イエスを信じる人たちは祈る時、天の父よと神さまに呼びかけます。神さまを父と呼ぶんです。教会に来ると、祈る時に、神を父と呼ぶことが分かります。ですから、自分も祈る時、神を父と呼びます。でもなぜ、神さまのことを父と呼びかけるのでしょうか。使徒信条でも

「われは天地の造り主、全能の父なる神を信ず」

とあります。

皆さんは、神さまを<父>だと思えますか。主イエスは神さまのことを<自分の父>と言っています。皆さんは、実感をもって神さまを<父>と呼んでみたいと思いますか。主イエスは、なぜ、神を自分の父と呼ぶようになったのか、知りたいです。

主イエスが12才になりました。主イエスの両親は息子を連れてエルサレムに行きます。時は過越祭です。過越祭とは、神さまがイスラエルの先祖をエジプトから救い出したことを思い起こし、これをお祝いする祭りです。過越祭を毎年祝い、自分たちの神がいかなる神であるかを思い起こし、また子供に伝えるのです。

「両親は祭りの慣習に従って都に上った」

とあります。イスラエルには三つの大きな祭りがあって、祭りの時に人々はエルサレムに巡礼に行くのが神さまの教えでした。しかし遠くの町や村に住んでいる人にとって、三度もエルサレムに行くのは大変です。そこで、一年に一回過越の祭りの時にエルサレムに行く、それが慣習となっていました。

巡礼の旅に出たとき、主イエスは12才でした。イスラエルでは13才になると神の前に成人と見なされ、自立した人間として、神の教えを守る責任が生じました。主イエスに大人になる自覚を求めて、両親は主イエスを連れて行ったのかも知れません。巡礼の旅は、親類や同じ村や町に住む人たちと一緒の旅でした。一緒であれば、盗賊に襲われる危険も少なくなるし、安心です。そして楽しいです。大人たちは、にぎやかにおしゃべりしながら、子供たちは同じ子供たちでわいわい言いながらの旅です。

祭りが終わり、皆、帰ります。ヨセフとマリアは一日の道のりを行った後、主イエスのいないことに気づきました。恐らく夕食の時に気づいたのだと思います。そして次の日、捜しながらエルサレムに戻ります。エルサレムから故郷に帰る人たちの中にわが子がいないか、捜しながら、エルサレムに戻ります。そしてその次の日、神殿にいる主イエスを見つけます。

主イエスは神殿の境内で学者たちの真ん中に座っていました。そして話を聞いたり質問したりしていました。人々が主イエスの賢い受け答えに驚いていたとあります。驚いたとあるので、主イエスは少年でしたが、学者たちと議論をして。学者たちを教えるほどだったと解釈する人もいます。私は、少年の主イエスは、学者たちから学んでいたのだ、と思います。

主イエスは、ヨセフとマリアのもとで育てられました。二人とも敬虔な信仰者です。主イエスが誕生した時は、律法に従った行動をしました。主イエスは信仰に生きる両親の姿を見て育ちました。両親の祈りを聞いて育ち、また両親からモーセの十戒も教えられました。少年イエスは、神を信じて生きる少年でした。両親を敬い、両親に従う少年でした。

主イエスは人として生まれ、人として成長されました。神の教えについて、何でも知っている子供に生まれたのではなく、私たちと同じように神の言葉を学びつつ育ったのです。神殿の境内で、主イエスは、学者たちの話を聞き、時に質問します。また学者たちは理解を確認するために質問をします。主イエスは的確に応えます。主イエスの理解力に人々は驚いたのです。主イエスは学ぶ姿勢で神さまの教えを聞いていました。主イエスは学ぶ姿勢で神の言葉を聞いていました。

主イエスを見つけたマリアは主イエスを咎めます。

「なぜこんなことをしてくれたのです。御覧なさい。お父さんもわたしも心配して捜していたのです」(48節)。

両親と一緒に帰らなかったことを咎めました。するとイエスは、

「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか」

と答えます。逆に、主イエスも<どうしてさがすのですか><わたしが自分の父の家にいることが分からなかったのですか>と柔らかい調子ですが、反論をしています。両親はこの主イエスの言葉の意味が分からなかったとあります。私たちだって、主イエスの言葉の意味は、わかりにくいです。

ここで疑問が湧いてきます。なぜ、主イエスは神を父と呼んだのでしょうか。しかも自分の父と呼び、神と親しい関係にあることを示しています。旧約聖書において、神を父と呼ぶ箇所は稀です。旧約聖書では、神を<主なる神>とか<主>と呼ぶことが圧倒的に多いです。

神を父と呼ぶことは、主イエスが弟子たちに教えたことです。弟子たちが主イエスに<祈ることを教えてください>と頼んだとき、主イエスは、

「父よ」

と神に呼びかけるように教えられました。あるいは、弟子たちに対する教えの中で次のように教えています。

「だから『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから明日のことまで思い悩むな」。

神さまのことを<あなたがたの天の父>とも教えておられます。

主イエスがなぜ、神を自分の父と呼ぶのか、聖書には書かれていません。天使ガブリエルがマリアにあなたは子を産むと告げたとき、その生まれた子は、<いと高き方の子><神の子>と呼ばれると語ったことがあります。神の子であれば、神のことを父と呼んでも不思議ではありません。でも、人がどうして神を父と呼ぶことができるのか、すぐには理解できません。

マリアは主イエスを育ててきました。<わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを知らなかったのですか>とイエスが言ったとき、両親は、主イエスの言葉の意味が分からなかったとあります。子育てを続ける中、天使が主イエスのことを<神の子>と語ったことは忘れていたのでしょう。主イエスを見つけたときに、天使の言葉を思い出すことは無理だったでしょう。

主イエスは神を信じる者として育ちました。主イエスは神を信じる者として生きてきました。子供だって神に祈るし、神から教えられる必要はあります。イエスの両親はモーセの十戒を教え、神さまの教えを教えたに違いありません。神に信頼して生きること、神に希望を置くことを教えたに違いありません。

主イエスは、生きて働かれる神を信じました。イスラエルの歴史の中で生きて働かれた神が、今も生きて働かれると信じました。主イエスはまっすぐに神を信じました。罪を犯す私たちは、自己中心的ですので、神を疑うことがあり、神を徹底して信頼できない面があります。

しかし主イエスは、神とまっすぐに向き合い、神を信じました。主イエスは、少年ですが、神に祈って生きてきました。神に自分の気持ちを告げました。時に、どうしたらよいか神に導きを求めました。神に願いを伝えました。神の教えを学ぶことを喜びとしました。神の教えに従うことを喜びました。

神という言葉は抽象的です。神といっても、何のイメージも伝わってきません。神を分かりやすく表現するなら、父と呼ぶのがふさわしいのではないでしょうか。旧約聖書では、人を羊にたとえ、神を羊飼いに例えています。神を父にたとえる、それはふさわしいたとえです。主イエスにとって、神は父のようでした。父は子を愛し、子を守り、子に教え、子を導きます。主イエスは、神を父のような存在と受けとめたのです。それだけではなく、祈りを通し、日々の信仰の歩みを通して、神を親しく感じていたのです。だからイエスは、神を自分の父と呼びました。実際に、神を父のような存在と感じたのです。

私たちはどうでしょうか。神さまの言葉を、父なる方の愛から出た教え、父が子を導く言葉として素直に受け入れることができるでしょうか。素直に神の言葉に従って生きているでしょうか。従うことに喜びを抱いているでしょうか。

主イエスはエルサレム神殿に来ました。主イエスは何よりも、神の教えを聞くことを楽しみにしたに違いありません。主イエスは学者に囲まれ、座りながら彼らの語る教えに耳を傾けたのです。学者が神について語るのを喜んで聞かれたのです。神の言葉を喜んで聞かれたのです。主イエスにとって神殿は父の家であり、そこは父の教えが教えられる場所です。神の言葉が語られる場所でした。52節で、主イエスは知恵が増しとあるように、主イエスは神の言葉を学んで育ったのです。

主イエスは<わたしが自分の父の家にいるのは当たり前>と語りました。ここで<父の家>と訳されていますが、ギリシャ語本文には、<家>という言葉はありません。文字通りに訳すと、<わたしは、父の事柄の中にいる>となります。イエスの両親が主イエスを捜していたのですから、父の家にいるという訳は素直な訳です。でも主イエスは、<父の事柄の中にいる>とあることは忘れてはいけないと思います。

主イエスの生涯が、どのような生涯であったかと言えば、神の事柄、つまり神さまに仕える生涯でした。人類を救おうとする神の計画に仕える生涯でした。主イエスは、いつも<神の事柄>の中にいたのです。

主イエスは、どんな時に<父よ>と神を呼んだのでしょうか。たとえばゲッセマネにおいて祈った時です。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」(22:42)。

十字架の死を避けることができるのなら、避けさせてください。十字架の死を遂げることが神さまのみ心なら、それに従いますと祈られたのです。

そして十字架で死ぬ直前、こう叫んだのです。

「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」(23:46)。

主イエスの歩みは、すべてを神さまにゆだねるあゆみでした。神の事柄を中心に生き、すべてを神にゆだねて歩まれたのです。

主イエスの生涯を思うとき、信仰とは、<神の事柄>に思いを向け、<神の事柄>に関わって生きることと知ります。神さまを信じるとは、自分のために神さまに何かをしてもらうことではありません。信仰とは神さまとの交わりです。しかも父である神さまとの交わりです。神さまは父です。父として私たちを愛し、私たちの人生を最善となるように導かれる方です。様々な宗教が、神を語ります。ですから私たちは聖書を読み、聖書から神さまがいかなる方かをキチンと学ばないと、私たちの神理解はゆがんだものとなります。

まず神さまは生きて働かれる神です。この事実を信じるのが信仰です。神さまは、いるのかいないのかあやふやな方ではありません。私たちが神さまのみ心を考えず、自分のために神が行動してくれることだけを考えるとき、神がいるのかいないのかは、あやふやになります。主イエスは、神の事柄の中に、身を置きました。神さまのみ心の中に身を置いたのです。

神さまは、私たち一人一人の人生に計画をお持ちです。自分に対する神の計画があることを信じ、それは良き計画であることを信じ、その計画の中に生きようとすること、それが信仰です。神さまの計画、それが神の事柄です。金沢元町教会に対する神の計画があります。この世界に対する神の計画もあります。そしてあなたに対する神の計画もあります。

神の計画を中心にして生きる、それはあなたの人生を失うことではありません。むしろ、神さまから祝福された人生をいただくことです。主イエスが次のように教えているとおりです。

「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである」(9:24)。

私たちが神さまのみ心に思いを向けない限り、神さまは身近な存在、父なる存在であると感じることはできないと思います。神さまの御心に生きることを通して、神さまが近くなり、生涯の終わりには、<父よ、わたしの霊を御手にゆだねます>と祈ることができます。神さまとの交わりに生きる時、私たちは実感をもって、神を父と呼ぶことができるようになると信じます。

祈り
天の父なる神様、 主イエスがあなたを<父>と呼んだように、 私たちも心からあなたを父と呼び、あなたに信頼し、 あなたとの交わりに生きることができるように導いてください。 あなたを父と呼ぶ幸いへと導いてください。 父なる神様が、私たちのすべてをご存じであり、 私たちの人生を最善に導いてくださる方であると信じさせてください。 あなたが私たちに命を与え、私たちに対して計画を持っておられ、 私たちを用い、あなたの御業に仕えるように導かれます。 あなたこそ、私たちを生かす父であることを教えてください。 あなたを父とする幸いへ導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。