NHKの大河ドラマ<八重の桜>が昨年放映されました。12月に入っての放送の中で、同志社大学の卒業式の場面がありました。その中で、卒業生に対する祝辞として八重の兄、山本覚馬がこのイザヤ書を語り始めました。時代が戦争に向かっている中、

「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」。

はっと驚く場面でした。山本覚馬は、今日のイザヤ書の言葉を語ったのです。

イザヤという預言者は紀元前八世紀に生きた人物です。今から、1700年も前の人です。当時イスラエルは、北のイスラエル王国、南のユダ王国に分裂していました。そこにアッシリア帝国が領土拡大を目指して侵略してきました。やがてアッシリアによって北イスラエル王国は滅亡しました。南のユダ王国も滅亡に瀕したのですが、神に信頼するようにイザヤはヒゼキヤ王に進言し、ユダ王国は滅亡を免れました。

大国の侵略という状況の中で、イザヤは神さまの言葉を語りました。イザヤ書の一章を見れば分かるのですが、神さまはイスラエルの民を非難しています。

「天よ聞け、地よ耳を傾けよ、主が語られる。わたしは子らを育てて大きくした。しかし、彼らはわたしに背いた。牛は飼い主を知り/ろばは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず/わたしの民は見分けない。災いだ、罪を犯す国、咎の重い民/悪を行う者の子孫、堕落した子らは。彼らは主を捨て/イスラエルの聖なる方を侮り、背を向けた。何故、お前たちは背きを重ね/なおも打たれようとするのか/頭は病み、心臓は衰えているのに」(イザヤ1:2〜5)。

イスラエルの民は、神に背き、背き続けました。預言者が登場し、神に立ち帰るように語るのですが、それを無視します。そこで神は、イスラエルの民を懲らしめるのです。外国が攻撃してくる、それは警告です。イスラエルの民が神に立ち帰らないので、やむを得ず、神は彼らを懲らしめるのです。

イザヤは、アッシリア帝国の脅威の中で、真の平和とは何かを語りました。

「終わりの日に/主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち/どの峰よりも高くそびえる」(2節)。

<終わりの日>は、ここでは、神がもたらすある日、いつの日か、将来のいつかとの意味です。エルサレムという町に神殿が建てられています。エルサレムの町はどの峰よりも高くそびえるとあります。神さまの神殿があり、世界中のどこよりも高くそびえ目立つというのです。そして国々はこぞって大河のようにそこに向かうとあります。そして多くの国民が言うのです。

「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。主はわたしたちに道を示される。わたしたちはその道を歩もう。主の教えはシオンから/御言葉はエルサレムから出る」。

諸国の民が、神さまの教えを求めてエルサレム神殿に来るという光景が描かれています。その結果何が起きるのでしょうか。

「国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない」。

本当の平和が訪れるというのです。真の平和は、武器によってもたらされるのではなく、神の示される道を歩むことによって得られるとイザヤは語ります。

2014年という新しい年、神さまの言葉に立って、平和をつくるために労する年にしたいと思います。

4節にこうあります。

「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる」。

国々はなぜ争いを起こすのでしょうか。戦争と言えば、大抵は国家と国家の間で起こります。最近は、民族と民族の間でも起きています。争いには利害関係がありますが、利害関係に伴って、帰属意識というものがあります。

人間は、自分が帰属するものを求める傾向があります。たとえば家族・家庭というのは、自分がそこにいると安心でき、また幸せを感じることができるものです。自分と家族は一体です。自分の家族の誰かを他人が侮辱したら、人はその人に怒りを感じます。国というのも、そこに自分がいると安心できる場所です。しばしば人は、自分と国を一体化させます。オリンピックなどでは、自分の国の選手を応援します。戦争が起きれば、兵士となり国のために戦います。こういう帰属意識は、人間にとって心地よいものがあります。自分の居場所があり、安心できるのです。

この帰属意識が、争いをもたらす原因にもなります。その典型は領土問題です。現在の日本と中国の間で、尖閣諸島の領有を巡って、緊張関係があります。自分の領土に相手が侵入してくると、面子をつぶされた、赦せない、との感情が高まり、戦争になる可能性があります。帰属意識は大切なものですが、時に争いを招く原因になります。

民族が異なっていても一緒に仲良く生活していたのに民族意識というものが高まると、一緒に生活できなくなるということも起きています。

「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる」。

神さまは、争いをもたらしやすい帰属意識に注意を向けるように戒めておられます。

主イエスは次のように語られました。

「平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる」(マタイ5:9)。

私たちが帰属すべきものは、神さまです。神さまの前では、すべての人が兄弟であり姉妹です。神さまの前では、人種、民族、言葉の違い、宗教の違いを超えて、私たちは、神の子として、一つになれます。そしてここにこそ、真の平和が生まれる鍵があります。そのことをイザヤは述べています。神さまが示される道だけが、真の平和をもたらします。

5節。

「ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう」。

これはイスラエルの民に対する呼びかけの言葉です。諸国の民が神さまに生きるべき道を求めてくるのですから、神の民であるイスラエルに、まず主の光の中を歩もうとの勧めがなされます。主の光の中を歩む、それは神を信じるすべての人に向けられた言葉です。そして

「主の光」

と言うとき、私たちは主イエスの十字架を思い起こすべきだと思います。何故なら、主の十字架こそが、真の平和をもたらすからです。

新約聖書、エフェソの信徒への手紙の二章にこう書かれています。

「実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました」。

争いのあるところ、そこに敵意があります。キリストの十字架は、その敵意を滅ぼすものだというのです。キリストの十字架は、赦し合うことを教えます。赦しこそ、敵意を滅ぼすからです。赦し合うところ、そこに平和がもたらされます。赦し合うところにだけ、本当の平和が生み出されます。赦し合う、これが神さまの示される道です。ですから、私たちはこの道を歩みたいのです。

教会はこの世に存在しています。この世に起きる事柄と無関係に存在することはできません。この世とどう関わっていくのか、大切な課題です。そして真の平和を実現する役目を与えられています。

そこで第一に、伝道に励みたいのです。伝道とはイエス・キリストを宣べ伝え、人々を神のもとに導くことです。イザヤ書には、諸国の民は主の山に来ると書いてありますが、私たちは、人々を主の山に導くのです。この私たちの努力の積み重ねがやがて、人々が主の山に来るという事態を導くことになります。真の平和は神さまが示される道を歩むことにしかありません。世の中を平和な世の中に変えるために、教会は伝道をします。伝道に励んで平和を生み出すという道筋を忘れてはなりません。伝道こそ、この世界を変えていくという視点を回復する必要があります。

第二に、聖書に基づいて、物事を考えていくということです。昨年、ある牧師の語った言葉を忘れることができません。彼は言います。

「原発反対を主張するのはよい。でもどんな根拠で主張するんですか。新聞の論説を参考にして、自分の意見をまとめ、主張するんですか。聖書に基づいて考えなければダメでしょ」

と言うのです。この言葉に、はっとさせられました。

原発が安全ではないから反対すべきなのだろうか。自動車による交通事故、飛行機の墜落事故は人命を奪っています。自動車も飛行機も絶対に安全とはいえません。自動車や飛行機には使うのをやめようと言わないで、なぜ原発には反対するのでしょうか。被害の大きさを言うなら、どこまでの大きさなら許容できて、どこからは許容できないのでしょうか。そんな基準、どのようにして定められることができるのでしょうか。

原発から生み出される放射性廃棄物の処理方法が確立されていないから反対すべきなのでしょうか。小泉首相が、廃棄する方法が見つかっていないものは、作り出してはいけない、と語って原発反対を主張していました。でも日々の生活の中で、私たちは不燃物を埋め立て処理で廃棄しているのではないでしょうか。廃棄する処理方法がないから、原発は反対というなら、不燃物を埋め立て処理することには反対しなくてよいのでしょうか。放射性廃棄物を地下深くに保存している国があると聞きます。そうすればいいのではないでしょうか。

原発は事故があったら環境を汚染するから反対すべきなのでしょうか。今から数十年前、工場からの廃棄物質により大気汚染という公害が起きました。でも今は技術的にも汚染とならないように法規制や、工夫がなされてきました。放射能の汚染だって技術的な解決の道が拓かれるのではないでしょうか。

原発のある地域に教会があり、そこの信者は、皆原発関連の仕事をしていたとしたら、原発反対ということは、その教会の存在を否定することにならないでしょうか。反対意見に対しても、色々な疑問が出てきます。

原発、再稼働に賛成する人には賛成する理由があり、反対する人には反対する理由があり、議論をすれば結果が一つにまとまるわけでもありません。信仰者一人一人が自分の考えに基づいて、行動するのは自由ですし、世の光、地の塩として行動することは大切なことだと思います。

でも、たとえば原発に対して、再稼働に対して、教会としてどういう行動を取りますか、と言われたら、聖書はどう言っているかを考え、聖書に基づいて行動すべきだと思います。この世の問題に対して教会は、聖書に基づいてどう考えるのか、そしてどう行動するのかを考えなければならないのではないでしょうか。

この世の問題について、聖書に基づいてどう考えていくのか、これが大切です。聖書はこの世の問題のすべてに対して、ヒントを与えるとは限りません。人間が適切に考えて決めれば良い問題も沢山あります。教会は保守的な立場にも立たず、リベラルな立場にも立ちません。教会は聖書に立ちます。安倍首相の靖国神社参拝問題、原発の再稼働の問題、集団自衛権の問題、憲法改正の問題、聖書に立ってどう考えるのか、そこから教会が社会とどう関わるかが決まります。現在の自民党政権下では、聖書に立って考えることが緊急の課題とされているように思います。聖書に立って考える、それが教会の果たすべき<見張りの役目>をすることだと考えます。

平和を実現するために行いたい第三のことは、赦し合うことによって平和をつくることです。国家が他国に対して犯した過ちを認めて、和解し平和な関係を築くことは政治の課題であり、私たちにとっては、祈りの課題となります。私たち自身が、身近なところで、赦し合いによる平和を築くことは達成可能な現実的な目標です。赦し合うことが平和を作り出すことを、身近なところで証しをしたいです。教会自身が、赦し合うことを通して教会の中の一致を生み出すことも赦しの福音を与えられているものとして、大切な課題です。

2014年という新しい年、神さまの言葉に立って、平和をつくるために労する年にしたいと思います。

祈り
天の父、平和を実現することは私たちに与えられた大切な課題です。 私たちの心の中の平和、夫婦・親子の平和から、世界の平和に至るまで、様々な課題があります。 私どもが置かれた場所で、平和を実現するための努力をすることができますように。 平和がなくて苦しんでいる人たちに手をさしのべることができるように導いてください。 何よりも福音を宣べ伝えることが平和の実現にとって大切なことも教えてください。 この年、金沢に住む人たちに福音を宣べ伝えることができるよう、教会の働きを導いてください。 教会に集う人たちに、あなたの恵みと平和を豊かに与えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。