牧師になって最初の夏、中高生のキャンプに参加しました。最初に赴任したのは三重県の鳥羽でした。キャンプは、三重県の南部の尾鷲で行われました。川で泳いだことが忘れられません。きれいな川でそれなりの深さもあり楽しかったです。今でしたら、子供たちを泳がせることに不安を感じます。キャンプの最終日、昼食が終わり、解散です。一人の年配の牧師が、食堂のテーブルの上をきれいに拭いていました。地区長の先生でした。それを見た瞬間私は、恥ずかしくなりました。自分は牧師だし、テーブルをきれいにするのは、自分の役目ではないと思っていました。牧師のすることではないと考える高慢を打ち砕かれたように思いました。今日の聖書で、上に立つ人は仕える者のようになりなさいとありますが、正にこのことを身をもって教えられました。

今日も聖書に聞きましょう。マタイ、マルコ、ルカ福音書は、あらすじが共通しています。説教の準備をするときは、三つの福音書を比較して読むようにしています。すると違いに気づきます。なぜ違いがあるのかと考えます。主イエスのことを語るのだから、同じでいいのにと思います。福音書は、それぞれの著者マタイ、マルコ、ルカが、それぞれに主イエスについて証しをしようとしているので、違いが生じます。

主イエスは、弟子たちの中に裏切る者がいることを語るのですが、そのタイミングに違いがあります。マタイとマルコでは、食事の最中に主イエスは語ります。でもルカは、食事が終わった後に、裏切る弟子のいることを語ります。そして弟子たちは、自分たちの中のだれが主イエスを裏切ろうとしているのかと議論します。犯人捜しをするわけです。

しかしマタイとマルコとでは、弟子たちは心を痛め、

「まさかわたしのことでは」

と言い始めるのです。主を裏切るつもりはなくても、何か起きたら自分が裏切るのかも知れないと弟子たちは考えているのです。しかしルカ福音書の弟子たちは、自分ではなく他の誰かが裏切ると考え、だれが裏切ろうとしているのかと議論しています。ルカは、呑気な弟子たちを描いています。

そして今日の聖書で

「自分たちのうちでだれがいちばん偉いだろうか、という議論も起こった」

とあります。裏切り者は誰かと詮索するような話をしているうちに、弟子たちの中でだれが一番偉いのか、という話になってしまったのです。つい今まで、主イエスは、御自分の死について語っていたのです。

「これはわたしの体である」
「この杯は、あなたがたのために流されるわたしの血による新しい契約である」

と話されました。この言葉の意味が分からなくても、主は<あなたがたのために流されるわたしの血>と言いました。主イエスの血が流されると言っているのです。すでに主イエスは、三度も、御自分が苦しみを受けて死ぬことを弟子たちに告げています。<わたしの血が流れる>これは、不吉な言葉です。主イエスの死を予感させる言葉です。それなのに、自分たちの中で誰が一番偉いかという議論をしています。何にも分かっていない、呑気な弟子たちです。愚かな弟子たち、ダメな弟子たちです。

しかも誰が一番偉いかという議論は、二度目です。ルカ9章にも弟子たちは、自分たちの中で誰が一番偉いか議論しているのです。短いので、その部分の聖書を読んでみます。

「弟子たちの間で、自分たちのうちだれがいちばん偉いかという議論が起きた。イエスは彼らの心の内を見抜き、一人の子供の手を取り、御自分のそばに立たせて、言われた。『わたしの名のためにこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。あなたがた皆の中で最も小さい者こそ、最も偉い者である』」。

皆の中で自分を最も小さくする者こそ、最も偉いものであると主イエスは弟子たちを教えられたのです。それなのにまた同じ議論をしているのです。こんな弟子たちに主イエスがあきれてしまったとしても当たり前ではないでしょうか。

前教えたのに、もう忘れちゃったの?私が死ぬことを語っていたのに、何てことを議論しているの?主イエスが弟子たちを叱っても当たり前です。しかし主は叱ることも咎めることもしません。辛抱強く教えられる主イエスがここにおられます。弟子たちがいつの日か、分かってくれる日が到来することを主は知っているのです。弟子たちが聖霊に満たされて、聖霊の導きによって主イエスの教えを悟る日が来ることを主は知っておられるのです。

主イエスの教えは聞いて理解すれば分かるというものではありません。主の教えの内容は理解できるかも知れません。でも教えを理解することと、主イエスの教えが神の言葉、真理の言葉であると悟ることとは違います。弟子たちはおそらく、最初に誰が一番偉いか議論したときの主イエスの教えを忘れてしまったのでしょう。だから、また議論をしています。

主イエスの教えを理解して覚えたとしても、記憶したイエスの教えは普段の生活の中では、忘れてしまうのです。しかし聖霊の導きを得て、主イエスの教えが神の言葉であると悟るとき、その教えは、私たちを主イエスに従う者へ導く力を持つのです。聖霊の導きを受けるとき、聖書を読みっぱなし、説教を聞きっぱなしにすることはありません。

「神の言葉は生きており、力を発揮し」(ヘブル4:12)。

聖霊が神の言葉を通して働かれるのです。

聖書を読むときは聖霊の導きを祈って読むのが信仰者の読み方です。説教を聞くときも、聖霊の導きを祈って聴くのが説教の正しい聞き方です。聖霊の導きを祈らなければ、神の言葉を聴くことはできません。

主イエスは、覚えの悪い弟子たち、呑気な弟子たちを咎めることはしません。弟子たちが聖霊に導かれて主イエスの教えを悟る日の到来を信じています。

そして主イエスは、議論している弟子たちに教えられます。

「異邦人の間では、王が民を支配し、民の上に権力を振るう者が守護者と呼ばれている」(25節)。

マタイ、マルコでは次のように主イエスは教えておられます。

「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている」。

この世の人たちは、偉い人とは権力を持ち、人々を支配する人のことと考えています。そして偉くなりたい、権力を持つ者になりたいと考えている人が少なくないのです。ルカでは、王が民を支配し、という表現になっています。王は民を支配しつつ、守護者、民を守る者と呼ばれていると主イエスは教えます。私はあなたがたを守ります。だからわたしに従いなさい、と王、権力者たちは語るわけです。本当に守るかといえば、そうではありません。それが世の権力者です。

主イエスは、

「しかしあなたがたはそれではいけない」

と戒めます。

「いちばん偉い人は、いちばん若い者のようになり、上に立つ人は、仕える者のようになりなさい」

と教えます。この世の多くの人には、受け入れがたい教えです。上司は部下に仕える。そんなことがあるでしょうか。夫が妻に仕える、親は子に仕える、どうでしょうか。総理大臣は国民に仕える、ありえないです。

なぜ、主イエスの教えを私たちは受け入れるのでしょうか。それは神さまの教えであり、よい教えだからです。それが主イエスに倣う行為、主イエスに従う行為だからです。ヨハネ福音書では、仕える人としての主イエスを描いています。最後の食事の時、主イエスは弟子たちの足を洗われました。主イエスは、私は模範を示した、言われました(ヨハネ13:15)。

今日の聖書でも、食事の席に着く人は、給仕する人より偉いと語り、私は給仕する者であると主イエスは話されました。主イエスは仕える生き方をしているというのです。マルコ10章では主はこう言っています。

「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい」。

ルカと同じ事を語っています。その後、主はこう語ります。

「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」。

人の子、つまり主イエスは、仕えられるためではなく、仕えるために来た。人々の救いに仕えるために、自分の命を捧げるために来た、と教えています。

28節。

「あなたがたは、わたしが種々の試練に遭ったとき、絶えずわたしと一緒に踏みとどまってくれた」。

急に話が変わったように思えます。主イエスはここで、弟子たちに感謝の思いを表しています。弟子たちが主イエスといつも一緒にいたことは分かりますが、主が様々な試練に遭ったときに弟子たちが一緒に踏みとどまったという場面がルカ福音書のどこにあるのか、正直、私には分かりません。でも、主イエスは弟子たちがいつも共にいてくれたこと、そのことが自分にとって励みとなっていたと語っていますのでそうなのだと受けとめたいと思います。

主イエスの試練の時に弟子たちが一緒に踏みとどまるという場面は、正に、これからやってきます。主イエスは、まもなく、ゲッセマネの園に出かけ、そこで祈られます。弟子たちにも、

「誘惑に陥らないように祈りなさい」

と語ります。ご自身は、弟子たちから少し距離を置いたところで祈ります。

主は祈られました。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」。

<杯を取りのけてください>。つまり十字架の死を避けることができるなら、避けさせてくださいとの祈りです。

十字架の死の本当の苦しみは、痛みにあるのではなく、みじめな死を遂げることにあるのでもなく、神に見捨てられることにあります。多くの人は、神を見捨てる生活を平気でしています。神なしに生きています。ですから、神に見捨てられることがどういうことか分かりません。人が死を恐れるのはなぜでしょうか。死、それは神さまに見捨てられることだからです。罪を犯す者は、最終的に神さまに見捨てられます。それが滅びだと聖書は語ります。

主イエスは、罪を犯す者たちの救いのために、神に見捨てられる死を経験するのです。神に見捨てられることほど恐ろしいことはないので、主イエスは、他の方法で人間を救うことができるなら、その方法で救ってくださいと祈ります。でも神様のみ心なら、十字架につきますと祈ります。

主イエスは祈りの中で戦っておられるのです。戦っている主イエスのために祈るべき弟子たち、主イエスと一緒に踏みとどまり祈っているべき弟子たちは何と、眠りこけてしまったのです。何と頼りない弟子たちでしょう。この後主イエスは、逮捕されます。そして弟子たちは主イエスを見捨てて逃げてしまいます。主イエスの試練の時、一緒に踏みとどまるどころか、逃げてしまう弟子たちです。

でも主イエスは、弟子たちに約束します。

「あなたがたは、わたしの国でわたしの食事の席に着いて飲み食いを共にし、王座に座ってイスラエルの十二部族を治めることになる」。

神の国が実現したとき、神の国で主イエスと共に王座に座るというのです。このことが具体的にどういうことか分かりかねますが、頼りない弟子たちに主イエスは、素晴らしい約束をしているのです。

確かに弟子たちは頼りないし、不甲斐ないのです。でも主は弟子たちを咎めないし、見捨てません。主イエスは弟子たちを信頼しているのです。やがて弟子たちが、聖霊に導かれるときが来ます。その時弟子たちは、主イエスのために行動すると主イエスは信頼しているのです。聖霊の助けを受けて弟子たちは福音を伝える者となると信頼しているのです。弟子たちは、頼りないし、不甲斐ないし、分かっていないし、呑気だし、どうしようもない弟子たちです。弟子たちは、主を見捨てさえします。その弟子を主は、見守り、信頼しているのです。聖霊が弟子たちに降るとき、弟子たちが変えられることを。まことに主の弟子となることと信頼しているのです。

そして主は、私たちをも信頼しています。そして主は、あなたを信頼しています。主の弟子として、聖霊に導かれて生きることを仕える者となることを。

祈り
祈り 天の父なる神、 主イエスの弟子たちへの愛を思い感謝します。 私たちもまた弟子たちと変わることがありません。 呑気で、愚かで、弱く、頼りにできない者どもであります。 しかし、そんな私たちを主イエスは信頼してくださることを信じます。 私どもが聖霊に導かれて、主イエスを証しする者として生きる、と信頼してくださっていることを思います。主の信頼に少しでも答えることのできる歩みをします。弱い私どもを神よ、助けてください。