クリスマスは、私たちの救い主イエス・キリストの誕生をお祝いするお祭りです。お祭りと言っても、神輿をかついだり、行列をつくってパレードをするわけではなく、神さまに礼拝をささげて、お祝いをします。礼拝の中で、救い主を通して与えられる救いを神様に感謝し、神さまをたたえます。

今日は救い主に関する聖書の箇所を読みました。そこには、こう書かれていました。

「暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ」。

暗闇に住んでいる人は光を見たというのです。死の陰の地に住んでいる人に光が射し込んだというのです。

暗闇に住んでいる人って誰のことでしょうか。死の陰の地に住んでいる人ってどんな人のことでしょうか。これは

その人は光を見たというのです。その人に光が指したというのです。あなたはどうですか。

 何年か前、東京の秋葉原という町で、無差別殺人が起きました。車を運転している人が、歩いている人をひき殺しました。誰でもいいから、誰かを殺したい、という思いで車を運転し、次々に人を轢いていくのです。むごたらしい事件でした。なぜ、そんな事件を引き起こせるのか、私たちには分かりません。こんな時、<心の闇>という言葉が使われます。どんな心が、そのようなことを引き起こせるのか、私たちには理解できません。そこで心は闇に包まれている、心の闇というのです。

 聖書にはいろんな人が登場します。救い主として生まれたイエス様は、多くの人たちに神さまを伝えます。そのために12人の弟子をお選びになりました。イエス様は自分が死んだ後、神さまを宣べ伝える働きをする弟子たちを選んだのです。この歴史の中で、そして今も教会は神さまのことをこの世界に宣べ伝えています。弟子の一人にペトロという漁師がいました。イエス様が弟子に選んだのは平凡な漁師、魚を捕る仕事をしている人でした。そのペテロは、うぬぼれが強いというか、自分に自信を持っている人でした。

 イエス様は弟子のユダに裏切られ、捕らえられ、やがて十字架の上で処刑されて死にます。イエス様は、弟子たちに言うのです。

「今夜、あなたがたは皆、わたしにつまずく」。

つまり、イエス様が捕らえられるとき、弟子たちはイエス様を見捨てて逃げる、とイエス様は言ったのです。弟子たちはイエス様といつも一緒に行動をしていました。イエス様の教えを聞き、イエス様のなさる奇跡を見てきました。イエス様の弟子であることが誇りでした。

しかしイエス様は、<あなたがたは今夜、わたしを見捨てる>と思いがけないことを語ったのです。するとペトロが言います。

「たとえ、みんながあなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」。

わたしは他の弟子と違って、あなたを見捨てるようなことは決してありません、と断言したのです。するとイエス様はペトロに言います。

「はっきり言っておく。あなたは今夜、鶏が鳴く前に、三度わたしのことを知らないと言うだろう」。

するとペトロは言います。

「たとえ、御一緒に死なねばならなくなっても、あなたのことを知らないなどとは決して申しません」。

やがてイエス様が捕らえられた後、

「あなたはあの人の仲間だね」

と人から言われ、ペトロは、

「あの人のことは知らない」

と三度、イエス様を知っていることを否定します。自分がイエス様を裏切ったことを知ってペトロは、激しくなくのです。自分は意気地の無い人間であることを思い知らされます。生命の危険が身に及ぶや、自分の信念、決心は吹っ飛び、ただ命を守る行動に走るのです。全く情けない自分であることを思い知らされるのです。

今まで、自信に溢れ、その自信をひけらかして生きてきたのに、その自信が打ち砕かれ、他の弟子に、そしてイエス様に顔を合わせることができません。なんて情けなく、みすぼらしい自分でしょう。ペトロは激しい自己嫌悪に陥りました。この世界から消えてしまいたいと思ったに違いありません。

 三日の後イエス様は復活し、ペトロに会います。

「この人たち以上に私を愛しているか」。

この人たちとは、他の弟子たちを指します。これは、たとい他の弟子たちがつまずいても、わたしは決してつまずきません、といった言葉を思い出させます。ペトロは、

「はい、主よ、私があなたを愛していることは、あなたがご存じです」。

他の弟子たち以上に、とは言えませんでした。するとイエス様は、

「わたしの小羊を飼いなさい」

と命じます。これは文字通り羊を飼うことではなく、主イエスを信じる者たちを指導し、守りなさいとの意味です。つまり裏切ったペトロを赦し、新たな使命を与えています。イエス様は、ペトロに三度、私を愛するか、と尋ね、三度、わたしの羊を飼いなさいとの使命を与えています。この三度のやりとりを通して、ペトロは自分が赦されていることを知り、新たな使命をイエス様からいただくことができました。ペトロは暗闇の中に落ち込みましたが、彼の身に光が射したのです。

 パウロという人物がいました。彼は神の教えを誰よりも熱心に守っていると誇っていました。そして神に対する熱心から、クリスチャンを迫害しました。彼は、自分は光の中を堂々と生きているように思っていました。しかしある日、復活した主イエスと出会い、自分は熱心に神を信じていたつもりでいたが、実は神に反逆していたことを思い知らされます。その時のことを後に彼は、こう告白しています。

「わたしは罪人のかしらです」。

彼もまた、自分はとんでもないことをしていた人間であると失望のどん底に突き落とされるのですが、イエス・キリストを宣べ伝えるという使命を与えられました。パウロもまた 暗闇の中に落ち込みましたが、彼の身に光が射したのです。

もう一つ、聖書から話をします。家出をした一人の人の話が聖書にあります。彼は父親から、自分が相続する財産を全てもらい、それを金に換えて、遠い国に行ったのです。父親の家から遠い国に旅立ち、お金もあるし、自分の前途は希望に満ちているように思われました。彼の人生は明るい未来を与えてくれるように思えました。沢山お金があるゆえに、彼は食べて飲んで遊んで、思いっきり人生を楽しみ、挙げ句の果てに一文無しになりました。彼の人生は、真っ暗になってしまいました。生活は行きづまり、飢え死にしそうです。

彼はふと我に返ります。父の家では、使用人さえも、有り余るパンを食べていた、と気づきます。暗闇の中にいる彼は光を見たのです。

「ここを立ち、父のところに行こう。もう息子と呼ばれる資格はないので、使用人の一人にしてもらおう」。

彼がまだ、家から遠いところにいたのに、彼の姿を認めた父は、彼の所に走り寄り、彼を抱きしめ、そして息子が帰ってきたことを喜び、宴会を開きます。いなくなっていた息子が帰ってきた、死んでいた息子が生き返ったと父は喜びます。父のもとでの生活が始まります。つまり、神と共に生きる生活が始まります。

父なしに生きる、神なしに生きる方が希望に満ちているように思えたのですが、そうではなかったのです。彼は落ちぶれたときに光を見たのです。落ちぶれた彼に光が射し込んだのです。

 最後に、私たちの周囲にいそうな人の話です。いつも人の目を気にしている人がいました。人からどう思われるか、それが気になって仕方がありません。そして自分はダメな人間だと思い込んでいるのです。自分はダメな人間だと思って生きるのです。そのようにして生きることは重荷です。それは暗闇の中に住むようなものです。しかし、その人に光が射し込みました。神の言葉の光です。

「わたしの目にあなたは価高く、貴くわたしはあなたを愛している」(イザヤ43:4)。

神さまの愛を知ったとき、神に愛されている自分を受け入れることができました。そして生きることが、喜びとなりました。この人の人生に光が射し込んだのです。

 死を恐れ、生きることに空しさを感じている人がいました。いつも曇り空のもとに生きているように感じていました。晴れやかな気持ちになったことがありません。重苦しい気持ちを何とか紛らわして生きています。けなげにも、精一杯生きようとします。しかし、そうすればそうするほど、重苦しさがのしかかってきます。その彼に光が射し込みました。イエス様を信じたとき、死を越える希望と、生きる目的が与えられたからです。

 イエス様はこうおっしゃいました。

「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14:6)

イエス様は救い主として、私たちを希望の道に導きます。真理の光を照らして歩むべき道を示されます。そして私たちの人生を輝きに満ちたものとします。喜びと感謝に満ちたものにします。命を与えてくださいます。

私たちは自分が闇の中にいるのか、光の中にいるのか、分からないものです。ペトロにしてもパウロにしても光の中にいると思っていました。しかし自分自身が闇のような存在でした。

光の中にいるつもりでも、闇の中にいることもあります。闇の中にいてどうしたらいいか、分からずにいることもあります。聖書は、光の中にいることがどういうことかを教えてくれます。聖書を知るにつれ、光の中に生きることへの憧れが増していきます。そして救い主は私たちを光の中に導いてくださいます。

光の中に生きるとは、何が起きても、どんな状況におかれても、共にいてくださる神様の励ましと慰めを受け、神さまに力づけられ、希望を持って生きることができることです。喜びと感謝をもって生きることができる、これが光の中に生きることです。救い主イエス様は、光としてこの世においでになりました。あなたも光の中に生きるように招かれています。

祈り
祈り 天の父なる神様、 救い主、イエス・キリストの誕生を心から感謝します。 私たちを愛し、救いを耐えてくださる神さまを心からたたえます。 一人でも多くの人が、イエス・キリストによる救いを受け取ることができますように。 救いを受けた人たちが、世の光、地の塩として この世において、信仰者の使命に生きることができますように。 国と国の争い、民族と民族の争い、親子、夫婦の不和など、色々な争いと対立で苦しんでいる人が沢山います。敵意という隔ての中垣を取り除くイエス様の働きにより、苦しんでいる人たちの上に平和が訪れますように。イエス・キリストの御名により祈ります。