを恐れの支配から救い出す方です。

現実の生活の中で、私たちは恐れを抱きます。しかし同時に

「恐れるな」

と呼びかける主の声を聞くのです。主イエスは闇の支配に身を任されましたが、それは闇の支配を打ち砕くためでした。闇の支配、それは一時のものです。主イエスは私たちを闇から光へ導いてくださる救い主です。私たちは光の中を生きることができます。ここに救いがあります。

祈り
祈り 天の父、弱く臆病な私どもを憐れんでください。 恐れのゆえに、道を誤るとき、私どもを赦してください。 恐れるなとの主の声をいつも聞き、 主が闇の支配から、恐れの支配から私どもを救ってくださる方であると信じることができますように。 主は私を恐れから救ってくださる方、と告白できますように。 主との交わりの中で主に身を委ねて生きることを学ばせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。