主イエスの弟子にユダという人物がいました。このユダは、先生を裏切り、先生を売ったのです。弟子なのに、先生を裏切ったのです。なぜ裏切ったのか、聖書には書かれていません。今日の聖書では、サタンがユダの中に入ったと書かれています。<サタンが入る>、びっくりする表現です。

聖書には、悪魔とかサタンとか呼ばれる存在が登場します。悪魔=サタンと考えていいと思います。そのサタンが人間の中に入る、というのです。日本語では<魔が差す>という言葉があります。<心の中に悪魔が入ったように、ふと悪念を起こす><思いもよらない出来心を起こす>との意味です。ユダの裏切りは<魔が差した>とは言えないと思います。意図的です。

今日は、サタンの話をします。悪魔、サタンの話は気持ち悪いかもしれません。でも心配いりません。イエス・キリストを宣べ伝えたパウロは、主イエスから次のように使命を与えられています。

「わたしは、あなたをこの民と異邦人の中から救い出し、彼らのもとに遣わす。それは、彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神に立ち帰らせ、こうして彼らがわたしへの信仰によって、罪の赦しを得・・・」。

人々に主イエスを伝え、人々をサタンの支配から神に立ち帰らせるのがパウロの使命だというのです。サタンの話は、私たちの信仰にとって益となることを心に留めたいと思います。

今日の聖書には、主イエスを殺したいと考えている人々が登場します。祭司長たちや律法学者たちです。彼らは宗教指導者ですが、主イエスを殺したいと思っていました。堕落した神殿での礼拝を主イエスが改めようとしたことが祭司たちの反発を生みました。律法学者たちは、主イエスから偽善者と非難されました。律法学者たちの目に、主イエスの自由な生き方は神に背いているように思えました。律法学者たちは、主イエスは神を冒?していると考え、死刑に値すると考えました。祭司長たち、律法学者たちは、主イエスを殺そうとしていました。でも主イエスは人々に人気があったので、公然と捕らえることはできません。ですからユダが主イエスを引き渡すことができますよ、と話を持ちかけたとき、彼らは喜んだのです。

ユダの中にサタンが入ったとあります。悪魔とかサタンとか呼ばれる存在は、本当にいるのでしょうか。聖書はいると書いています。そもそも神さまだって目に見えないし、いるかいないか分かりません。神さまは私たちに対し働きかけるかたです。そこで私たちは神さまを信じます。さらに信仰に生きる者として、サタンの攻撃を身に受けるので、サタンの存在を信じるわけです。私たちが聖書の言葉によって生きようとすると、サタンは攻撃をしてきます。私たちの心に働きかけます。サタンの存在、サタンの働きをを恐れる必要はありません。サタンは、神さまの許す範囲でしか行動できないからです。私たちはサタンに勝つことできるようにされているからです。

サタンがユダの中に入ったとあります。サタンが中に入ったユダは、サタンに操られる存在になったのでしょうか。ユダは自由を失い、サタンの言いなりになってしまったのでしょうか。サタンに支配される人となってしまったのでしょうか。

ヨハネ3:12にこうあります。

「夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた」。

ユダの心に主イエスを裏切る考えがありましたが、それはサタンが抱かせたというのです。ユダの心は、悪魔によって支配されていたのでしょうか。悪魔は強引にユダに主イエスを裏切る考えを押しつけたのでしょうか。聖書には、悪魔に生け捕りにされるという言葉もあります。

サタンは、人間に働きかけます。その具体的な例は、創世記3章にあります。蛇の誘惑の物語です。創世記には、神さまが世界を造られたこと、人間を造られたことが書かれています。最初に造られた人間アダムとエバは、エデンの園に住んでいました。エデンの園の真ん中に、善悪を知る知識の木が植えられていました。神はアダムに

「善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」

と警告しました。

ある時、蛇がエバに言うのです。

「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか」。

エバが答えます。

「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました」。

蛇はさらに言います。

「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ」。

そして聖書は次のように述べます。

「女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた」。

エバが神の警告に背いたのは、自分の意志によってです。蛇は嘘をつきました。エバは神の警告よりも蛇の言葉を信じ、自ら禁じられた木の実を食べたのです。そしてアダムも、エバが木の実を差しだしたとき、神の命令に従うべきだと言って、食べることを拒みませんでした。食べてしまいました。自らの意志によって、食べたのです。

サタンは、人間の頭に攻撃を仕掛けるのです。聖書の言葉に立って生きていこうとすると人間の心に色々な思いが浮かんできます。人はサタンの言葉を聞き、それを受け入れ、自ら、神の御心に反することを行うのです。人は自らサタンの言葉を受け入れ、それに従うのです。人は強制的に、力尽くでサタンに支配されるのではないのです。サタンの言葉を受け入れていくのです。

サタンの声は、人を介して聞こえてくることもあります。たとえば、主イエスが<自分はやがてエルサレムで捕らえられ、苦しみを受けて殺される>と弟子たちに話したことがあります。その時、弟子のペトロが、主イエスを諫めて、

「とんでもないことです。そんなことがあってはなりません」

と言いました。その時主イエスはペトロに向かって

「サタン、引き下がれ」

と言われました。

主イエスは、十字架の死を遂げることが神様のみ心だと知っていました。でも十字架の死は苦しい死です。ですから十字架の死を避けたいとの思いは主イエスにあります。実際、十字架につけられる前の晩、主イエスは祈りました。

「父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに」。

十字架の死を避けるべきだというペトロの言葉は、サタンからの言葉と主イエスは受けとめたのです。

サタンは人間に働きかけ、信仰者を神から引き離そうとするのです。それがサタンの働きです。サタンがユダに対して何を語り、どんな誘惑をしたのかは分かりません。

「夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた」

とヨハネ福音書にありますが、ユダは、自分なりに正しいこととして、主イエスを裏切ろうとしたのです。

ある人は、ユダの行動を次のように考えます。ユダは熱心党というグループに属していたというのです。熱心党は、ローマからの独立を目指す政治結社です。人々に権威ある教えを説き、奇跡を行う主イエスを見て、ユダはイエスこそ、イスラエルにローマからの独立をもたらすメシアだと考えていました。主イエスはなかなか行動を起こさないので、主イエスを死に追い込めば、行動を起こすのではないかと考えたというのです。ユダとしては、正しい行動をしているつもりで主イエスを裏切ったというのです。こういう解釈は聖書には書かれていないので、何とも言えませんが、ユダは、自分なりに良いと思って行動していたのだと思います。

サタンがユダの中に入った。それはユダが行動を起こす時が来たことを意味しています。ヨハネ福音書でも、サタンがユダの中に入ると、ユダは行動を起こしています。そしていよいよ主イエスの十字架の死に向かって事態は動いていきます。この後、主イエスは弟子たちと食事をしますが、弟子たちに次のように話されます。

「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけることを神に願って聞き入れられた。しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」

主イエスは、サタンが弟子たちをふるいにかけることを神に願って聞き入れられたというのです。サタンは、神の許しの中で行動するのです。弟子たちの信仰を試すというのですね。ペトロは主イエスが捕らえられたとき、距離を置いて、主イエスの後についていきます。主イエスがどうなるのか、見届けようとするのです。

すると思いがけない声が聞こえてきます。

「あなたは、あの人と一緒だったよね」。

これも人を通して語るサタンの声です。ペトロは一瞬のうちに恐れに捕らわれ、

「私はあの人を知らない」

と主イエスを裏切りました。ペトロは主イエスに

「主よ、ご一緒になら、牢に入っても、死んでもよいと覚悟しております」

と語ったのです。その覚悟は、いっぺんに吹っ飛んでしまいました。命が惜しくなって、主イエスを裏切ったのです。何て情けない自分なんだ、とペトロは打ちのめされました。激しい自己嫌悪に陥ります。主イエスの弟子として立つことはもはやできません。

サタンは信仰者を神から引き離そうと攻撃を仕掛けます。それは巧みです。サタンの手に落ちた人は、必ずしも信仰を失うとは限りません。その人は自分は神を信じていると思っているし、信仰生活を続けているのです。サタンはもはや攻撃をしません。なぜならサタンに抵抗しない信仰者に働きかける必要はありません。この人の信仰は、サタンにとって脅威ではないからです。サタンは神さまの言葉に立って生きようとする人を攻撃します。神さまが与えてくださる救いの恵みによってまっすぐに生きる人を攻撃します。神さまが与えてくださる救いの恵みに生かされることを願う人を攻撃します。罪に勝利することを願う人を攻撃します。信仰者が罪に勝利することをあきらめれば、サタンの勝利です。

少なからぬ人が、罪に勝利できない理由を自分が罪深いからだと考えます。聖書は、自分の力で罪を克服できるとは教えていません。勝利できるなら、主イエスの十字架の死は無意味になってしまいます。人は自分の力では、罪に打ち勝つことはできません。罪を犯してしまうのです。だから主イエスの与えてくださる救いが必要なのです。勝利をもたらすのは神の恵みです。聖霊の働きです。自分の力で生きようとする人は、自分の力はここまで、と言って、罪に負ける自分を仕方がないと受け入れてしまうのです。

救いの恵みは罪の赦しだけではありません。罪に打ち勝つことができる神の恵みがあるのです。この恵みは信仰者にとって求めるべき大切な恵みです。罪に勝てないのは、あなたの信仰の弱さでも、頑なさでもなく、本当の敵であるサタンを知らないからです。本当の敵であるサタンに勝利しようとしないからです。罪に負ける自分を仕方が無いと受け入れる人にサタンはもう働きかけません。その必要がないからです。

「だから、神に服従し、悪魔に抵抗しなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げていきます」(ヤコブ4:6)。

サタンに対する勝利は約束されています。使徒パウロの使命は、人々の目を開き、サタンの支配から神に立ち帰らせることにありました(使徒26:18)。神に立ち帰り、神の恵みに自分をゆだねるなら、サタンに勝利し罪を克服できます。罪から解放されます。

パウロは教えます。

「最後に言う。主に依り頼み、その偉大な力によって強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい」。
「霊の剣、神の言葉を取りなさい」。

罪から解放される喜びがあなたに用意されているのです。

祈り
祈り 天の父なる神様、 私たちをあなたから離れさせようとするサタンの働きかけに気づかせてください。 私たちに働きかけるサタンに打ち勝つことができるように導いてください。 あなたが私たちに与えてくださる救いの恵みがいかに大きいものか教えてください。 信仰に生きる幸いを教えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。