若狭塗箸というお箸があります。以前、ちりとてちんというNHKの朝の連続ドラマがありました。主人公の祖父そして父が若狭塗箸の職人です。この箸は材料の木材に漆を何回も塗り重ねてできる箸です。塗り重ねるとき、貝殻とか、卵の殻などの小さな破片を混ぜて塗り重ねていくのです。そして研ぎ、磨くと、貝殻や卵の殻が美しい模様を作り出すのです。

ある時、祖父が主人公のキヨミに言うのです。キヨミは何をしてもうまく行かず、腐っているのです。

「人間も、箸とおんなじや。研いで出てくるのは、塗り重ねたもんだけや。一生懸命、生きてさえおったら、悩んだことも、落ち込んだことも、綺麗な模様になって出てくる」。

この話を聞いて思います。神さまを信じる者も同じだと。私たちの人生には様々なことが起こります。それらが貝殻となり卵の殻となります。神さまが塗箸職人で、私たちの人生という箸を磨き、輝きのあるものにしてくださるのです。私たちの人生は、神さまのご計画の中にあります。神さまのご計画の中にあって私たちの人生はよき人生にされていきます。私たちの人生は、神さまのご計画の中にあること、それが今日のメッセージです。

 いよいよ12月。クリスマスが来ます。クリスマス、それは私たちの救い主、イエス・キリストの誕生をお祝いするお祭りです。クリスマスが近づいたので、主イエスがお生まれになることを語る聖書の箇所から説教をしたいと思います。今日の聖書は、天使ガブリエルがおとめマリアに出会い、神の計画を告げます。天使は言います。

「あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい」(31節)。

まだ結婚をしていないマリアには驚いたことでしょう。

天使はさらに続けて言います。

「その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」。

自分が身ごもる子供が、偉大な人になる、王になるらしい、しかもその支配が終わることがないという、どういうことだろう。マリアには理解できませんでした。

 <生まれた子はダビデの王座を与えられ、その支配は終わることがない>という天使の言葉に注目したいと思います。ダビデというのは、紀元前千年頃にイスラエルの王だった人です。ルカが語ろうとする救い主イエスは、ダビデの王座に就く人だというのです。ダビデの王座につくとは、イスラエルの王になるということです。そこで疑問が生じます。イスラエルの王になるイエスが、私たちとどんな関係があるのか。しかもその支配が終わることがないという。それはどういうことなのか。

 紀元前千年頃にイスラエルの王だったダビデは、神さまのために神殿を造ろうと考えました。ダビデは神さまに助けられて王になったからです。すると神さまは、ダビデの家来ナタンに語り、それをダビデに告げるように命じます。ダビデは、神殿を造ってはいけない。

さらに続けて神は言うのです。

「私はあなたのために家を興す。あなたが生涯を終え、先祖と共に眠るとき、あなたの身から出る子孫に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。この者がわたしの名のために家を建て、わたしは彼の王国の王座をとこしえに堅く据える」(サムエル記下7:13)。

<神殿を造るのは、あなたの子孫であり、あなたの子孫は王座につき、その支配は、永遠である>と神は告げたのです。ダビデ王朝は永遠に続くと神は語ったのです。しかし聖書を読めば分かるのですが、イスラエルの国はやがて分裂します。そして北のイスラエル王国、南のユダ王国は、外国によって滅亡するのです。ですから、神の言葉は実現しなかったように見えます。

 ところが今日の聖書で、マリアが生むことになる子は、ダビデの王座に就き、その支配は永遠であるというのです。これが救い主なんだ、とルカは私たちに語るのです。このイエスがイスラエルの王となって、その支配が永遠であるという歴史的な事実はありません。ルカがなぜ、分けの分からないことを書いているのか、疑問が生じます。

 聖書に書かれているイスラエルという国は、外国の侵略を受け、支配され、辛い目に遭ってきた国です。ですから、いつの日にか、救い主が現れ、外国の支配から自分たちを独立させる王が登場することを信じるようになっていました。主イエスが活動を始めたとき、奇跡を色々行いましたから、イスラエルの人々はイエスこそ、ローマ帝国からの独立をもたらす救い主ではないかと考えるようになりました。しかしそのイエスは、十字架の上で死んでしまいました。ですから、なぜ天使が、イエスがイスラエルの王になってその支配は終わることがないと言ったのか、疑問が生じます。

 その疑問を解く鍵はこれです。神はイスラエル民族の神ではないし、イエスはイスラエル民族の救い主ではない、ということです。神はイスラエルの神ではなく、全人類の神です。神は地上にいる色々な民族の中から、イスラエルの民を選びました。イスラエルは神によって選ばれた民族でした。神は彼らを<神の民>としました。

神は神の民イスラエルに使命を与えました。イスラエルが神の民として歩み、神から祝福を受けて幸いな歩みをするようにとの使命。その結果、世界の人々が、まことの神がおられると信じるようになることを、神は、願ったのです。神の民の使命、それはまことの神がおられることを伝えることにあります。そしてイエス・キリストを信じた人たちは、イスラエルに代わる神の民として、まことの神がおられることを伝えるのです。主イエスを信じる人たちは、生活を通して、神を伝える使命を与えられています。

神さまには、歴史を貫くご計画があります。神の民を選び、神さまのことを人々に知らせるという計画があります。神さまのご意志によって世界が造られ、人間が存在するようになりました。神さまは、すべての人が神を知り、幸いになることを願っています。神さまの祝福を受け、人々が感謝と喜びに生きることが神さまの計画なんです。

「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます」(テモテ一2:4)。

 

天使は、主イエスを信じる人たちは新しい神の民になること、そして主イエスは、彼らの王となり、彼らを治めると告げたのです。このルカ福音書は、主イエスは王になり、その支配は終わることがないと書いています。目には見えませんが、主イエスは、この世界の王であり、この世界を支配される方であるということです。イエスという方は、私たちの上に立ち、世界を支配する王なのです。イエスというお方は、私たちの上に立つ王なのです。

このことは信仰者にとって非常に大切です。主イエスが王であるからこそ、私たちの人生を確実に導くことができるからです。主イエスが王であるからこそ、私たちは、この方に信頼できるのです。そして主イエスは王として、私たちを愛してくださいます。王として、私たちをありのままに受け入れてくれるやさしい方です。王として、私たちを生まれ変わらせ、生かしてくださいます。王として、困っている私たちを助けてくれる憐れみ深い方です。王として、私たちを守り、導くお方なのです。私たちが神さまのことを人々に伝えることができるように、私たちの生活を導いてくださるお方です。神さまは、私たちの人生を用い、神さまのことを人々が知るようになります。これが神さまの計画です。この計画の中で私たちの人生が導かれるのです。

 私たちにとって生きるとは、神さまに用いられることです。神に用いられて生きるって、自分を失うことになりはしないか、と不安を感じるかも知れません。奴隷というのは、自分の主人のために働き、自分の人生を奪われた人たちのことです。神に用いられるのはいいが、自分の人生を奪われることにならないか、恐れ、ためらう方もいるかも知れません。聖書を読めば、神さまに用いられて生きた人が何人も登場します。アブラハム、モーセ、ヨシュア、ダビデ、ペトロ、パウロ。神さまに用いられて生きる人生は、問題のない人生ではありません。快適な人生とは限りません。苦しいこと、辛いこと、時には悲しいことも起きてしまいます。でも神さまに用いられた人の歩みを聖書で読んでみてください。聖書に出てくる人たちは、神さまに用いられる人生を悔いていないと思います。登場人物の心になって聖書を読んでみてください。神さまに用いられるって、いいんじゃない、と思えるのではないでしょうか。神さまに用いられる歩みをすることは光栄だと人は感じるようになるのではないでしょうか。

 これらの人たちは、大きな役目を神様から与えられました。それは誰もが与えられる役目ではありません。神さまはある人を大きなことに、ある人を小さなことに用いられます。私たちはそれぞれの仕方で、神さまに用いられるのです。神さまに用いられる中で、私たちの人生が築かれていきます。

 私たちは生活の中で神に用いられます。食事をするとき、感謝の祈りをして食べます。朝起きたとき、夜寝るとき、祈ります。こうして信仰者として生きていることが、神さまのおられることが周囲に伝わっていきます。ただこれらは、他の人に対して感化力はないかも知れません。大事なのは、どのような考え方をして生きるか、です。私たちには聖書がありますから、聖書を知らない人とは違った考え方、生き方をします。聖書に従う生き方をすることによって、神さまに用いられるわけです。

 私たちに、神さまの教えに従い、どうしていいか分からないときは、神さまに祈り、また聖書に基づき、判断します。結婚生活において、夫婦が互いに自分の思いを伝え、互いに理解し合い、互いの思い、考えを尊重することは大切なことです。信仰生活にとって大切なことは、神さまの思いを大切にすることです。神さまが私たちのことをよくご存じであり、私たちを愛してくださっており、私たちにとっての最善を導くことがおできになります。神さまは、私たちの人生が最善となるように導いてくださいます。どのように導かれるのか、その神さまのお心を聞くことが大事です。神さまと心を通わせて生きるのです。神さまとの交わり、それが信仰者の喜びの源です。そして神さまの計画が前進する喜びがあり、神さまに用いられる感謝があります。

 大きな災害が起き、多数の人命が失われたりすると、神は本当にいるのか、なぜこのような不幸を止めることができなかったのか、と言う声が必ず上がります。神さまが支配しておられるとは言えないのではないか、との疑問です。皆さんも、そう思われたかも知れません。私たちはこのような声に対して、だれもが納得するような答えを持っていません。それでもなお、私たちは神が善なる方であり、愛の方であることを信じると告白したいのです。若狭塗り箸を作るとき、貝殻や卵の殻はくずに等しいものですが、これらは削られ、磨かれて輝きが与えられます。私たちの身には災難、災害も起きます。色々な苦しみ、何でこんな目に遭うの、と思えることも起きます。しかし、決して無駄ではない、と私たちは信じたいのです。神さまは生きて働いてくださり、わたしをこのように導いてくださった、神さまはわたしを用いてくださり、こんなことをしてくださった、喜ばしいことを神さまは起こしてくださると信じます。

 神さまが共におられると信じることは、愉快なのです。うれしいのです。楽しいのです。辛くても、苦しくても、思い通りに行かなくても、神さまがどんな風に導いてくださるのか、楽しみです。神さまの導き探ることも楽しいことです。

 天使が、イエスは王であり、その支配は終わることがないと語ったことは重要です。イエスは専制君主のような王ではありません。信じる私たちを愛し、守り、導かれる王です。人々を救うという神さまの計画に私たちを用いてくださる王です。その王の支配が確かなもの出なかったら、イエスは、信頼することができません。神を信頼することもできません。イエスの支配、それは慕わしいものです。

 信仰者にとって生きるとは、神に用いられて生きることです。神の呼びかけを聞いて、これに応えて生きることです。神の呼びかけ、これを<召し>と言います。神さまの召しに応えて生きるとき、私たちは自分の生きる意味、意義を知ることができます。そこに生きる幸いがあります。私たちの人生は、神さま計画の中に置かれています。神さまは私たちの人生を用い、よい人生をつくってくださいます。

祈り
天の父なる神様、 主イエスは永遠の王、その支配は終わることがないと信じます。 そして、私たちの歩みが、神さまの御支配、主イエスのご支配の中二あることを信じて感謝します。 私たちの人生は、あなたのご計画の中に置かれています。 あなたのご計画という点から、私たちの人生を考え、また生きることができるように導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。