今日は主イエスのお生まれになったことを祝うクリスマスの礼拝です。救い主の誕生の喜びをいかに響かせる説教をつくるのか、説教者としてはプレッシャーを感じるときでもあります。

 今日の聖書は、救い主が生まれたとき、天使が羊飼いに現れたことが語られています。羊飼いたちが野宿をしながら夜通し、羊の群れの番をしていました。静かで寒い夜でした。夜空には星が輝いていたと思います。突然羊飼いの周りが急に明るくなり、天使が現れます。そして救い主の誕生を知らせます。

 

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである」。

 すると突然、天の軍勢が現れ、夜空に神を賛美する声が響いたのです。天の軍勢とは、大勢の天使ということです。羊飼いたちの目にどのような光景が繰り広げられたのかは分かりませんが、喜びに満ちた、そして厳かな賛美の声が響いたのではないでしょうか。

「いと高きところには栄光、神にあれ地には平和、御心に適う(かなう)人にあれ」。

私も、そして皆さんも、羊飼いたちのいるところへ行きたくなるのではないでしょうか。◇

 御心に適う人ってどんな人なのでしょうか。このルカ福音書は二人の子供の誕生を書いています。先に生まれたのは、ヨハネです。ヨハネが誕生したとき、その父ザカリアが聖霊に満たされて語った言葉が一章の最後に書かれています。ヨハネは罪の赦しによる救いを知らせる役目を負う、とあります。そして後から生まれる子、救い主は、罪の赦しによる救いを与え、人々の歩みを平和の道に導くとザカリアは語ったのです。

 そして救い主が生まれたことを天使が羊飼いたちに告げた時、天の軍勢が賛美したのです。このことを考えるとき、御心にかなう人とは、今誕生した救い主をやがて信じるようになる人々を指していると考えることができます。

 <地には平和、御心に適う人にあれ>との祝福の言葉は、すべての人に向けられたものということができます。誰もが主イエスを信じることができるのです。誰もが主イエスを信じるように招かれているからです。私もあなたも、主イエスを信じるなら、御心にかなう人です。そして平和があるようにとの祝福の言葉が与えられているのです。◇

 次に、ここでいわれる

「平和」

とは何のことなのでしょうか。平和とは、争いや対立が解決して生まれた状態のことをいいます。この世界には、様々な争いが今もあり、苦しんでいる人も沢山います。平和ほど人々が望んでいるものはないと思います。国同士の争い、民族同士の争い。親子の不和、夫婦の争い。これらの争いのために何と多くの人が苦しんでいることでしょうか。これ以外にも人は、自分の心の中にある葛藤、不安、恐れ、思い煩いで悩んでいます。心に平和がなく、心の安まらない日々を過ごしている人が多い現実があります。そんな私たちに<平和>が訪れるなんて、何と幸いなことではないでしょうか。

 聖書には、主イエスから平和を与えられた人が登場します。あるファリサイ派の人の家で主イエスが食事をしていたときのことです。一人の罪深いとされる女性が、後ろから主イエスに近づき、泣きながら、主イエスの足を涙でぬらし、自分の髪の毛でぬぐい、主イエスの足に接吻して香油を塗りました。するとファリサイ派の人は、罪深い女に触られてよく平気でいるな、と主イエスを非難しました。すると主イエスは、多くの罪を赦された人は大きな愛を示す、と語って、この女性の罪を赦します。そして主イエスはこの女性に告げます。

「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」

と告げます。<平和のうちに行きなさい>と主は言われたのです。<あなたの罪は赦されました。人から罪人と言われることを気にせず、安心してこれからの日々を過ごしなさい>と主イエスは励まされたのです。

 あるいは、出血がなかなか止まらず、医者に全財産を使い果たしても病気が治らない女性がいました。彼女は、<イエスに触れさえずれば癒やされると信じ>、人混みの中をかき分けながら主イエスに近づき、主イエスに触れました。すると病気が癒やされました。その時も主イエスは言うのです。

「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」。

<もう病気のことで不安になる必要はありません。安心してこれからの日々を過ごしなさい>と主イエスは励まされました。主イエスに出会う人は、<平和>を、つまり<安心>を与えられることが分かります。

 主イエスはこんなことも語られました。

「あなたがたは、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ」。

主イエスは、平和をもたらすためではなく、分裂をもたらすために来たというのです。主イエスを信じる信仰は、信じない者との対立をもたらすこともあるとの言葉です。この対立のゆえに、主イエスは十字架につけられて亡くなりました。それは、私たち罪を犯す者たちに<平和>をもたらすためでした。

 十字架の死から復活された主イエスが、弟子たちのいるところに現れたとき、主は言われました。

「あなたがたに平和があるように」。

弟子たちは亡霊を見たのではないか、と恐れおののきました。主が共におられる、そこに平和があるのです。

 平和、それは、主イエスを信じる者に与えられます。主イエスを信じる者は、神と共に歩みます。幼い子供は親に抱かれていれば、何が起きても安心です。同じように、神さまを信じる者は、神さまの守りの中で、いつも平和です。神を信じる者、それは神さまのご支配を信じ、その中を生きている人です。自分が神さまのご支配の中にいると信じる、そこに平和があるのです。神さまは、主イエスを信じ、神さまだけが与えることのできる平和を求めるように、私たちを招いておられます。<地には平和、御心に適う人にあれ>。神さまが与える平和は、御心に適う人、つまり、主イエスを信じる人しか受け取ることができません。神の御支配の中に生きようとする人だけが受け取れる平和です。信仰が必要だからです。

 説教を準備する中で、心に残る聖書の言葉に出会いました。

「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである」(エレミヤ29:11)。

神さまは私たちのために計画を立ててくださり、それを心に留めておられるというのです。それは平和の計画だといのです。私たちが平和の中に生きる、それは神さまの計画だというのです。◇

 私たちが平和を与えられて生きるために、大切なことがあります。それは神さまを賛美することです。天の軍勢は神を賛美して歌いました。

「いと高きところに栄光、神にあれ」。

栄光とは、栄誉。誉れ。輝きなどを意味します。神さまは天において、光に包まれています。その光の輝きを神の栄光といいます。

 今日の聖書の栄光は、輝きよりも、名誉、誉れを意味します。栄光が神にあるようにとは、神さまがほめたたえられるようにとの意味です。私たちが信仰に生きるとき、神さまをたたえることは大切です。ですから礼拝で讃美歌を歌い、私たちは神さまをほめたたえます。

 金沢元町教会では、リビングプレイズと呼ばれる賛美の歌を歌っています。このような賛美の歌が礼拝にふさわしいのか、と思う人もいるかも知れません。リビングプレイズと呼ばれる賛美の歌は、神さまを賛美する思いを素直に表現できるように私は感じています。歌いながら、神さまを賛美することを体験的に知って欲しい、神さまを賛美する思いで賛美する喜びを味わって欲しい、そんな願いから、礼拝でリビングプレイズを歌ってきました。

 皆さんは讃美歌を歌っているとき、どんな気持ちで歌っていますか。それは、皆さん自身がよくご存じです。賛美する思いで讃美歌を歌う、それが礼拝における賛美です。そして賛美は歌うだけではなく、祈りの中でも私たちは神さまを賛美します。◇

 そこで考えたいことがあります。多くの信仰者は祈りの時、神さまに感謝を表します。でも感謝を表すと同じくらい、神さまをほめたたえているのでしょうか。祈りは神さまとの交わりですから、自分の気持ちを伝え、願いを告げ、神様の恵みに感謝をします。私は自分を振り返ってみて、感謝と比べ、賛美が少ないことを思っています。神さまをたたえることが少ないことは何を意味しているのかと考えるのです。

 信仰を持たない人でも、たとえば自分が生かされていると感じ、自分が生かされていることを感謝します。人は誰に対して感謝していいのか分からないのです。でも何か見えないものに対する感謝の思いを口にします。そうやって感謝を表すことは尊いことだと思います。

 そしてクリスチャンも感謝を表します。私たちは神さまを信じているので、感謝を表す相手を知っています。神様に感謝を献げます。でもその時、神という存在をどれほど意識しているのか、と考えるのです。私たちは他の人に対して、その人が自分にしてくれたことについて感謝を表します。それは礼儀にかなうことです。 人として大切なことです。

 感謝をするときの私たちの心はどうなっているのでしょうか。感謝をするとは<私はあなたに感謝している>ということを相手に伝えることです。<私は感謝している>というメッセージを相手に伝えます。感謝の中心は、<私の心>を伝えることにあります。神さまに対する感謝でも同じだと思います。感謝することは大切なことです。しかし感謝の中心は、こちらにあるのです。

 そして賛美は、神さまに中心があります。賛美は神ご自身に向けられます。神さまの素晴らしさを思い、神さまを賛美します。神さまを意識せずに、賛美をすることはできません。わたしを信仰に導いてくださった恵み豊かな神さまを賛美します。私を困難から救い出してくださった全能の神さまを賛美します。私の罪を赦してくださる憐れみ深い神さまを賛美します。賛美は、神さまへの愛の表現、神さまへの信仰の告白になります。賛美は、信仰の表現そのものです。神さまを賛美することのない信仰は、本当に神さまを信じていると言えるのでしょうか。賛美は信仰の表れです。そして賛美は、神さまへの信頼を揺るがないものにします。◇

 昨日、詩篇71篇を読んでいました。そこには切なる訴えがなされていました。

「老いの日にも見放さず、私に力が尽きても、捨て去らないでください」。
「わたしが老いて白髪になっても、神よ、どうか捨て去らないでください」。
「主よ、みもとに身を寄せます。とこしえに恥に落とすことなく、恵みの御業によって助け、逃れさせてください」。
「神よ、わたしを遠く離れないでください。わたしの神よ、今すぐわたしをお助けください」。

 詩人は切々と神に助けを求めて訴えるのです。助けがなかなか与えられず、それでもなお訴えているのです。それと同時に詩人は神を賛美するのです。

「私は常にあなたを賛美します」。
「私は常に待ち望み、繰り返し、あなたを賛美します」。
「あなたが贖ってくださったこの魂は、あなたをほめ歌います」。

 助けを求めても、なかなか助けが来ない、神に見捨てられたかのように思えます。それでもなお、祈るのをやめず、神を賛美するのです。神さまへの信仰を確かなものとするのです。この神を賛美する信仰、これが私たちに平和をもたらします。神の助けは来ないのではないか、との疑いが芽生えたら、平和は、あっという間に失われ、私たちの心は疑心暗鬼にさいなまれるでしょう。賛美こそ、神さまに対する信頼を揺るがないものにし私どもに、神から来る平和を与えてくれるのです。

 天の軍勢の賛美は、神をたたえ、御心にかなう人に平和があるようにとの祝福でした。天の軍勢は、私たちを賛美へ招いています。私たちは、救いへと招かれています。神の与えたもう平和は、救い主が与えてくれる恵みです。救いを得た者は、救われたことのゆえに、神さまをたたえることができるし、たたえ続けるのです。神さまへの確かな信頼に生き続けるのです。祈ります。祈り天の軍勢の賛美に私たちも加わることができますように。この世の歩みの中で苦しんでいる人たちにあなたの平和が与えられますように。神さまを賛美することを通して、平和が確かなものとして、私たちに与えられますように。イエス・キリストの御名により祈ります。

祈り
祈り 天の軍勢の賛美に私たちも加わることができますように。 この世の歩みの中で苦しんでいる人たちにあなたの平和が与えられますように。 神さまを賛美することを通して、平和が確かなものとして、私たちに与えられますように。イエス・キリストの御名により祈ります。