私たちは、何か願うことがあると神に祈ります。では神さまが何か願うことがある時、神さまは誰に祈るのでしょうか。神さまは御自分の願いごとをかなえたい時、どうするのでしょうか。私たちにお願いするということがあるのではないでしょうか。皆さんは、神さまから何かお願いされたことがありますか。信仰に生きるとは、神さまの願いに応えることも含んでいるのではないでしょうか。互いに相手に答える、そこに交わりが生まれます。信仰に生きるとは、神さまとの交わりに生きることです。あなたは神さまから何かお願いされたことがありますか。

今日も主イエスがお生まれになったときのことを聖書から聞きましょう。

「さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った」(22節)。

主イエスのご両親は、生まれたばかりの子を神さまに献げるためにエルサレムに連れて行ったとあります。エルサレム神殿に行き、そこで献げようとしたとの意味です。生まれたばかりの子を神さまに献げるってどういうことでしょうか。

これは出エジプトの出来事と関係があります。旧約聖書の出エジプト記に書かれています。昔、イスラエルの民はエジプトで奴隷として苦しみの生活をしていました。その苦しみの中から民は叫び、神さまに助けを求めました。エジプト王には、イスラエルの民を解放するつもりはありません。神さまは大いなる業をいくつも行って、イスラエルの民を助け出そうとします。最後に神さまは、特別な業を行います。夜、神さまの使いがエジプト中をめぐるのです。そしてどの家でも、その家で最初に生まれた子は皆死んでしまうのです。家畜がいれば、家畜で最初に生まれたものも死んでしまうのです。しかし、神さまの使いはイスラエルの家は通り過ぎます。エジプト中に大いなる叫びが起こりました。イスラエルの民を解放しなければ、国が滅びると危機を感じたエジプト王は、イスラエルの民を解放し、エジプトから追い出します。かくしてエジプトにおける奴隷状態からイスラエルの民は救われます。

その時、神はイスラエルの民に命じたのです。

「すべての初子を聖別してわたしに献げよ。人であれ、家畜であれ、初子はわたしのものである」(出エジプト13:2)。

初子とは、最初に生まれた子供のことです。そこでイスラエルの民に神さまは言うのです。

「初子は皆わたしのもの。初子を献げよ」。

そこで初子を神さまに献げるのです。旧約聖書の民数記にこうあります。

「初子は、生後一か月を経た後、銀五シェケル、つまり一シェケル当たり二十ゲラの聖所シェケルの贖い金を支払う」(民数記18:16)。

親は初子を神さまに献げるのですが、贖い金を払って買い戻すのです。そうやって自分の子として育てるのです。イスラエルの家では、最初に生まれた子を神さまに献げ、贖い金をはらって子供を買い戻すのです。

なぜこのようなことをするのでしょうか。イスラエルの人々が自分たちの先祖を救った神を覚えるためです。自分たちが信じる神は、先祖をエジプトの苦しみから救った神であり、エジプトにおける奴隷状態から解放してくださった神であることを覚えるためでした。自分たちは、その神の民であることを自覚するため、贖い金を払ったのです。イスラエルの民は、このエジプト脱出の出来事を通して、神の民となりました。神に選ばれた民となりました。

エジプトを脱出したときのイスラエルの民の指導者がモーセでした。モーセは神の御心をイスラエルの民に伝えてこう語りました。

「あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。主が心引かれてあなたたちを選ばれたのは、あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。ただ、あなたに対する主の愛のゆえに、あなたたちの先祖に誓われた誓いを守られたゆえに、主は力ある御手をもってあなたたちを導き出し、エジプトの王、ファラオが支配する奴隷の家から救い出されたのである。あなたは知らねばならない。あなたの神、主が神であり、信頼すべき神であることを」(申命記7:6〜9)。

イスラエルの民は、神が主なる神であり、信頼すべき神であることを初子を献げることを通して、確認するのです。一年に一度の過越の祭りの時も、イスラエルの民は出エジプトの出来事を思い起こし、神が主なる神であり、信頼すべき神であることを子供に伝えました。

今日の聖書にシメオンが登場します。ここだけに登場する人でどんな人かは分かりません。

「この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み」(25節)

とあります。彼は律法、つまり神さまの教えを忠実に守っている人であることが分かります。さらに<イスラエルの慰められるのを待ち望み>とあります。何を待ち望んでいるかというと、イスラエルの救いです。

エジプトを脱出したイスラエルの民に神は語るのです。

「わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には千代にわたって契約を守り、慈しみを注がれるが、わたしを否む者にはめいめいに報いて滅ぼす」(申命記7:9〜10)。

その後のイスラエルの歩みは、神さまに忠実に歩む歩みではありませんでした。イスラエルの民は、神に逆らい、神ならぬものを神とし、神の怒りを買い、その結果、イスラエルの国は滅びてしまったのです。そして外国人に支配され、その支配の下で苦しみの生活を続けてきました。

やがてイスラエルの民は、神さまがイスラエルを外国の支配から救い、国家として独立する日を与えてくださる日を望むようになりました。イスラエルの独立をもたらすメシア、救い主を待ち望むようになったのです。シメオンは、この希望を持って生きていました。イスラエルの慰め、それは外国の支配から解放されて、国家が独立することです。

旧約聖書には、イスラエルの歴史が書かれていますが、それは神とイスラエルの民の関わりの歴史です。この歴史の中で、神がイスラエルの民に願ったことがあります。神さまには願うことがあったのです。それは全人類が神さまを知ることです。神の民イスラエルを通して、全人類が神さまを知ること、それが神さまの願いでした。神さまは、このようにおっしゃいます。

「わたしはあなたを国々の光とし/わたしの救いを地の果てまで、もたらす者とする」(イザヤ49:6)。
「主であるわたしは、恵みをもってあなたを呼び/あなたの手を取った。諸国の光として/あなたを形づくり、あなたを立てた」(イザヤ42:6)。

イスラエルの民が<諸国の光><国々の光>となることが、神さまの願いでした。イスラエルの民を見て、諸国民がまことの神を知るようになること、これが神さまの願いでした。神さまは御自分の願いをかなえたいとき、どうされるのでしょうか。人間に期待するのです。人間に使命を与えるのです。神さまはイスラエルの民に期待しました。神さまはイスラエルの民に使命を与えました。しかしイスラエルの民は使命の遂行に失敗しました。彼らは偶像礼拝に走り、神に背を向け、神に逆らってしまったからです。

シメオンは神さまに献げられるためにエルサレム神殿に来た主イエスのご両親と生まれたばかりの子を見ました。そして幼子を抱いて言うのです。

「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり/この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。異邦人を照らす啓示の光、/あなたの民イスラエルの誉れです」。

シメオンは聖霊に満たされて語ります。<わたしはこの目であなたの救いを見た>。つまり、生まれたばかりの幼子は異邦人を照らす光、異邦人にまことの神を伝える光だと語ったのです。

シメオンは母マリアに告げます。

「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています」(34節)。

生まれた子は救い主として将来行動することになりますが、信じる人もいれば、敵対する人もいると予告します。これは主イエスが十字架で処刑されて死ぬこと、それ故、母マリアは剣で心を刺し貫かれる苦しみを味わうというのです。シメオンは、聖霊に満たされ、聖霊に語るべき言葉を与えられ、救い主の最後について語りました。

神はイスラエルの民に対する願いを持っていました。イスラエルの民が諸国の光となる、国々の光となるという願いです。その願いはかなえられませんでした。そして今、その願いの実現のために救い主が生まれたのです。主イエスは語ります。

「わたしは世の光である」。

イスラエルの民に与えられた使命は、メシアである主イエスにおいて実現したのです。主イエスは、異邦人を照らす光なのです。

主イエスは私たちに向かって語ります。

「あなたがたは世の光である」(マタイ5:14)。

私たちが<世の光である>というのです。私たちは世の光となっているというのです。だから

「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい」

というのです。

これは私たちに対する神さまの願いではないでしょうか。あなたが世の光として輝く、それが神さまの願いなのではないでしょうか。私なんか、世の光になれっこない、などと言わないでください。私たちが世の光になれるように、神さまは助けてくださいます。世の光となれるように恵みを備えてくださっています。その恵みとは何でしょうか。主イエスを信じる者に神さまは、聖霊を与えてくださいます。聖霊なる神が、私たちのうちに住んでくださいます。これが神さまの助けであり、恵みです。

ルカ福音書1〜2章によってクリスマスの時期、説教を続けてきました。注意深く聖書を読んだ方は気づかれたと思いますが、この箇所には聖霊の働きが繰り返し述べられていました。聖霊の働きによりマリアは主イエスを身ごもりました。今日の聖書でシメオンは聖霊に満たされて語りました。マリアがエリサベトを尋ねたとき、エリサベトは聖霊に満たされて

「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、何と幸いでしょう」

とマリアに向かって語りました。洗礼者ヨハネが生まれたとき、父のザカリアも聖霊に満たされて語りました。聖霊に満たされてエリサベトも、ザカリアも、シメオンも口を開き、語り出したのです。聖霊の働きによって、救いの出来事が始まりました。

主イエスは十字架の死から三日目に復活しました。主が復活して50日後に、主イエスの弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちは聖霊に満たされました。そして弟子たちは主イエスが救い主、メシアであると宣べ伝え始めました。クリスチャンを迫害していたパウロ。このパウロが復活された主イエスに出会いました。そして彼は主イエスを宣べ伝える者に変えられました。パウロは洗礼を受け、聖霊に満たされ、主イエスを宣べ伝える働きに乗り出しました。聖霊の働きによって、イエス・キリストを宣べ伝える宣教の働きが始まりました。

そして主イエスを信じたあなたにも、聖霊が賜物として与えられました。このことを信じていますか。聖霊に満たされ、主イエスを宣べ伝え始めたペトロが語りました。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」(使徒2:38)。

このペトロの約束はあなたの上に実現しています。聖霊を受け、あなたの信仰の生活が始まりました。

あなたのうちに、聖霊が住んでくださいます。それは何のためでしょうか。神さまの願いの実現のためです。

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(テモテ一2:4)。

神はすべての人々が救われること、つまり神を信じることを願っています。このことが、あなたを通して実現することを神は願っています。そのために神さまは、聖霊を与えてくださいます。あなたのうちに聖霊なる神様が住んでくださっています。

主イエスは約束してくださいました。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(使徒1:8)。

あなたは力を受けると約束されています。この力、受けてみたいと思いませんか。この力に憧れませんか。この聖書の言葉から、聖霊は力、パワーだと考える人がいますが、聖霊は、神さまです。エリサベト、シメオン、ザカリアに語るべき言葉を聖霊は与えました。神の言葉を聖霊は語らせました。聖霊様が与えてくださる力、それは神の言葉を信じるところから来る力です。それは神の言葉に対する確信であり、神の言葉の力です。神の言葉があなたを生かし、あなたを導くのです。神の言葉に生きる時、あなたは世の光として輝きます。

ここに、あなたに対する神の願いが実現します。あなたは、自分を生かす神の言葉を証しとして語り出すようになります。聖霊があなたを導き、語らせるのです。この聖霊の働きに期待しませんか。

聖霊の働きによって救い主の誕生の出来事が始まり、聖霊の働きによって主イエスを宣べ伝える宣教が始まり、聖霊によってあなたの信仰の歩みが始まりました。

聖霊の働きによって、神の願いが実現に向かって動き出しました。そして、聖霊の働きによって、神の願いがあなたを通して実現に向かうのです。ここに信仰者として生きる幸い、光栄があります。この光栄こそ、何にも代えがたい喜びです。幸いです。あなたもこの喜び、幸いに招かれています。

祈り
祈り 聖霊の働きによって、主イエスによる救いの出来事が起こり、 聖霊の働きによって、イエス・キリストが宣べ伝えられ、 聖霊の働きによって、私たちが<世の光>として輝きます。 信仰者として歩む光栄に目を開かせてください。 一人一人のうちに留まっている聖霊様が私たちを導き、 神の言葉を信じさせ、神の言葉のもつ力に生かされますように。 そして主イエスを、神の言葉の素晴らしさを指し示すことができますように導いてください。 この一年のあなたの導きとお支えを感謝します。 私たちを生かしてくださる神様をたたえます。IX。