聖書は、神がいかなる方かを私たちに教えています。たとえば神は全能である、と教えます。神ご自身が、<わたしは全能の神である>と述べています。私ども信仰者は、それを信じます。使徒信条にも、

「我は全能の父なる神を信ず」

とあります。神が全能であるとは、神はしようと思えば何でもできるということです。そこで私たちは、自分の力ではどうにもならないことについて、神に願い求めます。すると、願いがなかなか実現しないことがあり、神が全能であることを本気で信じなくなることがあるのではないでしょうか。

私たちの信仰は、自分が信じられるから信じる、信じられないから信じないというものではありません。聖書が信ずべきこととして語るところを信じる、これが信仰です。ですから時には、<それでもなお信じる>ということがあります。

東日本大震災が起きて、人々は、神がいるなら、なぜこんなことを引き起こすのか、本当に神はいるのか、と言いました。私たちは、東日本大震災が引き起こした様々な結果を前にして、信仰を捨てるのではなく、神を疑うのでもなく、<それでもなお>神を信じます。神が愛であること、神が全能であることを信じます。今日の聖書は、神は憐れみ深い方であると私たちに語りかけています。

 今日の聖書にマリアが登場します。今日の聖書の直前の箇所で、天使ガブリエルがマリアに語りかけていました。マリアはまだ結婚していません。天使は、そのマリアが、神の力によって身ごもり男の子を産むこと、その子は偉大な人になり、王の座に着くと語ったのです。まだ結婚もしていないのに、そんなことがあり得るのですか、とマリアは言います。天使は、神にはできないことはないと告げます。そしてマリアの親類のエリサベトも、年を取っているが身ごもっていると告げます。このエリサベトの夫ザカリアもまた、天使から、あなたの妻は身ごもること、その子は偉大な人になると告げられたのです。ザカリアは、

「わたしは老人ですし、妻も年とっています」

と言って、信じようとはしなかったのです。しかし妻エリサベトは身ごもった、と天使はマリアに告げたのです。

 39節を読みます。

「そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った」。

エリサベトに会いに行ったのです。マリアがエリサベトに挨拶したとき、エリサベトのお腹にいる胎児が踊ったと書かれています。この時、マリアが身ごもっている救い主に会ったからです。マリアとエリサベトは、お互いの身に起きたことを分かち合ったと思います。

エリサベトは言うのです。

「ねえマリア、聞いてよ。不思議なことが起きたのよ。夫のザカリアがね、神殿で神さまに仕えていたとき、天使が現れたんだって」
「そして天使が夫に言うのよ。わたしが身ごもるって。生まれる子は偉大な人になるんだって」
「ねえ、信じられる?」。
「天使がザカリアおじさんに告げたということは信じるわ。だって、天使は私にも現れて、私も子を身ごもると言ったのよ」。
「私はまだ結婚していないのに、そんなことあり得るのか分からなかったけど『お言葉通り、この身になりますように』と言ったわ」。
「マリア、あなたは偉いわ。わたしの夫は、そんなことが起きるなんてどうしたら信じられるのですか、と言って、天使の言葉を疑ったのよね。そしたら、口が利けなくなったの。天使が言ったそうよ。『あなたが口をきけなくなったのは、時が来れば実現する私の言葉を信じなかったから』」。
「マリア、あなたは幸いね。神様がおっしゃったことは必ず実現すると信じたのだから」。

 こんな会話が為されたのだと思います。二人とも女性ですから、起きたことを詳細に語り合ったと思います。マリアは、既にエリサベトが身ごもっていることを目で見て確認できました。自分にこれから起きることが、エリサベトの身に既に起きていたのです。年を取って子を産むことができなくなったエリサベトが身ごもりました。これは神の力によってのみ可能なことです。そして結婚していない自分も、神の力によって身ごもるだろうと確信してそして言うのです。

「わたしの魂は主をあがめ、/わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます」。

なぜマリアは、主なる神、救い主なる神を崇め、たたえると言ったのでしょうか。

「身分の低い、この主のはしためにも/目を留めてくださったからです」

と理由を述べます。マリアは平凡な女性です。神を信じる女性でしたが、それ以外に特別なことは何もない普通の女性です。取るに足りない自分を神様は、目に留めてくださったと神様をたたえました。身分の低い自分を顧みてくださった神さまを崇めますと語りました。こんな自分に関わってくださる神様を驚きをもってマリアは受けとめたのです。

 マリアとエリサベトは、自分の身に起きたことを互いに語り合いました。自分の身に、神様が働いてくださったことを互いに話したのです。彼らは、互いの身に起きたことを喜んだのでした。自分たちを顧みてくださった神様を喜び、神を崇め、神をたたえました。

 神さまが自分にしてくださったことを分かち合う、それは大切なことではないでしょうか。分かち合いは喜びを大きくするからです。そして私たちを<神様をたたえる者>にしてくれるからです。思いがけなく、そして思いもしないことが自分たちの身に起きたのですが、二人は、共に神様を賛美しました。

マリアはさらに言います。

「今から後、いつの世の人も/わたしを幸いな者と言うでしょう、力ある方が、/わたしに偉大なことをなさいましたから」。

エリサベトが、マリアを<幸いな者>と呼ぶ最初の人となりました。

次にマリアは自分の信仰を告白します。

「その御名は尊く、その憐れみは代々に限りなく、/主を畏れる者に及びます」。

神様が偉大な方であり、神様の憐れみは、いつの時代も、そしていつでも、神を畏れる者に及ぶと告白します。これはマリアの信仰の告白です。神は憐れみ深い方であり、神を敬う人に神の憐れみが注がれるというのです。

憐れみって何でしょうか。憐れみというのは、困っている人、傷ついている人、辛い目に遭っている人、苦しんでいる人に対して寄り添い、何とかしてあげたいと思い、何か助けの手をさし伸べる態度を言います。見て見ぬ振りをしないのです。

 神が憐れみ深い方であると告白した後、マリアは神についてさらなる告白をします。

「主はその腕で力を振るい、/思い上がる者を打ち散らし、権力ある者をその座から引き降ろし、/身分の低い者を高く上げ、飢えた人を良い物で満たし、/富める者を空腹のまま追い返されます」。

神は高慢な者、思い上がる者を打ち砕き、弱き者、虐げられる者を高く上げる方であると聖書は至るところで告げています。聖書、特に聖書の前半にある旧約聖書は、イスラエルの歴史を書いています。そこを読むと、イスラエルの国は、外国の強大な国家に侵略され、支配され、苦しむときが長かったことが分かります。

イスラエルは神の民と呼ばれているのに、こんな歴史があるのに、どうして、神は権力ある者をその座から引き降ろし、身分の低い者を高く揚げ、とマリアは告白できたのか、と不思議に思わないでしょうか。強大な帝国が侵略したら、その侵略に苦しむイスラエルを見て、彼らを救うなら、神は憐れみ深く、権力ある者をその座から引き降ろし、と告白できます。でもイスラエルの現実は、外国に侵略され、支配される時代が長かったのです。平和を楽しむ期間は、わずかしかなかったのです。

 ここでキチンと覚えておかなければならないことは、イスラエルの民が、神さまを捨て、神さまに従わなかったので、彼らに困難が臨んだということです。神はイスラエルの民が、神に立ち帰ることを願い、彼らを懲らしめたのです。イスラエルの苦境の原因は、イスラエルの民の不信仰にあったのです。神に立ち帰るようにと語った預言者たちを、イスラエルの民は迫害すらしました。でも、外国の侵略にあえぐイスラエルの民を神は見捨てません。神は彼らを憐れむのです。

 私たちは神さまの行動を全て理解できるとは限りません。

「主よ、憐れんでください」

と主イエスに向かって叫んだ人に主はすぐに憐れみを示されました。たとえば、主がエリコの町に近づいたとき、二人の盲人が、

「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」(ルカ18:38)

と叫びました。主イエスは、彼らを憐れみ、二人の盲人の目を見えるようにしました。あるいは、重い皮膚病で苦しんでいる人たちが、

「私たちを憐れんでください」

と声を張り上げたときも、彼らの病気を癒やされました。このように、神さまは、憐れみを求める叫びにすぐに答えてくださることがあります。

しかし、イスラエルの歴史を見ると、神のよしとされるときに、神は憐れみを示されるように思います。<神の時>があるのだと思います。私たちの人生においても、

「神さま憐れんでください」

と祈っても、すぐに神さまに憐れんでもらえないときもあります。それは、神さまが私たちの人生を導こうとされているからです。神さまは、私たちの最善を知り、私たちの人生に対する神さまの計画の中で、私たちを導こうとされます。その中で、神さまの憐れみが表れるのだと信じます。

 マリアは神に対する告白を続けます。

「その僕イスラエルを受け入れて、/憐れみをお忘れになりません、わたしたちの先祖におっしゃったとおり、/アブラハムとその子孫に対してとこしえに」。

アブラハムというのは、イスラエル民族の祖先に当たる人です。神さまは、アブラハムに声をかけ、神を信じるように、信仰に生きるように導かれました。そしてアブラハムの子孫が、エジプトにおける奴隷状態からの救いを体験し、神の民イスラエルが誕生しました。

神はアブラハムに対して約束されました。アブラハムの子孫によって、地上のすべての民族は祝福を受ける、と。主イエスの誕生によって、その約束の実現の時が来たのです。神がアブラハムに対して約束をしたのは、ずっと昔、ずっと昔のことです。BC1

800年頃と言われます。イスラエルの信仰者は、自分たちは、神の民であるという自覚を持っていました。マリアも小さい頃から信仰を持ち、神の民として生きてきたと想像できます。そして自分の身に起きたこと、救い主を身ごもることを通して、神さまが、神の民イスラエルを憐れんでくださったと知りました。

 私たちも、神さまが憐れみ深い方であると告白したいと思います。ある時、主イエスは、悪霊に取り憑かれて苦しんでいる人を助けました。その人が、主イエスについて行きたいと語ったとき、主イエスは彼にこう話しました。

「自分の家に帰りなさい。そして身内の人に、主があなたを憐れみ、あなたにしてくださったことをことごとく知らせなさい」(マルコ5:19)。

神さまが憐れんでくださったことを語る、これは大切なことなんです。主イエスは、家族に伝道したかったら、自分の受けた神さまの憐れみを語りなさいと教えておられるのではないでしょうか。

 私自身、何回か<主よ、憐れんでください>と祈ってきました。私が経験した一番の神さまの憐れみは、私がまだ信仰を持っていないときの願いを神さまが聞いてくださったことです。若い頃、私は死を恐れていました。そしてどうしても人が死ななければならないなら、わたしは、死んでも命が惜しくない、そういうことのために生きることを願いました。その頃はまだ教会にも行っていませんでした。その願いを神さまは聞いてくださり、私に信仰を与え、牧師という務めを与えてくださいました。

神さまは、この私に目を留めてくださいました。死を恐れ、空しさから救われたいと思っていた私に対する神さまの憐れみが注がれたことをわたしは喜んでいます。毎週、説教の準備が終わり、語るべき言葉を与えられるのも、神さまの憐れみに他ならないと思っています。

 皆さんにも、神さまの憐れみは注がれていると思います。神さまがあなたを憐れみ、あなたにしてくださったことを知らせる、そのような歩みをしましょう。神さまは憐れみ深い方であると語っていきましょう。そしてマリアと共に、憐れみ深い神さまをたたえ、救い主の誕生をお祝いしましょう。

祈り
祈り  天の父なる神さま、 あなたが憐れみ深い神さまであることを知り、あなたをたたえることができますように。 あなたをたたえる者こそ、幸いな者であることを教えてください。 私たちはあなたの憐れみを受けて、 わたしの身に救いの出来事が起きたことを喜ぶことができますように あなたの救いが多くの人々にもたらされますように イエス・キリストの御名により祈ります。