聖書は、この世界に終わりの日が来ることを教えています。時間の流れは無限の過去から無限の未来に向かっているのではなく、神の世界創造により時間が始まり、世界に終わりの日が来て、神の国が完成すると教えています。このルカ福音書21章において、主イエスはこの終わりが近づいたとき、何が起きるかを教えています。皆さんは、終末の時が来ることをどう思いますか。

今日の聖書において、主イエスは<その日があなたがたを襲う、その日は、全人類に襲いかかる>と述べています。<襲いかかる>というと恐ろしい感じがしますが、その日が<到来する>という意味です。<罠>という言葉があるので、<襲う>と訳したのでしょうが、<到来する>との意味です。

その日とはどんな日を言うのでしょうか。ルカ福音書の21章では終末の日に関することを主イエスは教えています。9節には<世の終わり>という言葉があり、27節には<そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗ってくるのを人々は見る>とあるように、主イエスは、御自分がもう一度この世界においでになるときのことを語っています。その日とは、主イエスがもう一度この世界においでになる日かも知れません。これを主イエスの再臨の日と言います。主の再臨は終末に起きる出来事です。

聖書は終末の日の到来することを教えていますから、これを信じることが信仰にとって大切であることは分かります。終末の時、すべての人が神に裁きを受ける最後の審判のあることを聖書は教えていますから、終末の教えは、いい加減にして良い教えではありません。そもそも救いとは、この最後の審判における神の裁きにおいて救われることを意味しています。

聖書は終末の到来を教えますが、今ひとつ、現実感をもてません。以前から東海地震が起きると言われてきましたが、なかなか起きません。東日本大震災のもととなった東北地方太平洋沖地震が起きた今、南海トラフ巨大地震が起きると予想されています。もしこの巨大地震が起きたらどれほどの被害が出るかの予想が発表されているので、この巨大地震の発生はかなり現実味を帯びて受けとめられています。終末はこのような地震のように現実感をもって受けとめることは、正直言って、私にはむずかしいです。

しかし主イエスがこの世の終末について語っておられるので、これを絵空事とするわけにはいきません。礼拝の中で告白する使徒信条においても、主イエスは<十字架につけられ、陰府に降り、三日目に死人のうちよりよみがえり、天に昇り、全能の父なる神の右に座したまえり。かしこより来たりて、生ける者と死ねる者とを裁きたまわん>と私たちは告白しています。

<かしこより来たりて>とは、主イエスは天におられる父のもとからこの世界においでになるとの意味です。私たちは、ただ使徒信条を口に出しているのではなく、これを信じると告白しています。

信ずべきことは分かるのですが、終末がリアルに感じられない、現実感をもって受けとめることができない、これが私たちの現実かもしれません。説教をする者として、終末をリアルに信じてもらうためにどうしたらよいのか考え続けていますが、よい方策は見つかりません。

恐らく、終末を、現実感をもって受けとめることができるか否かは、問題ではないと思います。そもそも神さまの存在だって、リアルに感じることは少ないと思います。それでも私たちは神さまを信じ、日曜日には神さまを礼拝しています。信仰生活を送っています。

終末はリアルには感じられませんが、聖書は最初から最後まで、罪に対する神さまの裁きを語っています。聖書の最初にある創世記にノアの洪水の物語があります。神さまは世界を造り、人を造られました。そして人は地上に増え広がりました。何が起きたのでしょうか。

「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた」(創世記6:5〜6)。

そして神さまは洪水を起こし、人も空の鳥も、地上の生物も皆滅ぼしました。創世記にはさらに堕落した町ソドムとゴモラの町も神さまの裁きを受けて滅亡したとあります。神さまは罪を裁かれる方であることは、聖書の至る所に書かれています。この歴史の中では、罪ある者が栄え、正しい者が虐げられるという不条理が存在していますが、神さまは最後の審判で全てに決着をつけられるというのが聖書の教えです。

旧約聖書を読んでみると不従順である神の民に対して、預言者たちは神の裁きが下される日が来る、と繰り返し語っています。このように聖書を読めば、神の裁きは絵空事ではないことがわかります。私たちは、神の裁き、終末ということは、絵空事とは思えませんが、リアルに受けとめることもできない、あいまいな状態にあると言えるかも知れません。現実味をもって受けとめることができるかどうかはともかくとして、終末に関する教えを聖書の教えとして大切に受けとめたいと思います。

そこで勧めがなされます。

「放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように注意しなさい」。

この世のことに心を奪われて生きることのないようにしなさい、との意味です。心が鈍くなるとは、終末のあることに対して鈍感になり、この世の生活のことで思い煩い、あるいはこの世の生活での楽しみだけを追うことにならないようにとの教えです。

生きるとは、聖書によれば、神さまに教えられて生きることを意味します。神さまは、私たちに二つの大切な教えを与えてくださいました。神を愛し、人を愛することです。これが人間の生き方の根本です。しかし人は自分の生きたいように生きています。<放縦な生き方>をしています。これに関連してパウロは次のように述べています。

「わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした」(エフェソ2:8)。

自分の心の欲するままに生きる、それは現実には神の目に罪を犯している歩みであり、神の怒りを買い、神に裁かれる歩みであるというのです。

人間は、神さまのご意志によってこの世界に誕生します。私たち一人一人が命を授かりこの世に生きているのは偶然ではなく、神さまのご意志があります。子供が生まれればその両親は喜ぶように、神様あなたの存在を喜んでくださいます。私たちが神を愛し、人を愛する生き方をするのを神は願っておられます。そして人がいかに生きたのか、神さまから与えられた命をどう用いて生きたのかが、最後の審判で問われるというのが聖書の教えです。

「主イエスが力強い天使たちを率いて天から来られるとき、神はこの報いを実現なさいます。主イエスは、・・・・神を認めない者や、わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者に、罰をお与えになります。彼らは、主の面前から退けられ、その栄光に輝く力から切り離されて、永遠の破滅という刑罰を受けるでしょう」(テサロニケ二1:7〜9)。

人は皆、神の前に罪を犯していて、永遠の破滅という刑罰を受けるべき存在だと聖書は告げます。人は死んで滅びるのです。しかしイエス・キリストが救い主としておいでになり、主イエスを信じる者は、その信仰のゆえに、神の目に正しい者とみなされ、救われるというのが福音、うれしい知らせです。ですから私たちは、終末が来ること、神さまの裁きのあることを覚えます。いつも祈り目を覚まして生きるのです。

終末は、絵空事ではありませんが、現実感をもって受けとめがたいものがあることは事実です。終末とはただ世の終わりということではありません。終末の本質とは何でしょうか。

聖書には、主イエスが雲に乗って来られるということが繰り返し語られています。教会に長く来ている人がよく知っているのはマタイ福音書25章です。

「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」(25:31〜33)。

パウロは次のように主の再臨を述べています。

「すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります」(テサロニケ一4:16〜17)。

こんなことが本当に起こるのかと疑問に思う方もおられるでしょう。ここで大切なことは、文字通り聖書に書かれているよう主がおいでになるかどうかではなく、主がおいでになるとき、誰の目にもそれは明らかになるということです。主イエスを信じる人も信じない人も、皆、再臨の主を見るのです。主イエスが救い主であることが誰の目にも明らかになる、これが終末の本質です。

終末とは、神がまことの神であることが、誰の目にも明らかになる時です。

「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる」(コリント一13:12)。

私たちは今、神を信じるだけですが、その時は、顔と顔を合わせるようにして神を見るのです。

神が神であられることが誰の目にも明らかになる、これが終末の本質です。この地上に私たちが信仰を持って生きる時、神が神であられることが誰の目にも明らかになることはありません。私たちは信じるだけです。ですから終末を、現実感をもって受けとめることはできないのです。信じて受け入れるのです。

信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することですと聖書にあります。信仰者は、終末を待ち望み、その到来を確信します。終末という見えない事実を確認します。目で見るように手で触れるように神を感じることはできませんが、神が生きて働かれることを信じて生きる、それが信仰です。

いつも目の前に神さまをおいて生きるのです。いつもわたしの右に神がおられると考えて生きるのです(詩篇16)。私たちが神さまに導かれて聖書を読み、神さまの言葉と向き合って生きるなら、神さまが共にいてくださることがより確かになります。

元町教会に来て忘れられないことがあります。今は天に召されましたが、高畠照子さんの話された言葉です。お宅に訪問したとき、はっきり言われました。

「イエス様がベッドの横に来てくださったので、いつ天に召されてもいいです」。

イエス様がベッドの横に来られたのが夢か幻か現実か、それは私には分かりません。イエス様が共にいてくださるということが彼女にとって事実でした。神さまが共にいてくださると信じて私たちは信仰の歩みをします。

もし、あなたの目の前に神さまが現れたら、あなたは神さまに何を願いますか。主イエスがあなたのもとに来られたら、あなたは何を願いますか。

今まであなたが祈ってきたことをそのまま祈られるでしょうか。それとも主イエスを前にしたら、祈ることが変わってくるでしょうか。おそらく変わってくるのではないでしょうか。もし祈ることが変わるなら、新しい祈りを祈る生活をするのがよいのではないでしょうか。主イエスは、あなたを変えるのです。主イエスは、あなたを新しく生かすのです。

36節にこうあります。

「しかし、あなたがたは、起ころうとしているこれらすべてのことから逃れて、人の子の前に立つことができるように、いつも目を覚まして祈りなさい」。

私たちは終末が来たら、主イエスの前に立つというのです。私たちの前に主イエスがおられるというのです。終末の時、私たちは目の前に主イエスを見るのです。主イエスの目の前に立っている自分を見いだすのです。それなら今、主の前に立つ者として祈り、生きる、これが信仰の歩みです。もし、今主イエスがあなたの前においでになったら、あなたは何を願いますか。何を祈りますか。今まで祈っていた祈りが変わるなら、新しい祈りにふさわしく歩みませんか。それが本来、主イエスの前に、主イエスと共に、あなたの歩むべき道ですから。

祈り
祈り 天の父、あなたを崇めます。 終末の時が来ることを私たちは現実味を感じて受けとめることができませんが、信仰を持って受けとめ、 あなたの御前に真実に生きることができるように助け、導いてください。 その時、私たちは主イエスの前に立つとあります。 主に救われた者として、心を高く上げて主のみ前に立つことができるように、私たちのこの世の歩みを導いてください。 特に聖霊の導きを与えてくださり、信仰に立つことを励まし、 確信を持ってみ言葉に従う歩みをすることができるように導いてください。イエス・キリストの御名により祈ります。