今日の聖書の15節の言葉が心に残ります。

「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた」。

<わたしは切に願っていた>との言葉は素通りにはできません。主イエスは何を願ったのでしょうか。切に願うとは、非常に強い願いを意味しています。それほどまでに強く、主は何を願われたのでしょうか。

そこでまず<過越の食事>とは何かを確認したいと思います。これは旧約聖書、出エジプト記に書かれています。昔イスラエルの民はエジプトで奴隷生活を送っていました。非常に苦しい生活を強いられていました。エジプトの王の支配から自らを解放することはできませんでした。エジプト王には強い軍隊があり、イスラエルの民には何の武器もありません。その苦しみから逃れるためにイスラエルの民は神に助けを求めて叫んだのです。

その叫びに神は答えてくださいました。神はイスラエルの民のために指導者モーセを選びました。そしてエジプトの王に交渉させます。まず神を礼拝するために休みを願い出ます。勿論、エジプト王は奴隷に休みを与えることはしません。神はエジプトに災いをもたらし、イスラエルの民に休みを与えるように力ある業を行います。しかしエジプト王は心を頑なにして休みを与えません。そこで神は最後に大きな力ある業を行います。

聖書を引用します。出エジプト記12:1〜14.ゆっくり読みますので、聞きながら、場面を想像してみてください。

〜〜エジプトの国で、主はモーセとアロンに言われた。

「この月をあなたたちの正月とし、年の初めの月としなさい。イスラエルの共同体全体に次のように告げなさい。『今月の十日、人はそれぞれ父の家ごとに、すなわち家族ごとに小羊を一匹用意しなければならない。もし、家族が少人数で小羊一匹を食べきれない場合には、隣の家族と共に、人数に見合うものを用意し、めいめいの食べる量に見合う小羊を選ばねばならない。その小羊は、傷のない一歳の雄でなければならない。用意するのは羊でも山羊でもよい。それは、この月の十四日まで取り分けておき、イスラエルの共同体の会衆が皆で夕暮れにそれを屠り、その血を取って、小羊を食べる家の入り口の二本の柱と鴨居に塗る。

そしてその夜、肉を火で焼いて食べる。また、酵母を入れないパンを苦菜を添えて食べる。肉は生で食べたり、煮て食べてはならない。必ず、頭も四肢も内臓も切り離さずに火で焼かねばならない。それを翌朝まで残しておいてはならない。翌朝まで残った場合には、焼却する。それを食べるときは、腰帯を締め、靴を履き、杖を手にし、急いで食べる。これが主の過越である。その夜、わたしはエジプトの国を巡り、人であれ、家畜であれ、エジプトの国のすべての初子を撃つ。また、エジプト/のすべての神々に裁きを行う。わたしは主である。

あなたたちのいる家に塗った血は、あなたたちのしるしとなる。血を見たならば、わたしはあなたたちを過ぎ越す。わたしがエジプトの国を撃つとき、滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない。この日は、あなたたちにとって記念すべき日となる。あなたたちは、この日を主の祭りとして祝い、代々にわたって守るべき不変の定めとして祝わねばならない。〜〜

イスラエルの人たちは小羊を屠り、それを焼いて食べます。屠ったときの小羊の血を家の入り口の柱と鴨居に塗ります。神はイスラエルの家を通り過ごし、災いを与えません。しかしエジプトの家では、人であれ、家畜であれ、最初に生まれたものが皆死にます。この災難に恐れおののいたエジプト王は、イスラエルを追放します。かくしてイスラエルの民は、解放されます。

そして神は、毎年、過越の食事を行うように命じます。

<あなたたちはこのことを、あなたと子孫のための定めとして、永遠に守らねばならない。また、主が約束されたとおりあなたたちに与えられる土地に入ったとき、この儀式を守らねばならない。また、あなたたちの子供が、『この儀式にはどういう意味があるのですか』と尋ねるときは、こう答えなさい。『これが主の過越の犠牲である。主がエジプト人を撃たれたとき、エジプトにいたイスラエルの人々の家を過ぎ越し、我々の家を救われたのである』と。>

神さまは過越の祭りを祝うことをイスラエルの民にお命じになりました。それは、イスラエルの民に覚えて欲しいことがあったからです。イスラエルの民をエジプトから救い出した方こそ、彼らの神であることです。イスラエルにはエジプトでの苦しみから救い出した神がおられるのです。この神のみをイスラエルの民は神として崇めるのです。このことを神さまは伝えたかったのです。

神はイスラエルの民に十戒と呼ばれる戒めを与えられます。十戒の最初の言葉はこうです。

「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である」。

このように神は自己紹介しておられます。十戒の最初の戒めは、

「あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない」

です。神さまは過越の食事を行うように命じられました。イスラエルの民が、自分たちが信じる神はいかなる方なのかを覚えるために、子供に伝えるために、過越の食事を年に一度行い続けたのです。

主イエスは弟子たちと共に過越の食事をすることを切に願われました。主イエスはご自分の死を目の前にしています。主イエスの切なる願いは、言い換えると死を直前にしての願いです。死を前にしての最後の願いです。主イエスには切に願うことがあったのです。一体何を切に願われたのでしょうか。どう思われますか。

主イエスにも弟子たちに知っておいて欲しいこと、忘れて欲しくないことがあったのです。主イエスは、これまで三度、御自分が苦しみを受けて死ぬことを弟子たちに話されました。三度目の時、こう話されました。

「人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、唾をかけられる。彼らは人の子を、鞭打ってから殺す。そして、人の子は三日目に復活する。十二人はこれらのことが何も分からなかった。彼らにはこの言葉の意味が隠されていて、イエスの言われたことが理解できなかったのである」。

ですから主イエスの切なる願い、死を前にしての最後の願い、それは弟子たちに<御自分の死には意味があること>を知って欲しいということです。過越の祭りの時、小羊が屠られたように、今主イエスは過越の小羊として十字架で死ぬということです。小羊の血を家の入り口の柱と鴨居に塗った家が救われたように、主イエスの血は私たちに救いをもたらすことを主は知って欲しかったのです。御自分の死が挫折の死、伝道活動の失敗による死ではないことを知って欲しかったのです。今、この時、主イエスの死の意味を弟子たちは知ることができなくても、御自分の死が救いをもたらすものであることを伝えたかったのです。

今日の聖書には、主の晩餐というタイトルがついています。主イエスが弟子たちともった最後の食事なので、最後の晩餐とも呼ばれます。レオナルド・ダビンチがこの場面を描いた<最後の晩餐>の絵は皆さんも見たことがあるのではないでしょうか。神さまが過越の祝いをするように命じたように、主イエスは、聖餐と呼ばれる儀式を行うことを命じられるのです。私の記念として行いなさい。教会は、ずっと聖餐を行ってきました。私の死は<救いをもたらす>、そのことを知って欲しいという主イエスの切なる願いがここにあります。

主イエスは、パンを裂いて弟子たちに与えました。その時こう言われます。

「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である」。

裂かれたパン、それは主イエスの体であるというのです。

聞いている弟子たちには何のことか意味が分からなかったと思います。でも彼らはこの主の言葉を心にとどめました。今日の聖書には、<弟子>という言葉が使われず<使徒>という言葉が使われています。なぜ言葉を使い分けているのかと疑問が生じます。弟子たちはやがてイエス・キリストを宣べ伝える使徒とされました。<使徒>という言葉が使われているのは、彼らに主の言葉の意味が明らかになったことを示しているのかも知れません。

「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である」。

<あなたがたのために与えられる>とあります。<あなたがたに>与えられるのではなく、<あなたがたのために>。つまり主イエスの体は神さまに献げられましたが、それは<あなたがたのためである>との意味です。あの十字架の上で、主イエスの手と足は釘が打たれ、腹部は槍が刺され、主イエスの体は裂かれました。その死は神に献げられた犠牲の死であるというのです。

主イエスの死を理解するために、弟子たちは聖書を読みました。そしてイエスの死の意味を解き明かす聖書を見いだしたのです。イザヤ書53章です。そこにはこうあります。

「わたしたちは思っていた/神の手にかかり、打たれたから/彼は苦しんでいるのだ、と」
「彼が刺し貫かれたのは/わたしたちの背きのためであり/彼が打ち砕かれたのは/わたしたちの咎のためであった」(イザヤ53:4〜5)。
「わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために/彼らの罪を自ら負った」(53:11)。

イエスの死は、償いの死であり、多くの人を正しいものとする死です。イエス・キリストを信じる者は、義とされるのです。人々を救うための過越の小羊としての死だったのです。このように弟子たちは理解しました。

「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である」(20節)。

新しい契約とあります。新しい契約とあるからには古い契約があるはずです。

古い契約とは何でしょうか。それは神さまがイスラエルの民と結ばれた契約です。エジプトを脱出したイスラエルの民が神と結んだ契約です。その契約とは、神は、

「私はあなたがたの神となる」

と約束し、イスラエルの民は

「私たちは、あなたの民となります」

と約束したことです。互いに約束して契約が成立します。この契約を結ぶとき、イスラエルの民は、

「わたしたちは主が語られたことをすべて行い、守ります」

と約束しました。

するとモーセは、いけにえを屠ったときの血を民に振りかけて言います。

「見よ、これは主がこれらの言葉に基づいてあなたたちと結ばれた契約の血である」。

契約の時に血を振りまいたとは、契約を破ったときには命を奪われても仕方がありませんという覚悟を意味しています。

そして今、十字架の上で流された主イエスの血は、契約の血だというのです。そして新しい契約がここで結ばれます。イスラエルの民の不従順により神とイスラエルの民との間の契約は破られました。効力を失いました。そして今、新しい契約を主イエスはもたらしたのです。それは十字架で流された主イエスの血によって有効となる契約です。契約の内容は以前と変わりません。

「私はあなたたちの神となり、あなたたちはわたしの民となる」

です。この契約のために流された主イエスの血、それは主イエスを信じる者に罪の赦しを与える主イエスの血です。

主イエスが切に願ったこと、それは主イエスによって新しい契約がもたらされたことです。主イエスを信じる者は、神さまとの新しい契約に生きることを知って欲しい、新しい契約に生きてほしいとの主イエスの切なる願いがあるのです。

聖書が教える信仰とは、神との契約に生きる信仰です。神との契約に生きる信仰、それは言い換えれば、神の愛を受け、神を愛して生きる信仰です。神に愛されることを喜び、神を愛するのです。神を愛するとは、神の戒めを守ること、神の戒め、それに従う者に幸いを与えます。

聖書が教える信仰は、神との交わりに生きる信仰です。私たちは聖餐式でパンとぶどう酒をいただきます。これらは、<私はあなたたちの神となる>という神の力強い約束を伝えています。つまり神は、イエス・キリストを十字架におつけになり、私たちの罪を赦し、私たちを愛すると宣言されているのです。この神の宣言を、私たちは感謝して受けとめます。そして神を愛して生きていくとの志を新たにします。信仰とは神との契約に生きること、神との交わりに生きること、そのことを是非知って欲しい、それが主イエスの切なる願いです。

祈り
祈り 父なる神様 主イエスの切なる願いを教えてくださり感謝します。 イエスの死に意味があること、主は、私たちが神さまとの契約に生きること、神さまとの交わりに生きることを切に願っておられることを受けとめます。信仰とは、神さまとの交わりに生きることであることを今一度教えてください。私たちの歩みをあなたとの交わりとなるように導いてください。IX。