<主イエスを信じて救われるってどういうことなのですか>と聞かれたら、わたしは一つのイメージで答えると思います。頭の上に暗い雲がのしかかって憂鬱で、心がふさぐだけであったのに、雲が晴れて、うれしくて、心は喜び躍るよう。これが私にとっての救いのイメージです。私にとっての救いは、死の恐れからの解放、空しさからの解放でしたから、救いについて、私には、今述べたようなイメージがあります。

 今日の聖書では、暗闇と死の陰に座している人たちに対して、夜が明け、暗い地に光が射し始め、人々は光に照らされる、というイメージで救いが語られています。この救いをもたらすのが<罪の赦しによる救い>だと言われています。あなたの救いのイメージはどのようなものでしょうか。

 ルカ福音書の1章は、二人の子供の誕生を語っています。一人はヨハネです。天使は老いたザカリアに、あなたの妻は子供を産むと告げました。にわかには信じることのできなかったザカリアでしたが、妻は子を産みました。子が生まれたとき、ザカリアは聖霊に満たされて預言したのが、今日の聖書です。

 ザカリアは、自分の子供が

「主の民に罪の赦しを知らせる」

使命を与えられると聖霊に導かれて語りました。<罪の赦しによる救い>とはどのようなものなのでしょうか。

  ヨハネは成長すると、罪の赦しを得させる悔い改めの洗礼を宣べ伝えました。ヨハネは、差し迫った神の怒りから逃れることができると誰が教えたのか、悔い改めにふさわしい実を結べ、と語りました。悔い改めること、神から赦しを受け、赦された者として生きるべきことを教えたのです。そして主イエスもまた、悔い改めて生きるべきことを教えられました。主イエスは御自分の使命について次のように語られました。

「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」(5:32)。

悔い改めるというのは、自分が罪を犯してきたことを認め、今後は罪を犯さないで生きることです。自分の生き方を変えることを意味します。

 主イエスの語られた放蕩息子のたとえがそのことを明確に示しています。父のもとを離れ、家出をして、自分の生きたいように生きていた息子が、父のもとに帰り、父のもとで生きるようになります。父なる神から離れて生きていたことから、神のもとに帰ること、これが悔い改めです。この息子は、父のもとを離れ、最後には、生活に行きづまり、飢え死にしそうになりました。父から離れた生活は、生活の行きづまりをもたらし、困難を、そして死をもたらすこととなったのです。父のもとでは人々は安心して生きていることを思い出しました。そして父のもとに帰ります。父の財産を使い果たしたのですから、<もう息子と呼ばれる資格はないから、雇い人の一人として受け入れてください>と語るつもりで帰ります。

 父のもとに帰ると、驚くことに、父は歓迎し、息子として受け入れてくれました。財産を使い果たしたことを父は赦し、息子を受け入れてくれました。息子にとって罪とは、父のもとを離れたこと、罪赦される、とは、父に受け入れられ、父のもとで生きることが赦されることです。

 キリストを信じることがどういうことであるかを明確に教えているパウロは救いについてこう語ります。

 

「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません」(ローマ5:1〜5)。

 救いとは、神との間に平和を得ることであり、たとい苦難があっても、希望を持って忍耐して生きることができることだ、とパウロは述べています。人生に問題はつきものです。問題のない人生はありません。信仰を持ったからといって、問題がなくなるわけではありません。

 神との間に平和を得ているとは、問題の中にあっても、問題の中で解決が見えなくても、神さまに文句を言ったとしても、神さまに抗議をしたとしても、それでもなお、神さまに信頼し、心をおだやかにして、生きることができるということです。それでもなお神さまに、感謝して生きることができるということです。

 神さまに文句を言うとは、私たちが神さまを赦していないということです。神さまのなさり方を許していない、受け入れていないということです。神さまとの平和を得るには、私たちも神さまを赦すことが必要になります。こうして、互いに赦し合い、受け入れ合う、関係ができます。そこに平和が生まれます。罪の赦しによる救いとは、神さまとの平和な関係を築くことができると言うことです。神さまとの間に平和を得るとは、神さまとのよい関係に生きることができることです。

 私たちの心は、しばしば、思い煩い、心配で心がいっぱいになり、あるいは、不安や恐れで心は穏やかでなくなり、怒りを人にぶつけたりします。なかなか安らかな心を得ることができないのです。神との間の平和がないからです。

  神との間に平和を得るためにはどうしたらいいのでしょうか。それには罪を考えなければなりません。この分厚い聖書の最初に、アダムとエバが、神が取って食べてはいけないと命じた木の実を食べ、罪を犯したことが書かれています。(創世記2〜3章)。罪を犯した彼らは、神から身を隠しました。神に背を向けたのです。神の前に立つことができなくなったのです。これが罪です。放蕩息子のように父から離れて生きる、父と無関係に生きる、これが罪です。

 神に背を向けて生きる人は、人に対しても背を向け、自分中心に生きることを始めます。アダムとエバは、神さまから、なぜ取って食べてはいけない木の実を食べたのかと問われたとき、彼らは自分の責任を認めず、人のせいにしたのです。そして互いに傷つけあったのです。

 罪の中に生きる、それが暗闇と死の陰に座して生きるということです。多くの人は、神を知らないで生きています。そして自分が暗闇の中に生きること、死の陰に脅かされて生きていることを知りません。

 神との間に平和を得るためには、自分の罪を認め、神に立ち帰ることが必要となります。神さまは、私たちの罪を認め、私たちを赦してくださいます。パウロは、罪を赦されることを、神によって義とされると言い換え、義とされることによって神との間に平和を得ていると語ります。

 神さまから罪の赦しを受け、そして私たちも、神さまを受け入れ、神さまに信頼することを始めます。それが神との間に平和を得ることです。

 人生は自分の思い通りにはなりません。どんなに神さまを信じても、自分の思い通りにはなりません。神さまが、自分の人生を導いてくださると信じ、神さまを受け入れることが大切です。自分の思い通りにしたいと考えると、神さまは導いてくださっていない、なぜ、行動を起こしてくれないのか、と文句が出ます。神を信じるとは、神さまを私たちが受け入れることです。

  たちが、自分の罪と認め、悔い改めて神のもとに立ち帰るとき、何が起きるのでしょうか。神との交わりが回復し、神の子として生きることが始まります。神さまは、人間にとって何が幸いなのかをご存じです。神さまが人間を造られたからです。人間にとって幸いなことは、神を愛し、神から愛されること、人を愛し、人から愛されることです。神さまはこのように私たちに教えています。私たちは神さまを受け入れ、神さまの教えを受け入れ、神さまを愛し、人を愛する歩みが始まるのです。

 そうするとまず、神との間に平和が与えられていることを知ります。先ほども申し上げましたが、問題のない人生はありません。問題のあることが本当の問題ではないことが分かります。問題があろうがなかろうが、神に信頼し、神と共に生きることが平和な生活であることが分かります。つまり神さまに文句を言わず、自分の家族や周囲の人に文句を言わず、平和に過ごすことができるのです。

 問題があればあったで、神さまがどのように導いてくださるのか、それを待ち望み、導いてくださる神様の働きを経験し、神さまをたたえることができます。人生、自分の思い通りにしたいと考えるから、思い煩い、不安が生じ、心が押しつぶされそうになってやり場のない思いを人にぶつけ、身近な人と争い、対立してしまいます。そして平和を失うのです。たとい問題があっても、神さまに信頼して心は穏やかなのです。

 神に愛され、神を愛するとき、私たちの心が平和になります。私たちの心は不安、恐れ、心配、憎しみ、嫉妬、色々な感情が渦巻き、それを何とかしたいと心の中に葛藤、戦いが生じます。心に平和がないのです。しかし、神さまが共にいてくださり、導いてくださると信じるとき、それらの戦い、葛藤がなくなり、心が平和になるのです。

 夫婦が愛し合うとき、夫婦関係が平和になり、心も平和になります。夫婦はしばしば喧嘩をします。そこで勝ち負けを争います。自分からはあやまらないのです。あやまるということは負けを認めることになると感じるのです。勝ち負けにこだわるとは、争いの中に生きることです。平和は生まれないのです。愛し合う時、夫婦の間に平和が訪れます。

 人間にとって一番大切なもの、最も価値のあるもの、それは平和ではないでしょうか。罪の赦しによる救い、それは、私たちの歩みを平和の道に導くのです。平和が私たちの心にないとき、心を満たそうとして私たちは、何か満足を求めて生きるのではないでしょうか。人は平和が一番大切であることを知っていますが、平和を作れない自分であることも知っているのではないでしょうか。平和を生み出すためには、赦しが必要なのです。でも人を赦せないのです。しかし、互いに赦し合うところに平和が生まれます。私たちは自分が神さまから罪を赦されていることを知っているので、他の人を赦すことができ、平和な関係を築くことができます。ですから、私たちは平和をこの世界に広げていくことができるのです。

 教会で私たちが互いに愛し合うとき、教会が平和になります。平和を作り出せることを私たちは確信し、夫婦の間の平和、親子の間の平和をつくる努力ができます。このようにして、平和は世界へと広がっていきます。

 しかしこの世界は、争いと対立が満ちています。そのために苦しんでいる人が沢山います。平和な世界をつくることには地道な努力が必要です。平和を生み出すために必要なことは赦しです。神さまは、私たちを赦し、私たちとの平和の関係を与えてくださいました。私たちは、神さまから罪赦されたのですから、他の人を赦し、平和の関係を築くことができます。他者との間に平和を得て生きることができる、これが人間にとって真の幸いです。罪の赦しによる救いを与え、私たちに平和の道を歩ませてくださるために、主イエスは救い主としてお生まれになったのです。祈り天の父なる神様、罪の赦しによる救いこそ、真の救いであることを教えてください。この救いがあるから、神さまとの交わりが与えられ、平和が与えられます。自分の罪が赦されているから、他の人の罪を赦すことができ、他の人との間に平和をつくることができます。この平和こそ、真の祝福です。私どもが、神さまとの平和に、夫婦、家族の平和の中に生きることができますように。神の子として平和を作り出すことができますようにイエス・キリストの御名により祈ります。

祈り
祈り 天の父なる神様、 罪の赦しによる救いこそ、真の救いであることを教えてください。 この救いがあるから、神さまとの交わりが与えられ、平和が与えられます。 自分の罪が赦されているから、他の人の罪を赦すことができ、 他の人との間に平和をつくることができます。 この平和こそ、真の祝福です。 私どもが、神さまとの平和に、夫婦、家族の平和の中に生きることができますように。 神の子として平和を作り出すことができますように イエス・キリストの御名により祈ります。