今日の聖書箇所は、とても印象的な箇所です。主イエスの祈りも特別なものですが、弟子たちの様子も印象的です。主イエスは祈っていますが、血がしたたり落ちるように汗が流れています。主は苦しみながら祈っています。弟子たちはそれを見ています。弟子たちは主イエスの祈りを聞いています。それなのに弟子たちは眠ってしまうのです。悲しみの果てに眠ってしまいます。主イエスが弟子たちのもとからいなくなってしまうという悲しみなのでしょうか。主イエスの祈りの姿に悲しみを感じたのでしょうか。悲しみが募る中、眠ってしまうことがあるのでしょうか。弟子たちは眠ってしまいました。主イエスと共に祈るべき時なのに祈ってしまう弟子たちの心の鈍さ。それが眠りを誘ったのでしょうか。今日は、誘惑に陥らないように祈りなさいとの主の言葉に耳を傾けましょう。

39節

「イエスがそこを出て、いつものようにオリーブ山に行かれると、弟子たちも従った」。

いつもの場所、それはゲッセマネの園と言われている場所です。ルカ福音書の11章37節にこう書かれています。

「それからイエスは、日中は神殿の境内で教え、夜は出て行って『オリーブ畑』と呼ばれる山で過ごされた」。

主イエスは、エルサレムに来て、日中は神殿の境内で教え、夜は、オリーブ山で過ごされたとあります。ゲッセマネの園で祈っていたのだと思います。そのゲッセマネの園に今来たのです。

(40節)

「いつもの場所に来ると、イエスは弟子たちに、『誘惑に陥らないように祈りなさい』と言われた」。

弟子たちは、どんな誘惑に陥る危険があるのでしょうか。それは22章31節に書かれています。主イエスは弟子のペトロに告げます。

「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた」。

これが何かは、今日の聖書のすぐ後に書かれています。つまり主イエスが捕らえられるという出来事に弟子たちは直面するのです。その時弟子たちがどういう行動を取るのか、それが試されます。弟子たちの信仰が揺さぶられるのです。ペトロは主イエスに言います。

「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」。

ペトロはこの覚悟を貫くことができるのでしょうか。自分を守ろうとして、その覚悟を裏切るような行動をしてしまうのでしょうか。主イエスの逮捕という場面に直面して信仰を貫くことができるのでしょうか。それとも自分を守ろうという誘惑に負けて信仰に背く行為をしてしまうのでしょうか。この誘惑に陥らないように主イエスは<祈りなさい>と命じます。

このように弟子たちに命じた後、主イエスは、弟子たちから少し離れたところでひざまずいて祈られます。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください」。

この<杯>とは何のことでしょうか。

杯が、神さまの祝福を現す場合があります。詩篇23篇にはこうあります。

「わたしを苦しめる者を前にしても/あなたはわたしに食卓を整えてくださる。わたしの頭に香油を注ぎ/わたしの杯を溢れさせてくださる」。

杯にはぶどう酒が注がれていますが、豊かな食卓を神さまが備えてくださるとあります。

しかし杯が、神の怒りを意味することがあります。旧約聖書のエレミヤ書にこんな言葉があります。

「それゆえ、イスラエルの神、主はわたしにこう言われる。『わたしの手から怒りの酒の杯を取り、わたしがあなたを遣わすすべての国々にそれを飲ませよ』」。

この杯を飲むとは、神の怒りを受けることを意味します。神の怒りは人間の罪に向けられます。

神の前に罪を犯さない人間は一人もなく、だれもが神の怒りを受ける者であると聖書は教えています。そして主イエスは、私たちをこの神の怒りから救ってくださる方です。私が洗礼を受けるきっかけとなった出来事があります。私は神さまの導きによって、自分の罪を思い知らされました。かつて私はタバコの奴隷で、やめることができませんでした。喫煙は、私の健康を害していましたが、やめられませんでした。そんなある日、神さまが与えてくださったこの体を私は傷つけていると気づかされ、神の怒りを受けても仕方のない罪を犯していることを思い知らされました。自分の罪に打ちのめされることはそれからも何回もあります。

罪とは、法律を破り犯罪を犯すことではありません。私たちは神様に造られたものです。しかも神さまに似せて造られています。その私たちが神様のみ心に反することを行う、それが罪です。私たちは神さまに似せて造られました。それは、私たちが独りで生きるのではなく、他の人と一緒に生きる存在として造られているということです。人を愛し、人から愛されて生きるように造られているということです。神を愛し、神から愛されて生きるように造られているということです。すべての人が神に愛されています。

神を、そして他者を愛そうとしないこと、それが罪です。自分中心に生きる、それが罪です。神を信じない、神を無視する、それが罪です。このような罪に対して神の怒りが降るのです。そして今主イエスは、その神の怒りの杯を飲もうとしているのです。しかしまず、この杯を飲まないですむようにしてくださいと祈ります。

神の怒りの杯を飲むとはどういうことなのでしょうか。それは神から見捨てられるということです。神が私どものことを忘れてしまい、思い出そうとしないことです。そして人は、これがどれほど恐ろしいことか、理解できません。人が死を恐れるのは、人は無意識のうちに神に見捨てられることを恐れているからです。人は死から目を背けて生きようとします。

主イエスは十字架の上で、神の怒りを受け、神に見捨てられる死を遂げられるのです。マルコ福音書では、十字架につけられて主イエスが叫びます。

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」。

私たちに代わって主イエスが、神の怒りを受けてくださり、私たちは神の怒りから救われます。

「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。それでわたしたちはキリストによって神の怒りから救われるのです」。

主イエスご自身は今、十字架の死に向かおうとしています。神に見捨てられることに向かって歩もうとしています。しかし、<この杯を取りのけてください>と祈ります。十字架にかかる以外の方法で、人間を救うことができるなら、私はその方法に従います、と祈り求めています。

これは、神様のみ心に反抗しているのではありません。主イエスは、人間を救おうとする神さまに仕えようとしているのです。しかし、神さまに別な方法を提案しているのです。神さまが提示するのとは別な方法を行ってくださいと願っているのです。これは誘惑です。この誘惑と主イエスは戦っています。

主イエスは、その活動を始めるとき、悪魔の誘惑に遭いました。主イエスは荒野で40日間、何も食べずに過ごしました。その後、悪魔は言いました。

「神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうだ」。

お前が神の子なら、石にパンになるように命じ、貧しく飢えている人たちのお腹を満腹にさせたら、人々はお前を救い主と信じるに違いない。そうしたらどうだ、と悪魔は誘惑します。

あるいは、悪魔は主イエスを神殿の屋根の端に連れて行きます。そして言います。

「神の子なら、ここから飛び降りたらどうだ。『神はあなたのために天使たちに命じて、/あなたをしっかり守らせる』と書いてある」。

神殿の屋根から飛び降りても天使がお前を守ってくれると聖書に書いてある。だから飛び降りたらどうだ、そうすれば天使がお前を助けるのを見れば、人々はお前を信じるだろうと悪魔は言うのです。しかし主イエスは悪魔の提案に従いませんでした。

悪魔は、救い主としての働きをやめろと言ったわけではありません。神さまが示すより、もっと良い方法があるじゃないかと提案したのです。

しかし主イエスはこう祈りました。

「わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」。

神様のみ心が行われるようにと祈られました。神様のみ心なら、私は十字架の死を受け入れますとの祈りです。悪魔の誘惑を拒否したのです。人間の心には色々な思いが湧いてきます。主イエスは、<この杯をわたしから取りのけてください>と祈りました。主イエスは、これは悪魔から来た思いであると考え、神様のみ心が行われるようにと祈られたのです。

私たちも、このような悪魔の誘惑を受け入れてしまうことがあります。神様のみ心とは別な方法に従い、なおかつ神さまに従っていると考えるのです。一つだけ具体例をお話しします。人を赦しなさい、これは神様のみ心です。人を赦せず苦しんでいる人が多いせいでしょうか、世間には赦しに関する本が何冊も出ています。そこには、赦しに関する提案が書かれています。

赦せない人がいて赦せずにあなたが苦しんでいるとします。あの赦せない人のお陰であなたは苦しんでいる、あの人があなたの人生を支配している、それはおかしくありませんか。あなたは自由です。あの人を赦しなさい。つまり、あの人を忘れなさい。あの人のしたことを忘れなさい。そうすれば、あなたは苦しまずに自由に生きることができます。あなたの人生を決定するのは、あなたです。神さまを信じ、神さまに従っているつもりで、こうやっていつわりの教えに従うのです。

私たちは、いつわりの教えを自ら考えですこともあるのです。自分の思いを神さまの導きと考え、それに従うのです。これは誘惑です。悪魔の働きです。主イエスは、神に御心を行ってくださいと祈り、それが辛くとも、苦しくとも、神さまにまっすぐに従う道を選び取られました。こうして悪魔の誘惑に主イエスは勝利しました。

主イエスは、弟子たちに誘惑に陥らないように祈りなさいと命じました。その弟子たちは祈っていたのでしょうか。45節。

「イエスが祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに戻って御覧になると、彼らは悲しみの果てに眠り込んでいた」。

弟子たちは、主イエスの祈りを聞いていたはずです。聞いたから、主の祈りが聖書に記録されているわけです。主イエスの真剣な祈り、悪魔との戦いの祈りを聞いているのに、弟子たちは眠ってしまいました。悲しみの果てに眠ったとあります。何を悲しく思っていたのかは分かりません。主イエスのこのような祈りを聞いた後、眠り込むことができるのか不思議です。

弟子たちは、主イエスの祈りを聞きました。皆さんも、自分のすぐ近くで祈っている主イエスの姿を想像してください。どんな気持ちになりますか。祈っている主イエスの顔から血が滴るように汗が落ちるのです。苦しみもだえる主の祈りを聞き、主の様子を見るのです。そんな壮絶な祈りを弟子たちは聞いたのです。どうして眠り込んだのか、私には分かりません。少なくとも弟子たちは、誘惑に負けてしまったのです。主イエスと共に祈れなかったのです。主イエスと共に生きることに失敗したのです。

主イエスは、弟子たちが誘惑に陥らないように祈って欲しかったのだと思います。主イエスはペトロのために祈られました。

「わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」。

ペトロが主イエスを裏切ったとしても、ペトロが立ち直るように、信仰を失わないように祈られました。そして他の弟子たちを力づけなさいとお命じになりました。

主イエスは、弟子たちと一緒に神さまの救いの御業に仕えようとしてきました。弟子たちが主イエスと共に歩むことを願っているのです。それで誘惑に陥らないように祈りなさいと命じたのです。弟子たちは主イエスの祈りを聞いたはずです。弟子たちも主イエスのために祈ることができたのです。この時点で、弟子たちはそれができず眠ってしまいました。

誘惑とは何でしょうか。それは、私たちがまっすぐに神さまに従うことから、私たちを引き離すものです。私たちは祈りなしに誘惑に勝つことはできません。祈りとは何でしょうか。祈りとは、誘惑に対して目を覚ましていることです。

46節。

「誘惑に陥らぬよう、起きて祈っていなさい」。

起きて祈る、つまり目を覚まして祈ることです。祈り、それは自分たちの願いごとを神にかなえてもらうことだと私たちは考えます。それも祈りです。でも祈りはそれだけではありません。悪魔が私たちの信仰の歩みを妨げることのないように、目を覚まして祈ることはもっと大切な祈りです。

私たちは自分の人生で、自分の願いが実現することを願います。しかし主イエスは、神様のみ心が私たちの人生で実現することが大切だと教えてくださっています。目を覚まして祈らないと、私たちは悪魔の誘惑に負け、自分の願いしか祈らなくなります。あなたの生活に対して、神さまが何を願っているのか、に心を開くことが大切です。<私の願いではなく、御心のままに行ってください>と祈る主イエスの姿は、私たちの信仰を導く主のお姿です。

祈り
祈り 天の父なる神、あなたを崇めます。 私たちを愛し、私たちの人生を最善へと導かれる神さまを崇めます。 ゲッセマネの園で、<私の願いではなく、御心のままに行ってください>と祈る主イエスの姿を心にとどめ、 信仰の導き手としての主イエスを覚えることができるように導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。